「スタッフブログ」カテゴリーアーカイブ

体幹とは(7) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

腰痛の再発予防に最もかかわるのは多裂筋です。

この筋は腰全体の安定性を高めているのではなく、もっと小さい範囲、腰椎一つ一つの安定性を高めています。
腰痛を持つ方はこの多裂筋の筋力が神経性に抑制されます。

 

実際には腰痛発症当日から筋力が落ちます。
大抵は腰痛発生時腰回りの筋の活動は増加しますが。この多裂筋は逆に落ちます。
さらに腰痛が改善した後も筋力が戻ることはなく、トレーニングをしなければいけません。

 

多裂筋をトレーニングした人は1年以内の腰痛の再発率が83%から30%まで減少します。

そのため、多裂筋のトレーニングはほとんどの腰痛で必要となります。

次回は横隔膜と体幹の関係について書いていきます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

体幹とは(6) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

体幹について調べると腸腰筋という筋がよく出てきます。
なぜこの腸腰筋が着目されるか書いていきます。

 

腸腰筋は3つの筋の総称ですが、特に重視されるのがその中の一つ大腰筋です。

大腰筋の主な役割は、
◯股関節を曲げる(屈曲)。
◯股関節を安定化させる。
◯腰椎を安定化させる。
◯上半身と下半身をつなぐ。
です。

 

今回は腰椎の安定化に着目します。
大腰筋は腰を反る作用と、腰を曲げる作用があるとされます。

この2つが同時に働くことで腰椎を下に引っ張ります。
そうすることで椎間板が圧迫され内圧が上がり、腰椎が安定します。
腹腔内圧理論のお腹の風船のイメージを椎間板で考えたのと同じです。

 

次回は腰痛の再発予防に大きく関わる筋を紹介します。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

体幹とは(5) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

前回紹介した靭帯で腰を支えるパッシブパートの他に筋の負担を減らすメカニズムがあります。
それを【モーターコントロール理論】といいます。

 

筋肉はグローバル筋(長い筋肉:下図左)とローカル筋(短い筋肉:下図右)に分けられます。

このグローバル筋とローカル筋を一緒に使うことで1つの筋にかかる負荷を軽減しています。
どちらかのみを有意に使っていると筋損傷の原因になるとされます。

 

つまり体幹の筋はどれかを鍛えるというよりは全部使えるようにするのが重要となります。

次回は初回に挙げた代表的な体幹筋以外の筋に着目します。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

体幹とは(4) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

筋だけで体幹を安定化させると筋への負担が大きすぎて痛めてしまいます。
この負荷を減らすメカニズムが
【パッシブパート】です。

立位で前屈すると腰の筋が働き、上半身を支えますが、途中から筋が働かなくなり、靭帯系のみ(正確には腰方形筋も働く)で上半身を支えます。
特にこの筋が働かなくなることを筋弛緩現象といいます。
これにより筋の負担を大きく減らしています。

 

反対に言えば、腰を曲げる時間が長いと靭帯へのストレスが大きくなり靭帯が伸びてしまいます。
靭帯が伸びると安定化できず筋肉で支えることになります。

 

個々の筋の負担を減らすメカニズムは他にもあります。
次回はそのメカニズムを紹介します。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

腸脛靭帯炎 北なごや鍼灸接骨院

こんにちは、徳重・名古屋芸大向かいの
北なごや鍼灸接骨院(北名古屋市熊之庄新宮)院長の山本です

 

12月も終わりに近づき寒くなっていきましたね。
爆弾低気圧も近づいたこともあり、愛知県でも雪が降りましたね。

 

さて、最近来院された患者さんですが
ランニングによる腸脛靭帯炎を起こしていました。

 

ウィメンズマラソンを目指し練習を開始されている方も多いかと思います。
寒くなり、骨盤の周りの筋肉、お尻の筋肉、太ももの筋肉などが固まり、
負荷がかかってしまうことで、足の付け根や、膝のあたりに痛みが出てしまいます。

 

治療では、痛みのある部分に対して、ハイボルテージ治療。
全身の負担を軽くする、HMバランス整体を行いました。

 

初回で痛みは約半分まで減少しました。

 

股関節のストレッチ、太ももの外側のストレッチを十分に行い、ウォーミングアップをして身体を温めてくださいね。

 

それでは、怪我無く、楽しくランニングをして下さいね。

 

北なごや鍼灸接骨院

所在地:北名古屋市熊之庄新宮54-1

電話:0568-68-8290

https://kitanagoya-shinkyusekkotsu.com/

パーキンソン病 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

今日はパーキンソン病についてご紹介したいと思います。

 

🖋パーキンソン病とはどんな病気なのか。
・中脳の異常の為に身体の動きに障害が現れます。

 

・高齢者の方に多くみられ現在日本には15万人の患者さんがいると言われています。※若い方でも発症することは稀にあります。

 

・原因としては脳内のドーパミンが減少してしまうこと。このドーパミンが減少することによって身体がうまく動かせなくなってしまうのです。
他にも中枢神経や自律神経にも影響が及ぶ為精神症状等も現れます。

 

🖋特徴は?症状は?
・特徴はゆっくりと、進行すること。です
何年もかけてゆっくりと進行していきます。
・代表的な症状は手が震える。
動作が遅い、小さい又は少ない。
筋固縮(動かそうとすると関節がカクカクするような抵抗感がある状態)
バランスがうまく取れない。

 

🖋現在は進行を遅くする薬も開発されている為早い段階からきちんとした治療をすることが大事です。

また、鍼はパーキンソン病にも効果があります。

そして当院の全身調整法で血行状態を良くし固まってしまった筋肉にアプローチをするだけで症状緩和をする事が出来ますので是非一度ご相談ください

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

変形性膝関節症 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は変形性膝関節症について述べていきます。

 

どんな病気?
男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど発症しやすくなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では動き初めに痛む動作時痛があり、休めば痛みは取れます。末期になると、安静時にも痛みがあり、変形が強くなって、膝が真直ぐに伸びず歩行が困難になります。

 

原因
関節軟骨の変性、体重の増加や遺伝も関与しています。また骨折や靱帯損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
関節軟骨の変性によるものでは、年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎによりすり減り、膝が変形してしまいます。

 

手術療法
保存療法で効果が見られないときや、痛みが強く日常生活に著しく不自由がある場合には手術療法が検討されます。手術を行ったとしても効果は永続するものではなく、一定期間入院しての固定やリハビリが必要です。また感染症や合併症の注意が必要です。手術のメリット、デメリットなどをよく理解した上で決定することが大切です。

 

当院での保存療法
一度すり減ってしまった関節軟骨を完全に元の状態に戻すことは難しいです。なので、痛みを軽減させ、日常生活に支障のない状態を目指していきます。

 

バランス整体
膝をかばって生活をしているので、体には歪みが生じてしまいます。その歪みによって、さらに膝関節にかかる負担は大きくなります。なので、土台となる骨盤を安定させて、全身のバランスを整えていきます!

 

楽トレ
太ももや膝関節、骨盤周囲の筋肉を鍛えて、関節可動域と支持力を強化することにより、膝にかかる負担に対して支持、吸収、分散できるようにしていきます。また楽トレの効果で代謝が上がり、関節軟骨などの栄養状態も良くなるので、痛みを和らげる効果も期待できます!

 

お困りの方は是非当グループ院にご相談下さい!

今年も残りわずかとなりました。
年末年始のお休みを有意義に出来るように体のケアをしていきましょう!!
年末年始の休診のお知らせです。
12/30(土)~1/3(水)までお休みを頂きます。
12/29(金)は18:00までとなります。
宜しくお願いします!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

乾燥肌 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)院長の旗野です。

 

最近は寒さがどんどん増してきましたが、
それと同時に【乾燥】も強くなってきましたね。
室内は40%~60%程度が良いとされていますから、
就寝時など気を付けてくださいね

 

また、乾燥がひどくなると出てくるのが【乾燥肌】です。

乾燥肌は湿度低下により皮膚から水分が蒸発しやすくなってしまう事で
かゆみ 湿疹などの症状が出やすくなる皮膚の状態のことです。

とくに皮膚機能が未熟な乳幼児や子供、また加齢により潤いを保つ機能が
衰えている中高齢者は注意が必要です。

予防としては

① 熱いお湯や長湯は避ける
② ごしごしと体を洗わない。
③ 部屋の湿度を保つ。
④ ローション、クリームなど保湿剤をつかう。

ぜひ上記の4つの項目を参考に、お肌のトラブルを乗り越えていきましょう。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

風邪について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

気温が下がると免疫力も下がりますので、暖かい服装、食事を意識して行きましょう。

 

今回は風邪についてお伝えします。

風邪とは、空気の通り道である鼻やのど、気管支などの粘膜表面から、鼻水やたんなどの水分が大量に分泌して炎症を起こした状態です。原因はウイルスからの感染が最も多く、全体の80%以上を占めます。

 

(原因)
1風邪をひいている人からの直接感染
2感染源に触れたことによる間接感染
3免疫力の低下が考えられます。

 

(日常生活で予防)

バランスの取れた食事
しっかりとした睡眠
手洗いうがいを意識する
室温湿度を調整
タバコを控える
冷房をつけないなどです。

 

意識すれば誰にでもできる事ですので、頑張って行動をして行きましょう。
おおもり鍼灸接骨院は12月29日18時まで営業し、1月4日スタートですのでよろしくお願いします。

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

オスグッドシュラッター病 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回はオスグッドについて述べていきます。

どんな病気?

発育期の小学生高学年~中学生に良く起こる怪我です。太ももの前の大腿四頭筋が膝蓋骨、膝蓋腱を通して脛骨粗面に付着しています。走ったり、飛んだり、ボールを蹴ったりすると、大腿四頭筋が収縮し、脛骨粗面に牽引力が生じます。この時期の脛骨粗面には軟骨で骨が伸びる部位があり、繰り返しの牽引力による負荷が加わり炎症が生じます。

それにより運動時痛や押したときに痛む圧痛が見られるようになります。外見はあまり痛そうでなくても本人からすればかなりの痛みなので分かってもらえず発症者のネックとなることが多いです。

オスグッド病は病院では「成長痛」と言われます。診断は容易にされ、膝下が腫れていたり、骨がボコッと出っ張っていると「成長痛」と言われます。成長痛だから一般的には治療方法がないと考えられていますが、競技継続や復帰に向けて出来ることはあります。

 

ストレッチ 
大腿四頭筋の柔軟性不足で発症することが多いので、ストレッチにより柔軟性を取り戻します。柔道、空手、剣道などの武道をする子の発症は少ないです。武道では礼儀作法で正座をする習慣があるので、常に膝周囲の筋肉や靭帯のストレッチを繰り返しています。

 

テーピング 
大腿四頭筋による脛骨粗面にかかる牽引力を下げることによって安静を保ちます。どうしても練習を休めないときはテーピングで筋肉の動きをサポートし、膝の曲げ伸ばしをサポートします。

お困りの方は是非当グループ院にご相談下さい!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/