「ふじがおか鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

SLAP損傷 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 
最近気温が暑くなったり寒くなったりし、関節にも負担がかかりやすくなってきました。今回は肩関節の障害、SLAP損傷をお話しさせていただきます。
SLAP損傷は別名「肩関節上方関節唇損傷」とも言われ、日本ハムの斎藤佑樹投手もこの疾患が原因で肩関節痛になりました。
SLAP損傷はスポーツ障害としては比較的多くみられますが、スポーツをしてない方にもみられる疾患です。

 

・ SLAP損傷とは??
肩関節には「関節唇」と呼ばれる軟部組織が存在し、受け皿の役割を担って関節の安定性を高めています。

またその関節唇には上腕二頭筋という力こぶを作る筋肉が着いています。しかしその筋肉に引っ張られて剥がれてしまったり、腕の骨が当たってしまい、関節唇が傷ついてしまう事をSLAP損傷といいます。

 

原因として、一般的には外傷性とスポーツのオーバーユースによるものに分けられます。

外傷性のものでは、

・手をついて転倒した際の突き上げ
・重たいものを持ち上げたとき
・急に腕を引っ張られたとき
・肩関節の(亜)脱臼
など、これらが引き金となって起こります。

 

スポーツによるオーバーユースでは
野球での投球時のコッキング期やバレーボールのアタックなどのオーバーヘッド動作を繰り返すことで起こります。

 

症状は、肩関節につかえるような引っかかるような感覚がおき、動きが悪くなります。また強い痛みもでるため、痛みによる日常生活の影響も決して小さくありません。

 

治療法としては、痛みが強い場合はとにかく安静にしておくことが重要です!!
痛みを我慢し無理に動かすと損傷の状態が悪化したり、痛みが強くなったりすることがあります。

 

痛みがなくなってきた段階で損傷が軽い場合は肩回りの筋肉、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の強化をし、症状の改善、予防をしていきます。
損傷は重度場合は関節鏡視下手術をおこない、治していきます。

 

 

~最後に~
SLAP損傷はスポーツをやっている人に多いですが、やっていない人でも日頃の疲れ、重い物を持ったりすることで、肩に負担がかかりSLAP損傷になってしまうので、常に体のことを考え、無理をせず肩に疲れや違和感を感じたらすぐに休憩し肩を休めて下さい!!
休めることを心がけるだけでもSLAP損傷はなりにくくなります!!

 

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

首の痛み:80代男性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
首筋の痛みが半年以上続いてた。整形外科で治療を受けていただがなかなか思わしくなくて、以前腰痛で鍼治療が良かったから。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
インターネットで名東区内交通の便のよい所を探して当所が今週2階ほど通っているスクールが近くなるのでここに決めさせていただいた。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
気分が良くなった。これならもっと早くこればと思った。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いろいろ具合を聞かれそれに対応してもらっている問診の説明など分かりやすかった。

 


【担当者より】
右側頭部、側頭部に筋緊張が強く、頭痛や重だるさを感じていました。後頭神経にに圧迫が加わっていた為、鍼治療を全身調整法で治療しました。現在は良好に保てています。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

肩こり、首こり、腰痛

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Mさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩こり、首こり、ぎっくり腰になりましたが今は快調。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
家の近所で友人に紹介されました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
腰の調子は良くなりました。肩こり、首こりは定期的通院で快方に向かっています。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
肩こりの自覚症状もなかったですが、身体の硬さを和らげて頂き、安らぎも頂いております。

 


【担当者より】
初検時は首や肩の筋緊張や腰部の炎症があり、動きがうまく取れていませんでした。HM鍼灸治療とHM骨盤+神経筋矯正を施術させて頂き、ほとんど痛みは無くなりました。今後もお身体のサポートをしていきます。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

うつ病からくる倦怠感:30代女性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Hさん

【お住まいの地域】 名古屋市中名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
うつ病による不眠、肩こり、股関節痛、頭痛、眼精疲労、むくみ、天候変化による神経性の不調、食欲不振、全身のだるさ、緊張による全身の強張り、PDなどによる各関節の力の入れすぎによる凝り。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近所にあったこと。外観と中に見える設備が良さそうだったこと。夜までやっている。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
体調に合わせて治療をしてくれるだけでなく、身体の癖や、日常動作の不調につながる点を教えてもらったりなどして日々改善できるよう心を配ってくれます。また全身の悪くなりやすい所を把握し継続的な治療をしてとても良くなっております。

 

【Q4】 いつも酷くなってから来ることが多いので、ご負担をおかけすることが多いですが、通院するようになって日常生活が相当(精神面にみても、肉体面にみても)楽になりました。今後とも長く診てくださるようお願い致します。

 


【担当者より】
精神面での不安や、身体に影響が出現し、肩や首の筋緊張が強く、HM鍼灸法と神経筋矯正法で治療を行いました。現在は精神面とお身体の調子も安定しています。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

首、肩、腰痛:40代女性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Yさん

【お住まいの地域】 長久手市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
首、肩、腰の痛み。体の不調。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
施術設備。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
楽になりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
皆さんとても親切で安心感があります。ありがとうございます。

 


【担当者より】
神経筋矯正+骨盤矯正、楽トレを行っています。深部筋の緊張をしっかり緩めて疼痛緩和を目指します。日常の負担も考えて治療させて頂きます。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

肩こり:60代女性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩のこり。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
明るくて清潔そう。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
気持ち良かったです。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
一生懸命説明して頂きました。力強くて良かったです。

 


【担当者より】
首、肩のコリが酷くそのため血流も悪くなっているので楽トレにより、首、肩の緊張を取ると同時に筋肉自体の質を良くし、掛かる負担を軽減しました。現在はコリも取れ、首の動きが良くなりました。これからは日常の負担で再び症状が出ないようにケアさせて頂きます。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

首痛、肩痛:30代男性

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
首、肩の痛み。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
妻の紹介。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
痛みが治まり症状が改善した。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
丁寧な説明を行って頂き、施術の内容の理解が深まった。

 


【担当者より】
アンケートありがとうございます。歪みと柔軟性の低下により痛みが発生していました。症状改善のため骨盤+神経筋矯正の治療をしました。柔軟性が少しずつ出てきています。週一回の土曜の治療をしっかりと続けていきましょう。

 


ふじがおか鍼灸接骨院
所在地:〒465-0047 愛知県名古屋市名東区小池町5
電話:052-777-5060

有痛性筋痙攣 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは。ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の豊福です。

 

最近、急激に気温が下がってきましたね。就寝時、起床時は非常につらい時期ですね・・・

 

この時期によく相談されるのが、

こむら返り」です。

この呼び方は俗称なので、知らない方もいると思います。簡単に説明すると「腓(こむら)=ふくらはぎ」に起こる筋痙攣の総称で「(足が)攣(つ)る」というとわかりやすいと思います。

 

寝ている間に起きてそれで目が覚めてしまったり、日常生活内で急に足がつってしまたり。
今回はその原因と、対策についてお話したいと思います。

 

足が攣る症状は、正式名称で「有痛性筋痙攣」(ゆうつうせいきんけいれん)とも言います。

 

痛む時間、治るまでの期間は個人差が激しく、ものの数分で治る方もいれば2日間ほど痛みが継続する方もいます。

 

では、なぜ症状が発生するのか、その原因はいくつかあります。

 

1  疲労

サッカーやテニスなど足を激しく動かす運動中に起こりやすいと言われています。
激しい運動をすると、筋肉に疲労物質が溜まることで、神経系との連携が取れなくなり、筋肉の異常興奮が起きるためだと考えられています。

 
2 急激な負荷

激しい運動をしていなくても起こる場合があり、この場合多いのは、普段使わない筋肉を使った場合や、準備運動不足が多いです。

 

 

3 電解質異常

筋肉や神経の動きを調整しているミネラルが、血液中においてバランスが乱れると、筋肉の異常な興奮状態である「痙攣(けいれん)」が起きます。

カルシウムなどのミネラルは筋肉の収縮や弛緩に関与していて、それがうまく働かなくなるためだと言われています。

 

 

4 血行不良

加齢や疲労、冷えによる血行不良などが原因で、体温調整機能が低下することによって、筋肉の伸び縮みがうまく制御できなくなるというものです。特に睡眠中に足がつるという場合には、これが原因であることが多いと言われています。

 

+α 筋力低下

4とほぼ同じですが、筋力低下も深刻な要因となりえます。
というのも、ふくらはぎは「第二の心臓」と言われています。
その理由は、足から体の中心部へ血を戻すポンプの役目を果たしている為です。

 

この機能が低下すると、血は足にたまり、むくみ、冷えの原因となります。
起きてしまった時の対応としては、ストレッチをして、筋肉を伸ばしたり、温めて血流を改善することが効果的です。

 

ただ、原因の根本解決を目指すのであれば、自分が何番に当てはまるのかを考え、対策をする必要があります。

 

当院では、筋肉と神経の連携を改善しつつ、筋肉の柔軟性を出す「HM神経筋矯正」や、体のバランスを整え、筋肉にかかる負荷を減らす「HM骨盤矯正」が効果的です。
その場の症状だけでなく、体質から改善できるので、おすすめです!

 

さらに、筋力低下、血行不良に非常に高い効果性をもつ「楽トレ」もあります。
筋力低下は現代病です。若い方でも気付かないうちに・・・ということも多いです。

この記事を読んで気になった方はハートメディカルグループにお気軽にご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

肩関節脱臼 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは! ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の豊福です。

 
当院に救急で肩関節の脱臼の患者さんが来院されました。現場の作業中にバランス崩し肩関節脱臼が起こってしまったそうです。お話を聞くと昔から脱臼癖があり、今回も肩を普段動かさない方向に動かしてしまい外れてしまったそうです。

しっかりと整復させていただき、動きも良くなり、不安そうな表情も晴れて安心して頂くことができました。

 

整復後は三角巾によりしっかりと固定を行い、その後神経圧迫や、神経損傷、骨折の合併がないかを確認する為、整形外科へ行っていただきました。
幸い、後遺症に繋がりそうな症状はなく、無事笑顔で帰られました。

 

 

整復が出来た場合、その後は腕を3週間以上三角巾などで、固定することになります。この固定する腕の位置は脱臼の方向によって、異なるということです。
固定後、腫れが引き痛みが無くってきたら、徐々に肩の動きを回復させる理学療法等を行うことになりますが、脱臼を引き起こす方向の運動に関しては6~8週間は、禁止ということになります。脱臼に伴って損なわれた関節包などが、十分に修復されないうちに動かしてしまうと、その後、容易に脱臼を繰り返す状態となってしまうからです。

 

容易に脱臼を繰り返す脱臼を反復性肩関節脱臼と呼びます。自分もこれに該当します。これを繰り返すとちょっとしたことで、脱臼するようになり、手術以外には対処法がなくなってしまいます。

 

注意しないといけないのは、後方脱臼で、医療機関を訪れても最初は約60%も見逃されてしまうそうです。ですので、十分な説明もされずに、痛みが持続する場合は、セカンド・オピニオンを、求めた方が良いそうです。

 

このように時間が経つと腫れのために整復が難しく手術が必要になるので、できるだけ早い整形外科の受診をお勧めします。
その際の移動時は、自分で最も痛みの少ない位置で腕を自分で支えるのが楽だそうです。

 

診断が遅れたり、謝ったりした場合は後遺症(神経症状や繰り返す脱臼)が残る可能性があります。早めの診断を治療が必須になります。身体に異変が起きた際は、相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

心臓病とは ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です!

 

今回は日本人の死因で第二位といわれる心臓病についてお話させていただきます。
しかし一口で心臓病と言っても色々な種類があります。なので今回取り上げるのは、皆さんがよくお聞きする生活習慣でなる心臓病…虚血性心疾患についてお話させていただきます!!

 

・虚血性心疾患はとはどんな病気??

虚血性心疾患は簡単に言うと心臓に栄養を送る冠動脈という血管が狭くなり、血液が運ばれなくなって起こる病気です。皆さんがよくお聞きする狭心症、心筋梗塞も虚血性心疾患の一つです。
この冠動脈は心臓を囲むように通っており、この冠動脈が狭くなるのが狭心症、詰まってしまうのが心筋梗塞と分けられます。

 

 

・ 何が原因でなるの??

冠動脈を含めて全ての動脈は弾力性があり柔らかい血管です。しかしこの血管が糖尿病や高血圧などで傷つき、その傷口に悪玉コレステロールが付着し、プラークと呼ばれる塊ができます。このプラークが原因で動脈が固くなったり、血液の通り道が狭くしてしまい、これらが原因で心臓に行く血液量が減り虚血性心疾患になります。
また心臓病になりやすい性格もあり、責任感が強く、自分を犠牲にして頑張り、常にイライラし、ストレスが溜まりやすい人はなりやすいです。

 

 

・ どんな症状が出るの?

心筋梗塞、狭心症の初期症状はほとんど同じで
・肩や胸などの違和感や不愉快、
・ 動悸、息切れ
・ 足のむくみ
・ めまい
などが起こります。またこの病気が進むと痛みが出てきますが、この二つの病気で唯一違いがあるのは痛み方だけです!!
狭心症は運動した後で胸を締め付けられるような痛み、数分の痛みが特徴です。
心筋梗塞は突然の激しい痛み、30分以上の痛みが特徴です。

 

 

~最後に~

心筋梗塞、狭心症は共に生活習慣が大きく関わっています!!
日頃からの食生活の見直しを、脂っこい食べ物を食べ過ぎず、バランスよく食べ、適度な運動、充分な睡眠を心がけると心臓病になるリスクも減ります!一度自分の生活習慣を見直し病気になりにくい体を作っていく事が大切です!!
また心筋梗塞、狭心症の初期症状が出始めましたら、一人で悩まず、すぐ病院に行き受診することが大切です!!

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060