五十肩 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の安田です。

 

肩が痛いと言えば肩こりを思い浮かべますが、肩こりと五十肩は全く違うものです。肩こりは肩や首の付け根の筋肉の疲労が原因で、五十肩は肩関節の炎症が原因の肩関節周囲炎という疾患です。

 

五十肩は原因がまだはっきりと分からない疾患ですが、加齢による筋肉や関節の変性と血液循環の悪化が主な原因とされています。肩こりとの大きな違いは二つあります。

1、肩が上がらなくなる。
腕を前や横から真上に上げる(屈曲・外転)腕を外や内にひねる(外旋・内旋)の動きが特に制限されます。

 

2、眠れないほどの夜間痛。
肩の自発痛や寝返りを打った時の痛みで目が覚めることがあります。

五十肩は発症してから3つの病期を経て治癒していくので、それぞれ治療の内容や目的が異なってきます。

 

急性期(3-4週間)
肩関節に炎症が起きているので安静にし、鍼治療や神経筋矯正で痛みを和らげて、熱感があればアイシングします。

 

慢性期(1-2ヶ月)
痛みの鎮静化と共に肩の動きが制限されてきます。この時期の関節内は癒着を起こし、筋肉も委縮して運動障害が現れます。何もしなくても肩の痛みはなくなっていきますが、委縮により肩が動かなくなり日常生活に支障が出てしまいます。しかし当院では楽トレを使って肩回りのインナーマッスル(ローテーターカフ)を鍛えることにより、肩の動きを元通りにします。自分で行う運動では苦痛や不安感を伴う為、継続できない方が多いですが、楽トレは寝ているだけです!肩のインナーマッスルを的確に鍛え、肩の運動領域を広げていきます。

 

回復期(3-6ヶ月)
痛みがさらに軽減されるため、積極的な運動が可能になります。しかし、痛みが出ていた時期に肩をかばうので、前かがみになり姿勢が悪くなっていることが多いです。そうすると再発の可能性が高くなります。なので楽トレと同時に骨盤矯正も行い姿勢を改善し、再発しない体作りを行っていきます。

 

お困りの方はぜひ当グループ院にご相談ください。

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583