「鍼灸接骨院 >」カテゴリーアーカイブ

頚椎椎間板ヘルニア おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

又今週から寒波がやってきますので、外出時には暖かい服装で出てくださいね!

今日は頚椎椎間板ヘルニアについてお伝えします。

頚椎の椎間板の中心にある髄核(ずいかく)というゼリー状の組織が、その周囲にある線維輪(せんいりん)から脊柱管(せきちゅうかん)に部分的または完全に突出し、脊髄、神経根(しんけいこん)という神経を圧迫し、しびれ、痛みなどの症状が起こることをいいます。

 

原因

椎間板は、脊椎に加わる衝撃や体重を緩和するクッションの役割をもっています。この椎間板が変性(年齢を経て組織が変化すること)により、若い人では約9割が水分といわれている髄核の水分量が減少します。髄核の水分量が減少すると、椎間板が持つ本来の弾力性を失い、クッションの役割を果たさなくなります。また、姿勢不良、激しい運動などによる過度の荷重が椎間板にかかると、線維輪に亀裂が生じ、髄核が線維輪を破って飛び出してしまう事があり、この事が頚椎椎間板ヘルニアの主な原因といわれます。

 
症状

主に以下のような症状が現れます。

頚部(首)の痛み
肩こり
背中の痛み
手から腕にかけて走るしびれや痛み
筋力低下
手指の動きのぎこちなさ
歩行障害
排尿障害

 

頸椎後方にある椎間関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、頸の後方部から背中、時には胸の前の方に痛みや凝り、だるさ、違和感等々が生じます。リハビリテーションが治療の中心となってきます。頸椎牽引、マッサージ、温熱療法、電気療法、針治療、ストレッチ体操、筋力アップ、リラクゼーション等々を行いましょう。

おおもり鍼灸接骨院では鍼治療が効果がありますので是非お待ちしています。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

膝窩筋の機能と膝の痛みについて ふきあげ鍼灸接骨院

こんにちは!ふきあげ鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の奥谷です!

 

皆さん、膝の裏の筋肉って知ってますか??
今回、膝の痛みと関係があるとされている筋肉の一つ
膝の裏の筋肉、膝窩筋についてお話します。

膝窩筋とは??
膝窩筋とは、関節を包んでいる関節包に付着する筋肉。
膝を屈曲(曲げる)する筋肉です。
太ももやふくらはぎについている筋肉、ハムストリング、薄筋、縫工筋、
腓腹筋などは関節を二個またいで筋肉がついている筋肉ですが、
膝窩筋は1関節筋と言われ一つの関節しかまたいでいない、膝窩筋だけが
単関節筋なのです。
このことから、他の屈曲筋にはない別の機能があるかもしれないとも言われているんです。

 

膝窩筋の機能
① 足の内旋させることで膝の伸展の可動域を広げる
② 膝関節の動的安定性
③ 膝関節を曲げる
④ 膝窩筋が収縮することで膝の側副靭帯や十字靭帯、関節包などの
膝周辺の軟部組織へのストレスを減らす
⑤ 膝関節屈曲時に外側半月を後方へ引くことでインピンジメントが起こるの
を予防

 

インピンジメントとは?
インピンジメントとは膝の半月板が骨と骨との間に挟まってしまうことです。
膝窩筋は外側半月板とも癒合しています。
膝窩筋が収縮すると半月板が後ろに引っ張られるため、膝を曲げる時に半月板が後方に逃げることができるので、大腿骨顆部と脛骨顆部との間で挟み込まれるのを防げます。
膝窩筋が収縮不全が起きると半月板が挟まってインピンジメントが起こります。

 

膝窩筋と膝の動きの関係
膝関節は完全伸展位で膝が動かないよう、ロックされます。
ロックされた膝を曲げようとするとしたとき、膝窩筋が足を内旋させて
膝のロックを解除してくれます。
このことから、膝を曲げる時は膝窩筋を使うことが分かりますね。
また膝の回旋運動も制御しているので、膝を安定させるためには大切な筋肉です。

 


膝の内側に付着する筋肉とも膝の動きを助けているため
膝窩筋が硬くなったり、上手く収縮してくれないと膝の下内側に痛みが出る
鵞足炎や膝窩筋炎といった痛みを出すこともあります。
加齢などによる関節などの変形(退行変性)を含む体の機能異常によって、膝関節の不安定性が増大してしまいます。
そのため、膝窩筋が過剰に緊張してしまいその緊張が新たな機能異常を招いてしまうこともあります。

 

膝窩筋の緊張を取り、ちゃんと機能させてあげることで膝の動きがスムーズになります。
接骨院でのケア、自宅でのストレッチなどのケアをしっかりとしましょう!

 

ふきあげ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区曙町1丁目11

電話:052-734-3195

https://fukiage-shinkyusekkotsu.com/

石灰沈着性腱板炎 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 
最近寒い日が続き、雪も降る日があります。風邪やインフルエンザがまだ流行っています。体調管理を徹底し風邪にならないようにしましょう!!

 

さて今回は石灰沈着性腱板炎についてお話していきます。

石灰沈着性腱板炎とは?

石灰沈着性腱板炎は40~50歳代の女性に多くみられ、肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限のことです。
この石灰は、当初は濃厚なミルク状で、時がたつにつれ、練り歯磨き状、石膏(せっこう)状へと硬く変化していきます。石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきます。そして、腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。
また肩に石灰ができる原因は今でもはっきりとした原因がないことが特徴です。
以前から肩に違和感があった…という前兆もなく突然激痛に襲われます。
また症状が似ている五十肩(関節周囲炎)がありますが、痛みの出方に違いがあります。
五十肩は前から違和感があり、徐々に痛みが強くなるのが特徴です。

症状

夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まる事が多いです。痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなります。
発症後1~4週、強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1~6ヵ月続く亜急性型、運動時痛などが6ヵ月以上続く慢性型があります。

 

治療法

ほとんどの場合、保存療法で軽快しますが、急性期では、痛みが出ない範囲でストレッチなどの運動療法をします。亜急性型、慢性型では、石灰沈着が石膏状に固くなり、時々強い痛みが再発することもあります。硬く膨らんだ石灰が肩の運動時に周囲と接触し、炎症が消失せず痛みが続くことがあります。痛みが強く、肩の運動に支障がありますと、手術で摘出することもあります。
疼痛がとれたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。

 

~最後に~

石灰沈着性腱板炎は何の前触れもなく突然起こり、痛みも強いです。しかし治療をするかしないかで治り方や治るスピードも変わってきます!
肩に少しでも痛みがある場合は我慢せず、すぐに接骨院などに行き診てもらうことが大切です。
また日頃から肩を動かしたり、ストレッチするのも効果的です!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

尿失禁について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

一昨日は雪が少し降っていましたね。
まだ寒さから逃げれないです。なので体調管理をしっかりしていきましょう。

 

今日は尿もれ、尿失禁についてお伝えします。

 

人間は物を食べて栄養を吸収し、要らないものを排泄して生きています。毎日何気なくしているオシッコも身体に回っている毒素を腎臓でキャッチして水分と一緒に体外に排泄するという大事な営みです。
けれどなんらかの原因で自分の意思に反して漏れてしまうことがあります。それが尿もれです。

 

(種類)
よく起こるのを絞って紹介します。

⑴腹圧性尿失禁

運動をしたり重たいものを持とうとしてお腹に力を入れた時、又くしゃみや咳をした時にチョロっと漏れる。
女性に多く、尿道を閉める骨盤底筋が弱っているのが原因です。頻度や量が少ない方は、骨盤底筋トレーニングをすると治ることが多くあります。

 

⑵切迫性尿失禁

強い尿意で切迫感による膀胱が過敏になってしまい、尿があまり溜まっていなくても強い尿意を感じるようになる過活動膀胱が原因。

 

⑶心因性尿失禁

会社の面接など、緊張した場面で漏らしてしまう。緊張のために、自律神経が失調し、勝手に膀胱が萎縮するために漏らしてしまいます。若い人に多いです。

それ以外にも機能性尿失禁、溢流性尿失禁、排尿後尿滴下があります。

 

(対策)

運動(骨盤底筋トレーニング)
食事療法
サプリメント
楽トレがあります。

当院では、楽トレという機器でインナーマッスルを鍛えて尿もれ、姿勢、痛みなどを改善します。
是非おおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

低温火傷 おいせ鍼灸接骨院

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

本日は、低温火傷についてお話させて頂きます。

 

(低温火傷とは)
カイロやゆたんぽなど、体温より少し高めの温度(44℃~50℃)のものに長時間触れ続けることによって起きる火傷です。

通常の火傷は、皮膚の表面に熱源が触れることで起こります。
一方、低温火傷は皮膚の奥深くでじっくり進行していく為、通常の火傷に比べ、治りにくくなります。

また、症状が見た目にはわかりにくいことや、痛みを感じにくいことから、軽症と勘違いしてしまいがちです。

 

 

(症状)

火傷は、皮膚がどの程度ダメージが与えられているかに応じて1~3度までの症状に分けられています。

・軽い症状(1度)の場合は、ヒリヒリとした痛みと、うっすらとした赤みが生じます。

・中度(2度)の場合は強い痛みや赤み、水ぶくれが発生します。

・ひどい場合(3度)は、皮膚が壊死してしまい、病院での治療に2週間以上かかってしまいます。
皮下組織が壊れてしまった場合は、手術が必要となる場合もあります。

 

 

(低温火傷になり易い人)
・皮膚の薄い高齢者
・寝返りができない乳児
・知覚や運動能力に麻痺がある方
・糖尿病などで手足の循環が悪い方
・泥酔している方
・体の感覚が鈍くなっている方

 

 

(予防法)
・湯たんぽ・電気アンカは就寝時には取り出す
・使い捨てカイロの使用方法を守る
・電気毛布を就寝時に電源OFFにする

 

 

(低温火傷になってしまったら)
軽症か重症か分からなくても、必ず医療機関を受診しましょう。

間違った処置をしたり、下手に放置してしまうと、重症化したり感染症にかかってしまうこともあります。

決して、民間療法などで治そうとせず、医師の判断を仰いで下さい。
まだまだ寒い日が続き、カイロや湯たんぽを使う機会も多いと思います。
使用法を守って低温火傷に注意し、暖かい春を待ちましょう。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

坐骨神経痛 みその鍼灸接骨院

こんにちはみその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は坐骨神経痛について述べていきます。

 

坐骨神経痛とは
坐骨神経が圧迫されることによって生じる神経痛の総称で、病名ではありません。足全体に激痛やシビレが現れることもあれば、お尻、太ももの裏、すね、ふくらはぎ、足の裏などのどこか一部分に現れることもあります。

原因
腰部脊柱管狭窄症、腰部椎間板ヘルニア、梨状筋症候群などがあげられます。いずれも画像診断で容易に鑑別することが出来て、筋肉や骨、軟部組織に異常が見られます。それらが坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛となって現れます。しかし、整形外科で受診して異常がないのにもかかわらず、辛い坐骨神経痛が続くのはなぜでしょう?その原因は深層筋の悪い癖と骨盤の歪みです。

 

当院での施術
HMバランス整体
骨盤周囲には多くの深層筋が付着していて、日常生活において身体を支えています。しかし、悪い体の使い方や、体に対してかかる負荷によって、骨盤が歪んでしまいます。そうすると深層筋がその歪みを正そうとして、坐骨神経を圧迫するほどに緊張してしまいます。そこで、HMバランス整体を用いて、骨盤の歪みをなくし、深層筋の悪い癖をなくすことで、坐骨神経痛の根本原因を改善していきます。また、ヘルニアなどから現れる坐骨神経痛を根本から改善させるには手術ですが、長期のリハビリや後遺症のリスクが伴います。ですが、HMバランス整体を行い、正しい姿勢、本来の深層筋の機能を取り戻すことで、坐骨神経への圧迫を減らして、日常生活で痛みのない状態にすることが出来ます。

 

楽トレ
治療で痛みが半分に軽減した段階でご案内させていただきます。意識的に鍛えることが困難な深層の筋肉を電気刺激で鍛えることによって、本来の支持力を取り戻していきます。そうすることによって、再発しない痛みの出にくい体づくりを行うことが出来ます。強力な刺激も与えることが出来るので、強度の高いスポーツ活動の復帰に向けての体づくりとしても、十分なトレーニング効果が得られます。

お困りの方は当グループ院にご相談ください。

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

寝違え つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の寺西です。

 

毎日のように寒い朝が続いていますね。
このところ当院を来院される患者様で所謂「寝違え」の方が数名来院されました。

 

・寝違えとは
首の周囲の筋肉や靱帯などの急性の炎症の総称で、起床時に首を動かすと強い痛みが出てしまい時には頭痛や背中まで痛む場合もあります。

 

・寝違えの原因は
寝違えが起きる主な原因は、寝ている際の姿勢だと考えられます。
本来は体勢が苦しければ、寝返りを打つなどして首に負担がかからない体勢に無意識に動くのですが、ベッドや枕が合わなかったりして無理な姿勢が長く続いたり、泥酔状態で寝てしまい寝返りをほとんど打てなかったりすると、首まわりに長時間にわたって持続的に負荷がかかってしまい靭帯や筋肉を傷めてしまいます。

 

当院で寝違えの患者様が続いたのも、毎日の朝晩の冷え込みが強い為に縮こまって固まってしまっている患者様が多いようです。

 

寝違えてしまったら
早期に適切な処置を行うことで症状の軽減を早めることができます。
無理矢理にご自分で強いマッサージをしてしまったり、場合によっては温める事で症状の悪化につながる事がありますので、起床時などの急な首の痛みなどでお困りの際はお気軽にお近くのハートメディカルグループまでご相談下さい!

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

眼精疲労 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

最近インフルエンザが流行っていますので手洗いをしっかりしましょう。
今日は眼精疲労についてお伝えします。

皆さん携帯やパソコンなど日常生活で目を使うことが沢山あります。それを毎日繰り返し続けていると段々と目が重たくかすみ目などの影響が出てきます。

 

(原因)

ドライアイや近視、遠視
乱視などの原因で、目のピントがうまくあっていない屈折異常、老眼による調整異常、度数が合わない眼鏡などが原因で起こります。

 

(症状)

疲れ目、ゴロゴロ、かすみ目、目の充血、肩凝り、頭痛など、様々な症状を引き起こします。
(対処法)

瞬きを忘れないように心がける。
パソコンやテレビは、視線より下において画面を見下ろすようにしましょう。

 

(チェックポイント)
ものが霞んで見える
重たい感じがする
目が痒い、痛い
目やに、涙が出る
目が乾いた
ゴロゴロ
目が疲れる
光が眩しい
などの症状があれば眼精疲労かもしれませんので、即効性のある鍼治療や全身調整法で全身の血液の流れ、筋の硬さをほぐして直していきましょう。
是非おおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

症例(急性腰痛) ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは!
東山線「本郷駅」前にある『 ほんごう鍼灸接骨院 』(名古屋市名東区)の山元です。

 

今日は、先日診させて頂いたぎっくり腰(急性腰痛)の患者様Aさんの話をします。

 

Aさんは、今東京に住んでいて帰省の為に名古屋に帰っていたそうです。
朝ご飯を食べている時に、なんとなく違和感があり、
その後くしゃみをした瞬間グキッッッっと腰に痛みが走り
そのまま動けなくなってしまいました、、、

 

普段は東京で事務作業をされていて、腰に痛みを感じる事は全くなかったので
今回の事は相当ビックリされたと思います。

 

問診をしようと待合室に呼びに行ったとき、
付き添いの方に抱きかかえられながら、歩かれたので
座っているのも辛いだろうと思い、さっそくベットに寝てもらい、アイシングをしました。

 

お話を伺うと、明日には東京に戻って仕事をしないといけないので
今日中にどうにか歩ける状態にしてほしい、と言うことでした。

 
ぎっくり腰の場合、強い炎症が起きているので患部のマッサージは避けます。
代わりに腰より下の骨盤周り(お尻)の筋肉&下肢の筋肉を緩め、循環改善をはかり、その後人生初だという鍼治療をしました。
そして体が少しでもスムーズに動くように、深い筋肉まで刺激を入れる神経筋矯正、を中心にさせて頂きました。

 

そして、ゆっくり立ち上がっていただき、自分で背筋を伸ばしてゆっくりですがまっすぐ歩けるくらいになりました。
後は、もっと安定するようにコルセットと背中にテーピングを貼って、
その日の治療は終了しました。
最後には笑顔で帰っていただけました。

 

普段腰痛を感じていなくても、不良姿勢が続いて腰に負担がかかったり、体が冷えて血行不良になるとぎっくり腰になってしまいます。
そうなる前にも、体のケアをしっかりしていきましょう!

今日は以上です!

 

当院には
名古屋市内全域
(中村区、中川区、西区、熱田区、緑区、千種区、名東区、守山区)
海部市、北名古屋市、小牧市、春日井市

からご来院があります

 

名古屋市営地下鉄 東山線
本郷駅前で、バスターミナルもすぐ目の前にあります

 

また東名高速道路名古屋インターチェンジもすぐ近くです
お車でのお越しの際には
院のすぐ裏に専用駐車場が5台あります

 
首、肩、腰、膝などお体のことでのお悩みの方
リウマチや脳梗塞の後遺症でお困りの方

ぜひ一度ご来院ください。
(予約優先制)

 

ハートメディカルグループHP (http://www.heart-medical.co.jp/

当院HP  http://www.heart-medical.co.jp/shop/touyouigaku.html

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

生理痛について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
東山線「本郷駅」前にある『 ほんごう鍼灸接骨院 』(名古屋市名東区)』の山元です。

 

今日は、女性の悩みの一つである生理痛についてお話します。

生理痛の症状として一番多いのは、
腹痛、腰痛、全身のだるさ
他の症状として
頭痛、下痢、便秘、吐き気、貧血
精神的には、
イライラする、落ち込みやすいなど

 

症状が出るのは月に数日ぐらいですが、
それでも毎月しんどい思いをするのは辛いものです。
少しでも楽な日が増えれば、、、と勉強してみました。

 

月経中に出来る事

1.身体を温める
ひざ掛けや毛布をかける
使い捨てカイロをお腹や仙骨(お尻の骨)にあてる
あったかい飲み物を飲む
シャワーだけでなくお湯につかる  など。

特にこの時期は 冷えないように ではなく積極的に温めてくださいね。

 

2.体を締め付けない服装をする
血流が悪くなり易いので、ジーンズやガードル等は×

 

3.軽いストレッチをする
全身の血行が良くなり、効果的です。
立った姿勢⇒腰に手を当てて、ゆっくり腰を回す。
イスに座った姿勢⇒足首の運動。つま先を上げて5秒、かかとを上げて5秒を繰り返す。
これだけで大丈夫です。
あとは、寝る前に体育の授業で習うような簡単な足のストレッチを入れてみましょう。

 

4.ツボを押す
気海  おへその、指2本分下のところ。
関元  おへその、指4本分下のところ。
血海  膝のお皿の内側から、指3本分上のところ。
足三里 膝のお皿の外側にあるくぼみから、指4本分下のところ。
三陰交 足の内くるぶしの一番高いところから指4本分上の、
すねの骨のうしろにある、くぼんだところ。

どのツボも、気持ちのいい刺激で優しく押してください。

月経の一週間前から刺激をしておくと、更に効果的です。
どれも一度は聞いたことがあるものかもしれませんが
やるかやらないかで全然違うのではないのかな~と思います!

 

最後に、生理痛が少ない人でも多い人でも、
自分の体の状態を知っておくために
日常から、基礎体温を記録しておくことをお勧めします!!
産婦人科さんになにか相談するときに、必要な資料になります。
以上です!

 

当院には
名古屋市内全域
(中村区、中川区、西区、熱田区、緑区、千種区、名東区、守山区)
海部市、北名古屋市、小牧市、春日井市

からご来院があります

 

名古屋市営地下鉄 東山線
本郷駅前で、バスターミナルもすぐ目の前にあります

 

また東名高速道路名古屋インタチェンジもすぐ近くです
お車でのお越しの際には
院のすぐ裏に専用駐車場が5台あります
首、肩、腰、膝などお体のことでのお悩みの方
リウマチや脳梗塞の後遺症でお困りの方

ぜひ一度ご来院ください。
(予約優先制)

ハートメディカルグループHP (http://www.heart-medical.co.jp/

当院HP  http://www.heart-medical.co.jp/shop/touyouigaku.html

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/