「つしま中央鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

ストレッチ⑤ つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)です!

 

患者様からストレッチのやり方についてご質問をもらう機会が多いのでご自宅でも正しく行ってもらえるようにと資料を作成しました。

今回は前回に引き続きのパート5!

 

① 太ももの前のストレッチ

・やり方
ストレッチする方の脚の膝を曲げ、つま先は後方に向ける。
膝を浮かせないようにしながら上体を後ろに倒す。

・ポイント
個々の柔軟性のレベルに合わせて、上体の傾きを調節する。

 

 

②ふくらはぎのストレッチ

 

・やり方
ストレッチする脚を後方に引き、壁に手をつく。
かかとを床につけ、膝を伸ばす。
前脚の膝を曲げながら、徐々に腰を前方へ移動していく。

・ポイント
膝とつま先をまっすぐにする。

 

ストレッチを行う上での注意点
・出来るだけリラックスできる場所で、伸ばそうと思う場所もリラックスした状態にして行う。

・心地よい張りを感じるくらいで30秒間保持し、痛みが出る場合は、強度を下げる。

・反動をつけないでゆっくりとストレッチしていく。

・同じ筋肉だけを続けて行わず、他の筋肉とかわるがわる行っていく。

継続は力なり!

5回にわたってお伝えしてきたストレッチも最終章です。
これ以外にも様々なストレッチがありますのでお気軽にお尋ねくださいね!

分からない事はお近くにハートメディカルグループへご相談ください!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c

ストレッチ④ つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)です!

 
患者様からストレッチのやり方についてご質問をもらう機会が多いのでご自宅でも正しく行ってもらえるようにと資料を作成しました。

今回は前回に引き続きのパート4!

① お尻のストレッチ

・やり方
片脚を伸ばしもう一方の脚の膝を抱える。
膝と肩を近づける。

 

・ポイント
肩を寄せていくのではなく,膝を肩に近づけるようにする。

 

②太もも後ろのストレッチ

 

・やり方
台などに片足を乗せ、膝を伸ばして上体を前に倒す。
余裕があれば、手でつま先を持って引きつけながら上体を倒していく。

 

・ポイント
上体が捻じれないようにする。

ストレッチを行う上での注意点

・出来るだけリラックスできる場所で、伸ばそうと思う場所もリラックスした状態にして行う。

・心地よい張りを感じるくらいで30秒間保持し、痛みが出る場合は、強度を下げる。

・反動をつけないでゆっくりとストレッチしていく。

・同じ筋肉だけを続けて行わず、他の筋肉とかわるがわる行っていく。

 

継続は力なり!

是非参考にしてみてください!

ストレッチには様々な方法がありますし、きちんと行えるように分からない事はお近くにハートメディカルグループへご相談ください!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c

ストレッチ③ つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)です!

 

患者様からストレッチのやり方についてご質問をもらう機会が多いのでご自宅でも正しく行ってもらえるようにと資料を作成しました。

今回は前回に引き続きのパート3

① 体幹側部のストレッチ


・やり方
頭上で手首をつかむ。
つかんだ手を引きながら、上体を横に倒していく。
・ポイント
腰を引かないようにする。
手を遠くに引くように意識する。

 

②股関節内側のストレッチ

・やり方
両ひざを曲げ、足裏を合わせる。
両ひざを手で下に押す。
・ポイント
上体を前に倒し、肘で脚を押しても良い。

 

ストレッチを行う上での注意点

・出来るだけリラックスできる場所で、伸ばそうと思う場所もリラックスした状態にして行う。
・心地よい張りを感じるくらいで30秒間保持し、痛みが出る場合は、強度を下げる。
・反動をつけないでゆっくりとストレッチしていく。
・同じ筋肉だけを続けて行わず、他の筋肉とかわるがわる行っていく。

 

継続は力なり!

是非参考にしてみてください!

ストレッチには様々な方法がありますし、きちんと行えるように分からない事はお近くにハートメディカルグループへご相談ください!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c

ストレッチ② つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)です!

 
患者様からストレッチのやり方についてご質問をもらう機会が多いのでご自宅でも正しく行ってもらえるようにと資料を作成しました。

今回は前回に引き続きのパート2

 

① 首から背中のストレッチ


・やり方
頭の後ろで手を組む。
両手で頭を押しながら、頭を前に倒す。
・ポイント
急激な動作は首を痛める可能性があるので、徐々に伸ばしていく。

 

②胸、肩、腕のストレッチ


・やり方
体の後ろで手を組み後方に引き、胸を開いていく。
余裕があれば腕を上方へ上げていく。
・ポイント
左右の肩甲骨を寄せるように意識する。

 

 

ストレッチを行う上での注意点

・出来るだけリラックスできる場所で、伸ばそうと思う場所もリラックスした状態にして行う。
・心地よい張りを感じるくらいで30秒間保持し、痛みが出る場合は、強度を下げる。
・反動をつけないでゆっくりとストレッチしていく。
・同じ筋肉だけを続けて行わず、他の筋肉とかわるがわる行っていく。

継続は力なり!

是非参考にしてみてください!

ストレッチには様々な方法がありますし、きちんと行えるように分からない事はお近くにハートメディカルグループへご相談ください!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

ストレッチ つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)です!

 
患者様からストレッチのやり方についてご質問をもらう機会が多いのでご自宅でも正しく行ってもらえるようにと資料を作成しました。

 

院でも配布していますが今回から数回に分けてブログでもご紹介させて頂きます!

 

ブログ第一回目は①肩と背中②前腕のストレッチです!

① 肩と背中の筋のストレッチ

 

・やり方
伸ばす方の腕を体の前でクロスさせる。
もう一方の腕で伸ばしている腕を支え、体へひきつける。

 

・ポイント
肩が上がらないように力を抜いて行う。

 

②前腕のストレッチ

・やり方
伸ばしたい方の腕を体の前に伸ばす。
手のひらを広げるように、片方の手で指を手前に引く。

 

・ポイント
力を抜き、徐々に伸ばしていく。

 

ストレッチを行う上での注意点

・出来るだけリラックスできる場所で、伸ばそうと思う場所もリラックスした状態にして行う。
・心地よい張りを感じるくらいで30秒間保持し、痛みが出る場合は、強度を下げる。
・反動をつけないでゆっくりとストレッチしていく。
・同じ筋肉だけを続けて行わず、他の筋肉とかわるがわる行っていく。

 

継続は力なり!

是非参考にしてみてください!

ストレッチには様々な方法がありますし、きちんと行えるように分からない事はお近くにハートメディカルグループへご相談ください!

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

むちうち損傷について つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の清水です!

 

最近暑くなってきて、夏も近づいてきていますね。
夏は遠方へ出かける人も多くなってくると思いますが、
遠方へ行かれる方は事故などに気をつけてくださいね!
今回は車の事故などで多い、むちうち損傷について述べていきます。

むちうち損傷とは,交通事故等による外部からの衝撃により、頸部(首)がむち打ったように過度に伸縮した結果、頸部の筋肉、靭帯、椎間板等の軟部組織や骨組織が損傷することを総称した用語です。

 

このように、むちうち損傷は、損傷そのものではなくその受傷機転(損傷を負うこととなった原因)を示す用語であり病名ではありませんので、医師の診断書に「むち打ち損傷」と記載されることはなく、「頸椎捻挫・頸部捻挫・頸部損傷・頸部挫傷・外傷性頸部症候群」等と記載されるのが通常です。

 

症状
むちうち損傷では、事故にあったその日はほとんど症状が出ず、翌日あたりから様々な症状が出現することが数多く報告されています。また首筋、背中、肩のコリや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの不定愁訴などの様々な症状が患者さんから訴えがある事はありますが、医学的には認められるものは少ないです。

 

むちうち損傷でも症状の重いものから軽いものまで沢山あるので、しっかりと症状を見極めて後遺症を残さないように治療する事が必要になってきます。
もちろん事故に遭わない事が一番ですが、もし事故に遭ってしまったら、お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

扁平足について つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の長谷川です!

 
今回は扁平足について調べてみました。

偏平足とは何なのか。
足の裏側には、土踏まず(前後のアーチ)があり、立ったり歩いたりするときに、体重を支えるバネのような役目をしています。土踏まずは乳児期にはなく歩行により次第に形成されます。土踏まずが形成されるのは8歳頃で、それを過ぎてもなお形成されないと、一般的に扁平足といわれます。

 

偏平足だとどんな症状がでるのか。
・足全体に常に体重がかかるため、足裏、太もも、ふくらはぎに痛みが出る。
・ 持続的な足の筋肉の過緊張により腰痛を引き起こす。
・ 外反母趾になりやすい。
・ 転びやすい
など様々あります。

 

主な原因は!

90%は普段の日常生活動作です。
・長時間の立ち作業による負担
・スポーツなどによる使いすぎ
・肥満による過度に体重がかかっている

 
改善方法は?

足指の筋肉はアーチを支えるのに重要です。これを鍛えるためには裸足での生活を心掛け、足指を使うようにします。
予防には適正体重を保つことが大切です。アキレス腱が硬くなっているので、ストッレッチ体操を行います。アーチの低下が明らかな場合は、アーチサポート付きの足底板が処方されます。アーチを上げることにより、疼痛は緩和されます。
また当院では、そのような運動指導に加えコンプレフロスという施術も効果的です!

扁平足は生まれつきと思われがちですが、日々の姿勢や癖から誰しもに起こりうる疾患です。お悩みの方是非ご相談ください!

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

心房中隔欠損症 つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の長谷川です!

 

先日、姿勢が悪く頚部痛のある13歳の患者さんが来院され、問診時に症状についてお伺いした所、現在“心房中隔欠損症”の治療を医療機関にて受けているとのことでした。

そこで、今回は心房中隔欠損症について勉強しました。

 

疾患説明と注意点

右心房と左心房の間の壁である心房中隔という壁が、発生途中で、完成しなかった疾患を言います。先天性心疾患の約7%にあたります。
心房中隔に欠損があるため、肺から、新鮮な血液をもらって、戻ってきた血液が左心房から右心房へ逆流してしまいます。

通常は左心房から左心室に入り全身に送られるわけですから、大切な新鮮な血液の一部は身体に回ることができず、また肺へ戻ってしまうのです。つまり、少ない動脈血で全身を維持していることになります。

 

その為、成長する過程で骨、筋肉に十分な栄養が供給されず、成長障害や呼吸困難、運動能力の低下が起きます。症状には重篤なものから生涯たいした自覚症状もでないものまで様々です。
この疾患で特に重要なのが乳幼児期にはほとんど症状がないため発見されない事です。

子供が成長する中で「ほかの子と比べて痩せすぎている」「運動するとすぐ疲れてしまう」「姿勢がおかしい」「風邪をひきやすい」というところから発見されることや検診で偶然発見されることが多く、子供は自分の成長が遅い事を気にしてしまい、内向的になる傾向もあるそうです。
また、1~2歳を過ぎると自然閉鎖は難しく、心不全・呼吸困難が重度な場合は手術が適応です。

 

心房中隔欠損症は医療機関にて専門のドクターの指示を仰ぎ、治療が必要です。

しかし、接骨院に姿勢や運動に対して悩みがあり来院される患者さんの中には、こういった基礎疾患を持つ患者さんもいます。
私たちは接骨院の業務範囲だけでなく、一般臨床にも知識を深めてより多く患者さんの悩みに応え、力になれるように勉強していきます!

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

ストレートネック つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の清水です!

 

今回はストレートネックについて述べていきます。
首や肩が痛い患者さんは非常に多いですが、
その原因の一つにストレートネックがあります。

 

ストレートネックとは

本来頸椎(首の骨)はゆるやかなカーブをしています。
そのカーブが失われてしまった状態です。

 

一般的に人間の頭の重さは体重の約10%と言われています。
カーブがしっかりあれば頭の重さをうまく分散して支えられますが、ストレートネックだとうまく分散が出来ずにダイレクトに首周りの筋肉に負担がかかってしまいます。
負担がかかる事により首・肩の痛みや頭痛なども引き起こします。

 

ストレートネックの原因

デスクワークの人に多いですが、最近ではスマートフォンの使い過ぎの人がとても多くて日本人の9割の人がストレートネックと言われています。そして多くの人は自分がストレートネックという事に気づいていなく、症状が出てから気づくのがとても怖いところです。

 

対処法

タオル枕といってバスタオルをくるくる巻いてそれを首にあてて寝るとカーブがない状態から少しカーブを取り戻す事ができます。当院ではHMバランス整体という技術を用いてストレートネックにしてしまう首、肩周りの原因筋の緊張緩和や全身状態をあげてストレートネックの改善とストレートネックによって出た痛み等を改善させていただきます。

 

皆様の様々なお身体の悩みを改善します!
お困りの方は当グループ院にご相談ください。

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

膝の痛み:80代男性

こんにちは!つしま中央鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 H・Tさん

【お住まいの地域】 愛西市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
膝の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
妻の勧め

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
Very good

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
Very good

 


【担当者より】
膝の痛みに対しての治療は、バランス整体の治療で体の軸を整え股関節~膝の筋肉をしっかりと柔らかくする事でよくなっていますので、これからも治療を頑張っていきましょう。

 


つしま中央鍼灸接骨院
所在地:愛知県津島市西柳原町4丁目2−2
電話:0567-69-648