「さくらやま鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

急性疾患の対処 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

ある部活の顧問の先生と急性な足の捻挫の対処に関する話になりました。

その先生いわく「まだ保健室にRICE処置のポスターが貼ってある」そうです。

そう、RICE処置は今ではあまり推奨されていません。

 

【RICE(ライス)処置とは】
Rest(安静)
Ice(冷やす)
Compression(圧迫)
Elevation(挙上)
の略で、急性の基本的な対処法です。

 

スポーツ経験者であればやったことがある/やられたことがある方も多いのではないでしょうか?

似たものにPRICE(プライス)処置があり、RICE処置に
Protection(保護)が足されたものもあります。
ギプスやサポーター、テーピングのことですね。

 

 

【今では】
RICEのR(安静)でなく、MICE(マイス)処置が推奨されつつあります。
MはMobilization(運動療法)です。

PRICE処置もR(安静)がなくなり、POLICE(ポリス)処置になりました。
OLはOptimal Loading(適切な負荷)です。

つまり、急性の怪我では
保護して、冷やして適切な負荷で運動して圧迫して挙上しようということです。

またオランダでは未だにRICE処置といわれながらも、R(安静)の意味を日常生活は通常通り送るという意味で使っています。

 

 

【なぜ変わったの?】

RICE処置でなくなった理由は
後遺症を残す可能性がある。
治るのが遅くなる。
可能性があるためです。

RICE処置は出ている症状を抑える方法です。
治るのために体に働いてる作用も抑えてしまいます。
風邪でいうなら咳止めや解熱剤で、抗生物質ではありません。

 

そのため、痛くない範囲で動いて少しでも後遺症なく早く復帰しようとできたのがMICE処置です。

腰痛治療のガイドラインでもこう書かれています。
「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない。急性腰痛に対して痛みに応じた活動維持はベッド上の安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である。」

つまり急性腰痛は痛くない範囲で動くことを推奨されています。

 

 

【P(保護)について】

P(保護)も今では可能な限り少なくしていこうとなっています。

痛みがでる動きだけ固定してほかの動きはできる限りしてあげる。

急性の怪我をした時は不安もありますが全く動かないというのは出来るだけ避けたいですね。

 

 

【注意点】

動かすことが推奨されるものの、脱臼や骨折など動かしてはいけないものがあります。
動かすのは必ず受診してからにして下さい。

また、どれくらい動けば良いかや、どの動きをしてはいけないのか、など疑問があればいつでもご相談ください!

 

 

【後記】

RICE処置は1978年に提唱されたのですが、2014年になって提唱したドクター自ら「RICE処置は間違っていた」と言っています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

手根管症候群の症例 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

「たまに物を摘もうとすると力が入らなくなる時がある」という患者さんがみえました。

 

病院でみてもらった時にはレントゲンを撮っても異常はなく、首から来ているとい言われたようで湿布を処方されていたので首の検査をしました。
結果は陰性だったので症状の特徴から手根管症候群を疑い、検査をはじめました。
手根管症候群のおよそ20%につまむ力が弱い症状がでます。

 

手根管症候群といえばファレン徴候がありますが陰性でした。
手根管症候群の40%にファレン徴候がみられるのでこれだけでは手根管症候群でないと判断できません。

 

次にダルカン徴候(神経を指で押すと神経症状が出る)をみました。
結果は陽性でした。
手根管症候群はダルカン徴候がみられることがあります。

 

また、パーフェクトオーサイン(親指と人差し指でoの字をつくる)ができませんでした。

 

これも手根管症候群の症状のひとつです。

 

手のひらを見ると母指球が萎縮していました。
これも手根管症候群の症状です。

 

以上から手根管症候群を疑い、治療したところ
初回でだいぶ力がはいるようになりましたが、まだパーフェクトオーサインができないため、通院していただいています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

アクティブスカー さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

手術後の傷が原因で腰痛などの症状を起こすことがあります。

【アクティブスカーとは】
通常の手術痕と違い皮膚が硬くなって動かなくなった傷をアクティブスカーといいます。

 

動かないのにアクティブ?
英語は難しいです。。。

 

見た目は普通の傷口と変わりません。
アクティブスカーは色々なところに痛みを引き起こします。

 

例えば盲腸の手術でお腹に出来た傷が原因で腰痛が起こることがあります。

 

傷口そのものに痛みを起こすこともあります。
例えば前十字靭帯再建術後の膝の傷口が何年たっても痛むことがあります。

 

【アクティブスカーを作らないために】

通常執刀医はアクティブスカーを作らないように手術しますが、メスの角度でどうしてもアクティブスカーができ易くなることがあります。
そのため、術後は皮膚のリハビリが必要になります。
アクティブスカーは術後6ヵ月から18ヵ月かけて作られるため、それまでにリハビリしなければいけません。
術後皮膚の痛みが少なくなってきたところから最低でも3ヵ月後まで皮膚を動かすリハビリをします。
いろんな方向に動かして皮膚が固まるのを防ぎます。

 

【アクティブスカーが出来てしまったら】
アクティブスカーは徒手療法で改善できます。

 

中々取れない痛みはもしかしたらアクティブスカーが原因かもしれません。
もし手術歴があれば問診や施術の際にご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

硬膜頭痛 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

頭痛は様々な種類がありますが、鍼灸接骨院で対応できる頭痛について書いていきます。
今回は緊張型頭痛の中でも側頭部に痛みを起こす硬膜頭痛について書いていきます。

 

【緊張型頭痛とは】
緊張型頭痛は筋肉が硬くなって起こる頭痛です。頭が締め付けられるような感覚が出ることが多いです。

 

【硬膜頭痛とは】
脳を包む硬い膜が原因で起こる頭痛を硬膜頭痛といいます。

首の後ろの筋肉(小後頭直筋)は環椎という骨を介して硬膜と繋がっています。
この筋肉が硬くなると硬膜を引っ張り脳周囲の圧力が変わり(脳を包んでいるので)頭痛になるといわれています。

 

【原因】
この小後頭直筋が硬くなる原因の一つは目の使いすぎです。
目を動かすと反射で自動的にこの筋肉が緊張します。デスクワークで細かく目を動かす度に緊張し、どんどん硬くなっていきます。

 

【治療】
硬膜頭痛の治療は小後頭直筋を緩ませれば緩和します。
硬膜頭痛の場合は初回で頭痛の発生頻度が下がり、数回でほとんどでなくなります。

側頭部に痛みが出たら一度ご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

姿勢の歪み さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

先日ふきあげ鍼灸接骨院にお邪魔させていただいた時、模型が特徴的な歪み方をしていたので、よく見るタイプの歪んだ姿勢について書いていきます。

模型はこんな形をしていました。
(写真を撮り忘れたので、イメージを作りました)

 

人の身体は歪みやすいパターンが4種類あります。
この歪み方はその中のひとつで、専門用語ではカイフォシスロードシスという名前がついています。

この姿勢は
骨盤が前に倒れ、
腰骨が前に移動し(反り腰)
背骨が後ろに移動し(猫背)
頭が前に出ます。

 

腰では分離症、すべり症になり易く、背中ではヘルニアになりやすく、首の後ろの筋肉が硬くなり易くなります。

これは筋力が弱い女性にみられやすい姿勢です。

この姿勢ポッコリお腹の原因にもなります。

姿勢がどのように歪んでいるか気になったらお気軽にご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

頭がしゅんしゅんする。症例 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は東洋医学の症例です。
頭の痛みはないものの頭が蠢蠢(しゅんしゅん)するといって来院されました。

 

場所は側頭部→後頭部→前頭部とよく移動します。
MRIでもCTでも異常がみられなかったため原因不明と言われていました。
右耳の奥が詰まった様な感覚もあり、耳鼻科でも原因不明といわれました。

耳の奥の症状は骨格の歪みがあったので、首への鍼治療ですぐ改善しました。

 

お話を伺っていくとしゅんしゅんするのはAM4:30からと大体決まっているようです。

時間が関係するということで中国の医学書に書かれている「子午流注」に従って治療することにしました。

子午流注によるとAM4:30の異常は大腸に問題がある可能性が高いです。

 

大腸経のツボ(曲池)に鍼をして様子をみてもらいました。
毎日あった前頭部と側頭部の症状は今のところ出なくなりました。
後頭部にまだ残っているので継続して鍼治療中です。

 

【後記】
この子午流注の使い方は古典的な医学書に書かれた方法ではなく、アメリカの3大徒手療法の一つ「カイロプラクティック」の針治療で使われる治療法です。
東洋医学は、今尚世界中で研究されどんどん進化しています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

インターセクション症候群 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

手首の腱鞘炎といえば、「ドゥケルバン病」が有名で見る機会も多くありますが、ドゥケルバン病に似た疾患でよく誤診を受けるインターセクション症候群というものがあります。

 

【ドゥケルバン病】
ドゥケルバン病はここに痛みがでます。

 

 

【インターセクション症候群】
一方でインターセクション症候群はここに痛みがでます。
インターセクション症候群の方が上に痛みが出ます。

 

ドゥケルバン病とインターセクション症候群は検査法(フィンケルシュタインテスト)が同じなため、誤診の原因になります。

 
【フィンケルシュタインテスト】
親指を握り小指側に手首を曲げた時痛みが出れば陽性。

 

 

ドゥケルバン病の治りが悪かったらもしかしたらインターセクション症候群と間違えられている可能性があります。

治療部位も違うので当院ではしっかり鑑別した上で治療をしていきます。

最近手首痛いかなーという方はご相談ください!

 

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

副交感神経を抑える さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区) の谷脇です。

 

自律神経系の問題では交感神経が着目されがちですが、
副交感神経が優位になりすぎるとアレルギー症状が強くなります。

 

【副交感神経の役割】
副交感神経が優位だと免疫力が強くなります。
アレルギーは免疫系が過剰に働いた結果なので副交感神経が優位で免疫力が上がればアレルギー症状が強くなります。
(たまに免疫力が落ちてアレルギー症状が強くなるとインターネットなどに書いてあることがありますが誤りです)

 

【ストレスを受ける】
副交感神経をあまり優位に持っていかないようにストレスをある程度受ける必要があります。

ストレスと言っても悪いストレス(ディストレス)ではなく、良いストレス(ユーストレス)を受けるのが理想的です。

 

【ユーストレスを受ける】
ユーストレスを受けるには例えば運動があります。
現代音楽もわざと不協和音を組み込んでストレスを与えるようにつくられてます。

どちらもストレスなのに心地よいと感じます。
趣味でもなんでも積極的に行動することにストレスは生じるので、動かずにいるよりは何かすることが副交感神経を優位にしすぎない方法です。

 

【交感神経優位】
人の体内には常に正常に戻ろうとする仕組みがあります(恒常性)。
例えば過剰なストレスで交感神経がかなり優位になると正常に戻ろうとして副交感神経優位になりやすくなります。

何事もどちらかに偏らないことが大切です。
【後記】
上記した恒常性で体調を崩す例は他にもあります。
糖質を取りすぎると血糖値が上がり、恒常性により血糖値を下げるためインスリンというホルモンが大量に放出されます。

これをインスリンスパイクといいます。

 

インスリンスパイクにより血糖値が下がりすぎ、再度血糖値を戻すためにグルカゴン、コルチゾール、アドレナリン、成長ホルモンという血糖値を上げるホルモンが分泌されます。

ここまでで出てきた5つのホルモンが血糖値の調節にだけ働けば良いのですが、これらのホルモンは血管を収縮させたり、筋力を下げたり、記憶力を落とさせたりと他の役割も担っているので体内環境が崩れる原因になります。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

超回復 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

先日超回復に関する質問があったのでここでもお答えします。

 

質問「超回復ってなに?」

一時期トレーニー(筋トレする人の事)やアスリートの間で超回復という言葉が流行りました。

その後、超回復はデタラメという噂と共に超回復を耳にする機会が落ちました。

そんな超回復とは何なのでしょうか?

 

【超回復の間違った解釈】
超回復といえば、筋トレで筋肉が傷付き、24-48時間(48-72時間と言われることもあります)かけて再生する過程でより筋線維が太くなり強くなる。と言った理論が有名ですが、これは間違っています。

 

【超回復とは】
超回復とは運動後に糖質を摂取することで24-48時間後に筋肉に蓄えられる糖質(グリコーゲン)の濃度が上がることをいいます。

 

筋肉内の糖質が増えるということはエネルギーが増える、つまり運動のレベルを上げられる→効率よく筋トレ/スポーツできることになります。
筋肉をちゃんと使えるということはケガ予防にもなります。
超回復を効率良く起こす糖質はグルコース(ブドウ糖)です。
取りすぎは体に良くないので注意したいですね。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

肝臓から来る痛みの特徴 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

 

前回「胃から来る背中の痛み」について書きました。
今回は肝臓から来る症状の特徴をまとめます。

 

肝臓が首から肩にかけて与える影響は大きいです。
肝臓は普段規則的に動いています。

 

 

この動きが弱まった時に肩や首の多くの筋を硬くします。図の青くなっている所が硬くなる筋肉です。

 

肝臓の機能が落ちた時に痛みが出る場所は
右肩と右の背部です。

 

【肝臓由来の痛みがある人の特徴】
-右を下にして寝れない-
肝臓が腫れている状態で右を下にして寝ると肝臓が圧迫されて不快感で寝られません。

 

肝臓が腫れると朝起きて背中に痛みを感じることがあります。
この痛みは20分で改善します。

 

-午前1時から3時に汗をかきながら起きる-
これは東洋医学からみた視点です。
肝臓の内臓時間は午前1時から3時です。

 

-一定の感覚で頭の両側が痛む-
または目の奥が痛みます。

 

-背部の筋が硬くなる-
「胃」では左の背中が硬くなると説明しました。肝臓では反対の右側の背中が特に硬くなります。(上図参照)
これらの特徴を踏まえ当てはまる項目があれば1度ご相談ください。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550