「さくらやま鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

顎関節症の症例 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

 

顎関節症はよく見かける疾患です。

今回は口が大きく開かない、咀嚼時に顎関節に疼痛が生じる、右肩に痛みがある方がみえました。

 

触診していくと、顎が右側にずれていて、咀嚼筋もかなり硬くなっていました。

さらに頸の骨もかなり歪んでいました。

頚椎(首の骨)と顎は関連が強く、頚椎に問題があれば顎関節症になりやすくなります。

今回はバランス整体を用いて、頸部を調節し、顎関節の運動療法を行ってもらったら、数年あった顎の痛みと肩の痛みが4回で改善しました。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

歩行の仕方を変えるだけで股関節痛が改善した例 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

重心位置から歩行は2種類に分けれます。
筋力に依存した歩法は股関節痛の原因になるので、歩行を見直すことが重要です。

 

歩法2種類

 

①重心が移動してから足を前に出す歩法

こちらは筋力をほとんど使わず歩行できます。
動力のない歩行ロボットがあるように、重心移動を上手く使えば変に筋力を使わず歩行できます。

 

②足が出てから重心を前に押し出す歩法

股関節痛に至ることがある歩法です。
脚の力で歩行しているため、筋力を過剰に使い燃費の悪い歩法になります。

 

症例

 

今回の症例は
少し歩くと、左右の股関節に痛みが出ていました。
触診では股関節の中でも大腿直筋という筋の付着部付近に圧痛がありました。

 

歩くと痛みが出る時点で歩法に問題がある可能性があるので、
歩き方をみてみると、上記の②「足が出てから重心を前に押し出す歩法」でした。

 

これは大腿直筋を痛めやすい歩法なので、歩き方を①「重心が移動してから足を前に出す歩法」に変えてもらいました。

 

その後来院されたら「痛みが全くなくなった」とのことで、股関節痛が改善されました。

現在は腰痛の改善のため、来院されています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

腰の痛み:70代女性

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 T・Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市昭和区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
以前より知り合いに聞いていたので。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
とても良いと思います。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
親切でとても良いと思います。

 


【担当者より】
腰に強い痛みがあり、来院当初は動き始め、ベッドの上で体を動かす事もできませんでした。強い痛みを取る為、鍼治療を2、3回続けたところ、改善しました。現在は腰回りの筋力低下もあり、再発予防の為楽トレを行っています。

 


さくらやま鍼灸接骨院
所在地:〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区 桜山町五丁目98番5 ふじもビル1F
電話:052-842-0550

腰の痛み:70代女性

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 I・Fさん

【お住まいの地域】 名古屋市瑞穂区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰の痛み(激痛)

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
痛みをとるため

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
良いです

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
とても親切で喜んでいます

 


【担当者より】
強い坐骨神経痛を呈しており、当初はイスに座る事も困難でした。日常生活もだいぶ動けるようになってきました。

 


さくらやま鍼灸接骨院
所在地:〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区 桜山町五丁目98番5 ふじもビル1F
電話:052-842-0550

首・肩・腕の痛み:女性

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 H・Kさん

【お住まいの地域】 名古屋市昭和区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
首・肩・腕の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
ネットでの評判が良かった。自宅から近くて便利な場所にあったから。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
親身になり相談にのって頂けました。とても感じが良く、安心してお任せ出来ました。お陰様で少し痛みが和らぎ、頭痛が治りました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いつもありがとうございます。やっと安心して通院出来る院が見つかり嬉しいです。今後とも宜しくお願い致します。

 


【担当者より】
方の関節唇損傷と診断され来院されました。HMバランス整体とテーピングを行うと疼痛が改善されました。現在も動きと痛みを改善する為にHMバランス整体を行っています。

 


さくらやま鍼灸接骨院
所在地:〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区 桜山町五丁目98番5 ふじもビル1F
電話:052-842-0550

肩の症状等:60代女性

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 S.Hさん

【お住まいの地域】 名古屋市瑞穂区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
左肩から腕が重だるくなり、力が入らなくなって重い物は持てなく先発もできなくなりました。整形外科に行き、レントゲンをとってもらうと、頸椎に少し変形があり、リハビリをするとの事。リハビリだけでは心配で来院しました。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
知人が通院していて良くなられたと聞いていましたので紹介していただきました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
始め毎日BSで治療をしていただき、10日位で重だるさも痛みも良くなり、手が上にあげれるようになりました。台所仕事ができるようになり肩こりもよくなりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
本当にありがとうございます。以前より悪かった腰や膝も治療していただき今は体がシャキッとしてきました。歩くとき、軽く足が運べるようになりました。これからもよろしくお願いします。

 


【担当者より】
神経根症が疑われる症状で腕に力が入らなくなっていました。初回のバランス整体で力が入るようになり、5回で完全に力が入るようになりました。

 


さくらやま鍼灸接骨院
所在地:〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区 桜山町五丁目98番5 ふじもビル1F
電話:052-842-0550

怪我をして患部の筋トレができない時の代替案 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

スポーツをしていると、肉離れや捻挫などの怪我は付き物です。
本来ならば早期から患部のトレーニングをはじめ、治癒促進と怪我予防をしていきたいですが、痛みが増強したり、二次的な怪我を誘発する恐れもあり、中々トレーニングを始められないことがあります。

その間に筋力が落ち、スポーツ復帰に時間がかかるようになってしまいます。

そこでここでは、患部をトレーニングせず、患部の筋力を上げる方法を記載します。

 

クロスエデュケーション

今回紹介するメカニズムをクロスエデュケーションといいます。

簡単にいえば、右を鍛えたら左は筋トレせずに鍛えられ、左を鍛えたら右も筋トレせずに鍛えられることをいいます。

例えば、右の太ももを筋トレしたら左の太ももも筋肉がつきます。

 

効果はどれくらい?

最初このメカニズムを聞いた時は、「反対も鍛えられるとはいっても、そんなに高い効果はないのではないか?」と考えていたのですが、
よくよく調べてみると、大体鍛えた側の35%の筋力が反対に付きます。

 

患部が痛いから鍛えられないと、患部外トレーニングをする事が多いですが、このメカニズムを使って患部を鍛えていくと、競技復帰が早くなるかもしれません!
注意点は、片方ばかり筋トレすると左右差が生まれてしまう所です。
とはいえ、筋力はすぐ上がるものでもないので急性期のリハビリとして良いものだと考えられます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

 

強度が高いほど筋肥大するわけではない さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

筋肥大をさせるなら「高負荷低回数!」が常識でしたが、今ではそうではありません。

実は「高負荷低回数」でも「低負荷高回数」でも総合的な負荷が同じなら筋肥大の効果に差はありません。

 

用語解説‐総負荷‐
総負荷とは、強度×回数×セット数です。
但し、実際筋肥大を行おうとした時に高負荷で行ったほうが、総負荷を上げるのに効率が良いため、高負荷で行われます。
もし怪我をしやすい部位の筋肥大目的のトレーニングを行う際は、低負荷高回数で行っても効果はあると覚えておくと怪我の少ない筋トレができます。

筋肥大に必要な要素

筋肥大に必要な要素は

張力・ダメージ・代謝ストレスといわれているので、

筋肥大を目的とした筋トレは

伸長性収縮(エキセントリックコントラクション)になります。

 

用語解説‐伸張性収縮‐
伸張性収縮は筋肉を伸ばしながら行う、収縮様式です。
例えば、ハムストリングス筋のトレーニングではレッグカールの様にハムが縮まりながら収縮させるのではなく、ロシアンハム(別名ノルディックハム)の様なやり方のほうが筋肥大に効果的といえます。レッグカールも、膝を伸ばした状態から曲げていくのではなく、曲げた状態から伸ばしていけば伸張性収縮になります。

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

冷やすべきか温めるべきかを再考する さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

よく聞かれる質問に
「冷やすべきか温めるべきか」というものがあります。

 

基本的には
「やってみて気持ちいい方」

または
「患部に触れて熱ければ冷やす」
「幹部に触れて冷えていれば温める」

もう少し、細かくみていきます。

選択方法を再考する前に、冷やすことと温めることのメリットとデメリットを確認し直します。

 

冷やす事の目的は
・鎮痛
・炎症を抑える
・二次損傷の予防
があります。
この中でエビデンス(科学的根拠)があるのは鎮痛のみで、
他はアイシングによる効果の予想です。

 

冷やすことのデメリットは
・治るのが遅くなる。
・長時間の使用でホルモンバランスが乱れる(自律神経障害)
・筋トレ後の血管の成長を弱める
・後遺症の誘発
・血流量低下
の可能性があります。
これにはエビデンスが存在します。

 

 

温めることの目的は
・血流促進で回復を早める

デメリットは
・炎症がある場合、炎症や痛みが強くなる可能性がある。

 

これらを踏まえた上で、再考します。
これだけのデメリットがありながらスポーツ業界で未だアイシングが行われているのは、勉強不足ではなく、経験則などから研究で明らかになっていない効果があるだろうと考えられているからです。

 

冷やす目的に鎮痛(エビデンス有り)がありますが、
冷やすか冷やさないかの判断の主を「痛み」にしてはいけません。

 

なぜなら、例えば
ヘルニアは炎症物質が出ないことが多いことが明らかになっていますし、
肘の損傷(テニス肘やゴルフ肘)は痛みがあるものの、炎症症状の特徴の血流量増加が起きて無く、むしろ血流量が低下します。

 

つまりこの場合は温めるべきです。
このことから痛みは判断の基準になりにくいといえます。

 

そのため、温めるか冷やすかは障害によります。
その都度聞いて頂くのが最良ですが、場合によって自己判断が必要な時は、
痛みだけでは判断にならないので、やはり
「やってみて気持ちいい方」
または
「患部に触れて熱ければ冷やす」
「幹部に触れて冷えていれば温める」
が自己判断の最良になります。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

徐々に体を痛めるマイクロトラウマ さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

心理学用語のマイクロトラウマは「小さな嫌な経験が積み重なって生じる心の怪我」ですが、身体的なマイクロトラウマも存在すると言われています。

 

スポーツ業界や理学業界ではオーバーユース(使いすぎ)と言われたり、
使い方を間違えている場合はマルユース(またはミスユース)と言われ、いずれにせよ「小さな損傷が積み重なって生じる外傷」をマイクロトラウマといいます。

 

マイクロトラウマは徐々に痛みが強くなるという特徴を持っています。

肉離れや捻挫は急激に痛みが強くなるため、マイクロトラウマではありません。

前々から太ももが痛いけど最近痛みが強くなってきたのような症状はマイクロトラウマの可能性があります。

この場合は適度な安静が必要な場合や、テーピングなどで補助可能の場合があります。
ですが、放置していては悪くなる一方です。

 

長期的に放置する事で、瘢痕化(悪くなった状態が戻りにくくなる)することもあります。

 

上記に当てはまりそうであれば一度ご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/