「おおもり鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

痛風 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回のテーマはこちら。

痛風

この病気につけられた「痛風」という名前には、風に吹かれただけでも痛い、という意味があります。痛いという症状が、そのまま名前になっている点でユニークな病気です。

 

現在では、約60万人の痛風患者さんがいるといわれ、その90%が男性です。年齢は40~50歳代に多く、女性の場合はほとんどが閉経後になります。
(痛風と生活習慣病)

痛風を起こす人は、起こさない人よりも心筋梗塞や脳梗塞になりやすいことも知られています。
これは、痛風に肥満や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が合併しやすく、動脈硬化がどんどん進展するためです。

 

(症状)
突然、足の親指が痛みだし、赤く腫れ上がっている、痛みは締めつけられるように激しく、足を動かすこともできない、という症状が痛風発作です。
治療をしないと痛風発作は3日くらい続き、その後少しずつ強くなって10日もするとウソのように回復します。
さらにほうっておくと半年から1年ごとに繰り返し、足の親指以外の関節まで腫れ、痛風発作の間隔も短くなっていきます。
そして関節だけでなく腎臓にも症状が広がり、腎臓の働きが悪くなって尿毒症が起こります。

 

(治療)

(1)カロリーを抑えた食事
食事の総カロリーを抑え、肥満を防ぐことが第一に勧められます。肥満度が高いほど尿酸値は高くなります。

(2)アルコール飲料は控える
アルコールが体の中で分解されると尿酸ができます。

(3)水分を十分にとる
夏でも冬でも毎日2リットル以上の水分をとるようにします。体の水分が足りなくなると尿酸値が上がります。理想的には1日2リットル以上の尿が出るようにします。

(4)軽い運動を行う
激しい運動は尿酸値を上げるので逆効果になりますが、ウォーキングなどの軽い有酸素運動は肥満の解消にもつながります。

(5)ストレスの緩和に努める
ストレスは尿酸値の上昇に影響すると考えられています。気分転換や、のんびりする工夫が大切です。
もうすぐ忘年会、新年会などのシーズンに近づいてきましたので皆さんなるべくお酒を飲み過ぎないようにしていきましょう。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

糖尿病について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは。
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 
最近美味しい料理屋さんがたくさん増えたり、コンビニなどのご飯も美味しいく安価で食べれるものが増えてきて食生活が乱れていませんか?
今日はそんな食生活の偏りから来る生活習慣病の1つを紹介したいと思います。

 

🖋糖尿病とは
中高年の肥満男性に多く運動不足や食生活の乱れから来る肥満が原因となっています。

 

🖋どんな症状がでる?
基本的には口渇、多尿等がみられます。進行すると、動脈硬化や下肢の壊疽、白内障などがでてきます。

 

🖋診断は?
最近生活習慣が、乱れていて太りすぎたかな?等思うことがあれば一度検査をすることをお勧めします。

下記の数値が判定基準となります。

 

随時血糖値が200↑
早朝空腹時血糖値126↑
75g経口ブドウ糖負荷試験2時間値200↑
HbA1c6.5%↑

 

🖋最後に
少し辛口な事を言いますが今、美味しいものを食べればいい。食生活は後で直せばいい。運動はめんどくさい。中々仕事が忙しくてそんなところまで気を使ってられない、と等々色々あると思いますが、今後、その先の人生を考えた時に楽な身体でありたいと思うなら少しずつ、少しずつでいいので、自身の生活習慣を見直して改善していくことをおすすめします。
なってから後悔して考えるのではなく、なる前に予防をして健康な身体作りをしていきましょう!!

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

足の痛み:70代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Uさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区大森

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
足の痛みが治った。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
うつ病や身体の調子を整えたいため。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
体は楽になりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
健康を保つために今後もお世話になります。

 


【担当者より】
ありがとうございます。足の痛みが随分良くなりましたね。家事動作で痛みが悪化することがあるので、今後痛みが出ない身体作りを目指して頑張りましょうね。

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

腰痛:60代男性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Aさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰痛。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
自宅から近く、インターネットで確認。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
徐々に良くなっている。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
過去の事を覚えていて嬉しい。

 


【担当者より】
ありがとうございます。慢性の腰痛が随分良くなりましたね。仕事で座っている事が多くなると痛みが再発しますので、ハイボルテージ治療を行い、今後痛みが出ない体を目指して一緒に頑張りましょうね!

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

腰痛、腕の痛み:70代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Yさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区大森

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰の痛みと腕の痛みです。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
自宅が近く便利で、痛みが強いため。お友達の紹介。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
先生が優しく、しっかりして頂けるので嬉しいです。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
痛いところをきちんと治療して頂けるので安心で来れます。今後もお願いします。

 


【担当者より】
ありがとうございます。腰の張りと腕の痛みが随分良くなりましたね。日常生活で急な動作を繰り返す症状が悪化する事がありますので、定期的に治療していき治していきましょうね。

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

アキレス腱の痛み:30代男性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Yさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
アキレス腱断裂後の歩き方や、走り方を改善したく。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
家から近い。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
少しずつ改善されてきた。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
改善されてきたので、今後ともよろしくお願いします。

 


【担当者より】
ありがとうございます。アキレス腱の痛みが随分良くなりましたね。仕事をしながらなのでたまに症状が悪化することもありますが、ハイボルテージ治療を併用しながら治していきましょうね!。

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

突き指 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回は突き指について。

そもそも突き指とは、スポーツなどをしているときに指先に外力がかかることで起きるケガの総称です。内出血を起こすことで指の関節などが腫れるなどの症状が出ます。つまり、指が腫れるのは関節に血が溜まっているからですね。

 

突き指は単なる俗称なので、正確な医学用語ではありません。そして、突き指といっても実際にはさまざまな外傷が含まれます。単なる打撲や捻挫などの軽傷のケースが多いですが、脱臼や靭帯損傷、軟骨損傷、腱損傷、骨折などの重傷のケースもあります。

 

 

(突き指は時間が経てば治る?)

打撲や捻挫、脱臼、靭帯損傷、軟骨損傷、腱損傷、骨折など…。前述した通り、突き指にはさまざまな外傷の可能性が隠れています。そのため、突き指が放置しておいても自然に治るかどうかは、そのケガの程度によって変わります。

 

たとえば、打撲や捻挫くらいの軽傷であれば、応急処置をした上で安静にしていてば、おおよそ1~2週間ほどで腫れは引きます。それとともに、ほとんど痛みも感じることがなくなるでしょう。必ずしも病院に行く必要はありません。

 

一方重傷となると、自然に治ることはありません。靱帯断裂や骨折など重度の突き指を放置していると、当然何カ月も腫れや痛みが引かないですし、指が変形したままになるなどの後遺症が残ることがあります。必ず病院で治療を受けるようにしましょう。

 

 

(病院に行くべき判断)

指が明らかに変形している

指の関節を動かそうとすると激痛が走る

指の関節を自力で曲げられない(もしくは伸ばせない)

指の関節がパンパンに腫れている(通常時の1.5倍以上が目安)

突き指の痛みがいつまでもとれない

このような症状があれば病院を受診するようにしましょう。というのも、靭帯断裂や骨折などを正確に判断するためには、レントゲン撮影が必要になるからです。MRI検査やCT検査が必要になることもあるかもしれません。

 
(治療)
アイシング
包帯やテーピング
ハイボルテージ治療があります。

 

特にスポーツしている方は良く起こりうる事がありますので、早めに対処して行きましょう。
おおもり鍼灸接骨院ではハイボルテージ治療がありますので是非突き指の症状が当てはまればおおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

片頭痛について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

今日は片頭痛についてお話しさせていただきたいと思います。

 

🖋片頭痛とは?
何らかの原因で脳の血管が収縮してまい、そこに、セロトニンという物質が血中に放出されることによって脳の血管が拡張すると言われています。また痛みは三叉神経を介して引き起こします。

 

🖋症状は?
片側がズキズキと周期的に痛む。他にも食欲減退、吐き気などが見られる場合があります。

 

🖋片頭痛の時にやっていい事と悪い事
片頭痛の時は基本的には安静にしているのが1番です。(目を使いすぎないこと!) あとは冷やしてあげるのもいいと言われています。
逆に悪化させてしまう行動としては、入浴や飲酒 、マッサージ 食べもの(チョコやチーズ、トマト)は良くないと言われています。

 

片頭痛はいつ起こるかわからないし、なると気分が落ち込みますよね?
そうなった時に少しでも早く改善できるように上記したことをぜひ試してみてください。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

症例報告 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!!

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 

先日の台風は大丈夫でしたか?
今月は週末に台風が発生していますね、、、
せっかくのいい季節、週末がもったいないですね。
はやく穏やかな秋になってほしいものです。

 

さて、今回は症例報告です。
まずはこちらをご覧ください。

 

痛々しいですね。

この患者さんは転倒したときに手をついて捻ってしまい負傷してしまいました。
この日の朝に痛めたものなので、腫れが強く内出血もしています。
念のため、病院でのチェックをしたもらう為、応急処置を行い、
検査に行っていただきました。
検査の結果、骨折には至っておらず、安心しました。

 

余談ですが、

こういった手首の負傷は高齢者にもよく見られます。
高齢者の場合、かなりの確率で骨折します。
なぜかというと、転倒のリスクが高く、手をついた際に支えきれないことと
骨粗鬆症による骨の強度が低下していることが多いからです。

当院では、こういった転倒防止として『楽トレ』をお勧めしています。
関節運動を行わず筋力を引き締めることができる効果性の高い機器です。

ご自分のご両親や身近にいる方で、そういった不安心配事があれば
ぜひ一度ご相談ください

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

手根管症候群 おおもり鍼灸接骨院

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回は手根管症候群についてお話しします。

手根管症候群とは
「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」とは難しい病名ですが、手の平のつけ根部分にある「手根管」の中で正中神経が圧迫されてしまい、麻痺が生じる病態です。通常中年期の成人にみられ、女性に多い病気です。

 

(手根管症候群の原因)
特に原因のない方も多いですが、症状を訴える患者さんの大部分は手関節近くの骨折、脱臼、変形性関節症、腱鞘炎、痛風、アミロイド沈着、慢性関節リウマチ、ガングリオン、軟部腫瘍などさまざまな病気が原因となって発症することが多いです。

 

(症状)

初期には示指、中指がしびれ、痛みがでますが、最終的には母指(親指)から環指の母指側の3本半の指がしびれます(正中神経の支配領域)。急性期には、このしびれ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。

手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれ、痛みは楽になります。手のこわばり感もあります。ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

 

(手根管症候群の診断)

神経が圧迫されている部位を指や道具で叩くと障害されている指先に知覚異常が発生します。

 

手根管症候群の治療
■安静
仕事に関連して発生する手根管症候群の場合、仕事を制限することで症状の軽快が期待できます。単純に手を使用しない安静も有効でしょうが、「シーネ」という固定具を24時間ないし夜間だけ使用する方法もあります。
鍼治療
ステロイド注射
鎮痛剤などがあります。
もし手根管症候群の症状が当てはまれば是非おおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214