怪我の応急処置について つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の長谷川です!

 

猛暑も少しづつ落ち着いて、スポーツやアウトドアもしやすい気候に
なってきましたね!
そこで今回は夏に起こりやすい怪我の応急処置について調べましたのでご紹介します。

 

「擦り傷」
まず傷口を清潔な水で洗浄し、砂やゴミなどの異物を取り除きます。
傷口がきれいになったら、救急ばんそうこう等で保護してあげましょう。
ガーゼが直接傷に触れるタイプのものは、傷口に細かい繊維が残ってしまいますので、できれば避けてください。
最近では傷を消毒しない、乾かさないという「湿潤療法」が効果的と言われています。

 

「捻挫・打撲」
安静・冷却・圧迫・挙上の頭文字をとってRICE処置と言われています。

安静:患部を動かさないで安静にして休ませます。
冷却:患部を氷のうやバケツに入れた氷水などで冷やします。

炎症を抑え、痛みを和らげます。

圧迫:内出血や腫れを防ぐため、スポンジや弾力包帯等で患部を圧迫して固定します。

挙上:患部を心臓より高い位置に保つことで、内出血や腫れを防ぎます。

ただし、内出血や腫れがひどい場合には骨折等の可能性もありますので早めに医療機関で受診しましょう!

 

「蜂に刺された場合」
山や川などで蜂に刺されたら、まずはその場を離れましょう。近くに巣がある可能性があります。

充分に離れたら、傷口を強くしぼり、水でしっかり洗います。蜂の毒を搾り出すように洗うと効果的です。蜂の針が残っている場合はそっと抜いて下さい。
なお、傷口を口で吸うのは良くありません。口の中に傷があるとそこから毒が吸収されてしまいます。
そのあと、傷口を水で冷やします。

ただし、発疹、吐き気、呼吸困難などの症状が出た場合は、アナフィラキシーショックと呼ばれ、生死に関わることもあります。
救急車を呼び、直ちに病院で治療を受けてください。

 

他にも熱中症や脳梗塞など夏に増える病気も多いですので体調の変化には気を付けて夏を楽しみましょう!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c