パーキンソン病と腰痛 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回はパーキンソン病と腰痛です。

日本におけるパーキンソン病による腰痛の割合は65%と言われています。
パーキンソン病発症の前に凡そ50%で腰痛が発現することもあり、腰痛はパーキンソン病の前駆症状とも考えられています。

 

パーキンソン病の腰痛の原因は大きく5つに分けられますがその内41%を占める骨格筋由来の疼痛が最も多いです。

 

その理由としてあげられるのが、姿勢変化です。
パーキンソン病で姿勢変化が起きることで、重心がズレ、支えるための筋が過剰に働き疼痛を発生させます。

この場合早期介入による運動療法が推奨されます。

 

ただし、運動療法は個々にあったエクササイズが必要で、検査をした後、エクササイズを決定する必要があります。

 

パーキンソン病の腰痛がある方は是非一度いらして下さい!

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/