上位交差症候群 ごきそ鍼灸接骨院

こんにちは!

ごきそ鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の鰐部です

 

上位交差症候群とは頭が前に出て背中が丸まった、いわゆる猫背とよばれるものです。
上位交差症候群は日常生活でパソコンの使用やデスクワークなどの長時間背中を丸めることが多い方がなりやすいです。

 
上位交差症候群の原因としては
・僧帽筋上部、大胸筋、小胸筋、胸鎖乳突筋、股関節伸展筋の短縮
・僧帽筋下部、中部、菱形筋、股関節屈筋の機能不全や弱化
などの様々な要因が考えられます。

上位交差症候群の方ではいわゆる肩こりや五十肩
などのリスクが高まります。

 

上位交差症候群に対してのアプローチは、
・短縮した筋を緩めるための手技療法・ストレッチ・体操
・機能不全筋の促通、筋力強化。

そして1番重要なことは、日常生活における姿勢の改善、日常生活での負荷の軽減です。
体が辛くても、なにをすればいいのかわからず、闇雲にやっては逆に症状の悪化を招いてしまいます。

体のことでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

ごきそ鍼灸接骨院
所在地:466-0015 愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目20
電話:052-858-3313

上位交差症候群 ごきそ鍼灸接骨院」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。