インソールだけでは治らない理由 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷脇です。

 

インソール(足底板)は膝の痛みや腰痛など様々な症状を改善するのに有効と言われているものの実際は改善しない例をよくみます。

今回は扁平足を例にその理由をみていきます。

 

【扁平足とは】
足内側のアーチが落ちた状態です。

 

扁平足が原因で症状が出ている場合、扁平足を直すような形のインソールを用います。
ですが、扁平足が治ってみえるのは立っている時だけです。
実際日常でアーチが最も下がる力がかかるのは歩行中の爪先が地面から離れる少し前です。

 

そのため、扁平足の場合は足が地面から離れる時にアーチを上げないといけません。
この瞬間はインソールとアーチが離れていてインソールは機能しません。

この瞬間アーチをあげるのは筋肉によってのみ可能です。
そのため、筋肉へのアプローチが必須となります。

立っているだけであればインソールだけでも良いですが歩く、走るとなると治療が必要です。

お気軽にご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550