「鍼灸接骨院 >」カテゴリーアーカイブ

急性疾患の対処 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

ある部活の顧問の先生と急性な足の捻挫の対処に関する話になりました。

その先生いわく「まだ保健室にRICE処置のポスターが貼ってある」そうです。

そう、RICE処置は今ではあまり推奨されていません。

 

【RICE(ライス)処置とは】
Rest(安静)
Ice(冷やす)
Compression(圧迫)
Elevation(挙上)
の略で、急性の基本的な対処法です。

 

スポーツ経験者であればやったことがある/やられたことがある方も多いのではないでしょうか?

似たものにPRICE(プライス)処置があり、RICE処置に
Protection(保護)が足されたものもあります。
ギプスやサポーター、テーピングのことですね。

 

 

【今では】
RICEのR(安静)でなく、MICE(マイス)処置が推奨されつつあります。
MはMobilization(運動療法)です。

PRICE処置もR(安静)がなくなり、POLICE(ポリス)処置になりました。
OLはOptimal Loading(適切な負荷)です。

つまり、急性の怪我では
保護して、冷やして適切な負荷で運動して圧迫して挙上しようということです。

またオランダでは未だにRICE処置といわれながらも、R(安静)の意味を日常生活は通常通り送るという意味で使っています。

 

 

【なぜ変わったの?】

RICE処置でなくなった理由は
後遺症を残す可能性がある。
治るのが遅くなる。
可能性があるためです。

RICE処置は出ている症状を抑える方法です。
治るのために体に働いてる作用も抑えてしまいます。
風邪でいうなら咳止めや解熱剤で、抗生物質ではありません。

 

そのため、痛くない範囲で動いて少しでも後遺症なく早く復帰しようとできたのがMICE処置です。

腰痛治療のガイドラインでもこう書かれています。
「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない。急性腰痛に対して痛みに応じた活動維持はベッド上の安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である。」

つまり急性腰痛は痛くない範囲で動くことを推奨されています。

 

 

【P(保護)について】

P(保護)も今では可能な限り少なくしていこうとなっています。

痛みがでる動きだけ固定してほかの動きはできる限りしてあげる。

急性の怪我をした時は不安もありますが全く動かないというのは出来るだけ避けたいですね。

 

 

【注意点】

動かすことが推奨されるものの、脱臼や骨折など動かしてはいけないものがあります。
動かすのは必ず受診してからにして下さい。

また、どれくらい動けば良いかや、どの動きをしてはいけないのか、など疑問があればいつでもご相談ください!

 

 

【後記】

RICE処置は1978年に提唱されたのですが、2014年になって提唱したドクター自ら「RICE処置は間違っていた」と言っています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

肉離れ おいせ鍼灸接骨院

こんにちは!

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

 

今回は、肉離れについてお話させて頂きます。

 

肉離れとは、筋断裂の通称で、スポーツなどで筋肉に

急激に強い収縮力が働いた際に筋肉自体が自分の筋力に

耐え切れなくなって組織断裂を起こした状態のことです。

太ももやふくらはぎの筋などに多く発生します。

スポーツをする人に多いですが、久しぶりに走ったりする

人にも起こりやすい損傷になります。

 

 

症状としては、損傷部に腫れや内出血を伴い、

痛みにより運動制限やひどい時には歩行が困難に

なる場合もあります。

アイシングや弾性包帯による圧迫固定等の処置が必要となるので

接骨院などへの通院が必要となります。

 

 

予防には、運動前にストレッチをしっかり行うことが重要です。

 

これからの季節、徐々に涼しくなり、お子さんの運動会等で

久しぶりに体を動かす人も多いかと思います。

怪我を予防して楽しくスポーツを楽しみましょう。

そして万が一、怪我をしてしまった時は、おいせ鍼灸接骨院

安心してご相談下さい。

回復から怪我しにくい体づくりまでしっかりとサポートさせて頂きます。

 

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

 

鵞足炎について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは。
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 
本日は鵞足炎についてお話しさせて頂きたいと思います。

 

🔥鵞足炎とは??
鵞足とは膝の曲げ伸ばしをする際、外に回したりする動作で脛骨の内側に付着している縫工筋、薄筋、半腱様筋がこすれて炎症が起こる。とされています。

 

🔥要因、痛みが出る動作
ランニングで足を後ろに蹴り出す時、サッカーボールを蹴る時、急な方向転換を行った時、急に長距離を走った時、平泳ぎのキック、X脚による外反、外旋動作で痛みが出現すると言われています。

 

🔥治療はどのようなことをすればいい??
軽症の場合であれば安静を維持してください。
痛みが強い時にはアイシング、施術、ストレッチを行います。
更に急性の場合は特にアイシングをすること、慢性であれば血行を促進させるため温めます。

ストレッチ→大腿部〜足先にかけて入念にストレッチをしてください。

 

🔥最後に
もしかして自分はこれかも?この症状思い当たるかも、、、等ありましたら是非一度おおもり鍼灸接骨院まで気軽にご相談ください😆
スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

手根管症候群の症例 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

「たまに物を摘もうとすると力が入らなくなる時がある」という患者さんがみえました。

 

病院でみてもらった時にはレントゲンを撮っても異常はなく、首から来ているとい言われたようで湿布を処方されていたので首の検査をしました。
結果は陰性だったので症状の特徴から手根管症候群を疑い、検査をはじめました。
手根管症候群のおよそ20%につまむ力が弱い症状がでます。

 

手根管症候群といえばファレン徴候がありますが陰性でした。
手根管症候群の40%にファレン徴候がみられるのでこれだけでは手根管症候群でないと判断できません。

 

次にダルカン徴候(神経を指で押すと神経症状が出る)をみました。
結果は陽性でした。
手根管症候群はダルカン徴候がみられることがあります。

 

また、パーフェクトオーサイン(親指と人差し指でoの字をつくる)ができませんでした。

 

これも手根管症候群の症状のひとつです。

 

手のひらを見ると母指球が萎縮していました。
これも手根管症候群の症状です。

 

以上から手根管症候群を疑い、治療したところ
初回でだいぶ力がはいるようになりましたが、まだパーフェクトオーサインができないため、通院していただいています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

アクティブスカー さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

手術後の傷が原因で腰痛などの症状を起こすことがあります。

【アクティブスカーとは】
通常の手術痕と違い皮膚が硬くなって動かなくなった傷をアクティブスカーといいます。

 

動かないのにアクティブ?
英語は難しいです。。。

 

見た目は普通の傷口と変わりません。
アクティブスカーは色々なところに痛みを引き起こします。

 

例えば盲腸の手術でお腹に出来た傷が原因で腰痛が起こることがあります。

 

傷口そのものに痛みを起こすこともあります。
例えば前十字靭帯再建術後の膝の傷口が何年たっても痛むことがあります。

 

【アクティブスカーを作らないために】

通常執刀医はアクティブスカーを作らないように手術しますが、メスの角度でどうしてもアクティブスカーができ易くなることがあります。
そのため、術後は皮膚のリハビリが必要になります。
アクティブスカーは術後6ヵ月から18ヵ月かけて作られるため、それまでにリハビリしなければいけません。
術後皮膚の痛みが少なくなってきたところから最低でも3ヵ月後まで皮膚を動かすリハビリをします。
いろんな方向に動かして皮膚が固まるのを防ぎます。

 

【アクティブスカーが出来てしまったら】
アクティブスカーは徒手療法で改善できます。

 

中々取れない痛みはもしかしたらアクティブスカーが原因かもしれません。
もし手術歴があれば問診や施術の際にご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

硬膜頭痛 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

頭痛は様々な種類がありますが、鍼灸接骨院で対応できる頭痛について書いていきます。
今回は緊張型頭痛の中でも側頭部に痛みを起こす硬膜頭痛について書いていきます。

 

【緊張型頭痛とは】
緊張型頭痛は筋肉が硬くなって起こる頭痛です。頭が締め付けられるような感覚が出ることが多いです。

 

【硬膜頭痛とは】
脳を包む硬い膜が原因で起こる頭痛を硬膜頭痛といいます。

首の後ろの筋肉(小後頭直筋)は環椎という骨を介して硬膜と繋がっています。
この筋肉が硬くなると硬膜を引っ張り脳周囲の圧力が変わり(脳を包んでいるので)頭痛になるといわれています。

 

【原因】
この小後頭直筋が硬くなる原因の一つは目の使いすぎです。
目を動かすと反射で自動的にこの筋肉が緊張します。デスクワークで細かく目を動かす度に緊張し、どんどん硬くなっていきます。

 

【治療】
硬膜頭痛の治療は小後頭直筋を緩ませれば緩和します。
硬膜頭痛の場合は初回で頭痛の発生頻度が下がり、数回でほとんどでなくなります。

側頭部に痛みが出たら一度ご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

坐骨骨端症 おいせ鍼灸接骨院

こんにちは!
おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤町)の川口です。

 

 

過ごしやすい気候が続いていますが、夏の疲れが出て体調を崩される方も
多くいるようですがいかがお過ごしですか?

 

先日、中学生の男の子が野球の練習をしていて太もも付け根辺りが痛いと
来院されました。走りこみの練習が続き痛みが強くなってきたそうです。
触診して肉離れの症状は否定できましたが、大腿二頭筋長頭のストレッチ、
収縮で疼痛が誘発されました。坐骨結節から大腿後面(太ももの裏)にかけて
痛みがあり特に坐骨結節に強い痛みを感じていた為、病院の診察を薦めました。

 

MRIの診断結果は「坐骨骨端症」でした。幸い骨折まではしていませんでしたが
年齢も成長期真っ只中のため骨がしっかりしていません。過度の筋の収縮により
骨が剥がれる症状になることもあります。

あまりにも痛みが続くようでしたら医療機関での診断をおすすめします。
中学、高校に上がると急に練習量が多くなり怪我をされるお子さんが多いようです。

 

しっかり体のケアをして思い出に残る青春時代を過ごして欲しいですね!!

以上です。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

肩関節脱臼 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは! ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の豊福です。

 
当院に救急で肩関節の脱臼の患者さんが来院されました。現場の作業中にバランス崩し肩関節脱臼が起こってしまったそうです。お話を聞くと昔から脱臼癖があり、今回も肩を普段動かさない方向に動かしてしまい外れてしまったそうです。

しっかりと整復させていただき、動きも良くなり、不安そうな表情も晴れて安心して頂くことができました。

 

整復後は三角巾によりしっかりと固定を行い、その後神経圧迫や、神経損傷、骨折の合併がないかを確認する為、整形外科へ行っていただきました。
幸い、後遺症に繋がりそうな症状はなく、無事笑顔で帰られました。

 

 

整復が出来た場合、その後は腕を3週間以上三角巾などで、固定することになります。この固定する腕の位置は脱臼の方向によって、異なるということです。
固定後、腫れが引き痛みが無くってきたら、徐々に肩の動きを回復させる理学療法等を行うことになりますが、脱臼を引き起こす方向の運動に関しては6~8週間は、禁止ということになります。脱臼に伴って損なわれた関節包などが、十分に修復されないうちに動かしてしまうと、その後、容易に脱臼を繰り返す状態となってしまうからです。

 

容易に脱臼を繰り返す脱臼を反復性肩関節脱臼と呼びます。自分もこれに該当します。これを繰り返すとちょっとしたことで、脱臼するようになり、手術以外には対処法がなくなってしまいます。

 

注意しないといけないのは、後方脱臼で、医療機関を訪れても最初は約60%も見逃されてしまうそうです。ですので、十分な説明もされずに、痛みが持続する場合は、セカンド・オピニオンを、求めた方が良いそうです。

 

このように時間が経つと腫れのために整復が難しく手術が必要になるので、できるだけ早い整形外科の受診をお勧めします。
その際の移動時は、自分で最も痛みの少ない位置で腕を自分で支えるのが楽だそうです。

 

診断が遅れたり、謝ったりした場合は後遺症(神経症状や繰り返す脱臼)が残る可能性があります。早めの診断を治療が必須になります。身体に異変が起きた際は、相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

肩、首、腰の痛み:50代男性

こんにちは!みその鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Hさん

【お住まいの地域】 名古屋市中区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩の病気(痛み)、首の痛み(ゴルフ)、腰の痛み(50肩)。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
友達の紹介で知った。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
良かった、治った。身体のケアの大切さを知りました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
先生、スタッフの対応が素晴らしいです。是非友達も紹介したいと思います。今後とも宜しくお願いします。

 


【担当者より】
寝違いでの痛みで元々あった首、肩の症状がさらに悪化した状態でした。首の可動域はほぼ動かなかったので鍼と骨盤で各所の痛みを抑えながら全身状態を整えていきます。

 


みその鍼灸接骨院
所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区中区栄1丁目14−20
電話:052-265-8583

肩、膝の症状:70代女性

こんにちは!みその鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Iさん

【お住まいの地域】 名古屋市中区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腱板断裂で病院へ通っておりましたが、睡眠各痛が酷く何か楽にならないかと思い。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
チラシを見て痛みを取るとの事で来てみました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
肩が軽くなりました。随分楽になりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
説明を分かりやすくして頂けるし、とっても気さくで親切です。

 


【担当者より】
肩の夜間痛が酷く、2時間おきに目覚めてしまう状態でした。各所の痛みを抑えるために鍼。全身状態や肩の可動域を改善し、根本的な身体の改善をするために、骨盤矯正+神経筋矯正をしていきます。

 


みその鍼灸接骨院
所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区中区栄1丁目14−20
電話:052-265-8583