オスグット症 タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

今回は子供の成長痛として軽視されやすいオスグット病について説明します。
オスグット病は成長痛として片づけられることが多いですが、放っておくと剥離骨折など重症化する事もあります。
また、痛みをかばって運動などをする事により、他の部位に痛みが生じたり、運動動作にて悪い癖がついてしまうことにも繋がります。

 

● オスグット病とは
大腿四頭筋(太ももの前)の緊張により、脛骨粗面(膝のお皿の下)に付着する膝蓋腱にストレスがかかり、痛みを引き起こす症状のことを言います。

 

● 発症年齢
9~15歳の小中学生に好発します。
成長に伴い、骨の強度が増すことで起こりにくくなるため、高校生にはあまりみえられません。

 

● 競技別発症頻度
競技別にみるとサッカーをやっている方に多くみられます。

 

● 原因
オスグット発症者と非発症者を比べると
① 発症以前の伸長・体重・BMIの増加量が大きい
② 腓腹筋(ふくらはぎ)の柔軟性低下
③ キック動作での身体重心の後方化
などがあげられます。

 

● 治療
安静にすることで痛みの軽減につながりますが、原因に上げたように腓腹筋の柔軟性の向上や身体バランス、スポーツ動作の改善などがみえられないと再発に繋がります。

当院では痛みのみにフォーカスするのではなく、身体全体のバランスを整える施術をしておりますので、少しでもお困りのことがございましたらいつでもご相談してください。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748