「津島鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

気分障害③〜うつ病・躁うつ病〜 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

今回はうつ病の種類についてお話しします!

古典的、現代型、季節。さまざまなタイプのうつ病。

【メランコリー型 うつ病】
 生真面目タイプが陥りやすい典型うつ病。
うつの症状が安定的に見られる
全ての面でうつ
自罰的
最も一般的なうつ病といわれているのが、このタイプ。ほとんどすべての物事に喜びや興味を感じる事が出来ず、一時的に気分が良くなる事がありません。ある意味では「安定的に」抑うつ症状が見られる。肉体的な症状としては食欲が低下し、睡眠が不足気味になります。性格の傾向としては生真面目、几帳面、頑張り屋。根拠なく自分を責めるという特徴があり、「悪いのは自分だ」「世間に迷惑をかけている」「自分はなんてだめな人間なんだ」と自罰的な思考に囚われやすく、比較的抗うつ剤の効果が表れやすいが、反面一度改善しても繰り返す事が多いのが特徴です。

 

【現代型 うつ病】
 症状が不安定に表れる、対応困難な病気。
うつ症状が不安定的に表れる。
仕事ではうつ、遊びでは元気
他罰的

21世紀に入って以降、メランコリー型とは異なるうつ病が登場し世間の注目を集めました。現代型うつ病、別名「新型うつ病」。これは、学問の場で論じられる事は無く、精神科医のほとんどが「新型という呼称を使うべきではない」と後ろ向きの見解を示してきました。というのも、仕事場ではうつ状態だが遊びの場では元気という症状の不安定さ「悪いのは自分ではなく他人」という他罰的な傾向、薬が効きにくく、医師との信頼関係も築きにくいという厄介な病気です。とはいえ、患者が増えているのは事実。依然、対応は難しい状況です。

 

【非定型 うつ病】
 周囲の状況に左右される、例外的なうつ。
過食が見られる
過眠の傾向がある
症状はメランコリー型のうつ病とは真逆。過食、特に甘いものを食べ過ぎる傾向にあり、体重が増加します。寝ても寝ても眠いという過眠状態が見られる事もあります。ちょっと良い出来事があると一時的に気分が明るくなるなど、周りの状況に左右される事も特徴の一つ。周囲からチヤホヤされないと不安になる性格の人が陥りやすいです。

 

【季節性 うつ病】
 特定の期間だけ抑うつ症状が表れる。
特定の季節にうつ症状が見られる

1年のうち特定の季節に抑うつ状態に陥ります。大半は冬にうつ症状が出て、夏までには改善するケースで、もともと北欧やアラスカなど緯度の高い地域で報告されています。日本の調査結果では全人口の1%以下という特殊な病気です。日照時間の短さが関連しているといわれますが、詳しい原因については、やはり分かっていません。

 

【産後 うつ病】
 マタニティーブルーから病気に発展。
出産直後にうつ症状が見られる

出産後、一時的に表れる抑うつ状態のことをマタニティーブルーといいます。これは妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れや出産というライフイベントがもたらすストレスによる反応で、うつ病とは根本的に異なります。ただし、ある調査ではマタニティーブルー担った人の約15%がそのままうつ病に移行するという結果も出ています。
一言にうつ病といってもいろいろな種類がありますね!
こういった知識がある事で、うつ病に対する理解も深まってくると思います!

何かお困りの際はお近くのハートメディカルグループまで!

 

 

 

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

気分障害②〜うつ病・躁うつ病〜 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

前回に引き続き、気分障害のお話ししていきます!

ココロではなく、脳機能からうつを捉えてみると、、、。

「ココロの風邪」などという異名があるが、とんでもありません。うつとは最悪の場合、死に至る病です。全ての事に対する興味が削がれ、ココロのエネルギーが枯渇し、生きる気力を失うこともある病気です。

 

うつの歴史を辿ると紀元前4世紀、ヒポクラテスの時代から原因不明の抑うつ状態は認められていたといいますが、現在に至るまでそれがいかなる原因で生じるのかは明らかにされていません。
ただ、脳科学的見地からの所見や仮説はいくつかあります。

 

ひとつは、脳の伝達物質の量が不足しているというものです。特に心身の安定に関与するセロトニンという神経伝達物質の減少が見られると、抑うつ状態に陥ります。これを「モノアミン欠乏仮説」といいます。また、セロトニンを受け止めるレセプターが過剰に反応して、セロトニンが分泌されると過剰に反応して機能不全を起こしてしまうという「モノアミン受容体亢進仮説」というものもあります。

 

他にも、女性ホルモンの変動が抑うつ状態を引き起こす事も知られています。月経の約2週間前にイライラや情緒不安定に陥る状態をPMS(月経前症候群)といいますが、このうち特に精神的不調が強く出るものをPMDD(月経前不快気分障害)と呼び、こちらはうつ病の一種とされています。うつ病は慢性的に症状が表れますが、PMDDは月経が始まると症状が改善するのが特徴です。

BDNFの量が少なく、海馬の容量も小さい。

 

最近、注目されているものには「BDNF仮説」というものがあります。BDNFとは、脳由来神経栄養因子のことで、その名の通り神経細胞(ニューロン)の発達や成長、維持や再生を促すタンパク質です。脳から分泌されたセロトニンの情報が神経細胞間を伝達されていくと、最終的に細胞の核に入って遺伝子に伝えられ、タンパク質が作られます。セロトニンの最終産物の一つがこのBDNF。

実際、うつ病の患者の脳にはBDNFの量が少ない事が分かっています。さらには、うつ病患者の脳を画像で見てみると、大脳辺縁系にあり記憶に関わる海馬の容量が小さいという所見がいくつもあります。

 

と、脳機能の不調は多々見つかっていますが、それがなぜ起こるのかは解明されていないのが現状です。今後の研究で明らかにされていく事に期待したいですね。

 

いかがでしたでしょうか?
ちょっと専門用語もあり、難しかったかもしれませんね!
次回はうつ病のタイプについてお話しします!

何かお困りの際はお近くのハートメディカルグループまで!

 

 

 

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

気分障害①〜うつ病・躁うつ病〜 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 
今回からは数回にわたって、『気分障害』についてお話ししていきたいと思います!本を読んでいたら興味深い記事があったので、それも交えてご紹介します!

 

近年、よく聞くうつ病。WHO(世界保険機関)は、世界で少なくとも3億5千万人が精神疾患であるうつ病の患者とみられる統計を発表しています。因に、米国勢調査局が2012年に発表した米国の総人口は3億1415万9265人ですから、ほぼ同数の人々がうつ病の患者という事になります。

 

気分障害のつらさは、想像もつきません。なので、治療法や状態を知れば「根性」を押しつけずに済むかもしれませんね!

 

【気分障害】
仕事でミスをして上司に叱られた、長年付き合っていた彼女にフラれた、異動でとんでもなくハードな部署に配属された。毎日が憂鬱だ、、、。
降り掛かってくるストレスに心は敏感に反応しています。でも、一人前の社会人として、簡単にへこたれるわけにはいかない。だから今日も空元気を振り絞り一見普通に振る舞っている、そんな現代の人々は少なくないと思います。

 

憂鬱な気分になる事は、決して悪い事ではありません。むしろ、人類がここまで生き延びてこられた生物としての戦略ではないか?という精神科医の仮説もあります。例えば、狩りの最中に猛獣に襲われ仲間が死ぬ。それで憂鬱になって狩りのアクションをやめ、一時的にリスクを回避出来たかもしれません。

あるいは、人間同士の戦いでは負けた方がへこみ憂鬱な気分になる。だから無駄な復讐戦に及ぶ事無く子孫が残せたのかもしれません。そう考えると、憂鬱になるという感情の働きは人類の武器で、マイナスよりもプラス面をもたらす事が多くなります。だからこそ遺伝子レベルで受け継がれてきた可能性があるという、興味深い仮説です。

 

ところが、いつの頃からか、明るく元気な事は良い事だという社会通年が幅を利かせ、現代人は自分がストレスを受けてへこんでいるということを中々認めたがらなくなってしまいました。そして、無理に無理を重ねてやがて病へと陥ってしまうケースもあります。その一つが気分障害と総称される病の代表格、うつ病です。

 

発症のきっかけの多くは何らかのストレス。過剰にのしかかってくるストレスをコントロールする事が病を未然に防ぐ最善の方法です。

 

主観的には兆候が無くても、周囲から見たときの客観的チェックでストレスの状況を把握する事が出来ます。親しい人間に無口になった、休日明けに調子が悪そうなどという事例を指摘されたら要注意です。
いかがでしたでしょうか?
私自身どちらかというと根性論で、自分次第でどうにでもなる、心の持ちようだと、このような話を聞くと思ってしまいがちでした(決して否定をするわけではありません。一個人の意見としてお聞きください)。しかし、しっかりとした情報を得て、解釈をすることでより相手の状態に寄り添っていけるのだと思いました。本当に辛く悩んでいる人もいらっしゃるので、医療従事者として一人一人に寄り添っていけるようにこれから励んでいきたいと思います!

ちょっと話はそれてしまいましたが、次回はもう少し深いところ、「脳」の状態を見ていきたいと思います!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

筋トレと食事⑤ 津島鍼灸接骨院

こんにちは!
津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

「筋トレと食事」
最後は【クレアチン】です!

 

【クレアチン】
あと1回!を可能にするパワーの源。

 

例えばベンチプレスでMAX6回上がったとします。同じ重さであと1、2回上がればその分筋肉の負荷が肥大に繋がるのはイメージできますよね。このあと1回の最大筋力を発揮出来るようにするのが、クレアチンです。アミノ酸の一種ではありますが、たんぱく質を構成するアミノ酸とは異なります。

いざという時の為にクレアチンを体内に溜めておくには、1日20gを5〜7日飲み続けるというローディングを行ないます。ただし、1度に20gを一度に摂っても吸収しきれないため、1回5gを4回に分けて摂ります。タイミングは3度の食事後とトレーニング直後が良いです。すると、体内のクレアチン量が10%ほど増加します。その後は増えたクレアチンを維持する為に1日5gを1回摂取します。これが出来れば、確実に運動強度は上がります。

私もトレーナーをさせて頂いているので、こういった情報を選手に与えると、ケガの処置以外にもプレーの後押しが出来ると思います。

 

数回にわたって、お話ししてきましたが
やはり、筋肉というのは生きていく為に必要です(大げさですが、、、)。
必要最低限はもちろんですが、健康に生きていくため、楽しくスポーツが出来るようにするため、日常生活で疲れづらい又ケガをしづらい体にする為には必要なので、効率よく、上手にトレーニングをしていきましょう!
当グループにはそんな筋肉(インナーマッスル)を効率よく鍛える事の出来る機器が導入されています。
何か気になる点があれば、お近くのハートメディカルグループまで!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

筋トレと食事④ 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!
前回、前々回に引き続き、「筋トレと食事」いきます!
ちょっとコアな内容になっていますが、読んでみて下さい!

 

【BCAA】
運動強度アップの為にもトレーニング中にチャージを。

お金を貯める時に収入と支出を同時にコントロールしなければならないように、筋肉も合成させるだけでなく、分解を抑えなければいけません。この筋肉の分解を抑える栄養素が必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシン=BCAAです。

BCAAを摂取する事でいつもより高い運動強度でトレーニングを行なう事が出来ます。これが体の筋肉の成長に役に立ちます。摂るタイミングはトレーニング前〜中、1時間に4g程度が目安。代謝されたBCAAは乳酸を作らないエネルギーになります。

乳酸自体は悪者ではありませんが、体内に一時的に保存されることで体は一時的に酸性に傾くため、運動強度が落ちてしまうのも事実です。BCAAを摂っている人の方が乳酸が出来にくいというデータもあります。

 

【HMB】
たんぱく質合成のスイッチを押す陰の主役。

最近、筋肉を太くさせる信号伝達物質“mTOR”(エムトール)を刺激出来るとして、HMBという栄養素が注目を集めているのはご存知でしょうか?HMBはBCAAに含まれるロイシンの代謝物。ロイシンのわずか5%がHMBになるので貴重なものです。

これとトレーニングを組み合わせるとたんぱく質の合成スイッチであるmTORが刺激され、筋肥大を促進します。HMBでたんぱく質合成を促進出来るのならBCAAはいらないのでは?と思いがちですが、BCAAには運動強度を上げる、筋肉の分解を抑えるといった役割がある。何にせよ、こういった栄養素を知っておくと、日々の習慣付けも少しずつ変化してくると思います。

次回で最後!お楽しみに!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

筋トレと食事③ 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

今回は糖質!今糖質制限ダイエットや様々なところで目にしますが、筋トレに関しても深い結びつきがあります。早速見ていきましょう!

 

【糖質】
実は筋分解を止めるための重要アイテム。

 

太りやすいといったイメージから敬遠されがちな糖質。ですが、筋肉の成長にはきわめて重要な役割を果たします。そもそも私たちヒトの体は飢えを凌ぐ為に脂肪をエネルギーとして貯める一方で、筋肉はエネルギー消費量が大きいため必要以上につけないといけない、という仕組みになっています。

 

そのため、常に筋肉を分解しようとする力が働きます。これを抑えるのがエネルギーそのものである糖質です。糖質を摂ると体が飢餓ではないと判断し、筋肉を壊すのをストップします。基本は1日3食、きちんと炭水化物を食べる事。プラス、トレーニング直後にはGI値の高いうどんなどの糖質を摂る。あるいはスポーツドリンク等からブドウ糖を摂る。糖質が空っぽの状態を長く続かせないようにするのが筋肉成長への近道です。

 

いろんな話をしていますが、やはり食事というのは筋トレだけでななく、健康にも凄く重要な事だと分かりますね!

何かお困りの際はお近くのハートメディカルグループまで!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

筋トレと食事② 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 
前回お話しした筋トレと食事ですが、今回はその中でもプロテイン(たんぱく質)についてお話ししたいと思います。

 

【プロテイン】

トレーニング後に摂って、2時間後にバンバン吸収!

筋肉の向上を目指すなら、1日に必要なたんぱく質量は体重1kg当たり1.5〜2g。65kgの人であれば97~130gになります。食事から必要なたんぱく質の半量は摂れるため、残りをプロテインなどで補給する事をお勧めします。

 

効率的に吸収出来る量は1回につき20gのため、理想は間食も含め20~30gを1日2〜3回摂取。タイミングは、血中アミノ酸濃度を維持する意味で朝食後、そしてトレーニング後。ホエイプロテインは完全に吸収されるまで2時間かかるが、筋タンパクの合成ピークがトレーニングの約2時間後である為、直後に飲むとベストタイミング。

プロテインはあくまでもたんぱく質を補充する為のものなので、あくまでベースの栄養の土台が無いといけません。プロテインを飲んでるからOK ではなく、日々しっかりとした食事や運動で体の土台を作っておく事が重要です。健康維持という面から見ると、プロテインも動物性のものではなく、植物性のものを摂る事をお勧めします。

自分の目的にあったものを選ぶと良いですね。

 

何かお困りの際は
お近くのハートメディカルグループまで!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

筋トレと食事① 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

先日筋育についてお話しさせて頂きましたが、
今回は筋肉に関する『食事』について!

 

立派な植物を育てるには、土や水、日光と栄養が必要です。それと同じように筋肉を効率的に育てるためにも栄養が欠かせません。代表的な物と言えばプロテイン、つまりたんぱく質とアミノ酸。アミノ酸はたんぱく質の構成物質の一つですが、アミノ酸単体でも力を発揮するため別々に表記します。

 

血中のアミノ酸を常に高い状態にキープする事で筋肉の肥大は促進されます。しかし、アミノ酸は体内に蓄えておけないため、こまめに補給する必要があります。飢餓状態が続くと筋肉を分解してエネルギーとして利用してしまうため、トレーニング後は筋肉の分解を抑える為にもエネルギー源である糖質を一緒に摂る事が重要です。理想は糖質:たんぱく質=3:1ですが例えばバナナ+プロテインでもOKです。

 

プロテイン(たんぱく質)、アミノ酸(BCAA、HMB)、糖質、そして最後の一踏ん張りが利く重要なクレアチンを仲間に入れて、筋肉ひいては健康のグレート5として、一つ一つひも解いていきます!

お楽しみに!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

症例報告 〜有痛性外脛骨〜 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

今回は症例報告になります!

・ 14才 男 スポーツ:サッカー
左足関節の痛みを訴え来院。過去にも右足で同部位を痛めていた事がある。
発生機序は特になし。

 

初診時所見:舟状骨(外脛骨)圧痛(+)後脛骨筋腱(−)歩行時痛(+)
内反(−)外反(±)腫脹(+)足関節内側靭帯(−)

 

* 有痛性外脛骨
外脛骨とは足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められます。多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言います。

 

そもそもは舟状骨粗面という足の内側に出っ張った部分があるのですが、その部分に後脛骨筋という筋肉がついています。

 

この筋肉は足の土踏まずに重要な役割をしていて、この筋肉が緊張することで、足の内側アーチが保たれています。有痛性外脛骨の人は、多くの場合、土踏まずが低くアーチのない足、いわゆる扁平足の傾向のある足をしています。

 

有痛性外脛骨は若年性のスポーツ障害として数多く見られる疾患の一つですが、成人になって疼痛が発症することも少なくありません。

 

* 原因
痛みのメカニズムとしては、捻挫や繰り返される後脛骨筋の引っ張る作用によって、外脛骨部分に牽引力が加わって、その部分で炎症をおこします。

 

* 処置
基本的に上記にも記したように後脛骨筋の牽引力による痛みなので、安静、後脛骨筋の柔軟性向上により症状は緩和します。
また、スポーツをしている方であれば、テーピングなどで内側のアーチを作ってあげたり、症状が強い場合は足関節を内反させるようなテーピングを巻くと患部への負担が軽減されます。

スポーツ障害であっても原因を明確にして、その人に合わせたアプローチが出来るといいですね!

 

何かお困りの際はお近くのハートメディカルグループまで!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

 

筋育④〜効率的に育てる負荷と回数〜 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

最近筋肉のお話をたくさんしていますが、今回は

「負荷と回数」

何をどれくらいやるのが一番効率的なのか、疑問に思われる方も多いと思います。そこで今回は効率的にトレーニングをする為のお話をしていきたいと思います!

 

■ 筋トレの理想頻度は週2?それとも週3?
筋トレによって刺激を与えると、筋たんぱく質は分解されてアミノ酸が放出されますが、栄養補給を行なうと筋肉は分解量以上にたんぱく質の合成を始めます。

たんぱく質の合成は筋トレ後およそ3時間でピークを迎え、48時間後までは高い状態を維持します。そして72時間後には通常レベルまで戻ります。超回復を促す為にも次の筋トレまで48時間は空けて、筋たんぱく質合成が通常に戻ったタイミングで再び筋トレをすれば無駄が無いです。

これが週2〜3の筋トレが効率的だと言われる理由。週2か週3ではそれほど大きな差は出てこないようなので、まずは週2からスタートしてみることがおすすめです!

 

■ 筋肥大を狙うなら80%1RMが一番の近道!
筋トレの負荷を設定する際、よく使われるのがRMという単位。これはRepetition Maximumの略で最大反復回数などと訳され、1RMとは1回しか出来ないレベルの負荷を表しています。
効率的な筋肥大を目指すには70〜80%1RM。回数に直すと8〜12回しか反復出来ない負荷で行なうのが最も効率的であると言われています。

 

筋繊維は遅筋線維と速筋線維の2タイプあり、遅筋は持久力、速筋は瞬発力に優れています。運動強度が低い場合は遅筋がメインで働き、運動強度が上がると速筋中心にシフトされます。肥大をしやすいのは遅筋ではなく速筋なので筋肥大を狙うなら80%1RMのトレーニングが適していると考えられています。実際にそれらを証明する研究結果も出てきています。

 

「負荷×回数の値を揃えて筋たんぱく質合成速度を測定したデータがありますが、70〜80%1RMの強度で行なったトレーニングは確かに効率的な筋肥大に適しているようです」。(日本体育大学保健医療学部・中里浩一教授)また、上記のデータに年齢的な差が出ていないというので驚きですね。

 

今からでも遅くありません。将来の健康的なカラダ作りの為に、今からトレーニング、始めてみてはいかがでしょうか?

当グループにはインナーマッスルを効率的に鍛える『楽トレ』というものがあります!
お近くのハートメディカルグループでお気軽にご相談ください!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635