土踏まずの重要性 つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の寺西です。

 

先日、足の痛みを訴える患者さんが来院されて原因を探っていった所、土踏まずが低い、いわゆる扁平足が根本の原因であることが判明しました。

 

扁平足ってよく耳にする単語ですが、このように土踏まずが低いと様々な痛みを引き起こしてしまうことがあります。

 

・姿勢が悪くなる
体のバランスが悪くなることで、背骨がゆがんでしまったり、肩こりや疲れやすさを感じてしまうようになってしまいます。

 

・転びやすくなる
筋力が弱いことや、扁平足により体のバランスが悪くなることで、子供は特に転びやすくなります。ケガもしやすくなってしまいます。

 

・足底筋膜炎になる
足底筋膜炎とは、足の裏に炎症が起きてズキズキと痛んでしまう状態です。扁平足の人は土踏まずで衝撃を吸収できないために、この病気にかかるリスクが高まります。

 

他にも外反母趾など様々なトラブルを引き起こしてしまいます。
当グループのコンプレフロスという施術は体の様々な痛みを軽減する事ができますが、加えて土踏まずの持ち上げも行うことができます。

写真は実際にコンプレフロスを行った患者さんの足です。

 

左足にバンドを巻いた跡がうっすら残っていますが、これがしっかりと治療をした証拠。

踵の角度が横へ倒れてしまうと扁平足が進行していきます。そうならないように一緒に頑張ってもらっています。
気になる方は是非、一度写真を撮ってみてください。

 

辛い痛みの根本原因の解決から予防までハートメディカルグループではしっかりサポートしていきますので何でも気軽にご相談くださいね!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c