風邪の処方について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
東山線「本郷駅」前にある『 ほんごう鍼灸接骨院 』(名古屋市名東区)の荒木です。

 

今日もすがすがしい朝でしたね!
(#^.^#)

 

突然ですが・・・
先日来院された患者さんが
皮膚科で手術をされて
お医者さんからその後「抗生物質」を4日分もらったが
最後の一回分は飲むのをやめた」
と言われていました
((+_+))

 

すぐに
「ちゃんと最後までお薬飲んでくださいね!」
とお伝えさせていただきました
(-_-)

 

何がいけないのか??
そう思われる方もあるかもしれませんね

 

なぜなのか・・・
お医者さんは様々な症状に対して
お薬を処方してくださいます

 

例えば
風邪の場合

① 咳止め
② 去痰剤(たんを柔らかくする薬)
③ 鼻水止め
④ 抗生物質

などを処方してくださるのが一般的ですね

 

①~③は
風邪の緒症状に対してのお薬なので
症状がなくなったりすれば
飲まなくても良いとお医者さんも言われることもあるかもしれません

 

しかし!
④の抗生物質は違います

このお薬は
風邪の原因である細菌に対するお薬なのです

 

それを飲みきることで
細菌を根絶やしにすることができるのですが・・・・
細菌を殺すためのお薬である抗生物質を飲み切らないと
生き残った細菌がスーパー細菌として進化してしまう可能性があるのです
( ゚Д゚)

 

いわゆる「耐性菌(たいせいきん)」の誕生です
もうそうなってしまったら
今までの抗生物質は効きません

 

他のものが効果がでるのか
試してみるしかないのです
(T_T)

 

幾つも試してみて
効く抗生物質が見つかればOKですが・・・
効くお薬がみつからなければ・・・・
この世からいなくなってしまいます
(-_-)

 

世界中でこのようなことをしているので
ペニシリン(従来の抗生物質)の効かない黄色ブドウ球菌や

 

いわゆる
スーパー淋菌など・・・が出来てしまっています
(=゚ω゚)ノ

怖いですよね
(T_T)

 

ですので!!
「抗生物質」は必ず!必ず!
出された分は飲み切ること!!

 

覚えておいてくださいね!!
我々鍼灸師、柔整師はお薬を出すことはできませんが
血行改善させたり
体の歪みを矯正したり
筋肉のバランスを調整し体の重心軸を整えたり

などなど皆さんのお体に内在する
自然治癒力を引き出すことで

様々な症状を改善に導きます

 

お体のことでお悩みの場合は一度
ご来院してくださいね!

 

お待ちしてます m(__)m
以上です!

 

当院には
名古屋市内全域
(中村区、中川区、西区、熱田区、緑区、千種区、名東区、守山区)
海部市、北名古屋市、小牧市、春日井市

からご来院があります

 

本郷駅前で、バスターミナルもすぐ目の前にあります

また東名高速道路名古屋インタチェンジもすぐ近くです
お車でのお越しの際には
院のすぐ裏に専用駐車場が5台あります

 

首、肩、腰、膝などお体のことでのお悩みの方

リウマチや脳梗塞の後遺症でお困りの方

ぜひ一度ご来院ください。
(予約優先制)

ハートメディカルグループHP (http://www.heart-medical.co.jp/

 

 

ほんごう鍼灸接骨院

名古屋市名東区本郷2丁目11

TEL     052-760-6611 (診療時間内のみ)

当院HP  http://www.heart-medical.co.jp/shop/touyouigaku.html