ストレートネック さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

首に痛みや重だるさがあって首のレントゲンを撮ったところ「ストレートネック」と言われたことのある方を多く見かけます。

ストレートネックを簡単に言うと、本来湾曲しているはずの首が真っ直ぐになってしまうことです。
実際のレントゲンをみてみると分かりやすいです↓

 

左が正常で右がストレートネックです。

首の湾曲はバネの様に衝撃を吸収する役割を持ちますが、真っ直ぐになるとバネとして働かなくなり、首に強い負荷がかかる様になります。

 

-よくある質問-
「ストレートネックは治りますか?」

 

-回答-
「早期であるほど治り易いですが、あまりにも長期化していると治らなくなります。」

 

つまり、ストレートネックと分かってからはできるだけ早く治療を受けた方が良いということです。

 

-なぜ治療が遅いと治らなくなるのか-
首は靭帯という組織で姿勢を保っているのですが、この靭帯はスポンジのような構造をしているため、首が真っ直ぐになって負荷がかかるようになると圧力で水分が抜け、脱水を起こします。

脱水を起こした靭帯は粘性を失って硬くなっていきます。

それが長期的に続くと「線維化」と言って、戻りにくい状態になります。

 

治療は遅くてもこの「線維化」段階までに受け始めたいです。

それでも放置すると今度は「硬化」を起こします。
ここまで来てしまうと、靭帯は少しまたは全く戻らない様になってしまいます。

靭帯が戻らないということは首の形も戻らないということになります。

なので、ストレートネックと言われたらできるだけ早く治療に来てください。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550