「ふじがおか鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

手根管症候群 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です!

 

もうすぐ年末の為、私はもう家の大掃除を始め水回りの掃除で苦戦をしている途中です。
今回は手の使い過ぎで現れる症状、手根管症候群についてお話しさせていただきます。

 

病名をきいて、手根管ってなに?と思われる人もいると思います。手根管とは手首の手のひら側にある骨と靭帯(じんたい)に囲まれたトンネルを手根管と言います。このトンネルなかには正中神経と9本の指を曲げる筋肉の腱がとおっており、このトンネルのなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気です。

特発性というものが多く、原因が分からないものもあります。妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。
また、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

 

症状初期は示指、中指がしびれ、痛みがでます。最終的には母指(親指)から環指の母指側の3本半の指がしびれます(正中神経の支配領域)。急性期には、このしびれ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。
手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれ、痛みは楽になります。手のこわばり感もあります。ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

 

治療法は保存療法は消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、塗布薬、運動や仕事の軽減などやシーネ固定などの局所の安静、腱鞘炎をおさえるための手根管内腱鞘内注射などの治療をします。
難治性のものや母指球筋のやせたもの、腫瘤のあるものなどは手術が必要になります。手術には、以前は手掌から前腕にかけての大きな皮膚切開を用いた手術を行っていたが、現在はその必要性は低く、内視鏡を用いた鏡視下手根管開放術や小皮切による直視下手根管開放術が行われている。

 

~最後に~
手根管症候群は手の使い過ぎなどで起きますので、日常生活であまり手の使い過ぎないようにし、ストレッチをしたりして手を休める事を心がけましょう。
またしびれや痛みが出ましたら、すぐに病院などにいき診察してもらうことも大切です。

 

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

アキレス腱断裂 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!

ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 

最近は風邪も流行りだし気温も寒くなり、体調管理が難しい季節になってきました。
皆さんは気をつけて生活されてますか?お身体冷やさないように気をつけて!
今回はアキレス腱断裂についてお話しさせていただきます。

 

アキレス腱断裂の症状は、受傷時に、「ふくらはぎをバットでたたかれた感じ」や「ボールが当たった感じ」などの衝撃を感じることが多く、「破裂したような音がした」など断裂した時の音を自覚することが多いです。

 

受傷直後は受傷肢に体重をかけることができずに転倒したり、しゃがみこんだりしますが、しばらくすると歩行可能となることも少なくありません。 しかし、歩行が可能な場合でもつま先立ちはできなくなるのが特徴です。またアキレス腱が断裂していても足首(足関節)は動かすことは出来ます。
またアキレス腱断裂部に皮下の陥凹(へこみ)を触れ、同時に圧痛が見られます。

 

原因は、アキレス腱断裂は、踏み込み・ダッシュ・ジャンプなどの動作でふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋) が急激に収縮した時や、着地動作などで急に筋肉が伸ばされたりした時に発生します。腱の退行性変性(いわゆる老化現象)が基盤にあると考えられています。
また30~50歳のスポーツ愛好家に多く、レクリエーション中の受傷が多いのも特徴です。

 

治療は、手術を行わずにギプスや装具を用いて治療する保存治療と、断裂したアキレス腱を直接縫合する手術治療があります。
治療開始後4ヵ月程で軽い運動は可能となりますが、全力でのスポーツ活動ができるのには短くても6ヵ月はかかります

 

~最後に~
アキレス腱の断裂を予防するためには、直接的には運動の前にかならず足首のストレッチをすることです。

 

足首をゆっくり回す(両方向に)。足を前後に開き、後ろに引いた足の膝裏を伸ばした状態でアキレス腱を十分に伸ばす。次に、同じ足の膝を少し曲げた状態で、アキレス腱を伸ばす(この姿勢のほうがアキレス腱に負荷がかかります)。左右の足を入れ替えて、同じストレッチをします。

また運動前のストレッチだけでなく、中高年の方はアキレス腱の老化による変性を遅らせるために、日ごろから少しずつでも動かしておくことも大切です。

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!

お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

椎間板ヘルニア ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 
最近夜と朝はかなり冷え込むようになり、布団からなかなか出れない日が多くなりました。
今回は椎間板ヘルニアについてお話させていただきます!

 

まず椎間板ヘルニアの前に少し背骨の構成につい説明します。
背骨は椎体という骨によって構成されています。

この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板が変性し、組織の一部がはみ出したり、飛び出してしまいのが椎間板ヘルニアです。この時に、飛び出した椎間板の一部が付近にある神経を圧迫すると、激しい痛みや痺れなどの症状を起こします。

また椎間板ヘルニアは場所によって症状が変わり、首での頚椎椎間板ヘルニアでは首、肩、背中、腕や手に痛みや痺れなどが起きます。腰での腰椎椎間板ヘルニアでは腰、足に痛みや痺れが起きます。

 

~発生原因~
椎間板ヘルニアの発生原因は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係しています。
椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2・5倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。

 

~治療法~
椎間板ヘルニアの治療法は、保存療法と手術療法があります。この病気は、自然治癒することもあるため、まずは、保存療法から治療が進められます。
保存療法では、神経ブロック注射、薬物療法、理学療法などがあります。
手術療法は、保存療法を行っても痛みがとれない場合や、麻痺がある場合、または、日常生活に支障があって本人が希望する場合などに行われます。また、厚生労働省の作成した診療ガイドラインによると、「排尿・排便障害がある場合」には、48時間以内に緊急の手術を受けるように勧められています。

 

~最後に~
椎間板ヘルニアは日常生活における何気ない姿勢や動作によって引き起こされます。首や腰の負担を日頃から減らすように工夫すると、椎間板ヘルニア発症を防ぐ方法につながります。また、すでに椎間板ヘルニアを経験された方の再発防止にもなるでしょう。
椎間板ヘルニアの予防・再発防止には、ストレッチをしたり、体重の増加に気をつけたり、日頃から筋力を強化することなどが大切になってきます。
今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

過敏性腸症候群 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の山田です。

 

皆さん! さむーい季節が到来してきていますね。私は寒がりなのでとてもきつい季節になってきました。しっかりと着込んで冬場の寒さに備えましょう。

 

さて、今回はストレス社会である日本でとても増えてきている過敏性腸症候群のお話です。私もお腹が弱い為、緊張したりすると調子が落ちますね。気温の変化や外部環境が変化していくとこんな状態が起きるのだと思います。

 

どんな症状なのか?

消化器官の働きは自律神経によってコントロールされています。 自分自身の意思とは関係なく機能しています。自動的に身体が反応して活動してるんですね。すごい機能ですね。

 

そして、自律神経に影響を及ぼすのがストレスです。ストレスによって自律神経が影響を受け、コントロール機能が乱れると、消化管の働きにも異常をきたします。ストレスと腸の運動の密接な関係を説明するものとして、最近、脳と腸の関係が注目されています。たとえば、緊張や不安、イライラすることがあると、腸の働きが影響を受けて、下痢、便秘、腹痛などの症状が出ることがあります。過敏性腸症候群といわれています。

 

日本の社会は忙しいですね。私も休みの日には気分転換しにどこかお出かけしてリフレッシュしています。皆さんはリラックスできる環境はありますか?

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

げた骨折 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋医名東区)の豊福です。

 

秋ですね。涼しくなってきて、外にも出やすい時期です。
スポーツの秋とも言いますし、この時期にアウトドアに出かける方も少なくないと思います。

さて、今回はそんなスポーツの時期に注意したいケガの一つである、下駄骨折と呼ばれる、足の指の骨折についてです。

 

 

ちょっと足首を挫く、いわゆる捻挫は誰でも経験あるかと思われます。
しかし、時には単なる捻挫で済まないこともあります。
痛みや腫れが強いので病院を受診したら「骨折しています」と言われてびっくりする事態にもなります。
この骨折はその昔、下駄をはいていて挫いたとき発生しやすかったため「下駄履き骨折、または下駄骨折」という名前がついています。

 

足の甲の骨、親指から小指まである足の骨のうち、小指の根本の骨折をいいます。
現在でも下駄をはかなくても、裸足や靴を履いて室内や階段で強く捻挫することで骨折することがあります。

 

下駄履き骨折の場合は、ケガをした直後から足に強い痛みと腫れ、内出血が出現します。 特に足の外側、小指側に痛みがあり、普通に足を着いて歩けない状態になります。

 

下駄履き骨折の場合は、3~4週間のギプス固定で手術しないで外来通院によって治療できることが多いですが、骨折のズレがひどい場合は手術になることもあります。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

胸郭出口症候群 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋医名東区)の服部です!

 

最近の天候は暑い日もあれば寒い日もあることから、
衣替えをいつにするか個人的に迷っているところです笑

 

気温差が出るこの時期に多いのが、腕や肩、首のこり、疲れ、痺れです。
この症状が主となる疾患に 胸郭出口症候群 があります。

 

胸郭出口とは椎体と椎体(骨と骨)から出た神経や動脈、静脈が
周りを取り囲む骨や筋肉を貫く通り道のことを指します。

 

原因は不良姿勢(猫背)、肥満、なで肩の方(特に女性)、
肩や腕の使い過ぎなど原因はさまざまであり、全てに共通して
胸郭出口のサイズを小さくしている」ことが言えます。
→→→結果的に小さいことで組織を圧迫してしまいます。

 

症状は首、肩、腕、手の様々な領域における痛み、前腕と指の痺れ、
手の脱力感、腕のむくみ、手や腕が疲れやすいなどです。
これらの症状に加えて物を持ち上げることができない、
肩や腕の動く範囲が制限される場合があります。

 

予防としては上記で示した症状がみられた際は、肩の上に重い物を乗せないことです。
なぜなら乗せることで鎖骨を圧迫し胸郭出口の内圧を高めてしまうからです。
上肢の痺れや痛み、倦怠感などの症状に最適な治療としては
当院独自の HM式神経筋矯正 がおすすめです!!
痛みの根本にアプローチすることで痛みの出にくい身体にしていき、
日常生活をより良くするためのサポートをさせて頂きます!!
この記事を読まれた方で今回紹介した症状に該当し、実際に困っているという方は
お気軽に当院までお問い合わせください。お待ちしております。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

SLAP損傷 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 
最近気温が暑くなったり寒くなったりし、関節にも負担がかかりやすくなってきました。今回は肩関節の障害、SLAP損傷をお話しさせていただきます。
SLAP損傷は別名「肩関節上方関節唇損傷」とも言われ、日本ハムの斎藤佑樹投手もこの疾患が原因で肩関節痛になりました。
SLAP損傷はスポーツ障害としては比較的多くみられますが、スポーツをしてない方にもみられる疾患です。

 

・ SLAP損傷とは??
肩関節には「関節唇」と呼ばれる軟部組織が存在し、受け皿の役割を担って関節の安定性を高めています。

またその関節唇には上腕二頭筋という力こぶを作る筋肉が着いています。しかしその筋肉に引っ張られて剥がれてしまったり、腕の骨が当たってしまい、関節唇が傷ついてしまう事をSLAP損傷といいます。

 

原因として、一般的には外傷性とスポーツのオーバーユースによるものに分けられます。

外傷性のものでは、

・手をついて転倒した際の突き上げ
・重たいものを持ち上げたとき
・急に腕を引っ張られたとき
・肩関節の(亜)脱臼
など、これらが引き金となって起こります。

 

スポーツによるオーバーユースでは
野球での投球時のコッキング期やバレーボールのアタックなどのオーバーヘッド動作を繰り返すことで起こります。

 

症状は、肩関節につかえるような引っかかるような感覚がおき、動きが悪くなります。また強い痛みもでるため、痛みによる日常生活の影響も決して小さくありません。

 

治療法としては、痛みが強い場合はとにかく安静にしておくことが重要です!!
痛みを我慢し無理に動かすと損傷の状態が悪化したり、痛みが強くなったりすることがあります。

 

痛みがなくなってきた段階で損傷が軽い場合は肩回りの筋肉、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の強化をし、症状の改善、予防をしていきます。
損傷は重度場合は関節鏡視下手術をおこない、治していきます。

 

 

~最後に~
SLAP損傷はスポーツをやっている人に多いですが、やっていない人でも日頃の疲れ、重い物を持ったりすることで、肩に負担がかかりSLAP損傷になってしまうので、常に体のことを考え、無理をせず肩に疲れや違和感を感じたらすぐに休憩し肩を休めて下さい!!
休めることを心がけるだけでもSLAP損傷はなりにくくなります!!

 

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

首の痛み:80代男性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
首筋の痛みが半年以上続いてた。整形外科で治療を受けていただがなかなか思わしくなくて、以前腰痛で鍼治療が良かったから。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
インターネットで名東区内交通の便のよい所を探して当所が今週2階ほど通っているスクールが近くなるのでここに決めさせていただいた。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
気分が良くなった。これならもっと早くこればと思った。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いろいろ具合を聞かれそれに対応してもらっている問診の説明など分かりやすかった。

 


【担当者より】
右側頭部、側頭部に筋緊張が強く、頭痛や重だるさを感じていました。後頭神経にに圧迫が加わっていた為、鍼治療を全身調整法で治療しました。現在は良好に保てています。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

肩こり、首こり、腰痛

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Mさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩こり、首こり、ぎっくり腰になりましたが今は快調。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
家の近所で友人に紹介されました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
腰の調子は良くなりました。肩こり、首こりは定期的通院で快方に向かっています。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
肩こりの自覚症状もなかったですが、身体の硬さを和らげて頂き、安らぎも頂いております。

 


【担当者より】
初検時は首や肩の筋緊張や腰部の炎症があり、動きがうまく取れていませんでした。HM鍼灸治療とHM骨盤+神経筋矯正を施術させて頂き、ほとんど痛みは無くなりました。今後もお身体のサポートをしていきます。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

うつ病からくる倦怠感:30代女性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Hさん

【お住まいの地域】 名古屋市中名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
うつ病による不眠、肩こり、股関節痛、頭痛、眼精疲労、むくみ、天候変化による神経性の不調、食欲不振、全身のだるさ、緊張による全身の強張り、PDなどによる各関節の力の入れすぎによる凝り。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近所にあったこと。外観と中に見える設備が良さそうだったこと。夜までやっている。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
体調に合わせて治療をしてくれるだけでなく、身体の癖や、日常動作の不調につながる点を教えてもらったりなどして日々改善できるよう心を配ってくれます。また全身の悪くなりやすい所を把握し継続的な治療をしてとても良くなっております。

 

【Q4】 いつも酷くなってから来ることが多いので、ご負担をおかけすることが多いですが、通院するようになって日常生活が相当(精神面にみても、肉体面にみても)楽になりました。今後とも長く診てくださるようお願い致します。

 


【担当者より】
精神面での不安や、身体に影響が出現し、肩や首の筋緊張が強く、HM鍼灸法と神経筋矯正法で治療を行いました。現在は精神面とお身体の調子も安定しています。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060