前十字靭帯 ごきそ鍼灸接骨院

こんにちは!

ごきそ鍼灸接骨院(名古屋市昭和区御器所通)の小澤です。

 

十一月に突入し日に日に寒くなって来ていますね。
今年の大相撲もいよいよ九州場所を残すのみとなりました。

今場所は私の贔屓力士である宇良関が東前頭十六枚目、石浦関が西十両筆頭と番付を下げて迎える場所となる為、私の心中もこの秋空の如く晴れやかにとはいきません。

 

何より私の懸念は宇良関の怪我です。
宇良関は先場所二日目に貴景勝関と対戦した際、土俵際で踏ん張った為右膝前十字靭帯を痛めてしまいました。
九州場所前の巡業も怪我の影響で休んでいたとの事なので回復具合が非常に気になります。

 

さて、今回は宇良関が負った前十字靭帯損傷について説明させて頂きます。

前十字靭帯は膝関節の中にあって大腿骨と脛骨を結ぶ強靭な靭帯で関節を安定に保つ支持機構を言う。

 

主にスポーツをしている人にこの損傷はよく起こります。

特に急激な方向転換を伴うスポーツやコンタクトの多いスポーツにおいて、自分の意思とは違った方向に関節が強制的に持って行かれたり、地面に着地した際、体重で大きく曲がってしまった時に起こります。

 

受傷してから復帰までの目処は個人によって様々ではありますが平均して六ヶ月~一年程度です。

相撲は過酷な競技の為怪我をする力士も多々いますが靭帯を怪我した場合慢性化する事が非常に多いです。

また宇良関の長所は土俵際で柔軟な身体を生かした驚異の粘りの為、膝の調子によっては良さが半減してしまう可能性があります。
贔屓力士で番付も一番下の十六枚目の為九州場所での奮起を期待していますが、怪我を悪化させてしまう事だけは避けてほしい所です。

 

大相撲九州場所は今月十二日に初日を迎えます。
今場所も非常に楽しみであります。
お体の痛み、スポーツ外傷・障害、交通事故の治療でお悩みの方はぜひピンクの看板が目印のハートメディカルグループ鍼灸接骨院・治療院までお気軽にご相談ください!!
当院には、御器所通地域をはじめ、近隣の地域の方が多く来院されております。

ごきそ駅の東側 徒歩1分で駐車場もありますので、地下鉄、バス、自動車での来院をお待ちしております。

 

ごきそ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区御器所通3丁目20番地

電話:052-858-3313