「おおもり鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

手根管症候群 おおもり鍼灸接骨院

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回は手根管症候群についてお話しします。

手根管症候群とは
「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」とは難しい病名ですが、手の平のつけ根部分にある「手根管」の中で正中神経が圧迫されてしまい、麻痺が生じる病態です。通常中年期の成人にみられ、女性に多い病気です。

 

(手根管症候群の原因)
特に原因のない方も多いですが、症状を訴える患者さんの大部分は手関節近くの骨折、脱臼、変形性関節症、腱鞘炎、痛風、アミロイド沈着、慢性関節リウマチ、ガングリオン、軟部腫瘍などさまざまな病気が原因となって発症することが多いです。

 

(症状)

初期には示指、中指がしびれ、痛みがでますが、最終的には母指(親指)から環指の母指側の3本半の指がしびれます(正中神経の支配領域)。急性期には、このしびれ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。

手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれ、痛みは楽になります。手のこわばり感もあります。ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

 

(手根管症候群の診断)

神経が圧迫されている部位を指や道具で叩くと障害されている指先に知覚異常が発生します。

 

手根管症候群の治療
■安静
仕事に関連して発生する手根管症候群の場合、仕事を制限することで症状の軽快が期待できます。単純に手を使用しない安静も有効でしょうが、「シーネ」という固定具を24時間ないし夜間だけ使用する方法もあります。
鍼治療
ステロイド注射
鎮痛剤などがあります。
もし手根管症候群の症状が当てはまれば是非おおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

マイコプラズマ肺炎について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは。
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

本日は冬に流行するマイコプラズマ肺炎についてお話しさせて頂きます。

 

🖋マイコプラズマ肺炎とは?
聞き慣れない方も多いと思いますが、この病気はちょっと変わっていて細菌にもウイルスにもない性質を持っているんです。

ウイルスというのはヒトの細胞の中でしか増えませんが、マイコプラズマはウイルスと違い、栄養があればヒトの細胞外でも増えていくのです。そして細菌には体を保つために外側に膜のような壁があるのですが、マイコプラズマにはその細菌のもつ壁がないのです。
この微生物は、気管や喉などの気道に感染し、主に気管から肺で増殖することが特徴的です。

 

🖋どんな症状が出るの?
のどの痛み鼻水、鼻づまり、37℃程度の微熱から39℃以上の高熱咳、痰のからむ咳(解熱しても1ヶ月近く続く症状)喘息がある場合、喘息の悪化、ゼーゼー、ゴロゴロ、ヒューヒューといった苦しい呼吸が出る等があります。
乳幼児に感染した場合は風邪程度で済みますが、学生や大人になると肺炎になりやすくなります。

 

🖋マイコプラズマはうつる?学校や仕事は?
感染から発症までの潜伏期間は1~3週間ぐらいです。飛沫感染するので一度流行するとどんどん拡がってしまい流行になってしまいます。季節では秋から冬にかけて多いです。
ですのでマイコプラズマと診断された際は学校や仕事は休み、お医者さんの指示に従い安静にする事をお勧めします。

 

🖋最後に
冬には、その他にもインフルエンザや、ウイルス性胃腸炎、急性上気道炎といった疾患が流行りやくなります。そして今年の10月は寒暖差がとても激しいので体調を崩しがちになるやもしれません。なので少しでも変だな?いつもの風邪とちょっと違うかも?と思ったら病院に行き検査を受ける事をお勧めします。
今年も残りわずかです。
健康な状態で年を越しましょう!

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

肩の夜間痛について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 

10月の下旬に向かいドンドン寒くなっています。
関節など痛くなってきていませんか?
温めるなど保温を欠かさないようにしてくださいね。

 

さて、最近患者さんから【夜寝ていると肩の関節が痛くなる】
とよく相談を受けます。
一般的に【五十肩】によく見られるものですが
実際のところ、はっきりと原因がわかっていません。
いくつかあるようなのですが、有力なのが
関節内の内圧上昇と痛みを感じる受容器が過敏になっている
というものです。

 

説明すると
体を起こした状態では、上腕骨は重力によって下方に牽引されます。
しかしながら、寝た状態になると重力による牽引力が掛からないため、
上腕骨と肩峰の関節の隙間が狭くなります。

こうなると肩峰下滑液包とよばれる動きを滑らかにする組織や

棘上筋などの組織が圧迫されてしまいます。

 

また、炎症により痛みを感じる受容器の感度が上がっている為
更に痛みを感じやすい状態となっているため
夜間痛が生じると言われています。

 

また寒さにより痛みが増悪すると言われていますから
これからの季節は、より気を付けなければいけませんね。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

五十肩 おおもり鍼灸接骨院

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。
今回は五十肩についてお話しします。

 

50代を中心として40代後半から60代前半にかけて発来する関節の痛みと関節拘縮をおもな兆候とする症候群に与えられたやや通俗的な病名です。より医学的な名称としては肩関節周囲炎と呼びます。

 

(成因と病態生理)
原因は不明ですが、五十肩では肩関節周囲軟部組織の加齢による退行変性を基盤に炎症性病変を生じた症候群です。

 

(症状)
#徐々に発症する肩関節の疼痛と運動制限
#疼痛は寒冷によって増悪
#夜間に強くなる傾向がある。
#痛みは肩関節のみならず上腕や肘まで放散

又、疼痛が激しい場合には五十肩よりも石灰沈着性腱板炎を疑いましょう。

 

(診断)
年齢的要素は大切である。
明らかな外傷などの原因がなく、疼痛と運動制限があれば、五十肩を疑いましょう。

 

(治療)
#保存的治療(薬物、リハビリ、鍼灸、マッサージ)
#手術療法があります。

五十肩の症状が当てはまれば是非鍼灸、ハイボルテージ治療(電気)がありますので、おおもり鍼灸接骨院

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

肉離れ おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回は肉離れについてお話しします。

筋肉は細い繊維状タンパク質が束になっています。この筋肉が伸びきった状態か、筋繊維の一部または全部が切れた障害のことを肉離れといいます。

 

(原因)

肉離れの原因は、筋肉が伸びている状態の時に、急激な筋収縮をさせることで、筋肉が耐えられずに切れてしまうのです。ジャンプの着地の瞬間に、ふくらはぎの痛みがあるようでしたら「肉離れ」を疑ってください。

 

(原因になりやすい状況)

肉離れの原因は、急激な筋収縮のよる筋断裂または損傷で、強い痛みをともないます。ジャンプの着地から次の行動に移るとき、筋肉に激しい筋収縮が起こります。この差が大きいほど、筋断裂の可能性が高まります。 つまり筋肉への負荷が、一瞬で許容範囲を超えることが肉離れの原因です。

 

(肉離れになりやすいタイミング)

肉離れの原因は「筋肉の柔軟性」にも関係します。筋肉の柔軟性の程度によって痛みも変わります。

筋繊維の柔軟性が低いほと、肉離れのリスクは高まります。筋繊維が硬くなる原因は、加齢、体質、運動不足、ストレッチ不足、代謝不足、血行不良、気温が低いなどです。また痛みのそれに比例します。

 

(筋膜の柔軟性が必要)

肉離れの予防は、筋繊維と筋膜という2つの組織の柔軟性がポイントになります。

筋繊維は筋肉そのものです。一方筋膜は、全身の筋肉を包む薄い膜でのことです。筋膜はまるで全身にストッキングを履いたようなものです。

その一部が老化やストレス、疲れや血流不良などで硬くなることで、筋膜が一方向に引っ張られゆがみが生じます。例えば、腰や背中の筋肉(筋膜)の硬化が、足の筋肉に張りを起こし、肉離れのリスクを高めます。

 

(肉離れ治療)

一段階#

緊急処置
安静
アイシング
固定、圧迫
挙上

 

二段階#

温熱療法

早く治す為には、ストレッチとコラーゲン生産量を増加させます。

 

(動かすメリット)

#血流を促すことで自然治癒力を高めます。
#筋肉の柔軟性を維持することができます。
#痛みの解消の促進が期待されます。
患部付近のコラーゲン生成量が増えると考えられます。
柔軟性を取り戻すためには、治療期間の数倍を要します。筋肉の硬直を防ぐことが大事です。ただし痛みをともなう動かし方はタブーです。

もし、肉離れになりましたら是非おおもり鍼灸接骨院へお越し下さいね。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

肉離れ:40代男性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Sさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
地域の運動会で肉離れ。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
HPでスポーツの怪我がいいとあったから。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
治る期間と回数が明確で良かった。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
助かります。宜しくお願いします。

 


【担当者より】
皮下出血が確認できる1~2度の肉離れ、ハイボルテージ治療10回、リハビリも含め13回の通院で完治しました。

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

足首、膝の痛み:10代男性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
サッカーで痛めた足首と膝の痛み。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
前にも通院したことがあり、安心して受診できる。家が近く通いやすい。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
対応、施術と共に丁寧でとても来やすい。来るたび良くなっているように感じています。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いつもお世話になっています。自分のようなスポーツ選手にとって本当に有難い場所です。今後ともよろしくお願いします。

 


【担当者より】
ありがとうございます。足首の痛みが随分良くなってきましたね!練習をやりながらなので、たまに症状が悪化することもありますがハイボルテージ治療を併用しながら、早く治しましょうね!

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

腰痛:20代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Kさん

【お住まいの地域】 北名古屋市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰痛。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
部活動仲間からの紹介。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
完全とまでは言えませんが、少しずつ緩和されつつあります。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いつもお世話になっております。今後とも(後輩含め)宜しくお願い致します。

 


【担当者より】
ありがとうございます!昔から腰の湾曲による不良姿勢があり、ラクロスで腰の曲げ伸ばしで痛みが発生した為来院されました。ハイボルテージを10回行い、少しずつですが痛みが改善しています。これからも一緒に治療を頑張っていきましょう。

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

ドケルバン病について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

今回はドケルバン病についてご紹介させていただきたいと思います。

 

ドケルバン病とは??
初めてこの名前を聞いた方は内臓系のやばいやつ?!と思うかもしれませんが、これは整形外科疾患なのです!笑
そしてこのドケルバン病とは手の関節の親指側の狭窄の事を言います。
スポーツマンや指をよく使われるご職業の方、主婦、産後の女性などに多いとされています。
長母指外転筋、短母指伸筋の使いすぎにより疼痛が出現します。

症状としては親指をつかいすぎた時に黄色で丸を打った付近に痛みが出現します。
↓このような動作

 

 

どうすればいいの??
ドケルバンになったら装具を着けて安静にする事です。
使い過ぎれば痛みというのは悪化してしまいますので、なるべく現状より、ひどくならないようにする為装具を着けて守ります。

 

もしかして自分はこれかも?でもどうしたらいいか分からない、、、。
そんな方は是非一度おおもり鍼灸接骨院に気軽にご相談ください!
スタッフ一同心よりお待ちしております☺️

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

肉離れ(症例) おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 
今回は、肉離れについて症例報告いたします。

 

10月になると地域の運動会が多くなり、普段運動をあまりしていない
お父さん方が参加する話をよく聞きます
*私もその一人でした笑

 

そんな中、運動会で肉離れをしてしまった患者様が2名ほど来院されました。
『準備運動はしっかりしたはずなのに、、』とおっしゃっていましたが
短距離走や綱引きなど、瞬発力や強い力を求められる運動ほど
普段の筋肉の状態がとても影響しやすいのです。

私はなんとか助かりました、、、楽トレやっててよかった!!

 

【症状】

患者・・・40歳 男性 運動会のリレー競争にてカーブ曲がろうとした際に
激しい痛みがモモ裏に出現。
自立歩行は可能。アイシングをして一晩を過ごし、翌日来院。

 

症状・・・熱感(+)二頭筋中央部に圧痛(+)皮下出血(+)腫脹(+)
歩行は可能だが、引きずって歩いている。

 

処置・・・アイシングにて疼痛軽減
ハイボルテージにて疼痛緩和 治癒促進
弾性包帯よる患部圧迫
日常生活では、なるべく普通に歩くように指導。

 

経過・・・疼痛が強く皮下出血も広範囲であったため、3Wの施術を
予定していたが、継続的なハイボルテージによる施術により
通常よりも早期に疼痛レベルが減少。状態に応じた運動療法を
早期より開始した為、出血斑の消失や機能改善も速やかに行えた。
2Wで治癒。

 

【考察】

今回の患者様は、普段からトレーニングをされていた事、適切な応急処置と
治療を開始したタイミングが早かったことから、通常施術期間よりも早期に
治癒したと思われます。また、患者様自身も積極的に施術、運動をしてくれました。

 

このように、早いタイミングから治療を行う事で早期復帰、改善が見込めます。
土曜日の夜、祝日も診療しておりますので、そういったことが起きたら
すぐお近くのハートメディカル各院へお越しくださいね。

 

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214