「タケダ鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

オスグット症 タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

今回は子供の成長痛として軽視されやすいオスグット病について説明します。
オスグット病は成長痛として片づけられることが多いですが、放っておくと剥離骨折など重症化する事もあります。
また、痛みをかばって運動などをする事により、他の部位に痛みが生じたり、運動動作にて悪い癖がついてしまうことにも繋がります。

 

● オスグット病とは
大腿四頭筋(太ももの前)の緊張により、脛骨粗面(膝のお皿の下)に付着する膝蓋腱にストレスがかかり、痛みを引き起こす症状のことを言います。

 

● 発症年齢
9~15歳の小中学生に好発します。
成長に伴い、骨の強度が増すことで起こりにくくなるため、高校生にはあまりみえられません。

 

● 競技別発症頻度
競技別にみるとサッカーをやっている方に多くみられます。

 

● 原因
オスグット発症者と非発症者を比べると
① 発症以前の伸長・体重・BMIの増加量が大きい
② 腓腹筋(ふくらはぎ)の柔軟性低下
③ キック動作での身体重心の後方化
などがあげられます。

 

● 治療
安静にすることで痛みの軽減につながりますが、原因に上げたように腓腹筋の柔軟性の向上や身体バランス、スポーツ動作の改善などがみえられないと再発に繋がります。

当院では痛みのみにフォーカスするのではなく、身体全体のバランスを整える施術をしておりますので、少しでもお困りのことがございましたらいつでもご相談してください。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

温熱療法 タケダ鍼灸接骨院

こんにちは

あま市七宝町にありますタケダ鍼灸接骨院の近藤です。

 

温熱療法

最も手軽で普及している物理療法の一つです。熱の加え方で表面化熱と深部加熱に分けられ、循環改善をもたらし、損傷した軟部組織領域への酸素、抗体、白血球などの供給を増加、結合組織の柔軟性を増加させるほか増加した血流によって有害な代謝物の排除を促進し、痛み感覚を緩解させ、筋のスパズムを軽減することが判明しています。従って循環が増加すると得られる効果として、特に痛みの抑制、筋スパズムの緩解、拘縮の緩解と関節可動域の拡大、代謝機能の促進、血腫の消退などの効果が期待できます。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

ロコモティブシンドロームとメタボリックシンドローム タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

ロコモティブシンドロームとメタボリックシンドローム

皆さんメタボリックシンドロームはよく耳にする言葉でご存知だと思いますが、ロコモティブシンドロームはご存知でしょうか?
最近テレビなどでも取り上げられており、聞いたことはあるけどよく知らないとおっしゃられる患者様もいるので説明していきたいと思います。

 

ロコモティブシンドローム(運動器症候群):通称 ロコモ

メタボリックシンドロームは、心臓や脳血管などの内臓の病気が原因で寝たきりなどに繋がるのに対して、ロコモティブシンドロームは骨や関節、筋肉などの運動器の障害が原因で寝たきりなどに繋がることを言います。

 

●ロコモの主な原因
大きくは運動器の疾患加齢による運動機能の低下に分けられます。
・運動器の疾患:脊柱管狭窄症、変形性関節症、骨粗しょう症など
・加齢による運動機能の低下:筋力低下、バランス能力低下、持久力低下など

 

健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことを健康寿命と言いますが、平成25年の厚生労働省の報告では平均寿命と健康寿命の間では男性で約9年、女性で約13年の差があります。
つまり平均寿命は上がっているが、男女とも約10年は寝たきりなど自立した生活が送れていないということです。
そして現在、ロコモはメタボや認知症と並び健康寿命を阻害する3大要因の一つにもなっております。
平成25年厚生労働省の報告には要支援・要介護の原因の第一位として脳血管疾患、認知症などを抑えて運動器の障害が挙がっています。

 

●ロコモティブシンドロームとメタボリックシンドロームの関係
メタボリックシンドロームになると心筋梗塞や脳梗塞などの病気を発症するリスクが高くなる上に肥満によって骨や関節などに負担がかかりロコモティブシンドロームの原因にもなります。
また、無理なダイエットなどで骨粗しょう症や筋肉の減弱によるサルコペニアなどになりロコモティブシンドロームの原因になります。

 

●ロコモティブシンドロームの予防
栄養バランスのとれた食事と運動が大切!
筋肉や骨はある程度の負荷をかけて使ってあげなければ弱ってしまいますし、筋肉や骨を丈夫にするには栄養バランスが大切になります。
運動をして筋肉や骨をしっかり使うこととバランスの摂れた食事で筋肉や骨を丈夫にすることの両方を同時に行うこと、なおかつ加齢になってからではなくその前から行うことが大切になります。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

アイシング方法 タケダ鍼灸接骨院

こんにちは

あま市七宝町にありますタケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

前回の外傷が起きた時のアイシング処置の続きでアイシングの方法についてご紹介させて頂きます。

 

冷却方法について
一般的に次のような方法があります。

① アイスパック
アイスパックにはビニールカバーの中にゼラチン物質が入ったコールドパック、大きな袋の中に小さな袋があり、その小さな袋を破ると2つの物質が混合して冷たい液体の袋になる、ケミカルコールドパック、氷のう、ナイロン袋に氷片やクラッシュアイスを入れてつくる簡易なアイスパックが用いられます。
使い方は弾性包帯で患部に固定するだけで非常に簡単です。アイスパックは直接患部に当てるのではなく布やタオルを一枚敷いた上において弾性包帯で固定すると凍傷の危険を防ぐことが出来ます。

 

② コールドスプレー
コールドスプレー競技中などに比較的よく使われるものですが、スプレーという特性から皮膚表層を冷却する事に限られ、深部まで冷却することが困難です。そのために効果は、5~6分程度で、長時間皮膚に吹き付けると凍傷を起こす危険性があり、冷却の効果を必要とする場合にはスプレー以外のものを使うべきです。しかし瞬間的に痛みを軽減するためには、効果的と考えられています。

 
③アイスタオル
約4℃の氷水にタオルを浸しておき、関節などを包んだりするものです。使用する部位に応じて、患部全体をおおうことのできる大きなタオルを用います。アイスタオルは、背部や大腿部などの大きな部分にも使用する事ができます。

 

④アイスバス
浴槽やバケツに水を張り、その中に氷を入れます。水温は約4℃にし、5~10分間患部をつけます。アイスバスは、その特性から足首、膝、肘、手といった末梢の関節部位の障害に用います。しかし損傷していない組織で冷やしてしまうことと、氷を入れすぎると温度が0℃近くまで下がる可能性があるので注意が必要です。

 
タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

アイシング処置 タケダ鍼灸接骨院

こんにちは

あま市七宝町にありますタケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

今回は外傷が起きた時のアイシング処置についてお話します。

最初の冷却方法は、氷を使用したアイスパックを患部に直接当てることです。凍らせたゲルパックはアイスパックよりも冷却温度が低くなるので、直接、皮膚にあてないようにします。
アイスパックの使用時間は長くても20分にとどめ、感覚がなくなればその時に外します。
そして、寝るまで、1時間~2時間ごとに冷却を繰り返します。障害の程度や範囲により、24時間~72時間これを繰り返します。

 

例えば軽い肉離れなら、20分間の冷却を1~2回行うだけで十分です。しかし膝や足首のひどい捻挫であれば、3日間は繰り返し行います。

 

急性期の外傷・障害に冷却を用いても、最初にダメージを受けた組織を助けることはできません。しかし周囲の組織の細胞が酵素不足で壊死するのを助けることはできます。
骨格筋の障害に対して冷却する場合としない場合とでは、酵素欠乏による、二次的障害、血腫と浮腫の形成が1時間後と24時間後で大きな差が出る事が分かっています。
患部を冷却する事は、一時的障害を受けた組織の周囲の細胞の代謝を抑え、酵素と栄養が十分運び込まれなくても生き延びられるように細胞を冬眠状態にします。

 

急性障害の応急処置としての冷却
外傷・障害を受けた部分をすぐに冷却すると、炎症を抑えて損傷の範囲を最小限に食い止めることが出来ます。これは「損傷を受けた周囲にある健全な細胞を低温に保つことにより、二次的な酸素欠乏による損傷の広がりを防ぐ」という事です。
これは、火傷をした時に患部を早く冷却する事と同じです。

一次的な障害で損傷を起こした細胞の周囲にある健全な細胞を酸素欠乏による二次的な損傷から守るには、冷蔵庫で食品を保存するように患部を低温に保つことです。

それにより健全な細胞が冬眠状態におかれ、安全が確保されることになります。
今回はここまでで次回アイシングの種類、方法について詳しく紹介させて頂きます。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

男性更年期障害 タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の松山です。

 

中高年の男性の皆さん、男性更年期障害って聞いたことありますか?
この頃、「以前よりやる気が起こらない」「寝起きが悪い」「熟睡できない」「集中力が無くなってきた」こんな症状が気になりませんか?それはもしかすると、「男性更年期障害」かもしれません。

 

一般的に更年期障害と聞くと女性の病気だと思われがちですが
実は、この更年期障害は男性にも起こりうる病気で男性ホルモンの低下が原因です。放っておくと重症化して治りにくくなってしまいます。
自覚症状だけでは判断しにくいため、気づくことが遅れることもあります。
気になる症状がある場合は、専門医や病院を受診して、検査してみて下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

 

ベーカー嚢腫(膝窩嚢腫)について タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の松山です。

 

膝痛でお悩みの方、膝裏にゴルフボール半球位の膨らみはありませんか?
もしかすると、それはベーカー嚢腫かもしれません。

 

ベーカー嚢腫とは
「膝の裏側(滑液包)に炎症が起こり、関節液が溜まることで、膝裏が腫れている状態をいいます。」
それ自体が痛むことはあまりないのですが、膝を曲げたり伸ばしたりすると、違和感や圧迫感などの自覚症状があります。

ほとんどのものが繰り返される体重負荷による外傷性のもので、圧迫包帯で固定をして安静を保てば治ります。
重症化すると、穿刺して抜く場合もありますので、重症化する前に適切な処置が必要です。

膝裏なので見落としやすいですので、なかなか膝痛が治らないとう方、一度、ご自身の膝裏にゴルフボール半球位の膨らみが無いか確認してみて下さい。
これはただの脂肪なの?腫れているの?わからない場合はお近くのグループ院までご相談ください。適切な処置、対応をさせて頂きます。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

むち打ち症について タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

むち打ち症について

むち打ち症とは、頸椎捻挫の一つで骨や椎間板靭帯には損傷を伴うことがなく、
検査によっても神経障害がみられないものを言います。

 

こんな時に起こります
・交通事故にあった
・ぶつかり合うスポーツをしている
・頭を強く打った

 

特徴的な症状として追突事故後に明らかな外傷がないのに首が痛くなる。

 

むち打ち症の症状は、首の痛みです。
急性期には炎症がある事もあり、首の保護と安静をはかります。
安静にしていれば2~3週間で症状がおさまります。痺れや麻痺、感覚鈍麻などの神経症状が現れた場合は検査を受けることをおすすめします。

 

症状が落ち着いて来たら首の筋力増強訓練などのリハビリを行い、首を支える筋肉鍛えます。
成人で頭の重さは、体重の約10%と言われています。むち打ち症ではその頭を支える筋力をつけることが大切になります。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

正しいスクワットのやり方について タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

今回は正しいトレーニング方法について書いていきます。
ピックアップするトレーニングは、スクワットです。
接骨院の患者様でも、「スクワットが良いと聞いた」「スクワットを頑張っている」などと言われる方も多く、テレビなどメディアでも多く取り上げられ、ダイエット目的でしている方も多いと思います。

 

実際に正しいフォームで行なうことで、下半身だけでなく、全身の筋肉を使い、トレーニングの中でも消費カロリーが高く、筋力強化・ダイエット・身体の引き締めなど高い効果が期待されます。

 

しかし正しいフォームで行なわなければ身体にかかる負担が大きく、高い効果どころか膝や腰などに痛みが出てしまう恐れがあります。

 

ではスクワットの正しいフォームとはなにか?
よく耳にするのは「しゃがむ際に膝がつま先より前に出ないようにすればいい」という言葉です。

 

これは本当のところはどうなのか?

 

実際にスクワットの膝の位置がつま先より前に出ている時と出ていない時の違いについて発表されており、膝がつま先より前に出ている場合、膝にかかる負担は大きいが股関節にかかる負担は小さく、前に出ていない場合は膝の負担は小さいが股関節・背部への負担が大きいと出ております。(細かい数値等は省きます)

 

つまり、本来はつま先より少し前に出ているぐらいがトータルのバランスとしては良いと言えます。

 

しかし、これも全員に当てはまるわけではありません。

 

例えばパワーリフティング競技において、膝にかかる負担を軽減するフォームとして、つま先より膝が前に出ないフォームをされている選手もいますし、膝が悪い方も前に出ないほうが良い場合もあります。

 

これらのことからも、一概にこれが正解というものはなく、個人の状態・競技特性によっても変わってきますので、トレーニングをしている!始めたい!方など気になることがありましたら、相談してください!

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

スポーツのケガの予防・コンディショニングについて タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の立松です。

 

近年、マラソン等スポーツ人口が増加していますね!
そこで今回はスポーツを長く楽しんでいただけるよう、スポーツのケガの予防・コンディショニングについて書いていきます。

 

① スポーツ中に起こるケガ
大きくスポーツ外傷スポーツ障害の2つに分けられます。

●スポーツ外傷
捻挫、肉離れ、骨折など一度に強い力が加わることにより生じるもの。

●スポーツ障害
シンスプリント、野球肘、ランナー膝など特定の部位に繰り返し力が加わり、軟部組織が損傷するもの。使いすぎ(オーバーユース)が原因。

 

② ケガの発生要因
身体的因子・環境的因子・心理的因子に不可抗力的要素(プレー中の相手との接触など)や疲労、使いすぎなどが加わりケガの発生につながる。

●身体的因子
筋力不足・アライメント不良・柔軟性の低下等

●環境的因子
グラウンド状況・天候面・用具の不備・練習内容等

●心理的因子
集中力の低下・やる気の低下等

 

③ ケガの予防・コンディショニング
ケガの予防・コンディショニングに対して、②で上げたうちの身体的因子のみ気にされる方が多く見受けられます。
(実際にトレーナー現場にて選手だけでなく指導者の方にも見受けられます)

しかし、セルフケア等をしっかりして身体的因子に対して十分な対応をしていたとしても環境的因子・心理的因子に対しての配慮がなされていないとケガにつながります。
練習日の気温や体調面、練習内容や練習量、好きなシューズではなく、ご自身にあっているシューズなのかなど、今一度、身体的因子・環境的因子・心理的因子をトータルに考えてケガを予防して、楽しくスポーツを行いましょう!

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748