heartmedical のすべての投稿

軽い捻挫は注意が必要 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

直感に逆らうようですが、足の捻挫は”軽度であるほど再発率が高くなります。

 

にも関わらず軽度な捻挫は受診されにくい現状があります。

 

捻挫癖が強いとどんどん捻挫します。
スポーツ選手に聞いてみると
「毎回練習のたび、捻挫の様になるけど、何回も捻ってたら、捻挫しても痛くなくなった」
という選手も去年2人みました。

この場合大抵足首はゆるゆるになっていて(慢性足関節不安定症)、再発予防が必要です。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

鵞足滑液包炎 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区))の広瀬です。

 

サッカーワールドカップが始まって、日本代表選手達の活躍に注目が集まっていますね。
勝ち進んでいく姿を見せてもらい、日本を元気にしてもらいたいです。

 

この話題にちなんで、今回はスポーツ疾患のひとつである鵞足滑液包炎(がそくかつえきほうえん)についてお話していきます。

 

鵞足滑液包炎とは?
膝関節の内側に付く縫工筋、薄筋、半腱様筋という筋肉があります。これらの筋肉から伸びる筋腱を合わせて鵞足と言います。鵞足とは、ガチョウという鳥の足に似ているためこの呼び方になったと言われます。その下にクッションの役割を担う滑液包がありますが、腱や骨との摩擦で炎症になり痛みが出てきます。

 
症状は?
・長時間のランニングを行っている際、膝が痛みだす
・夜間に突然、膝が痛み出し眠りを妨げられる
・椅子から立ち上がることや階段の昇り降りをすると膝の内側が痛い
などがあります。

 

治療法・予防法は?
座った状態から両方の足裏を合わせて両膝を床に向けて力をゆっくり入れていきストレッチします。これにより太ももの内側の筋肉を伸ばすことができます。

また、運動時間を短くして休憩を摂ることや、運動後のアイシングを行ってケガを防ぎましょう。
当院では、圧痛が出る場所にハリ治療や膝関節にコンプレフロスを巻いて膝を曲げ伸ばしさせて筋肉を鍛え、症状を緩和していき治していきます。

 

 

~おわりに~
スポーツをすることは身体に対してメリットは大きくあります。しかし、力量に合わない練習を行うと、ケガをしてしまいかえって状態が悪くなることがあります。身体と相談しながら少しずつハードルを上げていきましょう。また、中高年の方でも膝の変形に伴い、膝の内側に痛みが出ることがあります。気になるようでしたら、我々にご相談ください。
他にも身体にお悩みがありましたら、お近くのハートメディカルグループへご相談ください。

 

もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

頭痛・めまい【症例】 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は
常に右に頭痛があり、めまいや肩の痛みもある方の症例です。

仕事をやめるか迷うほど強くしつこい頭痛でした。

 

「常に右に頭痛がある」のように毎回同じ側に頭痛がある場合、片頭痛でない可能性が高いため検査していきました。

○flexion rotation test

右側の可動域が低いです。
頭痛側でこの検査が陽性の場合、この検査結果が改善されるかが頭痛が治る指標になるため、改善度の指標としました。

 

○神経過敏性の検査
片頭痛でない場合、関係痛(神経痛など)や関連痛(トリガーポイントなど)の可能性があるため、関連ある神経の触診をしました。
圧迫しても眼神経(三叉神経)に過敏性はないため三叉神経痛由来の可能性は低いです。
アーノルド神経(大後頭神経)の過敏性があるため、大後頭神経痛の可能性があります。

 

治療はHMバランス整体で頸部にかかる負担を減らしていき、全身調整法で神経の絞扼を改善しました。
初回で頭痛がかなり弱くなり、2回目でめまいも落ち着きました。

合計4回のバランス整体で症状が消失し、現在は再発予防で通われています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

体幹トレーニングでよくある間違い さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 
先日体幹トレーニングを12.3種目ほどしてきました。
↓はプレーン二ーツイスト

 

最近はこの様な動きのある体幹トレーニングが流行ってますね(ファンクショナルコアエクササイズといいます)

体幹トレーニングは普段使うことの少ない筋肉を使うのですぐ筋肉痛になります。

 

今回は体幹トレーニングでよくある間違いについて書いていきます。

 

イメージしやすいよう3大体幹トレーニングの1つ「バードドック」を例に書いていきます。
バードドックはピラティスでもよく行われるため認知度も高いと思います。


バードドックは別名「ハンドニー」と言われ、地面に手と膝を付きます。
この「ハンドニー」に類似したものに「エルボー二ー」があり、地面に肘と膝をつきます。

 

この2つのトレーニングは姿勢が類似しているため負荷の異なる同様のトレーニングとして扱われがちですが、実は使う筋が異なります。

つまり、体幹トレーニングは形が少し変わるだけで全く違うトレーニングになります。

 

ハンドニーの難易度が高いと言って、難易度の低いエルボー二ーを行ってもハンドニーの代わりのトレーニングにはなりません。(ハンドニーの練習としては使えるかも知れません)

 

今回の例でいえば、
ハンドニーはインナーユニット(深層筋郡)のトレーニングなのに対し
エルボー二ーはアウターユニット(浅層筋郡)のトレーニングとしての役割が強いです。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

左背部の激痛【症例】 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

ソフトボールをして左の背中を痛めた方の症例です。
首を後ろに反ると背中に疼痛。
肩甲骨を中心に寄せると激痛。
深呼吸で軽い疼痛。
筋肉は押しても全く痛みがなく、筋肉自体もさほど硬くはなっていませんでした。

重症度の高い問題の見逃しをなくすため、考えうる障害を重症度順に検査しました。

深呼吸で痛みがあったため、まず骨折から疑いはじめ、叩打痛の有無をみると陰性。
運動習慣は多くなく、肋骨自体を動かしても痛みが全くなかったため、骨折は可能性が少ないと判断しました。

表層筋自体に圧痛はないため、深部の障害と考え、関節(肋椎関節)や肋間神経痛のストレステストをしましたが陰性でした。

 
【検査】
●肋椎関節モーションパルペーション
→陰性
●肋間神経ストレステスト
→陰性

他動的に肩甲骨を寄せると痛みがあまりないため、筋収縮パターンに機能障害がある可能性があり、機能検査をすることにしました。

 

 

【機能検査】
●アクティブスパインサービカルエクステンション
→陽性
●アクティブアッパーエクストレミティ
→陽性

 

●パッシブプローンアッパーエクストレミティ
→陰性

 

この3つの検査結果の共通項は
「背中の正しい反り方を神経系が忘れた/覚えてない」状態なので、
バランス整体で運動パターンを覚えてもらい、その後実際動かす手順を覚えてもらったら初回で疼痛がほとんどなくなりました。

また全ての機能検査が陰性になりました。

このような機能障害が問題になる場合は全身調整法のみよりも、バランス整体などを行い正しいパターンを習得した方が、再発しづらいと考えられます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

心房中隔欠損症 つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の長谷川です!

 

先日、姿勢が悪く頚部痛のある13歳の患者さんが来院され、問診時に症状についてお伺いした所、現在“心房中隔欠損症”の治療を医療機関にて受けているとのことでした。

そこで、今回は心房中隔欠損症について勉強しました。

 

疾患説明と注意点

右心房と左心房の間の壁である心房中隔という壁が、発生途中で、完成しなかった疾患を言います。先天性心疾患の約7%にあたります。
心房中隔に欠損があるため、肺から、新鮮な血液をもらって、戻ってきた血液が左心房から右心房へ逆流してしまいます。

通常は左心房から左心室に入り全身に送られるわけですから、大切な新鮮な血液の一部は身体に回ることができず、また肺へ戻ってしまうのです。つまり、少ない動脈血で全身を維持していることになります。

 

その為、成長する過程で骨、筋肉に十分な栄養が供給されず、成長障害や呼吸困難、運動能力の低下が起きます。症状には重篤なものから生涯たいした自覚症状もでないものまで様々です。
この疾患で特に重要なのが乳幼児期にはほとんど症状がないため発見されない事です。

子供が成長する中で「ほかの子と比べて痩せすぎている」「運動するとすぐ疲れてしまう」「姿勢がおかしい」「風邪をひきやすい」というところから発見されることや検診で偶然発見されることが多く、子供は自分の成長が遅い事を気にしてしまい、内向的になる傾向もあるそうです。
また、1~2歳を過ぎると自然閉鎖は難しく、心不全・呼吸困難が重度な場合は手術が適応です。

 

心房中隔欠損症は医療機関にて専門のドクターの指示を仰ぎ、治療が必要です。

しかし、接骨院に姿勢や運動に対して悩みがあり来院される患者さんの中には、こういった基礎疾患を持つ患者さんもいます。
私たちは接骨院の業務範囲だけでなく、一般臨床にも知識を深めてより多く患者さんの悩みに応え、力になれるように勉強していきます!

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

骨盤の歪みによる全身の影響 ハート鍼灸接骨院

こんにちは!!

今年からハート鍼灸接骨院(名古屋市名東区八前)に配属されました岩佐です。

 

早速ですが今回は骨盤の歪みによる全身の影響についてお話ししたいと思います。
上半身と下半身をつなぐ骨、それが骨盤です。
骨盤矯正と言う言葉をテレビや雑誌で聞いたり、実際に受けたことがある方も多いと思います。
ですが、実際に骨盤の歪みが体にどういう影響をもたらすのかしっかりと理解されている方は少ない印象です。

 

骨盤の歪みの主な原因は日常生活から起こる動作の癖や、姿勢の悪さです。
普段の何気ない動きに癖がある事や姿勢が悪い事で体の一部に他の場所より大きな負荷が加わります。
それによって負荷のかかっている組織や筋肉に癒着が起こります。
その結果筋肉が強く緊張して骨盤の歪みが起こります。
骨盤が歪むと腰や肩、膝など全身の不調につながります。
痛みだけでなく血行不良や冷え、むくみなどの症状も出てきます。

 

当院では施術を行うにあたって体の歪みや骨盤の歪み、筋肉の状態をしっかりと検査させて頂き、患者様一人一人に合った治療を提供させていただいております。
お身体でお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。

 

ハート鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区八前3丁目119

電話:052-775-9430

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

ストレートネック つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の清水です!

 

今回はストレートネックについて述べていきます。
首や肩が痛い患者さんは非常に多いですが、
その原因の一つにストレートネックがあります。

 

ストレートネックとは

本来頸椎(首の骨)はゆるやかなカーブをしています。
そのカーブが失われてしまった状態です。

 

一般的に人間の頭の重さは体重の約10%と言われています。
カーブがしっかりあれば頭の重さをうまく分散して支えられますが、ストレートネックだとうまく分散が出来ずにダイレクトに首周りの筋肉に負担がかかってしまいます。
負担がかかる事により首・肩の痛みや頭痛なども引き起こします。

 

ストレートネックの原因

デスクワークの人に多いですが、最近ではスマートフォンの使い過ぎの人がとても多くて日本人の9割の人がストレートネックと言われています。そして多くの人は自分がストレートネックという事に気づいていなく、症状が出てから気づくのがとても怖いところです。

 

対処法

タオル枕といってバスタオルをくるくる巻いてそれを首にあてて寝るとカーブがない状態から少しカーブを取り戻す事ができます。当院ではHMバランス整体という技術を用いてストレートネックにしてしまう首、肩周りの原因筋の緊張緩和や全身状態をあげてストレートネックの改善とストレートネックによって出た痛み等を改善させていただきます。

 

皆様の様々なお身体の悩みを改善します!
お困りの方は当グループ院にご相談ください。

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

足関節内反捻挫 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。
今回は足関節内反捻挫について述べていきます。

内反捻挫とは、足関節を内側に捻ることによって受傷する足関節の捻挫の事を言います。足関節捻挫は、この内反捻挫であるケースが多く、受傷後速やかに、くるぶしの外側に内出血による腫れが確認されます。内出血は内反動作の規定に最も大きく関与している、前距腓靭帯が断裂症状を起こしている為にみられるものです。また、症状と機能障害の程度によって、重症度が分類されています。


1度(軽度損傷)
足関節の外側靱帯に圧痛がありますが、歩行や関節運動に際して、支障を来すほどの痛みはほとんどありません。
2度(中程度損傷)
足関節が著しく腫れて、強い痛みを伴うので、歩行や関節運動が困難となります。自動的・他動的に関節を動かすことが可能ですが非常に強い痛みを伴います。

 

3度(重度損傷)
足関節が著しく腫れて、歩行や関節運動はほとんど出来なくなります。自動的・他動的に関節を動かすことも痛みのために非常に困難になります。また、完全断裂の場合、他動的な関節運動に際し正常では有り得ない動き、異常可動性がみられることもあります。

 

内反捻挫は受傷後の応急処置が素早く適切に行われた場合、数日程度で復帰できるケースが多い捻挫でもありますが、構造上、外力が加わりやすく再発しやすいので、捻挫の癖がついてしまう事もあります。繰り返しの捻挫により、足関節を支持している靭帯組織や筋肉が上手く機能しなくなると、再発を繰り返す悪循環に陥ってしまいます。また、過度な固定や安静がこの悪循環を招いてしまいます。

 

当院での治療方法
コンプレフロス
受傷直後の急性期に対しアイシングと固定を行い、その後、関節運動が可能になった段階で行います。足関節の靭帯組織と筋肉に沿って専用のフロスバンドを巻いて、足関節の筋膜の癒着をはがしていきます。

 

そうするとことで、血流量が上がり、人間の体がもっている自然治癒力を急速に高め、損傷部位の修復を促していきます。また、同時に自動運動を行い捻挫の癖の原因となる筋力低下を防ぐことが出来ます。なので、固定で安静にしているよりも、良い状態で早期復帰が望めます。

お困りの方はぜひ当グループ院までご相談ください。

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

ランニングしていると腰が痛くなる理由 ふきあげ鍼灸接骨院

こんにちは!

ふきあげ鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の奥谷です!

 

ランニングしてると腰が痛くなることありませんか??

体、筋肉の使い方に原因があるかもしれません。

 

治療していてよく聞くのが
ランニングしていたら腰が痛くなってしまった!
です。なぜ腰が痛くなるのか、少し紹介していきます。

 

まず一つの原因としては
脚が上手く後ろに蹴れてないことです。
どういうことか説明していきます。

人は走ったり歩いたりしている時に蹴る足とストップする足で
右足と左脚で役割が違うんです。


いわゆる利き足というのが物を操作する時に用いる足です。
例えば、ボールを蹴る足、小石を拾う足などが利き足になります。

逆の足は活動を支える足です。例えば片足でジャンプする足や、
バランスを取る足などが支える足です。

 

このように足の役割が違うように走る時も、蹴る足とストップする足があります。
蹴りだす足の方が肉離れしやすく、ストップする足は靭帯、膝を痛めやすいです。
そして、蹴りだす足の股関節が上手く使えていないと当然、走る時に
どこかで代償動作を起こして蹴りだそうとします。

 

利き足の股関節が上手く後ろ(伸展)に行かないと、代償で利き足の方の
腰が反る(伸展)します。
腰が反ると腰、背中に負担がかかり痛めてしまいます。

 

次にランナーの方で腰を痛める方に多いのはフォームが悪いことです。
何が悪いのか、、腰が反りすぎてるんです。

 

なぜ反ってしまうのか、、

まず第一に、加速させる時に加速させる筋肉が働きます。
加速させる筋肉は主に背部、腰部、太ももの裏の筋肉です。
これらは体を伸展させる筋肉にもなります。

 

加速させる筋肉が収縮すると体は自然に沿った姿勢になってしまいます。
これは四足歩行時代の時の名残で、本能的になってしまうものだそうです。
なので、体が反ってしまい腰、背中に負担がかかてしまいます。

また慣性の法則で、足は前に前に行こうとしているのに上半身は後ろに
残ってしまうので必然的に腰を反る体勢になってしまいます。

 

では、どのような姿勢で走ればいいのか。
まず足を前に出すという意識ではなく、体重移動で自然に足が前にでる
という走り方をします。
体重移動を十分にしないで足だけで走ろうとしてしまうと腰が反ってしまうので、
体重を前に移してから蹴りだす走り方を練習してみましょう。

 

次に股関節の前の筋肉を柔軟にする必要があります。

先ほども話した、上手く後ろに足が蹴れないと腰が痛くなる
という話に繋がりますが、股関節の前の筋肉の一つ、腸腰筋という筋肉が硬くなると足が上手く後ろに蹴り上げられなくなります。
また、腸腰筋は腰椎から骨盤、大腿骨に付着しているので骨盤が前傾しやすくなり腰に負担がかかりやすくなってしまいます。


ランニングをする方は股関節の柔軟性をしっかりとつけましょう。

 

治療方法としてはまず、なんの原因で腰が痛くなったのか
腸腰筋が上手く使えていないのか、フォームが悪いのか。
痛くなった原因によってアプローチする筋肉やトレーニングをしていきます。
また、腕を振りすぎて肩甲骨周辺や、筋力不足でハムストリングが緊張してしまうので全身をしっかりケアしてあげることが大切です。

 

ふきあげ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区曙町1丁目11

電話:052-734-3195

https://fukiage-shinkyusekkotsu.com/