「おおもり鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

風邪について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

気温が下がると免疫力も下がりますので、暖かい服装、食事を意識して行きましょう。

 

今回は風邪についてお伝えします。

風邪とは、空気の通り道である鼻やのど、気管支などの粘膜表面から、鼻水やたんなどの水分が大量に分泌して炎症を起こした状態です。原因はウイルスからの感染が最も多く、全体の80%以上を占めます。

 

(原因)
1風邪をひいている人からの直接感染
2感染源に触れたことによる間接感染
3免疫力の低下が考えられます。

 

(日常生活で予防)

バランスの取れた食事
しっかりとした睡眠
手洗いうがいを意識する
室温湿度を調整
タバコを控える
冷房をつけないなどです。

 

意識すれば誰にでもできる事ですので、頑張って行動をして行きましょう。
おおもり鍼灸接骨院は12月29日18時まで営業し、1月4日スタートですのでよろしくお願いします。

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

身体を温める食べ物 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

もう少しで2018年になりますね。
忘年会など多くなる時期になりましたのでくれぐれも飲み過ぎには気をつけましょう。

今日は身体を温める食べ物についてお伝えします。

私たちの体は体温が低い人が多く、そのせいか冷えた体に対し心配する人が少ないです。

 

冷えた体になると

#体内酵素の働きが低下
#新陳代謝の低下
#免疫力の低下
が起こります。

そこでこの3つの働きを高めるには

1️⃣食事
人参、りんご
ねぎ、ぶどう
桃、オレンジ
玉ねぎ
れんこん
にら
山芋
こんにゃく
生姜
ふきなどがあります。

 

2️⃣温める調味料、ご飯のお供

塩、黒砂糖
醤油、味噌
ラー油、唐辛子
明太子、ちりめん

 

3️⃣温める肉

ラム
鶏肉
レバー
赤身の肉
などです。

熱が足りない人は、運動したりお風呂にゆったりと浸かったりして体を温めましょう。

来年良いスタートが切れるように温まる食事を意識して体調管理を整えて行きましょう。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

メタボリック症候群 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

最近、インフルエンザが流行しています。手洗いうがいを徹底的にしましょう。

今日はメタボリック症候群についてお伝えします。

メタボリック症候群とは、略して代謝異常症候群で、肥満、高脂血症、高血糖症(糖尿病)、高血圧などが当てはまると呼ばれます。

(判断基準)

おへその高さの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合

この条件に下の3つの症状のうち2つ以上該当した場合、メタボリック症候群と診断されます。

1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方

2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方

3.空腹時血糖が110mg/dl以上

(予防)
#1日30分以上の有酸素運動(汗をかく)

食事療法で摂取カロリーや栄養素のバランスを考えて食べることはもちろん大切ですが、それ以前に見直した方がよい生活習慣があります。

それはよく噛んで食べることです。

今から取り組んで今後健康な生活、体を手に入れていきましょう。
おおもり鍼灸接骨院では楽トレという機械がありますので、是非お待ちしています。

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

巻き爪 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

もう少しで12月に入りますね。
先日は気温が3度〜5度くらい温かい日が続きましたね。気温の変化で体調が悪くなる傾向がありますので体調管理をして行きましょう。

 

今日は巻き爪についてお伝えします。

巻き爪とは、爪の端が巻いて内側に巻き込んだ状態のことです。日本人の10人に1人が患っていると言われています。爪が巻いて肉に食い込み、時には炎症を起こして、激しい痛みを伴います。

そのため靴が履けない、爪が切れないなどの悩みを抱えることになります。また痛みがひどくなると、正しい姿勢で自然に歩くことが困難になり、肩こりや腰痛などを引き起こすこともあります。軽度のうちに対処をすれば、その分早く治りますので、痛みがなくても気になったら早めに対処しましょう。

巻き爪には様々なタイプがありますが、分かりやすいように代表的な2つの変形に関してご説明いたします。

 

(タイプ)

種類は2種類あり、陥入型と湾曲型です。

 

(原因)

窮屈な靴、深爪、遺伝、スポーツ、加齢、歩き方など、次のような原因が考えられます。

1.靴の圧迫
2.爪の切り方
3.遺伝
4.スポーツ
5.肥満
6.歩き方
などがあります。

 

(予防)

巻き爪は自然に発生するものではなく、人為的な原因で発生するものです。
私生活で爪を切る時の習慣として、正しい爪の切り方を意識をすると予防につながりますので気をつけましょう。

1.靴の選び方
2.爪の正しい切り方
3.適度な運動などがあります。

 

放っておくと段々悪化して痛みが出たり膿が溜まったりしますので早期発見早期治療をお勧めします。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

指の痛み へバーデン結節 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 

11月も下旬に差し掛かってきました。
そろそろ年末年始の準備に取り掛からなければいけませんね。
クリスマス、年賀状、大掃除、忘年会などなど
体調管理をしっかり行い、乗り切りましょう!!!

 

さて今回は【へバーデン結節】についてお話します。
へバーデン結節とは、指の第一関節が変形したり曲がったりして
しまう疾患のことです。特に第2指~第4指にかけて腫れ上がることが多く
まれに第1指にも見られます。
痛みの程度には個人差があり強く握ることができなくなる人もいます。
多くは40歳代以降の女性です。

 

また、患者さんから『これってリウマチなの?』と相談を受けます。
何もしていないのに指が痛むという観点から想像してしまいますが、
経験上、多くの方はそうではないことが多いです。
しかし、勝手な判断は禁物なので、必ず整形外科へ受診するよう
お勧めしています。

 

へバーデン結節は基本的に保存療法で経過を観察することが多く、
よほど変形が強かったり痛みがあれば、注射、手術といった
手段をとるようです。

 

また局所のテーピングをまくと痛みや負担が減りますから
お悩みの方は試してみてくださいね。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

冷え性について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

気温が一気に下がり冬らしい寒さがやってきましたね❄️
そして今回お話しさせて頂きます。内容は冷え性についてです。

 

この時期になると皆さん身体は冷えてないのに手や足先だけ冷えてしまったりしてませんか?
そんな冷え性はどう言ったメカニズムで起こるのか、、、簡単に説明させて頂きます

 

🖋冷え性とは?
冷え性とは血行障害であり、特に末梢血管などの障害により生じることがあるとされています。特徴としては、身体全体には寒さを感じず手や足など部分的に冷えを感じることが多いのですが、全身の冷えを訴える事もあります。
身体的特徴(身長、体重、BMI など)と冷感との関連性は認められず、皮膚温が低い=寒さを感じやすいことにはつながらないのです。

 

🖋そもそも冷え性とは病気なのか?

皆さんもかなり気になるところかと思います。冷え性という病名は西洋医学的にはなく病気として扱われていません。、単純に身体の自覚症状に過ぎないと考えられています。一方で東洋医学では治療すべき疾患としてみなされている。。。

結論から言いますと明確ではなのです。西洋医学的に疾患として判断されなかった理由としては生死に直接的に関わらない為、疾患として扱われなかったという説があります。 東洋医学では、冷えは万病の元=予防をし健康状態を良く保つ必要があるということから重要視されてきたのです。

 

🖋症状

冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で、胃痛、便秘、霜焼け、腰痛、神経痛、肩こり、肌荒れなどが起きます。

 

🖋予防

生活習慣の乱れというのが大きく関係してきますので生活リズムを整え、季節の野菜、身体を温めてくれる食べ物をしっかり摂取し、季節相応の服装をすることです。

当たり前の事かもしれませんがこれが基本であり要でもあるのです。 季節にそぐわない事をすれば当然の結果が出てしまいます。ですので季節に見合った生活をすればある程度は予防できるのです! 最近ちょっと生活リズム狂ってたな、食生活乱れてたな、服装薄かったな、等思うことがありましたら今一度生活リズムを見つめ直して改善していきましょう!

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

足首の捻挫:10代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Yさん

【お住まいの地域】 豊川市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
左足首の捻挫。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
同じ部活の子に勧められて、近くて(大学から)スタッフの方がやさしく良いところだと紹介されたから。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
とても満足しています。雰囲気が良く、スタッフの方も優しく接して頂けるので通院中も安心できました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
通院して思ったことは、スタッフのみなさんの笑顔がステキだということです。通うにあたって怖い先生だったり、しゃべりかけづらそうな先生だったりしたら嫌だと思っていたから、その点で安心できました。

 


【担当者より】
ありがとうございます!明るく元気にをモットーにやっております!左足首の捻挫をした際にご来院されました。痛みのポイントに対してハイボルテージ治療を行いました。スポーツをする=怪我をするかもしれない。そういった不安を取り除けられるようにしっかりとサポートさせて頂きます。


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

膝外側靭帯の痛み:20代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Uさん

【お住まいの地域】 刈谷市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
右膝外側の靭帯の痛み⇒原因、ケアの仕方など。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
友達の紹介でたくさんの友人が通っていたから。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
今まで通った接骨院で一番通いやすいし、一番ケアが的確だと思いました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
先生方も面白くて、優しくて、話しやすくて、通うのもとても楽しいです!これからも通います!

 


【担当者より】
ありがとうございます!右ひざの外側の痛みがあるとのことでご来院されました。痛みに対してはボルテージ治療を行いました。部活動で目一杯活躍できるようにこれからも全力でサポートさせて頂きます。よろしくお願い致します!


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

抗重力筋と姿勢について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 

最近はめっきり寒くなってきましたね。
今週末は特に冷えるそうですから気を付けてくださいね。

 

今回は、【抗重力筋】についてお話をします。

抗重力筋とは、【重力に抗して働く筋】の総称です。
首の周囲   胸鎖乳突筋や肩甲挙筋 僧帽筋
胸 背中   大胸筋 脊柱起立筋 広背筋
腰回り    腹斜筋 腰方形筋 腸腰筋
お尻足回り  梨状筋 ハムストリングス 下腿三頭筋 などなど

 

これらの筋肉は人が重力に抗して活動するために必要な筋肉たちなのです。
つまり、これらの筋肉が弱ったり、力がうまく出せなくなると
姿勢が悪くなっていくわけですね。

 

また、抗重力筋は、筋肉自体が重力を感じてくれるセンサーの役割をしてくれているため、他の筋肉よりも交感神経とのつながりが強くなっています。
その為、過度の緊張やストレス、天気などにより交感神経を
興奮させてしまうと、必要以上に筋肉の緊張が強くなってしまいます。

 

普段から姿勢が悪く筋肉の緊張をさせている人は、こういったことが原因で
余計に悪くなっている可能性がありますね。

ですから、バランスを整え、筋力を鍛え、よい姿勢を作っていく事が
とても大切なんですね。

 

自分の体のバランスが正しいかどうか?
筋力アップしたいけどどうしたらいいかわからない。

そんな方は是非一度おおもり鍼灸接骨院へお越しください

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

ドケルバン病 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回は
ドケルバン病

母指には幾つかの腱(けん)というヒモがついていますが、そのうちの二本が手首の母指側にある腱鞘の中を一緒に通ります。腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、炎症が起こると痛みや腫れがで、これをドケルバン病といいます。

 

(原因)
妊娠時、産後や更年期の女性に起こることが多く、スポーツマンや指をよく使う仕事の人にも多い。

 

(病態)
日常生活や仕事などで手を使う事を繰り返し行うと、腱鞘が肥厚したり腱の表面が傷んだりし、そのために一層刺激が強くなるといった悪循環が生じます。

 

(診断)

母指ごと、手首を小指側に曲げると痛みは一層強くなります。

 

(治療)
1.保存療法
安静.ステロイド注射、温熱、鍼治療、ハイボルテージ治療などがありますので、症状が当てはまればおおもり鍼灸接骨院まで

 

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/