「ふじがおか鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

花粉症 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です!

 
最近では気温も上がり春の訪れを肌で感じるようになりました。しかし気温も上がり花粉も飛散し、大変な時期が来た人もいると思います。
今回は春になると大変になる花粉症についてお話させていただきます。

 

花粉症とは??

花粉症とは、体内に花粉が入ってきたとき、それを排除しようとする、免疫反応によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることを花粉症といいます。空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などが鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

 

その後、再び花粉が侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合しアレルギー反応を起こし花粉症が起きます。花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみとされ、一般に花粉症の4大症状と呼ばれてます。
中には皮膚がかゆくなる花粉症皮膚炎、喘息症状が起きる花粉喘息、喉の不愉快などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などもあります。

 

また花粉の種類と量によっては、まれにアナフィラキシーショックを起こすこともあります。重症者や、特に喘息の既往症のある方は激しい呼吸によって多量の花粉を吸収するおそれがあるような運動はなるべく避けましょう。

 

 

花粉症の対策方法は??

花粉の飛散が多い日は、前日または当日の未明まで雨で、その後天気が急に回復して晴れ、南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となります。
なので花粉の飛散が多い日は特に外出を控える事。また1日のうち飛散が多い時間帯午後1時~3時頃の外出もなるべく控えましょう。
外出時はメガネ、マスクなどを身につけることも有効です。
帰宅時は玄関で衣服についた花粉をはらい、なるべく室内に持ち込まないようにしましょう。
また洗顔やうがいも毎日の習慣として心がけましょう!!

 

~最後に~

花粉症は市販の薬や耳鼻科の薬を服用することでも効果はありますが、外出や帰宅時などの工夫も入れていくともっと効果が高まりますので、しっかりと心がけてつらい春を乗りきりましょう!!

 

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

石灰沈着性腱板炎 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 
最近寒い日が続き、雪も降る日があります。風邪やインフルエンザがまだ流行っています。体調管理を徹底し風邪にならないようにしましょう!!

 

さて今回は石灰沈着性腱板炎についてお話していきます。

石灰沈着性腱板炎とは?

石灰沈着性腱板炎は40~50歳代の女性に多くみられ、肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限のことです。
この石灰は、当初は濃厚なミルク状で、時がたつにつれ、練り歯磨き状、石膏(せっこう)状へと硬く変化していきます。石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきます。そして、腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。
また肩に石灰ができる原因は今でもはっきりとした原因がないことが特徴です。
以前から肩に違和感があった…という前兆もなく突然激痛に襲われます。
また症状が似ている五十肩(関節周囲炎)がありますが、痛みの出方に違いがあります。
五十肩は前から違和感があり、徐々に痛みが強くなるのが特徴です。

症状

夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まる事が多いです。痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなります。
発症後1~4週、強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1~6ヵ月続く亜急性型、運動時痛などが6ヵ月以上続く慢性型があります。

 

治療法

ほとんどの場合、保存療法で軽快しますが、急性期では、痛みが出ない範囲でストレッチなどの運動療法をします。亜急性型、慢性型では、石灰沈着が石膏状に固くなり、時々強い痛みが再発することもあります。硬く膨らんだ石灰が肩の運動時に周囲と接触し、炎症が消失せず痛みが続くことがあります。痛みが強く、肩の運動に支障がありますと、手術で摘出することもあります。
疼痛がとれたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。

 

~最後に~

石灰沈着性腱板炎は何の前触れもなく突然起こり、痛みも強いです。しかし治療をするかしないかで治り方や治るスピードも変わってきます!
肩に少しでも痛みがある場合は我慢せず、すぐに接骨院などに行き診てもらうことが大切です。
また日頃から肩を動かしたり、ストレッチするのも効果的です!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

手の痺れ ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の山田です。

 

皆さん手が痺れる大きな要因は知っていますか?

よく私たちが治療させていただく1つです。

手の痺れといっても様々なものがあります。いくつか紹介しますね。

 

1血行不良
手の平の上に額をつけてしばらく寝ていると、起きたときに手が痺れます。
腕を枕にして寝ているときも、起きたときに手が痺れます。
肩こりや筋肉痛など、筋肉が凝り固まることで血液の流れが悪化することで手が痺れることもあります。

これらは、血行不良により起こる手の痺れです。
この場合筋肉が凝ったところをほぐすことで、症状が改善されることがあります。

 

2脳の病
脳出血や脳梗塞など脳の病気になると、脳血管がつまったり出血したりします。
そのせいで脳細胞の血流が途絶えてしまい、脳が強いダメージを受けます。
ダメージの受ける場所によって手が痺れることがあります。

この場合、手のしびれのほかに頭痛や吐き気などをともなうので、これらの症状が出た時は一刻も早く病院に行くようにしましょう。
早けれ早いほど脳のダメージが軽度ですみ、後遺症も軽くなります。

 

3脊髄の病気
脊髄は脳から受けた指令を伝える神経の束、脳と併せて中枢神経とも呼ばれる大切な組織です。
脊髄腫瘍や脊髄損傷などで、脊髄が傷害される病気では手が痺れることがあります。

 

4神経の圧迫
頸椎椎間板ヘルニアなど脊髄や近くを通っている神経が圧迫されると、手が痺れることがあります。
また、手根管症候群など末梢神経が圧迫されると手が痺れることがあります。
これらはその部分をよく動かすことでなりやすいですが、加齢によって骨が変形して神経を圧迫してもなることがあります。

手が痺れる原因は神経の圧迫による場合が多く、年齢とともになる可能性が高くなっていきます。
様々な痺れを放っておくと症状が悪化する可能性があるので早目に病院に行くようにしましょう

私達もしっかりと患者さんの症状を見極め適切な処置や医療機関への案内をして患者さんの手助けをしていきます。
お困りのお身体の事がありましたらご相談ください!

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

転倒予防 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の豊福です。

 

名古屋では毎年1月2月に一回は雪が降ります。
今年も積雪があり、足場が悪く歩きづらい時期がありましたね。
僕はよく滑って転んでしまうのですが、今年は今の所何とか転ばずに済んでいます!!

 

若い人、身体の丈夫な人は大事にならないことが多いですが、転倒による怪我は決して少なくありません。
特に、高齢者の転倒は数が多く、大事になることも少なくありません。

 

転倒時の怪我でもっとも多いのは32.3%で「打撲」いわゆる打ち身です。次いで25.6%「擦り傷、切り傷」、「ねんざ、脱臼、突き指」が9.7%です。そしてその次に多いのが、「骨折」です。
変形が残ったり、治りが悪かったりする骨折はとても厄介ですね。他三項目よりも確率は低いですが、確率は8.7%と決して低くはありません。
骨折の部位は、上半身よりも下半身に多く、場合によっては寝たきりになってしまう場合もあります。

 

特に気を付けて頂きたいのが、女性の方です。男性に比べ、ホルモンバランスの関係で、骨粗鬆症などにより、骨や身体が弱くなったり、バランスが崩れやすく、骨折など大きな怪我の割合も高く、女性のみでは転倒時の骨折発生率はなんと10%にもなるのです!

 

転倒の理由のほとんどは、歩くときに足が上がっていないせいです。
本人は上げているつもりでも、上がっていない。そのせいで低い段差や、地面の凹凸に足を取られてしまいます。

 

足が上がらなくなる原因のほとんどは、筋力の低下です。
中でも、腸腰筋と呼ばれるインナーマッスルの筋力低下が非常に多いです。
日頃から意識して足を上げて歩くようにして頂きたいのですが、根本の筋力低下を何とかしたいですね。
体幹トレーニングでも鍛えることは可能なのですが、インナーマッスルはとても鍛えづらい筋肉で、時間と根気が必要になります。

 

そこで、当院ではそんな腸腰筋を効率よく、しかも楽に鍛える事の出来るトレーニング機器をご用意しました!!それが、楽トレです。
楽トレなら、一回30分寝ているだけでOK!週2回で30回やって頂くと効果を大きく実感して頂けると思います!
効果は様々ありますが、体感していただくのが一番早いと思います!

今回は、初めての方のために、お試し価格をご用意しました!
通常一回3500円を、初回1500円でお試しいただけます!!
愛知県内のハートメディカルグループ各院全てに設置してあるので、お近くの院にお電話ください。詳しいお話や、ご相談、資料もお渡しできますので、お気軽にお越しください!!

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

肉離れ ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 

最近朝ランニングやジョギングをしている方を多く見かけます。やはり新しい一年が始まり運動を始めた方が多いと思います。しかし普段運動されてない方がいきなり運動すると怪我をしてしまう可能性があります。
今回はいきなり運動を始めてなりやすい肉離れについてお話しさせていただきます。

 

肉離れはスポーツをしている最中に起こりやすく、筋肉が収縮している(力が入っている)時に強制的に引き延ばされることにより生ずることが多い。大半は下肢に発生し、大腿四頭筋・ハムストリングス・腓腹筋(ふくらはぎ)に多い。代表的なものとしてはサッカーのシュート動作での大腿四頭筋の大腿直筋、短距離走でのハムストリングス、テニスやバドミントンの切り返し動作での腓腹筋の内側頭などが挙げられる。

 

症状は
・運動中、「ブチッ」という音が聞こえて、痛くて動けなくなった。
・突然、痛くなり、腫れてきた。痛みがだんだん強くなってきた。
・歩くと少し痛い。痛みはないが張りを感じる。(軽症)
・強い痛みで歩くのが辛い。内出血がある(中程度の症状)
・歩けないほど激しい痛みがある。押すと痛む。痛む所がへこんでいる(重症)
・ 治ったと思ったら、また、同じところを痛めることを繰り返す。
などが挙げられます。普段、運動をしていない人が急に動いた時も、普段からトレーニングを積んでいる人にも起きます。治っても再発しやすいと言われています。

 

治療は筋組織の微細な断裂は安静とともに軽快し自然治癒する。重症例を除き、手術的治療になることはほとんどない。

急性期にはRICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)を徹底する。回復期(受傷後約48時間経過後)より局所の循環回復や損傷した筋線維などの修復を促すため温熱療法や物理療法をもちいつつ段階的に関節可動域訓練や筋力訓練、各スポーツにあわせたトレーニングへ移行していく。軽症で2-4週、中程度で4-6週が復帰の目安となるが個人差は大きい。中程度以上では歩行が難しく、ギブス・松葉杖を要する場合が多いです。

自覚症状があまりなくても、肉離れが起こっていることもあります。また、痛みがなくなった場合でも再発しやすく、最後まで十分に治療することが大事です。重要なことは、これらは予防できるものであり、筋肉の柔軟性の欠如や筋力のバランス差が大きい選手に好発するので、日ごろよりそれらの解消を心がけることが大切です。

また、スポーツ競技に復帰される方は、ストレッチする時の痛みがとれて、健側と同じ通常のストレッチ感(伸されている感じ)になるまでジャンプやダッシュは避けるべきでしょう。

 

~最後に~
肉離れは筋肉の柔軟性が低下し、筋肉のバランスがとれてない方がなりやすいです。なので普段からお風呂上り、運動する前、した後にストレッチを心掛けて筋肉の柔軟性を上げていきましょう。また運動した後はしっかり休むことも大切です。
今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

急性腰痛 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 

もう一月も半ばになりましたが、まだ寒さは和らいでこず、寒い日が続いてます。寒いと筋肉も固まりやすく動かしづらくなり、怪我もしやすくなります。皆さんも運動や動くときはストレッチなどをしてから運動などをして下さい。
今回は寒い時期になりやすい急性腰痛についてお話しさせていただきます。

 

急性腰痛とは俗称、ぎっくり腰と呼ばれ、欧米ではその突然の激しい痛みから魔女の一撃とも言われてます。
ぎっくり腰(急性腰痛症)は不意に何かの動作を行った瞬間「グキ!」という激しい痛みに襲われるのが特徴です。
症状はその あまりの痛さに一瞬、息ができなくなってしまう方も中にはいます。身体を動かそうとすると、激しい痛みのためにその場で動けなくなってしまうことも良くあります。
もちろん、痛みの度合いや状況は様々あり、痛いながらも歩ける場合、まったく動けない場合、最初はそれほど痛くなくて翌朝に痛みで動けなくなる、などなど・・・

ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状には、いろいろな痛みのタイプや進行具合がありますので、ここで良く見られる症状を並べてみます。

・動いている最中、突然激痛に襲われ歩けなくなる
・最初は違和感程度だったものが、時間と共に痛みに変わり悪化する
・カラダを後ろに反らせたり、おじぎをすると痛い
・咳やくしゃみをすると痛い。または痛みが強まる
・腰の痛みにより寝返りが打てない
・体勢を変えた瞬間に激しく痛む
などがあります。

 

痛みで動けない時の応急処置は痛みがある場所を冷やし安静にすることが大切です。
しばらくして動けるようになりましたら、接骨院などに行き適切な治療が必要です。
またコルセットがある場合はコルセットを付け動いた方が痛みも緩和されるため有効です。

 

~最後に~
急性腰痛は突然なるため怖いですが、ちゃんと予防法があります。
急性腰痛は腰周りの筋肉、インナーマッスル(腹横筋、大腰筋、腸骨筋)の衰えが原因でなるため、インナーマッスルを鍛えていくことが大切です。また普段から腰に負担がかからないように気をつけることも良いです。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

食中毒 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!

ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です!

 

年も越し新しい一年が始まりました。しかしまだ気温が低く寒い日が続き温かい食べ物が美味しい時期です。今回は私もつい最近なった貝や魚などを食べて起きる食中毒についてお話しさせていただきます。

 

食中毒は色々な種類があり、細菌性食中毒、ウイルス性食中毒、化学性食中毒、寄生虫食中毒などがあります。
魚や貝だと多いのがノロウイルスアニサキスという寄生虫が原因でおこる食中毒が多いです。
ノロウイルスは秋から冬にかけて多く発生します。カキやシジミなどの魚介類が汚染され、それを食べることで中毒症状を引き起こします。さらに自分では食べていなくても、ノロウイルスに汚染された食品を食べた人の嘔吐物や便を介して感染することもあります。
症状は10時間ほどの潜伏期間を経て、下痢や嘔吐、吐き気、発熱の症状があらわれます。熱は高くても38℃台で、それ以上になることはほとんどありません。多くの場合、症状は1日程度で治まります。子どもの場合は嘔吐、成人の場合は下痢を引き起こすことが多いのが特徴です。

 

予防は、ノロウイルスは85℃以上の熱で1分以上加熱すると死滅します。60℃程度の熱では、30分加熱しても生き残るので、食品の中心部までしっかり火を通すように注意しましょう。また感染者の嘔吐物や糞便を介しての感染も少なくありません。嘔吐物などを処理するときには、使い捨てのマスクや手袋を使いましょう。
アニサキスは寄生虫(線虫)の一種です。
アニサキスは、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。

 

アニサキス幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生します。魚介類の内臓に寄生しているアニサキス幼虫は鮮度が落ちると、内臓から筋肉に移動することが知られています。

アニサキス幼虫が寄生している生鮮魚介類を生(不十分な冷凍又は加熱のものを含みます)で食べることで、 アニサキス幼虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。

 

症状は場所によって変わります。
・ 急性胃アニサキス症
食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生じます。

・ 急性腸アニサキス症
食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部痛、腹膜炎症状を生じます。
 ※多くが急性胃アニサキス症です。
 ※激しい腹痛があり、アニサキスによる食中毒が疑われる際は速やかに医療機関を受診してください。

 

予防は魚を購入する際は、新鮮な魚を選びましょう。また、丸ごと1匹で購入した際は、速やかに内臓を取り除いて、内臓を生で食べないでください。また、目視で確認して、アニサキス幼虫を除去してください

 

~最後に~
食中毒は基本夏のイメージがあると思いますが冬場でもなる事があります。私も冬場に食中毒になり、予想以上の腹痛、吐き気の症状が出ました。本当に夜も眠れないくらい痛いです!!
冬場だから大丈夫という考えはやめて、新鮮な物を選んだり、きちんと焼いたりし予防していきましょう。

 

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

足の痺れ:80代女性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Sさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
毎朝起きるのが辛くて、出掛けることができなかった。特に足がうまく動かなかった。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近くにあったので。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
毎朝やってもらうと楽になります。体の血流が良くなったのでとてもスムーズに動けます。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いつもありがとう。これからもよろしくお願いします。

 


【担当者より】
高齢の為、脊柱の間隔が狭くなっています。足の痺れや冷えがあります。毎日の毛血流の促進や、筋肉の柔軟性を引き出せるように頑張りましょう。


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

ヒートショック ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 

最近では寒くなり場所によっては雪が降っています。この時期になると温かい場所にいち早く行き、身体を温めようとする人が多いと思います。
今回は寒い場所から急に温かい場所に行くと起こるヒートショックについてお話しさせていただきます!!

 

ヒートショックとは、温度差による肉体的ショック症状のことです。ヒートショックが起こりやすいのは体の弱い高齢者で、寒い冬場の発生率が格段に高くなります。

 

ヒートショックが多い場所は風呂場です!!
原因は冬場、寒い脱衣所で服を脱いで裸になり、冷え切った浴室に入ると血管がびっくりして縮み、血圧が急激に上がります。その状態で熱いお湯に浸かれば、さらに血圧が急上昇。しかし体が温まることで血管は広がりだし、今度は逆に血圧が下がってしまいます。このような血圧の乱高下が心臓に大きな負担をかけて、ヒートショックを招くのです。
家庭内で死亡する高齢者4分の1はヒートショック死と言うデータが上がっているほど多いです!!

 
ヒートショックにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳梗塞が起きて突然死してしまう高齢者は後を絶ちません。年間およそ1万人以上の人がヒートショック死しており、年々増加傾向にあります。入浴中の溺死、失神による転倒からの死亡例もあります。

 

ヒートショックは体の弱い高齢者に最も多く見られる症状なので、一般的に65歳以上の男女はどれだけ健康に自信があったとしても入浴時には注意が必要です。特に高齢者は、熱いお湯が好きな傾向にありますが、脱衣場と浴室の温度差は10度以上あってはならないので、本人だけではなく周りの家族も気をかけることが大切です。

 

心配なのは高齢者だけではありません。糖尿病や高血圧等の成人病の持病がある人、コレステロール値が高くメタボリック症候群あるいはその予備軍の人なども、急激な血圧の変化でヒートショックになってしまう危険があり、また中高年の男性はそれらの健康状態であることが多い上、晩酌の後お風呂に入ってしまうことも珍しくありません。そうなると、余計にリスクが上がってしまい危険です。

 

~最後に~
ヒートショックは誰にでも起こる症状ですが、きちんと予防策もあります。
・ 脱衣所を暖房であたためる
・ 湯船のフタを開けて浴室を暖かくする
・ シャワーでお湯ははる
・ 湯温41℃以下
・ 夕食前に入浴する
・ 高齢者には一番風呂をすすめない
などがあります。
家族全員がヒートショックを知り、自分だけではなく、周りの家族にも気にかけることも有効な対策となるでしょう。みんなで、ヒートショックを防ぎよい年末を迎えましょう!!

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

睡眠時無呼吸症候群について ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の服部です。

 
12月に入り冷え込みもより一層強くなってきましたので、
体調管理には十分注意するよう心掛けてくださいね。

 

今回は年々増加傾向にあり30~60代の男性に多い
睡眠時無呼吸症候群についてお話します。

 

まずは症状についてですが
この疾患には特徴的ないびきがあります。
・仰向けに寝ると音が大きくなる
・音に強弱がある
・朝までずっと続く
・突然息が詰まったように数十秒間途切れる

 

他には
・酸欠状態になり息苦しさから夜中に目が覚める
・交感神経が刺激されることで寝汗が多くなる

 

朝には
・目覚めが悪い
・口が渇いている
・脳内が酸欠状態のため頭痛がする

 

日中は
・無呼吸と呼吸を繰り返すことで慢性的な睡眠不足になる
→脳の疲れを十分にとれず集中力、記憶力の低下を招く

 

など様々あり単に就寝中に影響を及ぼすだけでなく、
日常生活にも弊害をもたらします。

 

原因としては呼吸をするために必須である
気道をふさいでしまうことです。
気道をふさぐまたは狭めるものとして、
肥満、顎が小さい・狭い、呼吸に関与するホルモンの分泌低下などです。

 

症状を抑制・緩和するには
肥満の解消(ダイエット)、喫煙・飲酒を控える、横向きで寝る(気道が通りやすい)

 

 

~最後に~
睡眠は生きていくうえで大切なので決しておろそかにしてはいけません。
一日の適度な睡眠時間は7~8時間でこれより多くても少なくても
良くはないみたいで、毎日続けるには大変だとは思いますが、
ご自身のお身体のためなのでしっかり寝ましょう!!

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060