変形性膝関節症 みその鍼灸接骨院

こんにちはみその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

変形性股関節症とは長年の使用や負荷、怪我などによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする疾患です。

 

原因となる外傷や股関節の形態異常がない原因不明の場合を一次性変形性股関節症といいます。
「先天性股関節脱臼」や「先天性救外形成不全」などの骨・関節の異常や外傷などにより、二次的に発症した場合を二次性変形性股関節症といいます。

 
症状
初めは運動後や長時間歩行した後などに、股関節やお尻、太ももなどに鈍痛を感じる「関連痛」が出ることが多く、数日するとこの痛みは治まります。
少し症状が進行すると、動き出すときに股関節周りに痛みを感じる「動作時痛」を感じるようになります。痛む場所は股関節周囲に限定されていきます。

さらに症状が進行すると動かしたり、歩くと股関節の前後が痛む、「運動痛」が出るようになります。最終的には安静にしていても痛む「安静時痛」が現れます。股関節に水がたまって腫れたり、夜間などにも痛みが出て睡眠が妨げられるようになることもあります。

 

治療
変形性股関節症は骨盤矯正を用いた保存療法を行っていきます。変形性股関節症の多くは片側に発症します。ですので、痛みをかばいながら日常生活を送り、左右のバランスが崩れて骨盤や骨格が歪んでしまいます。

そうすると股関節にかかる負荷はさらに大きくなります。ですので、歪んだ骨盤を元の位置に戻し、姿勢を良い状態に保つことで痛みを軽減させていきます。
当院ではHMバランス整体で骨盤の矯正と体を支えている深層の筋肉の再教育をしていきます。さらに楽トレで骨盤周りの筋肉の支持力と柔軟性を強化することで、痛みの出にくい体にしていきます。

 

お困りの方は当院にご相談ください。

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583