heartmedical のすべての投稿

強度が高いほど筋肥大するわけではない さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

筋肥大をさせるなら「高負荷低回数!」が常識でしたが、今ではそうではありません。

実は「高負荷低回数」でも「低負荷高回数」でも総合的な負荷が同じなら筋肥大の効果に差はありません。

 

用語解説‐総負荷‐
総負荷とは、強度×回数×セット数です。
但し、実際筋肥大を行おうとした時に高負荷で行ったほうが、総負荷を上げるのに効率が良いため、高負荷で行われます。
もし怪我をしやすい部位の筋肥大目的のトレーニングを行う際は、低負荷高回数で行っても効果はあると覚えておくと怪我の少ない筋トレができます。

筋肥大に必要な要素

筋肥大に必要な要素は

張力・ダメージ・代謝ストレスといわれているので、

筋肥大を目的とした筋トレは

伸長性収縮(エキセントリックコントラクション)になります。

 

用語解説‐伸張性収縮‐
伸張性収縮は筋肉を伸ばしながら行う、収縮様式です。
例えば、ハムストリングス筋のトレーニングではレッグカールの様にハムが縮まりながら収縮させるのではなく、ロシアンハム(別名ノルディックハム)の様なやり方のほうが筋肥大に効果的といえます。レッグカールも、膝を伸ばした状態から曲げていくのではなく、曲げた状態から伸ばしていけば伸張性収縮になります。

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

シンスプリント みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回はシンスプリントについて述べていきます。

シンスプリントはふくらはぎの内側下1/3部分の筋膜の癒着による炎症が起き、痛みとして現れるのが特徴です。多くの場合、痛みは癒着した筋膜が動かされる運動開始時に現れます。主にジャンプ動作の繰り返しやマラソンなどの長距離ランニングなどにより発症します。

 

この障害はランナーに多くみられますが、どんなスポーツでも、シーズンの始めや新学期に新入部員がハードなトレーニングを集中的に行った場合に頻発します。慣れない環境でのトレーニングを行った為に、足の疲労から筋膜が硬くなり癒着を起こしてしまいます。硬い地面の上を繰り返しランニングする、足部を背屈させる(つま先を上げる)筋肉を過剰に使いすぎる、などが原因となります。

また、偏平足など足底部に異常があると、地面からの衝撃を受け止められなくなるため、疲労が溜まりやすくなり、発症の要因の一つとなります。


治療法
コンプレフロス
炎症の起きている部分は筋膜の癒着が起こっています。コンプレフロスという技術を用いて癒着をリリースすることによって、痛みを抑えるだけでなく、シンスプリントの根本原因である筋膜の癒着を改善していきます。偏平足で足底のアーチが上手く機能していない場合には、筋肉を再教育し偏平足の改善も行っていきます。

お困りの方は当グループ院にご相談ください!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

偏平足 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は偏平足について述べていきます。

偏平足は足の裏に土踏まずが無く平らな状態になっている足の事をいいます。本来人間は6歳くらいまでは偏平足の状態ですが、成長するにつれて土踏まずが作られていきます。しかし、運動する機会が少ないと、足の筋肉が十分に機能しなくなるため、偏平足になりやすくなります。

また、足の骨折と骨格の異常や、筋肉の過緊張、疲労で偏平足になる場合があります。本来は土踏まずが地面からの衝撃を受け止めて、推進力に変える役割をしています。しかし、偏平足で土踏まずが機能していないと、足の不安定感、疲労感、足関節の関節障害、膝関節や股関節の関節障害などが起きやすくなります。

 

治療法
コンプレフロス
土踏まずの形成に大きく関与している筋肉が偏平足の人はうまく使えず、筋膜は癒着し硬くなっています。なので、フロスバンドを用いて筋膜をリリースすることによって本来の機能を取り戻させます。一度の施術で偏平足が劇的に改善された症例もあります。
お困りの方はぜひ当グループ院までご相談ください!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

うつ病について ひょうたん山鍼灸接骨院

こんにちは。
ひょうたん山鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の田口です。

今回はうつ病についてお話します。
うつ病とは気分が落ち込む、なかなか寝れない、疲れがとれない等、
精神的、身体的な症状が続くものです。

 

原因としては、セロトニンという神経伝達物質の減退で起きます。
主にストレスが脳に機能障害を引き起こしていると考えられています。
100人に3~7人の方はうつ病を経験されたことがあるというぐらい近年では
他人事ではない身近な病気として認識が広がってきています。

 

対策としては、
休んで心を落ち着かせる。
無理をしないで睡眠をとる。
食生活を改善する。
運動習慣をつける。

等です。日常生活を変えていくと少しずつ改善していきます。
また、鍼治療もうつ病に対して治療することができます。
一緒に日常生活から見直しながら改善への手助けをさせてください!

 

少しでも気になったらお近くのハートメディカルまでヽ(・∀・)ノ

 

ひょうたん山鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区新城10番5号

電話:052-739-6544

https://hyoutanyama-shinkyusekkotsu.com/

冷やすべきか温めるべきかを再考する さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

よく聞かれる質問に
「冷やすべきか温めるべきか」というものがあります。

 

基本的には
「やってみて気持ちいい方」

または
「患部に触れて熱ければ冷やす」
「幹部に触れて冷えていれば温める」

もう少し、細かくみていきます。

選択方法を再考する前に、冷やすことと温めることのメリットとデメリットを確認し直します。

 

冷やす事の目的は
・鎮痛
・炎症を抑える
・二次損傷の予防
があります。
この中でエビデンス(科学的根拠)があるのは鎮痛のみで、
他はアイシングによる効果の予想です。

 

冷やすことのデメリットは
・治るのが遅くなる。
・長時間の使用でホルモンバランスが乱れる(自律神経障害)
・筋トレ後の血管の成長を弱める
・後遺症の誘発
・血流量低下
の可能性があります。
これにはエビデンスが存在します。

 

 

温めることの目的は
・血流促進で回復を早める

デメリットは
・炎症がある場合、炎症や痛みが強くなる可能性がある。

 

これらを踏まえた上で、再考します。
これだけのデメリットがありながらスポーツ業界で未だアイシングが行われているのは、勉強不足ではなく、経験則などから研究で明らかになっていない効果があるだろうと考えられているからです。

 

冷やす目的に鎮痛(エビデンス有り)がありますが、
冷やすか冷やさないかの判断の主を「痛み」にしてはいけません。

 

なぜなら、例えば
ヘルニアは炎症物質が出ないことが多いことが明らかになっていますし、
肘の損傷(テニス肘やゴルフ肘)は痛みがあるものの、炎症症状の特徴の血流量増加が起きて無く、むしろ血流量が低下します。

 

つまりこの場合は温めるべきです。
このことから痛みは判断の基準になりにくいといえます。

 

そのため、温めるか冷やすかは障害によります。
その都度聞いて頂くのが最良ですが、場合によって自己判断が必要な時は、
痛みだけでは判断にならないので、やはり
「やってみて気持ちいい方」
または
「患部に触れて熱ければ冷やす」
「幹部に触れて冷えていれば温める」
が自己判断の最良になります。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

五十肩 ひょうたん山鍼灸接骨院

こんにちは。
ひょうたん山鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の田口です。

 

今年に入って花粉症になってしまい、毎日辛いですが
皆さんは大丈夫ですか?

 

さて、今回は五十肩について少しお話します。
五十肩とはみなさんも知ってのとおり肩が痛くなって動かせなくなったり、
安静にしていても痛くなることがあります。
僕が診させていただいている患者さんにも何人かみえますが、
鍼治療をしながら治療をしていますが、よくなるまでにはとても時間がかかります。また、急に悪くなったり急に良くなったりと変化が激しいです。
そのままにしておくと肩の周りの筋肉が弱ってしまって
痛みが取れたあと動かしづらくなってしまいます。

 

ハートメディカルではなるべく早く痛みを緩和するための治療や
弱ってしまった筋肉を鍛えることができる楽トレという機械や
新しい治療法のコンプレフロスという治療で動きを良くすることができます。
我慢していると悪くなる一方です。
少しでも気になったらお近くのハートメディカルに気軽にご相談ください!

 

ひょうたん山鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区新城10番5号

電話:052-739-6544

https://hyoutanyama-shinkyusekkotsu.com/

ド・ケルバン病 おいせ鍼灸接骨院

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

本日は、ド・ケルバン病についてお話させて頂きます。

(ド・ケルバン病とは)
母指(親指)を広げた時に手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。その母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通る部分で生じる腱鞘炎です。

 

(症状)
手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

 

(原因)
妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く、手の使いすぎやスポーツや仕事で指を良く使う人にも多いのが特徴です。

 

(病態)
母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいのです。

 

(診断)
手背第1コンパートメント 部に腫脹や圧痛がある。
母指を握りこんだ状態で手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなるか否かで診断します(フィンケルシュタインテスト変法)。
自分で調べるには手首を直角に曲げ母指を伸ばしたときに疼痛が増強するか否かで判定します(岩原・野末のサイン)。

 

(治療)
局所の安静(シーネ固定も含む)、投薬、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)などの保存的療法を行います。
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。その際、隔壁の切除と橈骨神経浅枝の愛護的操作が求められます。
少しでも思い当たる症状がございましたらお気軽に当グループ院にご相談下さい。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

徐々に体を痛めるマイクロトラウマ さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

心理学用語のマイクロトラウマは「小さな嫌な経験が積み重なって生じる心の怪我」ですが、身体的なマイクロトラウマも存在すると言われています。

 

スポーツ業界や理学業界ではオーバーユース(使いすぎ)と言われたり、
使い方を間違えている場合はマルユース(またはミスユース)と言われ、いずれにせよ「小さな損傷が積み重なって生じる外傷」をマイクロトラウマといいます。

 

マイクロトラウマは徐々に痛みが強くなるという特徴を持っています。

肉離れや捻挫は急激に痛みが強くなるため、マイクロトラウマではありません。

前々から太ももが痛いけど最近痛みが強くなってきたのような症状はマイクロトラウマの可能性があります。

この場合は適度な安静が必要な場合や、テーピングなどで補助可能の場合があります。
ですが、放置していては悪くなる一方です。

 

長期的に放置する事で、瘢痕化(悪くなった状態が戻りにくくなる)することもあります。

 

上記に当てはまりそうであれば一度ご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

座った時のお尻の痛み‐坐骨結節滑液包炎‐ さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

長時間イスに座った後、お尻とイスの接触するところが痛い場合は、「坐骨結節滑液包炎」の可能性があります。

良い姿勢で座り続けると痛みがでるため、

「仙骨座り」という姿勢をとって2次的に肩の痛みなどを引き起こしてしまいます。

症状を呈す要因として多いと言われるのは、大殿筋、ハムストリングス筋の剛さです。

そのため、治療も大殿筋、ハムストリングス筋を中心としたものになります。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

西洋医学と東洋医学の違い つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは!
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の羽田野です。

 

かなり日差しが暖かくなってきて活動しやすくなってきましたね。花粉が多くなってきて花粉症の方々はつらい時期ですね…

 

さて、本日は西洋医学と東洋医学の違いを紹介します。
私たちが普段、受診することが多いのは西洋医学的に近代に発達した診察と治療です。

 

では、西洋医学と東洋医学の治療にはどのような違いがあるのでしょうか。
この2つの医学は人のからだをどのように捉えているのかで考え方が大きく違っています。

 

まず、西洋医学では人のからだはパーツ(様々な器官)が集まって1つになっていると考えます。簡単に説明すると病気の原因であるものをみつけ、それを正常に戻せば病気は治っていくという考えです。
次に東洋医学では人のからだ全てを1つのものと考えます。一部が悪くなってしまったことでからだ全体に悪影響が出ると考えます。

 

西洋医学では様々な検査を行い、そこから導き出されたデータや画像を検討し、そのパーツの状態をみます。数値化も可能なので異常があればすぐ分かります。その為、ホルモンの不調による病気や細菌などによる感染症、手術が必要な病気やけがなどが得意分野になります。
東洋医学ではからだのどこかが悪くなっている=からだが全体的に調子が良くないと考え、一番気になっている症状からその他のちょっとしたトラブルも解決し、心身ともに健康にしていきます。その為、肩こりやめまいなど原因が特定しにくいからだの不調をみることが得意分野になります。

 

病気や症状によって西洋医学と東洋医学、それぞれ得意な治療方法があります。

現在は西洋医学と東洋医学の両方面からみて治療する病院が増えてきています。治療方法をどちらかに限定せず、それぞれの良い所を使ってより健康で元気な毎日を送りましょう!!!

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/