経絡とファシア もりやま鍼灸接骨院

こんにちは

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の矢澤です。

 

いま鍼灸業界がすごく盛り上がっています。
それは一冊の本によるものです。

 

『閃く経絡』

 

東洋医学でいう経絡を医学の言葉を使い、医学的に説明しています。
これまで、経絡を科学的に説明しようとした論文は沢山ありました。
良導絡、ボンハン学説。しかし、どれも医学的につつかれると、少し口がもごもごしそうな根拠にすぎませんでした。
そのキーワードが『ファシア』です
ファシアとは日本語では訳せませんが、内容で説明すると、「すべての神経、筋、血管、臓器、骨、腱を覆い、つなげ、包む線維性結合組織」のことです。

 

人体には微量な電気が体を流れており、これは人体の形成再生にとても重要なものです。その電気が流れている部分がファシアになります。そのファシア内でも特に電気伝導性に優れているのが経絡だということ。

 

経絡がファシアであれば、この電気をうまく誘導させてあげればよい。
足に浅い鍼をして腰が治る。ということも説明できます。

 

本書では経穴についても発生学の観点から説明をしています。
これも興味深いです。

私の頭ではここまでしか説明できませんので、またの機会とします。

 

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/