足底筋膜炎 みその鍼灸接骨院

こんにちは、みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

足の裏には、「足底筋膜」という、かかとの骨と足の指の骨をつなぐ扇状の膜のようなものがあります。この足底筋膜が伸び縮みすることで衝撃を受け止めています。

 

 

しかし、この足底腱膜が硬くなると、伸び縮みが上手く出来ずに無理に引っ張られて、痛みが現れます。足底筋膜はレントゲンには映らないので骨に異常はないのに、足の裏には激痛が走ります。足底筋膜炎と聞いて歩きすぎて発症するイメージがありますが、デスクワークの方にもなります。長時間座っていて、足底筋膜が硬くなった状態になり、歩き初めに強い痛みが現れるのが特徴です。慢性化すると治りにくく、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

当院では痛みを根本から改善していきます!

 

足底筋膜炎の原因は柔軟性の低下にあります。まずテーピングやマッサージで痛みを抑えていきます。同時に全身調整法で代謝を上げて、骨盤矯正で身体のアンバランスを取り除いていくことで、さらに早く治ります。そして、痛みが落ち着いたら、楽トレで足の筋肉を鍛えて、柔軟性を上げることによる、再発しない体づくりをしていきます。

 
お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院
所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583