夏バテについて つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の羽田野です。

 

8月ももう少しで終わりを迎えますね。それでもまだまだ暑さが続いています。
今回はこの暑さによって起こりやすい夏バテについて簡単に紹介します。

 

夏バテ暑気中(しょきあたり)夏負けなどとも呼ばれており、様々な症状が出てきます。例えば疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、免疫力が低下すると風邪(夏風邪)を引きやすくなることもあります。

 

夏バテの代表的な症状として、

・全身がだるく疲れがとれない

・胃腸の調子が悪くなり食欲がなくなる

・疲れていても夜にぐっすり眠れない

等があります。

 

これらの症状は自律神経失調症と同じなのです。
呼吸や体温、消化吸収、血液循環、心拍数などの身体のほとんどの器官を脳にある自律神経の中枢によってコントロールしています。

 

この自律神経中枢の働きが過剰になると疲労回復が遅れる原因となります。
暑さによって自律神経の不調が起き、いわゆる夏バテになるのです。特に自律神経に影響が出やすい更年期の方ほど、夏バテしやすくなります。

 

夏バテの主な原因として3つ(暑さ寒暖差紫外線)があります。
・暑すぎて夜、寝つきが悪かったり、途中で起きたりしてスッキリしない。
・外が暑いので部屋をクーラーで冷やしすぎて身体が冷えすぎている。
・ 出かけたりして紫外線を浴びすぎてグッタリ疲れが溜まる。
これらは夏には避けられるものではありません。

 

その為、睡眠を充分にとることや食事の工夫をする、ストレッチや適度な運動をして夏バテにならないように出来る事から無理なく始めましょう!!

 

少しずつ涼しくなってきていますが、日はまだ暑いので油断は禁物です。
残り少ない夏を快適に過ごしましょう!!!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/