熱中症の予防と対処 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島市天王通にある津島鍼灸接骨院の井亦です。

 

先日に引き続き、熱中症についてお話しします!

 

・ 熱中症の対処
熱中症を発症していることに気付かないまま対処が遅れると、命に関わることがあります。ですが、適切な応急処置を行えば、重症にならずにすむ場合がほとんどです。炎天下にいる時や暑い部屋にいる時などに吐き気や頭痛があれば、熱中症を疑ってください。自分で対応ができそうであれば、すぐに応急処置を行います。また、熱中症かも?という人を発見した時にも早急に対応しましょう。

 

①涼しい場所に移動する
建物が近くにない場所にいる場合、木陰に移動します。建物があるなら、涼しい屋内に入りましょう。まずは日差しから遠ざかって、身体の外からの熱をシャットアウトします。

 

②衣服を緩める
服を緩めて風通しを良くします。楽な状態になるようにベルトやバンドは緩め、ネクタイなどは外してください。出来るだけ肌が空気に触れるようにするのがポイントです。

 

③身体を冷やす
タオルを濡らして顔や手足に当てたり、うちわなどで扇いだりして身体を冷やしましょう。皮膚表面を濡らし、うちわで仰ぎ風を当てることで「気化熱」というものを利用し、体温を下げます。
また、首や腋窩(わきの下)、鼠径部(股関節)には大きな動脈があり、ここを冷やすと体温を下げることができます。氷、保冷剤など冷やせる物があれば、ここにあてて体温を下げましょう。

 

④水分を補給する
汗が大量に出ている場合は、水だけ補給するとけいれんが起きる場合があります。できるだけ、塩分も入ったものを飲みましょう。市販のスポーツドリンクなどで構いません。ただし意識障害がある人の場合、無理やり水分を取らせようとすると誤嚥する可能性があるので、救急車を呼んでください。

 

・熱中症を予防する効果的な対策はコレ!

人間(成人)は一日に2.5ℓの水分を体の外に排出します。暑い時期には汗がたくさん出るので、その分も意識して水分を補給することが必要です。

 

汗には塩分も多く含まれます。

 

大汗をかいたからといって一気に水分だけを補給すると一気に血液中の塩分濃度が下がり、水が飲めなくなることもあります。

 

これは、塩分濃度を下げないための体の防御反応で、
尿の排出をすることで余計な水分を体外に出そうとするからです。
その結果、運動能力が低下して体温が上昇し、熱中症の原因となってしまいます。

 

熱中症を効果的に予防する対策としては
まず長時間外にいないことです。
そして室内外で温度差が激しいため、羽織などを持ち歩き体温調節すること。
帽子や日傘などで直射日光を避けることや、水分と一緒に必ず塩分を補給することです。

 

身近な病気『熱中症』。

皆さんでしっかり予防していきましょう!

 

ハートメディカルグループ 津島鍼灸接骨院 井亦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です