「その他の症状」カテゴリーアーカイブ

過敏性腸症候群 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の山田です。

 

皆さん! さむーい季節が到来してきていますね。私は寒がりなのでとてもきつい季節になってきました。しっかりと着込んで冬場の寒さに備えましょう。

 

さて、今回はストレス社会である日本でとても増えてきている過敏性腸症候群のお話です。私もお腹が弱い為、緊張したりすると調子が落ちますね。気温の変化や外部環境が変化していくとこんな状態が起きるのだと思います。

 

どんな症状なのか?

消化器官の働きは自律神経によってコントロールされています。 自分自身の意思とは関係なく機能しています。自動的に身体が反応して活動してるんですね。すごい機能ですね。

 

そして、自律神経に影響を及ぼすのがストレスです。ストレスによって自律神経が影響を受け、コントロール機能が乱れると、消化管の働きにも異常をきたします。ストレスと腸の運動の密接な関係を説明するものとして、最近、脳と腸の関係が注目されています。たとえば、緊張や不安、イライラすることがあると、腸の働きが影響を受けて、下痢、便秘、腹痛などの症状が出ることがあります。過敏性腸症候群といわれています。

 

日本の社会は忙しいですね。私も休みの日には気分転換しにどこかお出かけしてリフレッシュしています。皆さんはリラックスできる環境はありますか?

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

オスグット・シュラッター病 タケダ鍼灸接骨院

こんにちは
あま市七宝町にあります
タケダ鍼灸接骨院の近藤です。

 

オスグット・シュラッター病
オスグット・シュラッター病は、10代前半の脛骨粗面部に疼痛と腫れを生じる骨端症の一つです。発育期の男子の競技者に多くみられる障害であり、急激な身長の増加や激しい運動の後に起こることが多いと言われています。
日常生活動作やスポーツ活動で大腿四頭筋の収縮が脛骨粗面を繰り返し牽引することにより発生します。
局所の安静を中心とした保存療法が適応となります。運動前には十分なウォーミングアップを行い、運動後にはアイシングを行って炎症の鎮静を図ります。膝蓋靭帯を押さえる装具の使用も有効です。大腿四頭筋やハムストリングスのストレッチをしっかりしましょう。

 

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など
近隣の方が多くご来院されています。

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りの際は、お近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい。

 

タケダ鍼灸接骨院

所在地:愛知県あま市七宝町桂親田2027

電話:052-445-0748

手根管症候群 おおもり鍼灸接骨院

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回は手根管症候群についてお話しします。

手根管症候群とは
「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」とは難しい病名ですが、手の平のつけ根部分にある「手根管」の中で正中神経が圧迫されてしまい、麻痺が生じる病態です。通常中年期の成人にみられ、女性に多い病気です。

 

(手根管症候群の原因)
特に原因のない方も多いですが、症状を訴える患者さんの大部分は手関節近くの骨折、脱臼、変形性関節症、腱鞘炎、痛風、アミロイド沈着、慢性関節リウマチ、ガングリオン、軟部腫瘍などさまざまな病気が原因となって発症することが多いです。

 

(症状)

初期には示指、中指がしびれ、痛みがでますが、最終的には母指(親指)から環指の母指側の3本半の指がしびれます(正中神経の支配領域)。急性期には、このしびれ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。

手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれ、痛みは楽になります。手のこわばり感もあります。ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

 

(手根管症候群の診断)

神経が圧迫されている部位を指や道具で叩くと障害されている指先に知覚異常が発生します。

 

手根管症候群の治療
■安静
仕事に関連して発生する手根管症候群の場合、仕事を制限することで症状の軽快が期待できます。単純に手を使用しない安静も有効でしょうが、「シーネ」という固定具を24時間ないし夜間だけ使用する方法もあります。
鍼治療
ステロイド注射
鎮痛剤などがあります。
もし手根管症候群の症状が当てはまれば是非おおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

足のむくみ、腰痛、肩こり:女性

こんにちは!おいせ鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Aさん

【お住まいの地域】 名古屋市中村区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
足のむくみ、腰の痛み、肩のこり。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
新聞のチラシ。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
体全体に血流が行き楽になります。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
体の辛い時にすぐ来院出来とても楽になり日頃の生活や仕事がスムーズにいき感謝しています。

 


【担当者より】
ありがとうございます。足がむくみやすく、辛い思いをされていますね。全身調整により体全体の血流を促し、骨盤矯正により股関節での循環障害を防ぎます。今後もしっかりメンテナンスしていきましょう。

 


おいせ鍼灸接骨院
所在地:愛知県名古屋市中村区太閤3丁目3−12
電話:052-414-4766

筋力低下による姿勢不良:70代女性

こんにちは!ふきあげ鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Sさん

【お住まいの地域】 名古屋市昭和区


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
何となく体が重く、自信が持てない気分でした。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
自分の姿勢が何だか前倒しのように見える。気分がすぐれない。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
こんな事で良いのかと思っていたら『楽トレ』を受け5回目くらいから回を重ねるたび楽しみになって来ました。大変嬉しくなって30回目を迎える頃となりました。

 

【Q4】勧めて頂きありがとうございました。自分自身に自信が持てるようになり、楽しい日々でございます。ご指導有難うございました。

 


【担当者より】
大腿骨骨折をされ、入院期間が長かったことで筋力低下が起きていました。また骨盤の歪みにより前倒しの姿勢になっていました。筋力強化の為の「楽トレ」と「骨盤矯正」を30回行い、今では自信を取り戻されました。お力になることが出来て嬉しく思います。

 


ふきあげ鍼灸接骨院
所在地:〒466-0003 愛知県名古屋市昭和区曙町1丁目11
電話:052-734-3195

坐骨神経痛 みその鍼灸接骨院

こんにちはみその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

坐骨神経痛について自分なりにまとめました。

坐骨神経痛とは病名ではなく症状の名称です。

腰部、骨盤部から足の末端にかけて、走行する坐骨神経へ何かしらの刺激が加わると、この神経に沿った領域に症状が現れます。

症状は人それぞれで「足全体が痺れる」「お尻だけが痛む」「太ももがつっぱる」「電気の走るような感じがする」など様々です。
坐骨神経痛の原因の疾患として以下ものもがあげられます。

1.脊柱管狭窄症
2.脊椎分離症
3.脊椎すべり症
4.梨状筋症候群

 

 

 

 

 

 

治療方法
坐骨神経痛の治療では、原因となっている疾患にかかわらず、まずは症状の緩和を目標としていきます。それらを行っても症状が軽減しない場合や膀胱や直腸に障害が現れた場合には手術も検討されます。
当院では鍼治療や神経筋矯正で痛みを和らげて、骨盤矯正や楽トレで日常生活において痛みの出ない体作りを行っていきます。
お困りの方はぜひ当グループ院にご相談ください。

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

 

足関節捻挫 おいせ鍼灸接骨院

こんにちは

おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

今回は、足関節捻挫についてお話させて頂きます。

足関節捻挫とは、足首を捻ることで起こる怪我の事です。

最も多いのが足首を内側に捻ることで発生する内反捻挫で

外側の靱帯を損傷し、腫れや疼痛が発生します。

損傷の程度によっては剥離骨折などが起こっている場合も有るので

放置せず、早めに医療機関へ受診することをオススメします。

 

また、骨折がなくても骨のズレや靱帯の断裂や伸びなどが

起きていて放置していると痛みや腫れが引いても

再発のリスクや関節の不安定性が残ることになります。

 

その為、早期の回復やスポーツ復帰の為にも医療機関での

適切な処置が必要となります。

 

【処置の一例】

(1)腫れと疼痛緩和のために患部を安静にして氷水などで冷やす。

(2)足関節の整復を行い、骨の位置を正した後、テーピングや

包帯などで固定を行う。

(3)疼痛と腫れが引いたところで固定を除去して足関節の

筋力トレーニングを行う。

 

たかが捻挫だからと湿布だけで済まさず、おいせ鍼灸接骨院にご来院下さい。

スタッフ一同、早期回復の為、精一杯対応させて頂きます。

 

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

マイコプラズマ肺炎について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは。
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

本日は冬に流行するマイコプラズマ肺炎についてお話しさせて頂きます。

 

🖋マイコプラズマ肺炎とは?
聞き慣れない方も多いと思いますが、この病気はちょっと変わっていて細菌にもウイルスにもない性質を持っているんです。

ウイルスというのはヒトの細胞の中でしか増えませんが、マイコプラズマはウイルスと違い、栄養があればヒトの細胞外でも増えていくのです。そして細菌には体を保つために外側に膜のような壁があるのですが、マイコプラズマにはその細菌のもつ壁がないのです。
この微生物は、気管や喉などの気道に感染し、主に気管から肺で増殖することが特徴的です。

 

🖋どんな症状が出るの?
のどの痛み鼻水、鼻づまり、37℃程度の微熱から39℃以上の高熱咳、痰のからむ咳(解熱しても1ヶ月近く続く症状)喘息がある場合、喘息の悪化、ゼーゼー、ゴロゴロ、ヒューヒューといった苦しい呼吸が出る等があります。
乳幼児に感染した場合は風邪程度で済みますが、学生や大人になると肺炎になりやすくなります。

 

🖋マイコプラズマはうつる?学校や仕事は?
感染から発症までの潜伏期間は1~3週間ぐらいです。飛沫感染するので一度流行するとどんどん拡がってしまい流行になってしまいます。季節では秋から冬にかけて多いです。
ですのでマイコプラズマと診断された際は学校や仕事は休み、お医者さんの指示に従い安静にする事をお勧めします。

 

🖋最後に
冬には、その他にもインフルエンザや、ウイルス性胃腸炎、急性上気道炎といった疾患が流行りやくなります。そして今年の10月は寒暖差がとても激しいので体調を崩しがちになるやもしれません。なので少しでも変だな?いつもの風邪とちょっと違うかも?と思ったら病院に行き検査を受ける事をお勧めします。
今年も残りわずかです。
健康な状態で年を越しましょう!

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

骨盤の歪み:60代女性

こんにちは!はるおか鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Wさん

【お住まいの地域】 名古屋市千種区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
骨盤の痛みと左太ももが痛くてきました。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
身内の者が来ていて紹介された。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
とても丁寧にして頂いています。まだ一進一退で良くなったかと思うとまたちょっと痛み出します。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
疑問によく答えて頂いてありがたいです。

 


【担当者より】
アンケートありがとうございます。骨盤の歪みがあり、脚長差が出ていることが原因で左大腿部に痛みが出ていました。根本的に改善するために神経筋矯正+骨盤矯正をこれからも続けていきます。

 


はるおか鍼灸接骨院
所在地:〒464-0847 愛知県名古屋市千種区春岡通5丁目29−11
電話:052-764-3020

胸郭出口症候群 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋医名東区)の服部です!

 

最近の天候は暑い日もあれば寒い日もあることから、
衣替えをいつにするか個人的に迷っているところです笑

 

気温差が出るこの時期に多いのが、腕や肩、首のこり、疲れ、痺れです。
この症状が主となる疾患に 胸郭出口症候群 があります。

 

胸郭出口とは椎体と椎体(骨と骨)から出た神経や動脈、静脈が
周りを取り囲む骨や筋肉を貫く通り道のことを指します。

 

原因は不良姿勢(猫背)、肥満、なで肩の方(特に女性)、
肩や腕の使い過ぎなど原因はさまざまであり、全てに共通して
胸郭出口のサイズを小さくしている」ことが言えます。
→→→結果的に小さいことで組織を圧迫してしまいます。

 

症状は首、肩、腕、手の様々な領域における痛み、前腕と指の痺れ、
手の脱力感、腕のむくみ、手や腕が疲れやすいなどです。
これらの症状に加えて物を持ち上げることができない、
肩や腕の動く範囲が制限される場合があります。

 

予防としては上記で示した症状がみられた際は、肩の上に重い物を乗せないことです。
なぜなら乗せることで鎖骨を圧迫し胸郭出口の内圧を高めてしまうからです。
上肢の痺れや痛み、倦怠感などの症状に最適な治療としては
当院独自の HM式神経筋矯正 がおすすめです!!
痛みの根本にアプローチすることで痛みの出にくい身体にしていき、
日常生活をより良くするためのサポートをさせて頂きます!!
この記事を読まれた方で今回紹介した症状に該当し、実際に困っているという方は
お気軽に当院までお問い合わせください。お待ちしております。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060