下位交差症候群(反り腰) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

以前、ごきそ鍼灸接骨院の鰐部先生が「上位交差症候群」について書かれていたので、ここでは腰で起こる下位交差症候群について書いていきます。

 

下位交差症候群を一言でいうと反り腰です。
下位交差症候群は日本人には比較的少ないですが、筋力が落ちた女性、
筋力が強いアスリートに多く観られます。

 

アスリートの場合は腰椎分離症、すべり症の原因にもなるので早いうちに治す必要があります。
また最近では腰椎椎間板ヘルニアの原因になるという説もあります。

 

【筋力が弱いパターン】
腹筋群やお尻の筋肉が弱いとなります。

 

【筋力が強すぎるパターン】
太ももの前の筋力が強い時や腰の筋肉が強いとなります。

 

反り腰だと思われる方は
症状が強くなる前に一度ご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550