「おいせ鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

足底筋膜炎 おいせ鍼灸接骨院

こんんちは。

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

本日は、 足底筋(腱)膜炎(そくていきん(けん)まくえん)についてお話させて頂きます。

 

(足底筋(腱)膜炎とは)
足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋(腱)膜に小さな断裂が起き、炎症を伴い痛みをもたらす病気。
多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。
主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多く発症する。
(原因)
足の裏には、足底筋膜と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱が、かかとの骨から足指の付け根まで張っている。足の甲の骨は、弓状(アーチ)になって体重を支えているが、アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底筋膜である。

 

丈夫な足底筋膜も、歩行やランニング、ジャンプで使いすぎたり四十歳代以降になると、古いゴム管のようにひびが入り、炎症を起こす。それが痛みの原因となる。長引くと、足底筋膜の付け根にあるかかとの骨が、とげのように大きくなり、痛みが増すこともある。ランニングなどの過使用による緊張以外には、へん平足、老化によるアーチの低下なども原因となる。

長距離走をはじめとしたスポーツのほか、長時間の立ち仕事をする人も発症することがある。厚底靴の使用も原因となる。必要以上に足底筋膜に負担をかけないように、クッション性が高い靴底で、かかとがしっかりしていて、足にフィットする靴を選ぶ事で予防できる。

 

(診断)
朝起きての数歩がとても痛いがそのうち軽くなる、長い間座り急に歩き出すと痛む、かかとの骨の前方内側を押すととても痛いところがある、などが足底筋膜炎の特徴であり、比較的容易に診断がつく。レントゲンで骨の突起が認められることもあるが、痛みの原因とは限らない。
四十歳以前の人、かかとの骨より前の部分が痛む人、朝より夕方に痛む人、歩くほど痛みの強くなる人は、別の病気の可能性がある。

 
(治療)
ほぼ9割の人は1ヶ月から3年以内に自然治癒する。足のストレッチをしながら、刺激を避けて自然治癒を待つのが基本。スポーツが原因であれば練習量を減らす。非ステロイド系抗炎症剤の湿布薬や塗り薬、かかとのクッション材、足のアーチを補助する足底板を使用する。

痛みが強くなると局所麻酔剤の注入や、消炎鎮痛剤を内服するが、生活に支障をきたすほど痛みが強くなると内視鏡下で足底腱膜を切り離す外科手術をこともあるが、外科手術する患者は潜在患者約50万人の1 %だといわれている。マラソン選手など特殊な条件以外は、手術は行われず、その効果には賛否両論がある。

少しでも思い当たる症状がございましたらお気軽に当グループ院にご相談下さい。
バランス整体、コンプレフロスなど、あなたの症状に最適な施術を
提供させて頂きます。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

ド・ケルバン病 おいせ鍼灸接骨院

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

本日は、ド・ケルバン病についてお話させて頂きます。

(ド・ケルバン病とは)
母指(親指)を広げた時に手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。その母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通る部分で生じる腱鞘炎です。

 

(症状)
手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

 

(原因)
妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く、手の使いすぎやスポーツや仕事で指を良く使う人にも多いのが特徴です。

 

(病態)
母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいのです。

 

(診断)
手背第1コンパートメント 部に腫脹や圧痛がある。
母指を握りこんだ状態で手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなるか否かで診断します(フィンケルシュタインテスト変法)。
自分で調べるには手首を直角に曲げ母指を伸ばしたときに疼痛が増強するか否かで判定します(岩原・野末のサイン)。

 

(治療)
局所の安静(シーネ固定も含む)、投薬、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)などの保存的療法を行います。
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。その際、隔壁の切除と橈骨神経浅枝の愛護的操作が求められます。
少しでも思い当たる症状がございましたらお気軽に当グループ院にご相談下さい。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

霜焼けについて おいせ鍼灸接骨院

こんにちは

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目))の杉浦です。

 

本日は、霜焼けについてお話しさせて頂きます。

・霜焼けとは、
童謡『たきび』にも歌われる、冬の季節病。寒さのために血行が悪くなり生じる炎症で、主に手足など血管が細く血流の滞り易い四肢末端に発症します。また、肌が外気に露出している頬や鼻先や耳たぶなどにも発症することがあります。「ジンジン」するような感覚を起こしやすく、むず痒い、痛い、熱いなどと表現される症状があり、指に発症した場合は、患部が硬く膨れ上がることもある。患部を暖めると痛みや痒みが強く感じられる事も多い。

 

霜焼けの状態で肌が乾燥すると、皮膚の角質層の厚い部分に亀裂が生じ、内部が赤く見えたり出血したりする。これをひび、程度のひどいものを皸(あかぎれ)と呼びます。

 

・病因
体質や遺伝も関係するが、最も大きな要因は一日の気温差と、皮膚表面の温度だといわれている。総じて、気温が5℃前後で昼夜の気温差が大きい時期になりやすい。また、手足の周辺の湿度が高かったり、皮膚(特に手足)を濡れたまま放って置くと気化熱により皮膚の表面温度が下がり発症しやすくなる。また、先が細い靴や、ヒールが高い靴を履くことも、足の指先が圧迫されて血行不良になり病因となる。

 

・予防法
日頃から体(特に手足の指先や、指と指の間)が濡れたら、なるべく早く、しっかりと拭き取り、靴は乾燥させ、手袋や靴下が濡れた場合は早く取り替える事が効果的である。

 

・治療法
40℃位のお湯と5℃位の冷水に患部を交互に付ける(※水よりお湯につける時間は長くし、お湯から始めてお湯で終わる)方法や、患部を温めながらマッサージする方法(ただし余り強い力ですると患部付近の毛細血管が破裂し、症状が一段と酷くなる場合がある)、トコフェロール(ビタミンE)を服用する方法などがある。
初期で軽いものなら、レタスなどのビタミンEを多く含む食品を食べることにより、1週間程で治ることもある。

 

あかぎれの症状には、保湿効果のあるワセリンなどの軟膏剤をラップフィルムに塗り患部に当てる湿潤療法が効果的。

 

霜焼けによる足先のかゆみなどは、イライラの原因にもなり、仕事や勉強など日常生活への支障もでます。
まだまだ、昼夜の気温差の大きい日が続きます。油断せずにしっかり予防していきましょう。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

低温火傷 おいせ鍼灸接骨院

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

本日は、低温火傷についてお話させて頂きます。

 

(低温火傷とは)
カイロやゆたんぽなど、体温より少し高めの温度(44℃~50℃)のものに長時間触れ続けることによって起きる火傷です。

通常の火傷は、皮膚の表面に熱源が触れることで起こります。
一方、低温火傷は皮膚の奥深くでじっくり進行していく為、通常の火傷に比べ、治りにくくなります。

また、症状が見た目にはわかりにくいことや、痛みを感じにくいことから、軽症と勘違いしてしまいがちです。

 

 

(症状)

火傷は、皮膚がどの程度ダメージが与えられているかに応じて1~3度までの症状に分けられています。

・軽い症状(1度)の場合は、ヒリヒリとした痛みと、うっすらとした赤みが生じます。

・中度(2度)の場合は強い痛みや赤み、水ぶくれが発生します。

・ひどい場合(3度)は、皮膚が壊死してしまい、病院での治療に2週間以上かかってしまいます。
皮下組織が壊れてしまった場合は、手術が必要となる場合もあります。

 

 

(低温火傷になり易い人)
・皮膚の薄い高齢者
・寝返りができない乳児
・知覚や運動能力に麻痺がある方
・糖尿病などで手足の循環が悪い方
・泥酔している方
・体の感覚が鈍くなっている方

 

 

(予防法)
・湯たんぽ・電気アンカは就寝時には取り出す
・使い捨てカイロの使用方法を守る
・電気毛布を就寝時に電源OFFにする

 

 

(低温火傷になってしまったら)
軽症か重症か分からなくても、必ず医療機関を受診しましょう。

間違った処置をしたり、下手に放置してしまうと、重症化したり感染症にかかってしまうこともあります。

決して、民間療法などで治そうとせず、医師の判断を仰いで下さい。
まだまだ寒い日が続き、カイロや湯たんぽを使う機会も多いと思います。
使用法を守って低温火傷に注意し、暖かい春を待ちましょう。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

橈骨遠位端骨折 おいせ鍼灸接骨院

こんにちは。

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目))の杉浦です。

 

本日は、橈骨遠位端骨折についてお話させて頂きます。

これは、前腕の2本の骨のうちの橈骨(とうこつ)が手首のところ
(遠位端)で折れる骨折です。

 

(発生機序)
手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりした
ときに発生します。

閉経後の中年以降の女性では骨粗鬆症で骨が脆くなっているので、非常に折れやすくなります。

若い人でも高い所から転落して手をついたときや、交通事故などで強い外力が加わると起きます。
子供では橈骨の手首側の成長軟骨板のところで骨折が起きます。

手の付き方や衝撃の度合いによっては、尺骨の先端やその手前の部分が
同時に折れる場合もあります。

 

(症状)
手首に強い痛みがあり、短時間のうちに腫れてきます。けがの仕方によって違いますが、手のひらをついて転んだあとでは食器のフォークを伏せて置いたような変形が見られます。
手がブラブラで力が入らず、反対側の手で支えなければならなくなります。ときには、折れた骨や腫れによって神経が圧迫され指がしびれることもあります。

 

(診断)
X線(レントゲン)検査等の画像診断で骨折線の確認を行う。

 

(治療)
先ず、手を指先の方向に引っ張ってずれた骨片を元に戻す整復操作を
行ないます。
整復後、ギプスやギプスシーネで固定します。
整復出来ない場合、手術が必要になります。

 

子供の骨折は、骨片の整復が不完全でも自家矯正力が旺盛で、骨の癒合も早いので通常手術を必要としません。
今の季節、雪の後など凍結した道での転倒などで発生しやすくなって
います。

雪の日の外出の際は十分ご注意下さい。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

肘内障 おいせ鍼灸接骨院

こんにちは。おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

今回は、肘内障についてお話させて頂きます。

肘内障とは、2歳~5歳の幼児期に多く発生する肘関節を
亜脱臼した状態を指します。

解剖学的には橈骨頭は輪状靭帯によって尺骨の橈骨切痕に固定され、
上橈尺関節を形成しています。
幼児期では、この橈骨頭の成長が未熟ため容易に輪状靱帯から逸脱
し肘内障を発症します。

 

(発生機序)

手を強く引っ張られるとともに前腕が回内すると、橈骨頭が輪状靭帯から抜けて亜脱臼あるいは完全脱臼します。また、腕を体の下にして転がり(寝返り)発生するケースもあります。

 

(症状)

手を痛がり、だらんと下げたまま動かさないのが特徴で
肘関節周囲に腫脹はなく、レントゲン画像でも異常は見られません。

 

(治療)

徒手整復にて治療することがほとんどです。
整復操作は簡単で、肘関節を回外しながら屈曲させていくと、クリック(カクンなどの音)を伴って整復され、その瞬間から手を自由に動かせるようになります。
但し、上腕骨顆上骨折を発症している恐れもあるので、
年齢、発症機序などの問診、肘関節の発赤・腫脹などから骨折の除外
診断を正しく行う必要があります。
安易に肘内障と判断して整復せず医療機関を受診しましょう。

 

(予後)

同じ様な原因で発生を繰り返すこともありますが正しく整復すれば
予後は良好です。
また、橈骨頭の成長が進む学童期(小学校入学後)頃にはほとんど
発症しなくなります。(まれに発症します)
肘内障かも?と思ったら、おいせ鍼灸接骨院にお気軽にご相談下さい。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

肩こり、手の痺れ:40代女性

こんにちは!おいせ鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Mさん

【お住まいの地域】 名古屋市中村区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩こり、手の痺れ。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
夜、仕事が終わってから来れる。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
肩はだいぶ楽になってきた。

 


【担当者より】
ありがとうございます。肩の痛みは改善されてきましたが、引き続きHMバランス整体を受けて頂き、痛みの出ない身体作りを一緒に行っていきましょう。


おいせ鍼灸接骨院
所在地:愛知県名古屋市中村区太閤3丁目3−12
電話:052-414-4766

首、腰の痛み:40代男性

こんにちは!おいせ鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市中村区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
首、腰の痛み。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
体に無理な力がかかり、体がひねった感じになり、今後仕事にも影響が出るため。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
今回3回目ですが、力が入りにくい弱い部分等、親切に教えてもらい、今後に活用していこうと思います。大変良かったです。続けていこうと思います。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
定期的に通い、骨盤の矯正、筋肉のバランス補正等、また色々教えて頂きながらお願いしたいと思います。

 


【担当者より】
ご協力いただきありがとうございます。骨盤の歪みにより、大殿筋、中殿筋、腸腰筋の左右バランスが崩れております。HMバランス整体で体を整えて、楽トレにより、筋肉に再教育していきましょう!


おいせ鍼灸接骨院
所在地:愛知県名古屋市中村区太閤3丁目3−12
電話:052-414-4766

二日酔いについて おいせ鍼灸接骨院

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

今回は、二日酔いについてお話させて頂きます。

 

二日酔い、宿酔(ふつかよい)とは、酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態。基本的には、夜間に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象を指します。

 

原因は、飲みすぎ。
すなわち自身のアルコール分解能力(正確には、アセトアルデヒドの代謝能力)を超えた量の酒を飲むことで起こります。

 

頭痛、嘔吐・吐き気、喉の渇き、胸のむかつき、体の振るえ、アルコール性胃炎による悪心などの自覚症状が出ます。

 

対処法は、アルコールによる利尿作用により脱水症状が出ている為、
水分補給が大切。
更に肝臓によるアルコール分解には糖分が必要なため、糖分を取ることも有効。
このため、ただの水やお湯より糖分も同時に補給できるスポーツドリンクなどがオススメ。
お茶や珈琲は利尿作用が強く余計に脱水症状になってしまう危険があるので避けましょう。

 

そしてなんと言っても睡眠をとる事が大事。

いろいろな民間療法もありますが水分を補給してしっかり眠るのが最も効果的です。

 

まあ、二日酔いになるまで飲まないのが一番いいのですが・・・。

また、あまりハイペースで飲むと急性アルコール中毒の危険もあり、
注意が必要です。

お正月、新年会とますます飲酒の機会が増えると思いますが自分に合った量とペースでお酒をお楽しみ下さい。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

肩こり おいせ鍼灸接骨院

こんにちは。

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

今回は、肩こりについてお話させて頂きます。

 

肩こりとは、首から背部にかけての筋肉に生じる、
詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・
重苦しさや痛みにいたる症候の総称です。

 

原因としては、長時間、首や背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、冬の寒気や冷房による冷え等があります。

 

これらの原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられています。

 

症状としては、表層筋の圧痛から始まり次第に深層の筋に凝り感が
広がり筋肉のこわばり、重苦しさを感じるようになります。

 

そのまま放置すると緊張性頭痛や顔面・上肢の関連痛が生じる
こともあります。

 

治療法として消炎鎮痛剤(内服または外用)、鍼灸・各種手技療法などもありますが日頃から適度な運動や入浴などで筋肉の血行を良くし、疲労をとる等の予防も重要です。

 

特に今の時期は、肩が冷えないように気をつけましょう。

長時間同じ姿勢にならないよう注意し、パソコンやスマホを
使用する時などはこまめに肩を回したり伸びをするなどして
軽く体を動かすようにしましょう。

 

そんな肩こりにお悩みの方は一度当院にご相談下さい。
HMバランス整体にて辛い肩こりを根本的な原因から取り除いて
まいります。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766