「スタッフブログ」カテゴリーアーカイブ

脱水症 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!!

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の粟屋です。

 

真夏日になり、脱水症になる方がどんどん増えてきていますね。

今回はそんな「脱水症」についてお伝えしていきたいと思います。

 

なぜ脱水症が起こるのか、脱水症とは
「何らかの原因で体液が失われた状態」を脱水症といいます。
その主な原因としては食欲低下や水分摂取の不足の他に、下痢や嘔吐、発熱、発汗などによる体液の喪失が挙げられます。

 

水と塩分で作られている人の体液。体液は体温調節を行ったり、体に必要な栄養素、酸素を運んだり、さらに老廃物を排出する役割があります。

 

成人の場合、体液は体全体の60%ほどを占めています。しかし、気温の上昇や激しい運動で汗をかいたり、下痢や嘔吐で体液を排出したり、体から水と塩分が失われた結果として脱水症を招くのです。

 

脱水症は単なる水分不足ではなく、脳や消化器系、筋肉にまで異変が出てしまう実は危険な症状です。
脱水症の度合いは、体液が失われることによる体重減少の割合で以下のような三段階に分けることができます。

①軽度  体液が3~5%(50㎏の人で1,5~2,5㎏)減少
症状:めまい、立ちくらみ、口の渇き

 

②中等度 体液が6~9%(50㎏の人で3~4,5㎏)減少
症状:頭痛、悪心、嘔吐

 

③重度  体液が10%以上(50㎏の人で5㎏以上)減少
症状:意識障害、けいれん

 

他にも「原因不明の発熱」や「急激な体重の減少」が脱水のサインだったりすることもあります。
見逃さないように、自分の体の異変には耳を傾けるように心がけましょう。

 

脱水症は起こる前の予防がとても大切になります。
最後に今すぐ実践できる予防策を3つご紹介します。

 

1.規則正しい食生活
一日に必要な水分の4割は食事から補給しているため様々な色の食材が並ぶようバランス良く頂きましょう。

夏場は、水分が多く含まれる野菜や果物などが脱水対策に適しています。
特に夏野菜のキュウリやトマトは水分が90%以上のため、おススメです。

 

2.暑熱環境を避ける
日陰のない夏の街中では、日射以外にビルの壁面や路面からも熱を多く受けてしまいます。
皮膚に日が当たると体温が上昇するため、外出時は肌の露出に十分に注意してください。
特に太い血管がある首はその影響を受けやすいので冷たいものを首元に当てるなどの対策をしておくことがおススメです。

 

3.こまめな水分補給
まず、毎日の体に入ってくる水分と体から出ていく水分のバランスを崩さないことが大切です。
夏場は2時間おきを目安に水分補給することを心がけましょう。
飲み物はアルコール以外の物。給水性の高い経口補水液が最もおススメです。
喉が渇く=体に水分が不足している状態です。
体調管理も仕事の内です。こまめな水分補給と涼しい場所で適度に休んで体調を整えましょう。

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

誤った呼吸が身体を硬くするメカニズム さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は誤った呼吸について書いていきます。

 

誤った呼吸とは、
【機能検査】
①上向きで寝ます
②胸とお腹に手を当てます
③深呼吸して胸とお腹の膨らみ具合をみます

正常であれば、胸もお腹も同じくらい(1:1)同時に膨らみます。
もし、お腹だけ、胸だけしか膨らまないとか同時に膨らまないのであれば、呼吸を見直す必要があります。

 

女性では胸式呼吸優位になりやすいため、深呼吸すると胸が膨らみ、お腹が凹む方が多いです。
→この場合は腹式呼吸の練習をすると改善しやすいです。

 

男性では反対に腹式呼吸優位になりやすいため、深呼吸するとお腹が膨らみ、胸が凹む(または動かない)方が多いです。
→この場合は胸式呼吸の練習をすると改善しやすいです。

 

人は1日におよそ2万回呼吸するので、誤った呼吸は身体に過剰な負荷をかける可能性が考えられます。

 

呼吸機能が低下することで起こる問題のひとつが肋骨機能障害です。

肋骨は大きな可動域を持っています。
例えば右に身体を倒すと肋骨は下図のように動きます。

もし肋骨の動きが悪ければ、その分他の関節に負担がかかることを意味します。

負担がかかるところは
腰かも知れませんし、肩かもしれません。

下図は肋骨が広がって固まり、反り腰を誘発することを示しています。

呼吸は人にとってなくてはならないものです。
呼吸を意識しましょう!

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

経絡とファシア もりやま鍼灸接骨院

こんにちは

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の矢澤です。

 

いま鍼灸業界がすごく盛り上がっています。
それは一冊の本によるものです。

 

『閃く経絡』

 

東洋医学でいう経絡を医学の言葉を使い、医学的に説明しています。
これまで、経絡を科学的に説明しようとした論文は沢山ありました。
良導絡、ボンハン学説。しかし、どれも医学的につつかれると、少し口がもごもごしそうな根拠にすぎませんでした。
そのキーワードが『ファシア』です
ファシアとは日本語では訳せませんが、内容で説明すると、「すべての神経、筋、血管、臓器、骨、腱を覆い、つなげ、包む線維性結合組織」のことです。

 

人体には微量な電気が体を流れており、これは人体の形成再生にとても重要なものです。その電気が流れている部分がファシアになります。そのファシア内でも特に電気伝導性に優れているのが経絡だということ。

 

経絡がファシアであれば、この電気をうまく誘導させてあげればよい。
足に浅い鍼をして腰が治る。ということも説明できます。

 

本書では経穴についても発生学の観点から説明をしています。
これも興味深いです。

私の頭ではここまでしか説明できませんので、またの機会とします。

 

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

ストレッチ⑤ つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)です!

 

患者様からストレッチのやり方についてご質問をもらう機会が多いのでご自宅でも正しく行ってもらえるようにと資料を作成しました。

今回は前回に引き続きのパート5!

 

① 太ももの前のストレッチ

・やり方
ストレッチする方の脚の膝を曲げ、つま先は後方に向ける。
膝を浮かせないようにしながら上体を後ろに倒す。

・ポイント
個々の柔軟性のレベルに合わせて、上体の傾きを調節する。

 

 

②ふくらはぎのストレッチ

 

・やり方
ストレッチする脚を後方に引き、壁に手をつく。
かかとを床につけ、膝を伸ばす。
前脚の膝を曲げながら、徐々に腰を前方へ移動していく。

・ポイント
膝とつま先をまっすぐにする。

 

ストレッチを行う上での注意点
・出来るだけリラックスできる場所で、伸ばそうと思う場所もリラックスした状態にして行う。

・心地よい張りを感じるくらいで30秒間保持し、痛みが出る場合は、強度を下げる。

・反動をつけないでゆっくりとストレッチしていく。

・同じ筋肉だけを続けて行わず、他の筋肉とかわるがわる行っていく。

継続は力なり!

5回にわたってお伝えしてきたストレッチも最終章です。
これ以外にも様々なストレッチがありますのでお気軽にお尋ねくださいね!

分からない事はお近くにハートメディカルグループへご相談ください!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c

アイシング~rice処置~

こんにちは!
守山区大森・金城学園前。瀬戸街道沿いにあるピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!

 

今日も暑いですね!名古屋で40度記録しました(8月3日)

こんな天気の中、頑張って通ってくださる患者さんに感謝です。
院内はしっかり冷やしてありますので、予約時間より少し早めに
お越しいただくことをお勧めいたします。

 

さて、前回のアイシングの続き。
RICE処置についてお話ししますね。

 

rest(安静)ice(冷却)compression(圧迫)elevation(挙上)
それぞれの頭文字を用いた外傷の代表的な応急処置です。

 

restは安静。運動を中止することで全身の血流循環を押さえて患部への血流量を減らすとともに、患部を固定することで損傷部位の動揺を防ぎ局所的な安静を図る為に行います。

 

iceは冷却。患部を冷却することで、炎症によって過剰に高まった局所の熱感を下げます。また冷却によって血管を収縮させることで血流量を減らすとともに低温にすることで細胞の活動が緩やかになる為酸素、栄養素の必要量が低減されます。その結果、2次的低酸素症を抑制することができます。

 

compressionは圧迫。損傷した細胞や毛細血管から細胞液や血液が漏出する現象(内出血)を抑える効果があります。圧迫することによって大量に血液が流れ込むのを防ぐとともに血液が残留するのを防ぐ役割もあります。
しかし、圧迫しすぎると血行障害や神経障害を引き起こすので注意が必要です。

 

elevationは挙上。患部を心臓より高く上げる事で物理的に患部への血流を緩やかにし、患部からの静脈の流れを促進する効果があります。その為患部の内出血が抑えられます。

 

これらの4つの手技を行う事がrice処置ですが、それぞれに一定の効果がある為状況や条件に合わせて行う事が大切です。
自宅や外出時、またお子さんの急なケガなど発生した場合には是非行ってくださいね。
次回は実際の準備についてお話しします。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

スクワットで全身の柔軟性を視る! さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

スクワットは機能検査としてよく使われます。

スクワットは200種目程種類があるともいわれますが、今回紹介するのは「オーバーヘッドディープスクワット」です。

 

オーバーヘッドディープスクワット」は名前の通り
腕を頭より上に上げた(オーバーヘッド)、深くしゃがむスクワット(ディープスクワット)です。

    

 

「オーバーヘッドディープスクワット」は

1、 肩の柔軟性
2、 背中(胸椎)の柔軟性
3、 腰の柔軟性
4、 股関節の柔軟性
5、 足の柔軟性

これらを同時にみることができます。

 

【検査の順序】
1、 棒かタオルを両手で持って頭の上にあげます
2、 肩幅で立ちます。
3、 そのまま踵を上げないようにしゃがんでいきます。
4、 太ももが地面と平行より下までお尻を下げます

 
【見る点】
1、 手に持った棒(タオル)がつま先より後ろにあるか
2、 上半身は脛と平行かそれよりも垂直にあるか
3、 膝はつま先と同じ方向を向いているか
この3点が可能であれば、日常生活を行う上での柔軟性は十分と判断できます。

 

【よくある誤解】
スクワットのよくある誤解として「膝がつま先より前に出てはいけない」というものがありますが、これは間違いで、検査において膝がつま先より前にでることに問題はありません。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

アイシングを行う目的 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
大森・金城学院前。瀬戸街道沿いのピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!

 

いやー。暑い日が続いますね。
40度近い日は少なくなりましたが、それでも35度を超える暑さが続いています。
皆さんも十分にお気を付けくださいね。

 

さて、最近、運動中の『捻挫や打撲』で多くの患者さんがいらっしゃいます。
とりあえず冷やしました。という対応が多いですね。
それは素晴らしいのですが、皆さんそもそもアイシングを何のためにやるか
ご存知でしょうか?

 

アイシングは

『冷やすことで一時的に患部とその周囲の細胞の代謝レベルを下げる行為』

の事です。
つまり、痛めた部分だけでなく、その周囲も冷やす目的があるんですね。

 

それはなぜかというと、2次的な外傷性損傷を防ぐためです。
痛めた患部は炎症により細胞の代謝が上がるのですが、
細胞は痛んでいる為、十分な酸素や栄養が行き渡りません。
結果的に低酸素症の状態になり損傷が拡大してしまう恐れがあるんです。

 

そこで、アイシングの登場。

 

冷やすことで一時的に上がった細胞の代謝を押さえます。
すると必要な酸素量が少なくて済むので、最小限の酸素供給で済むわけです。

 

運動中や日常生活で痛めてしまった場合、最小限の損傷程度で済ませる為にも
アイシングをしっかり活用してくださいね。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

頚原性頭痛 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は頭痛の中でも首が原因となる 頚原性頭痛 についてです。

慢性頭痛の15-20%が 頚原性頭痛 といわれます。

 

頚原性というのは単に筋が原因というわけではなく、
首の神経、椎間関節、椎間板、人体、骨、硬膜、動脈、筋から引き起こされる頭痛全てをいいます。

そのため、筋が硬くて生じる緊張型頭痛と同じではありません。

つまりマッサージだけでは治らない 頚原性の頭痛 があるということになります。

 

当院では 頚原性頭痛 を鍼やHMバランス整体で包括的に治療していきます。

もし慢性頭痛でお悩みで中々治らないという方は是非一度ご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

足の小指の痛みと感覚麻痺【症例】 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

裸足で歩くと足の小趾に痛みと痺れ、感覚障害が生じる症例です。
視診してみると爪が外を向いているので、小趾が45°外に捻れていました。(ファランジールローテーション:Phalangeal Rotationといいます)

 

このファランジールローテーションは悪化すると内反小趾(外反母趾の逆)になることがあるので注意が必要です。
ファランジールローテーションの痛み自体は施術後になくなりましたが、すぐ再発しました。

 

そこで、
裸足で悪化するため、症状が無くなるまで、サンダルをやめてもらい、靴下と靴を履く頻度を高めてもらいエクササイズとして、足を地面につけたまま強く握る運動をします(地球を掴む感覚です)。
あとは徒手的に筋バランスを整えると1ヶ月程度で捻じれがなくなった状態で安定しました。

安定することで、症状が再発しなくなりました。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

首と背中の関連 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

ストレートネックという言葉を聞くことがあると思います。
ストレートネックは頚椎という首の骨の正常な彎曲が減少した状態をいいます。
この首の彎曲を前彎角といいます。


この頚椎の前彎角は単独でストレートになるわけではなく、その下の胸椎という背中の骨の角度に依存してストレートネックになります。
つまり、下から治していかなければ首だけケアしていてもストレートネック自体根本的には治らないことを意味します。

 

よくある首の下にテニスボールやストレッチポールをいれるエクササイズの効果は一時的なものです。

 

もしストレートネックが気になるのであれば一度ご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/