「みその鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

タナ障害 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回はタナ障害について述べていきます。

タナ障害は膝の曲げ伸ばしをしたときに、膝のお皿の内側の痛みやひっかかり感があります。
→その際に「コキッ」「コツッ」といった音がします。

 

タナってなに?

タナ(滑膜ひだ)は膝関節の中の空間にあり、その空間を仕切っています。膝のお皿(膝蓋骨)と太ももの骨(大腿骨)の間の滑膜ひだは、物を載せる棚のように見えるため、タナと呼ばれているんです!タナは胎児期に一時的に作られるもので、半数の方にはそのまま残っていますが、特に何の機能も持たない組織です。

 

どうしてタナが痛むの?

タナが繰り返しの膝の曲げ伸ばしで摩擦を受けた為、炎症を起こし腫れや痛みとして現れます。膝を使いすぎたりすると痛みますが、体質的にタナが大きかったり、厚みがあるとより症状が現れやすくなります。特に太ももの筋肉が疲労していると、柔軟性が低下して、タナの摩擦が強くなり症状が出やすくなります。
10~20歳代の若い方に多く、男性よりも女性の割合が高いです!また陸上競技、野球、バスケットボール、バレーボールなどのスポーツで多く見られます。

 

当院での治療法

痛みの根本原因を取り除くには手術するしかありません。タナは特に何の機能も持たない組織であるため切除しても問題ありません。しかし、長期のリハビリや、膝関節の侵襲によるパフォーマンスの低下を考慮して保存療法を第一とします。

 

当院で行う保存療法

1、HMバランス整体
膝を支持する深層の筋肉の機能低下や、太ももの筋肉の柔軟性低下により、タナにかかる負荷が大きくなって、痛みとして現れるケースがほとんどです。なので、HMバランス整体で体の土台となる骨盤を整え、深層筋を再教育することにより、太ももの柔軟性を取り戻していきます。継続することによって膝の痛みが出なくなります。

 

2、楽トレ
痛みが半分に軽減してきた段階でご案内させていただきます。膝と骨盤周囲の深層の筋肉を電気刺激で直接鍛えることによって、より支持力と柔軟性を高めることが出来ます。さらに、膝周囲の血行状態が良くなるので、痛みを抑えることが来ます。

 

膝の内側が痛むものすべてがタナ障害ではなく、関節内の組織や軟骨に痛みの原因がある場合もあります。
でもご安心ください!! 当院ではその都度、痛みの程度と動きを確認して施術していきますので、痛みを訴える症状とタナ障害の関連性を十分に取捨していくことが出来ます!お困りの方はぜひ当院にご相談くださいね!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

O脚 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

O脚とは、直立して、両足・内くるぶしをくっつけても、膝や股関節の間が開いてしまう状態の事です。女性の約80%が該当していると言われるほどに、O脚に悩む人は急増しています。そのほとんどの方に骨盤の歪みがあります。骨盤が歪んでしまうと左右の股関節がずれて大腿骨も外側にねじれてしまいます。そうすると膝や足首も一緒にねじれてO脚になっていきます。

 

 

 

O脚だと…
1、 太りやすくなる O脚は骨盤が開いているため、そのスペースに内臓が下がってきてしまいます。内臓が元々あった場所には脂肪が付き、さらに骨盤内に下がってきたことにより内臓機能は低下します。そうするとエネルギーの消費量が減るので、太りやすい体質になってしまいます。

2、 関節痛 O脚になると足首や膝関節、股関節にかかる負荷が大きくなるので関節痛が出るようになります。現時点で痛みが無い場合でも、将来的に関節痛になる可能性が高いです。

before           after

 

当院での施術
HMバランス整体で骨盤の歪みを矯正し、O脚用のバンドを用いた手技でO脚を治していきます!!

 

私自身のO脚を実際に矯正してみました。写真から分かるように、両膝の間隔が小さくなり、O脚がかなり改善されています。また骨盤も正しい位置にあるので、胸を張った正しい姿勢になりました。一度の矯正でこれだけの変化が見られるので、継続して頂ければかなりの効果が期待できます。

是非、当グループ院にご相談ください。
お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

腰痛:70代女性

こんにちは!みその鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Wさん

【お住まいの地域】 名古屋市中区栄

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰の痛みで足が歩けなくなった。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
先生が親切でお話もしてくださり心まで安らぎました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
1日1日と痛みも取れて気楽になりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
何もありません。

 


【担当者より】
オーバーユースにより、腰部の深層筋に痛みがあり、歩行や体位変換が困難になっていました。通院の頻度を上げて全身調整で体の根本改善をしていきます。元気に歩けるようにサポートさせて頂きます。


みその鍼灸接骨院
所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区 栄1丁目14-20
電話:052-265-8583

坐骨神経痛:50代女性

こんにちは!みその鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】Sさん

【お住まいの地域】 名古屋市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
骨盤が歪んでいる?坐骨神経痛の痛み。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近い。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
少しずつ良くなっている。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
2~3回の治療で良くなってくるのがわかるので嬉しいです。ありがとうございます。

 


【担当者より】
股関節から臀部にかけての痛みがあり、前屈時に運動制限が出ていました。仕事で負荷がかかるので、通院の間隔を詰めてバランス整体を集中的にやらせて頂きました。


みその鍼灸接骨院
所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区 栄1丁目14-20
電話:052-265-8583

首、肩の痛み:40代女性

こんにちは!みその鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Aさん

【お住まいの地域】 名古屋市中区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
首、肩の痛み。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
通院に便利。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
首の痛みは少しずつとれました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いつも予約時間通りに対応して下さりありがとうございます。

 


【担当者より】
頚部から肩背腰部までの深層筋が弱っているせいで姿勢が維持できず、過緊張状態で痛みをともなっていました。原因となる深層筋の再教育を目的とし、バランス整体で施術しています。


みその鍼灸接骨院
所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区 栄1丁目14-20
電話:052-265-8583

五十肩と膝痛:50代女性

こんにちは!みその鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Aさん

【お住まいの地域】 名古屋市中区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
五十肩とひざ関節の痛み。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
知り合いからHeart Medical Groupの話を聞いてホームページを見た所、料金等の明確な説明があって安心して来院できました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
現在の状態から治療計画まで分かりやすく説明していただけたので、不安なく通うことができます。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
院長先生をはじめスタッフの皆さんが明るく優しく声をかけてくださるのが、励みになります。いつもありがとうございます。

 


【担当者より】
初診時の状態は右肩関節の可動域制限と膝の歩行痛、運動痛が強く出ていました。全身状態と関節の可動域を回復する為にバランス整体で施術させて貰い、関節可動域の拡大がみられるようになってきました。


みその鍼灸接骨院
所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区 栄1丁目14-20
電話:052-265-8583

膝痛:40代男性

こんにちは!みその鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 尾張旭市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
右膝の痛み。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
会社の近く。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
膝が原因ではなく骨盤の歪みと教えて頂きました。普段から歩き方を気を付けるなど教えてもらい、治療だけでなく助かっています。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いつも色々なアドバイスありがとうございます。

 


【担当者より】

膝の歩行時や屈曲時の痛みで来院され、ひざの運動を検査させて貰ったところ体の軸が崩れていることが分かり、骨盤の歪みも強くありました。
原因が分かり根本的な体の改善をする為に神経筋+骨盤矯正で施術していきます。


みその鍼灸接骨院
所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区 栄1丁目14-20
電話:052-265-8583

変形性膝関節症 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は変形性膝関節症について述べていきます。

 

どんな病気?
男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど発症しやすくなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では動き初めに痛む動作時痛があり、休めば痛みは取れます。末期になると、安静時にも痛みがあり、変形が強くなって、膝が真直ぐに伸びず歩行が困難になります。

 

原因
関節軟骨の変性、体重の増加や遺伝も関与しています。また骨折や靱帯損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
関節軟骨の変性によるものでは、年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎによりすり減り、膝が変形してしまいます。

 

手術療法
保存療法で効果が見られないときや、痛みが強く日常生活に著しく不自由がある場合には手術療法が検討されます。手術を行ったとしても効果は永続するものではなく、一定期間入院しての固定やリハビリが必要です。また感染症や合併症の注意が必要です。手術のメリット、デメリットなどをよく理解した上で決定することが大切です。

 

当院での保存療法
一度すり減ってしまった関節軟骨を完全に元の状態に戻すことは難しいです。なので、痛みを軽減させ、日常生活に支障のない状態を目指していきます。

 

バランス整体
膝をかばって生活をしているので、体には歪みが生じてしまいます。その歪みによって、さらに膝関節にかかる負担は大きくなります。なので、土台となる骨盤を安定させて、全身のバランスを整えていきます!

 

楽トレ
太ももや膝関節、骨盤周囲の筋肉を鍛えて、関節可動域と支持力を強化することにより、膝にかかる負担に対して支持、吸収、分散できるようにしていきます。また楽トレの効果で代謝が上がり、関節軟骨などの栄養状態も良くなるので、痛みを和らげる効果も期待できます!

 

お困りの方は是非当グループ院にご相談下さい!

今年も残りわずかとなりました。
年末年始のお休みを有意義に出来るように体のケアをしていきましょう!!
年末年始の休診のお知らせです。
12/30(土)~1/3(水)までお休みを頂きます。
12/29(金)は18:00までとなります。
宜しくお願いします!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

オスグッドシュラッター病 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回はオスグッドについて述べていきます。

どんな病気?

発育期の小学生高学年~中学生に良く起こる怪我です。太ももの前の大腿四頭筋が膝蓋骨、膝蓋腱を通して脛骨粗面に付着しています。走ったり、飛んだり、ボールを蹴ったりすると、大腿四頭筋が収縮し、脛骨粗面に牽引力が生じます。この時期の脛骨粗面には軟骨で骨が伸びる部位があり、繰り返しの牽引力による負荷が加わり炎症が生じます。

それにより運動時痛や押したときに痛む圧痛が見られるようになります。外見はあまり痛そうでなくても本人からすればかなりの痛みなので分かってもらえず発症者のネックとなることが多いです。

オスグッド病は病院では「成長痛」と言われます。診断は容易にされ、膝下が腫れていたり、骨がボコッと出っ張っていると「成長痛」と言われます。成長痛だから一般的には治療方法がないと考えられていますが、競技継続や復帰に向けて出来ることはあります。

 

ストレッチ 
大腿四頭筋の柔軟性不足で発症することが多いので、ストレッチにより柔軟性を取り戻します。柔道、空手、剣道などの武道をする子の発症は少ないです。武道では礼儀作法で正座をする習慣があるので、常に膝周囲の筋肉や靭帯のストレッチを繰り返しています。

 

テーピング 
大腿四頭筋による脛骨粗面にかかる牽引力を下げることによって安静を保ちます。どうしても練習を休めないときはテーピングで筋肉の動きをサポートし、膝の曲げ伸ばしをサポートします。

お困りの方は是非当グループ院にご相談下さい!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

変形性膝関節症 みその鍼灸接骨院

こんにちはみその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

変形性股関節症とは長年の使用や負荷、怪我などによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする疾患です。

 

原因となる外傷や股関節の形態異常がない原因不明の場合を一次性変形性股関節症といいます。
「先天性股関節脱臼」や「先天性救外形成不全」などの骨・関節の異常や外傷などにより、二次的に発症した場合を二次性変形性股関節症といいます。

 
症状
初めは運動後や長時間歩行した後などに、股関節やお尻、太ももなどに鈍痛を感じる「関連痛」が出ることが多く、数日するとこの痛みは治まります。
少し症状が進行すると、動き出すときに股関節周りに痛みを感じる「動作時痛」を感じるようになります。痛む場所は股関節周囲に限定されていきます。

さらに症状が進行すると動かしたり、歩くと股関節の前後が痛む、「運動痛」が出るようになります。最終的には安静にしていても痛む「安静時痛」が現れます。股関節に水がたまって腫れたり、夜間などにも痛みが出て睡眠が妨げられるようになることもあります。

 

治療
変形性股関節症は骨盤矯正を用いた保存療法を行っていきます。変形性股関節症の多くは片側に発症します。ですので、痛みをかばいながら日常生活を送り、左右のバランスが崩れて骨盤や骨格が歪んでしまいます。

そうすると股関節にかかる負荷はさらに大きくなります。ですので、歪んだ骨盤を元の位置に戻し、姿勢を良い状態に保つことで痛みを軽減させていきます。
当院ではHMバランス整体で骨盤の矯正と体を支えている深層の筋肉の再教育をしていきます。さらに楽トレで骨盤周りの筋肉の支持力と柔軟性を強化することで、痛みの出にくい体にしていきます。

 

お困りの方は当院にご相談ください。

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583