「スタッフブログ」カテゴリーアーカイブ

顎関節症の症例 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

 

顎関節症はよく見かける疾患です。

今回は口が大きく開かない、咀嚼時に顎関節に疼痛が生じる、右肩に痛みがある方がみえました。

 

触診していくと、顎が右側にずれていて、咀嚼筋もかなり硬くなっていました。

さらに頸の骨もかなり歪んでいました。

頚椎(首の骨)と顎は関連が強く、頚椎に問題があれば顎関節症になりやすくなります。

今回はバランス整体を用いて、頸部を調節し、顎関節の運動療法を行ってもらったら、数年あった顎の痛みと肩の痛みが4回で改善しました。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

歩行の仕方を変えるだけで股関節痛が改善した例 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

重心位置から歩行は2種類に分けれます。
筋力に依存した歩法は股関節痛の原因になるので、歩行を見直すことが重要です。

 

歩法2種類

 

①重心が移動してから足を前に出す歩法

こちらは筋力をほとんど使わず歩行できます。
動力のない歩行ロボットがあるように、重心移動を上手く使えば変に筋力を使わず歩行できます。

 

②足が出てから重心を前に押し出す歩法

股関節痛に至ることがある歩法です。
脚の力で歩行しているため、筋力を過剰に使い燃費の悪い歩法になります。

 

症例

 

今回の症例は
少し歩くと、左右の股関節に痛みが出ていました。
触診では股関節の中でも大腿直筋という筋の付着部付近に圧痛がありました。

 

歩くと痛みが出る時点で歩法に問題がある可能性があるので、
歩き方をみてみると、上記の②「足が出てから重心を前に押し出す歩法」でした。

 

これは大腿直筋を痛めやすい歩法なので、歩き方を①「重心が移動してから足を前に出す歩法」に変えてもらいました。

 

その後来院されたら「痛みが全くなくなった」とのことで、股関節痛が改善されました。

現在は腰痛の改善のため、来院されています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

腰痛と大殿筋の関係性 ふきあげ鍼灸接骨院

こんにちは!

ふきあげ鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の奥谷です!

 

皆さん、筋膜って聞いたことありますか??
今回はその筋膜の一つBFLについて少し紹介します。

 

BFLとは
ファンクショナル (FL) = 機能的
ファンクショナルラインとは機能的な線のことです。
体の筋肉にはいくつか層があり、筋膜は筋肉と皮膚とを繋ぐ膠原繊維成分の膜です。
それらは首から足のつま先の筋肉まで全て繋がっています。
その繋がりをBFLと言います。

BはBackになるのでもちろん、
FFL(フロント・ファンクショナル・ライン)もあります。
BFLは自律神経の問題も関与してくるので日によって
痛みの程度や痛みの場所が変わることがあります。

ファンクショナルラインの機能としては
ラインは体の中心線をまたいで反対側にいくことから、主に
回旋系に作用します。
立位に対してはほとんど関与していないとされています。
運動では、サッカーのボールを蹴ったり、野球でも振りかぶれたり。
逆に姿勢の制御はほとんど機能しない。これが上手く機能すると骨盤が前傾する。

 

BFLのラインは(上の図)
広背筋

仙骨筋膜

反対の大殿筋

外側広筋

膝蓋下腱

脛骨粗面  を通ります。

 

ラインには複数種類があり、通る場所も違います。
外腹斜筋を介することでなるラインでFLとよく似たライン

SPL(スパイラルライン)     や     LTL(ラテラルライン)
↓                    ↓
後頭下筋群から対側の内腹斜筋から外腹斜筋へ    同側の股関節から外腹斜筋へ
SBL(スパーフィシャルバックライン)

頭蓋筋を通り仙結節靭帯を通り下腿三頭筋通り足底腱膜

 

もうひとつのラインは縫工筋を介することで
広背筋→外腹斜筋→縫工筋→鵞足
といった同側への機能的なラインもあります。
このラインは水泳のスクロールのストロークなどの動作に使われる。

 

なぜこのラインが大切なのか

① BFLの役割としては広背筋と大殿筋の大きな筋肉を通して、足に力の伝達を効率よくしてくれます。
②このラインは体のバランスを取るうえで重要なラインです。
ではこの二つを詳しく説明します。

 

腰部と大殿筋はBFL(バック・ファンクショナル・ライン)
によって繋がっています。

 

BFLに何らかの問題が生じて起こる場合、筋膜を伸長する方向に伸ばすと痛みが出現します。例えば、背臥位で下肢を内転、内旋させ腰を捻るようにして伸ばして痛みが出た場合、BFL障害の場合があります。

 

その時に痛みが出る場所は、お尻(大殿筋上部線維)、腰(腰仙連結)、背中(広背筋起始部)、太もも(外側広筋)があります。
大殿筋の筋力低下がある場合それを補おうと胸椎、腰椎の筋肉を介して
対側の広背筋が過緊張状態になり、短縮することがよく見られます。
この場合は肩の挙上制限や、背部に痛みを訴えることが多いです。

 

また腰痛がある方で、大腿二頭筋の緊張の増加がみられるのもこれと一緒の原理です。
仙結節靭帯の不安定性を大腿二頭筋で補おうとしてるため緊張してしまいます。

 

 

次に、BFLと体のバランスの関係です。

BFLに重要な筋肉の一つ大殿筋は、体のバランスを取るのに重要な筋肉です。
そのため、大殿筋が萎縮してうまく使えてない人は、片脚立位が上手くできません。

片脚立位を維持するためには大殿筋が重要であり、重心を維持するためには対側の背筋も使う必要があります。
BFLのライン上に萎縮や硬結がある場合、大殿筋が上手く収縮できず徐々に萎縮し
片脚立位の維持も困難になります。
仙腸関節の安定性にも大殿筋と広背筋のラインが関わります。
大殿筋から反対側の広背筋が同時に収縮することで、腸骨が仙骨に圧をかけて
安定させます。
腰を押すと反対側の臀部に響くこともありますがそれもBFLの症状の一つです。

 

一概に腰が痛いといっても、腰が本当に悪いとは限りません。
どこに原因があるのかちゃんと調べて治療していくことが大切です。

 

ふきあげ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区曙町1丁目11

電話:052-734-3195

https://fukiage-shinkyusekkotsu.com/

怪我をして患部の筋トレができない時の代替案 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

スポーツをしていると、肉離れや捻挫などの怪我は付き物です。
本来ならば早期から患部のトレーニングをはじめ、治癒促進と怪我予防をしていきたいですが、痛みが増強したり、二次的な怪我を誘発する恐れもあり、中々トレーニングを始められないことがあります。

その間に筋力が落ち、スポーツ復帰に時間がかかるようになってしまいます。

そこでここでは、患部をトレーニングせず、患部の筋力を上げる方法を記載します。

 

クロスエデュケーション

今回紹介するメカニズムをクロスエデュケーションといいます。

簡単にいえば、右を鍛えたら左は筋トレせずに鍛えられ、左を鍛えたら右も筋トレせずに鍛えられることをいいます。

例えば、右の太ももを筋トレしたら左の太ももも筋肉がつきます。

 

効果はどれくらい?

最初このメカニズムを聞いた時は、「反対も鍛えられるとはいっても、そんなに高い効果はないのではないか?」と考えていたのですが、
よくよく調べてみると、大体鍛えた側の35%の筋力が反対に付きます。

 

患部が痛いから鍛えられないと、患部外トレーニングをする事が多いですが、このメカニズムを使って患部を鍛えていくと、競技復帰が早くなるかもしれません!
注意点は、片方ばかり筋トレすると左右差が生まれてしまう所です。
とはいえ、筋力はすぐ上がるものでもないので急性期のリハビリとして良いものだと考えられます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

 

足底筋膜炎 おいせ鍼灸接骨院

こんんちは。

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

本日は、 足底筋(腱)膜炎(そくていきん(けん)まくえん)についてお話させて頂きます。

 

(足底筋(腱)膜炎とは)
足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋(腱)膜に小さな断裂が起き、炎症を伴い痛みをもたらす病気。
多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。
主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多く発症する。
(原因)
足の裏には、足底筋膜と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱が、かかとの骨から足指の付け根まで張っている。足の甲の骨は、弓状(アーチ)になって体重を支えているが、アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底筋膜である。

 

丈夫な足底筋膜も、歩行やランニング、ジャンプで使いすぎたり四十歳代以降になると、古いゴム管のようにひびが入り、炎症を起こす。それが痛みの原因となる。長引くと、足底筋膜の付け根にあるかかとの骨が、とげのように大きくなり、痛みが増すこともある。ランニングなどの過使用による緊張以外には、へん平足、老化によるアーチの低下なども原因となる。

長距離走をはじめとしたスポーツのほか、長時間の立ち仕事をする人も発症することがある。厚底靴の使用も原因となる。必要以上に足底筋膜に負担をかけないように、クッション性が高い靴底で、かかとがしっかりしていて、足にフィットする靴を選ぶ事で予防できる。

 

(診断)
朝起きての数歩がとても痛いがそのうち軽くなる、長い間座り急に歩き出すと痛む、かかとの骨の前方内側を押すととても痛いところがある、などが足底筋膜炎の特徴であり、比較的容易に診断がつく。レントゲンで骨の突起が認められることもあるが、痛みの原因とは限らない。
四十歳以前の人、かかとの骨より前の部分が痛む人、朝より夕方に痛む人、歩くほど痛みの強くなる人は、別の病気の可能性がある。

 
(治療)
ほぼ9割の人は1ヶ月から3年以内に自然治癒する。足のストレッチをしながら、刺激を避けて自然治癒を待つのが基本。スポーツが原因であれば練習量を減らす。非ステロイド系抗炎症剤の湿布薬や塗り薬、かかとのクッション材、足のアーチを補助する足底板を使用する。

痛みが強くなると局所麻酔剤の注入や、消炎鎮痛剤を内服するが、生活に支障をきたすほど痛みが強くなると内視鏡下で足底腱膜を切り離す外科手術をこともあるが、外科手術する患者は潜在患者約50万人の1 %だといわれている。マラソン選手など特殊な条件以外は、手術は行われず、その効果には賛否両論がある。

少しでも思い当たる症状がございましたらお気軽に当グループ院にご相談下さい。
バランス整体、コンプレフロスなど、あなたの症状に最適な施術を
提供させて頂きます。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

強度が高いほど筋肥大するわけではない さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

筋肥大をさせるなら「高負荷低回数!」が常識でしたが、今ではそうではありません。

実は「高負荷低回数」でも「低負荷高回数」でも総合的な負荷が同じなら筋肥大の効果に差はありません。

 

用語解説‐総負荷‐
総負荷とは、強度×回数×セット数です。
但し、実際筋肥大を行おうとした時に高負荷で行ったほうが、総負荷を上げるのに効率が良いため、高負荷で行われます。
もし怪我をしやすい部位の筋肥大目的のトレーニングを行う際は、低負荷高回数で行っても効果はあると覚えておくと怪我の少ない筋トレができます。

筋肥大に必要な要素

筋肥大に必要な要素は

張力・ダメージ・代謝ストレスといわれているので、

筋肥大を目的とした筋トレは

伸長性収縮(エキセントリックコントラクション)になります。

 

用語解説‐伸張性収縮‐
伸張性収縮は筋肉を伸ばしながら行う、収縮様式です。
例えば、ハムストリングス筋のトレーニングではレッグカールの様にハムが縮まりながら収縮させるのではなく、ロシアンハム(別名ノルディックハム)の様なやり方のほうが筋肥大に効果的といえます。レッグカールも、膝を伸ばした状態から曲げていくのではなく、曲げた状態から伸ばしていけば伸張性収縮になります。

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

シンスプリント みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回はシンスプリントについて述べていきます。

シンスプリントはふくらはぎの内側下1/3部分の筋膜の癒着による炎症が起き、痛みとして現れるのが特徴です。多くの場合、痛みは癒着した筋膜が動かされる運動開始時に現れます。主にジャンプ動作の繰り返しやマラソンなどの長距離ランニングなどにより発症します。

 

この障害はランナーに多くみられますが、どんなスポーツでも、シーズンの始めや新学期に新入部員がハードなトレーニングを集中的に行った場合に頻発します。慣れない環境でのトレーニングを行った為に、足の疲労から筋膜が硬くなり癒着を起こしてしまいます。硬い地面の上を繰り返しランニングする、足部を背屈させる(つま先を上げる)筋肉を過剰に使いすぎる、などが原因となります。

また、偏平足など足底部に異常があると、地面からの衝撃を受け止められなくなるため、疲労が溜まりやすくなり、発症の要因の一つとなります。


治療法
コンプレフロス
炎症の起きている部分は筋膜の癒着が起こっています。コンプレフロスという技術を用いて癒着をリリースすることによって、痛みを抑えるだけでなく、シンスプリントの根本原因である筋膜の癒着を改善していきます。偏平足で足底のアーチが上手く機能していない場合には、筋肉を再教育し偏平足の改善も行っていきます。

お困りの方は当グループ院にご相談ください!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

偏平足 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は偏平足について述べていきます。

偏平足は足の裏に土踏まずが無く平らな状態になっている足の事をいいます。本来人間は6歳くらいまでは偏平足の状態ですが、成長するにつれて土踏まずが作られていきます。しかし、運動する機会が少ないと、足の筋肉が十分に機能しなくなるため、偏平足になりやすくなります。

また、足の骨折と骨格の異常や、筋肉の過緊張、疲労で偏平足になる場合があります。本来は土踏まずが地面からの衝撃を受け止めて、推進力に変える役割をしています。しかし、偏平足で土踏まずが機能していないと、足の不安定感、疲労感、足関節の関節障害、膝関節や股関節の関節障害などが起きやすくなります。

 

治療法
コンプレフロス
土踏まずの形成に大きく関与している筋肉が偏平足の人はうまく使えず、筋膜は癒着し硬くなっています。なので、フロスバンドを用いて筋膜をリリースすることによって本来の機能を取り戻させます。一度の施術で偏平足が劇的に改善された症例もあります。
お困りの方はぜひ当グループ院までご相談ください!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

うつ病について ひょうたん山鍼灸接骨院

こんにちは。
ひょうたん山鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の田口です。

今回はうつ病についてお話します。
うつ病とは気分が落ち込む、なかなか寝れない、疲れがとれない等、
精神的、身体的な症状が続くものです。

 

原因としては、セロトニンという神経伝達物質の減退で起きます。
主にストレスが脳に機能障害を引き起こしていると考えられています。
100人に3~7人の方はうつ病を経験されたことがあるというぐらい近年では
他人事ではない身近な病気として認識が広がってきています。

 

対策としては、
休んで心を落ち着かせる。
無理をしないで睡眠をとる。
食生活を改善する。
運動習慣をつける。

等です。日常生活を変えていくと少しずつ改善していきます。
また、鍼治療もうつ病に対して治療することができます。
一緒に日常生活から見直しながら改善への手助けをさせてください!

 

少しでも気になったらお近くのハートメディカルまでヽ(・∀・)ノ

 

ひょうたん山鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区新城10番5号

電話:052-739-6544

https://hyoutanyama-shinkyusekkotsu.com/

冷やすべきか温めるべきかを再考する さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

よく聞かれる質問に
「冷やすべきか温めるべきか」というものがあります。

 

基本的には
「やってみて気持ちいい方」

または
「患部に触れて熱ければ冷やす」
「幹部に触れて冷えていれば温める」

もう少し、細かくみていきます。

選択方法を再考する前に、冷やすことと温めることのメリットとデメリットを確認し直します。

 

冷やす事の目的は
・鎮痛
・炎症を抑える
・二次損傷の予防
があります。
この中でエビデンス(科学的根拠)があるのは鎮痛のみで、
他はアイシングによる効果の予想です。

 

冷やすことのデメリットは
・治るのが遅くなる。
・長時間の使用でホルモンバランスが乱れる(自律神経障害)
・筋トレ後の血管の成長を弱める
・後遺症の誘発
・血流量低下
の可能性があります。
これにはエビデンスが存在します。

 

 

温めることの目的は
・血流促進で回復を早める

デメリットは
・炎症がある場合、炎症や痛みが強くなる可能性がある。

 

これらを踏まえた上で、再考します。
これだけのデメリットがありながらスポーツ業界で未だアイシングが行われているのは、勉強不足ではなく、経験則などから研究で明らかになっていない効果があるだろうと考えられているからです。

 

冷やす目的に鎮痛(エビデンス有り)がありますが、
冷やすか冷やさないかの判断の主を「痛み」にしてはいけません。

 

なぜなら、例えば
ヘルニアは炎症物質が出ないことが多いことが明らかになっていますし、
肘の損傷(テニス肘やゴルフ肘)は痛みがあるものの、炎症症状の特徴の血流量増加が起きて無く、むしろ血流量が低下します。

 

つまりこの場合は温めるべきです。
このことから痛みは判断の基準になりにくいといえます。

 

そのため、温めるか冷やすかは障害によります。
その都度聞いて頂くのが最良ですが、場合によって自己判断が必要な時は、
痛みだけでは判断にならないので、やはり
「やってみて気持ちいい方」
または
「患部に触れて熱ければ冷やす」
「幹部に触れて冷えていれば温める」
が自己判断の最良になります。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/