五十肩 おおもり鍼灸接骨院

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。
今回は五十肩についてお話しします。

 

50代を中心として40代後半から60代前半にかけて発来する関節の痛みと関節拘縮をおもな兆候とする症候群に与えられたやや通俗的な病名です。より医学的な名称としては肩関節周囲炎と呼びます。

 

(成因と病態生理)
原因は不明ですが、五十肩では肩関節周囲軟部組織の加齢による退行変性を基盤に炎症性病変を生じた症候群です。

 

(症状)
#徐々に発症する肩関節の疼痛と運動制限
#疼痛は寒冷によって増悪
#夜間に強くなる傾向がある。
#痛みは肩関節のみならず上腕や肘まで放散

又、疼痛が激しい場合には五十肩よりも石灰沈着性腱板炎を疑いましょう。

 

(診断)
年齢的要素は大切である。
明らかな外傷などの原因がなく、疼痛と運動制限があれば、五十肩を疑いましょう。

 

(治療)
#保存的治療(薬物、リハビリ、鍼灸、マッサージ)
#手術療法があります。

五十肩の症状が当てはまれば是非鍼灸、ハイボルテージ治療(電気)がありますので、おおもり鍼灸接骨院

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214