膝蓋靭帯炎 みその鍼灸接骨院

こんにちはみその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は膝蓋靭帯炎について述べていきます。
膝蓋靭帯炎とは大腿四頭筋の収縮力が膝蓋骨と膝蓋靭帯の接合部に繰り返しかかることで、膝蓋靭帯の微小断裂や変性が生じる障害です。痛みの部位は膝蓋骨の直下もしくは直上にあり、腫脹や熱感を伴うこともあります。膝蓋靭帯炎はジャンプ動作が要求される、バスケットボールやバレーボールなどと、陸上競技、サッカーなどの走る動作を繰り返す種目で多く見られる、オーバーユースを起因とするスポーツ障害です。骨端線の閉じる15歳以降で発症しやすいです。

治療
基本的には保存療法として安静、大腿四頭筋のマッサージやストレッチ、テーピングやサポーター、温熱などが行われます。症状が軽い場合には、ストレッチの併用でスポーツ活動の継続は可能です。進行している場合にはジャンプ動作の制限やスポーツ活動を休止します。症状が強く保存療法で改善されない場合には、手術が施行されます。

 

当院での治療方法
HMバランス整体
体の土台となる骨盤を整えて、深層筋を再教育し、膝にかかる負荷を少なくしていきます。そうすることで痛みの出にくい状態にしていきます。ご自身で行えるストレッチもお伝えします。

 

楽トレ
膝を支えている深層の筋肉を鍛えることにより、膝関節の支持力を強化していきます。そうすることによって再発を防止することが出来ます。

お困りの方は当グループ院にご相談ください。

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

転倒予防 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の豊福です。

 

名古屋では毎年1月2月に一回は雪が降ります。
今年も積雪があり、足場が悪く歩きづらい時期がありましたね。
僕はよく滑って転んでしまうのですが、今年は今の所何とか転ばずに済んでいます!!

 

若い人、身体の丈夫な人は大事にならないことが多いですが、転倒による怪我は決して少なくありません。
特に、高齢者の転倒は数が多く、大事になることも少なくありません。

 

転倒時の怪我でもっとも多いのは32.3%で「打撲」いわゆる打ち身です。次いで25.6%「擦り傷、切り傷」、「ねんざ、脱臼、突き指」が9.7%です。そしてその次に多いのが、「骨折」です。
変形が残ったり、治りが悪かったりする骨折はとても厄介ですね。他三項目よりも確率は低いですが、確率は8.7%と決して低くはありません。
骨折の部位は、上半身よりも下半身に多く、場合によっては寝たきりになってしまう場合もあります。

 

特に気を付けて頂きたいのが、女性の方です。男性に比べ、ホルモンバランスの関係で、骨粗鬆症などにより、骨や身体が弱くなったり、バランスが崩れやすく、骨折など大きな怪我の割合も高く、女性のみでは転倒時の骨折発生率はなんと10%にもなるのです!

 

転倒の理由のほとんどは、歩くときに足が上がっていないせいです。
本人は上げているつもりでも、上がっていない。そのせいで低い段差や、地面の凹凸に足を取られてしまいます。

 

足が上がらなくなる原因のほとんどは、筋力の低下です。
中でも、腸腰筋と呼ばれるインナーマッスルの筋力低下が非常に多いです。
日頃から意識して足を上げて歩くようにして頂きたいのですが、根本の筋力低下を何とかしたいですね。
体幹トレーニングでも鍛えることは可能なのですが、インナーマッスルはとても鍛えづらい筋肉で、時間と根気が必要になります。

 

そこで、当院ではそんな腸腰筋を効率よく、しかも楽に鍛える事の出来るトレーニング機器をご用意しました!!それが、楽トレです。
楽トレなら、一回30分寝ているだけでOK!週2回で30回やって頂くと効果を大きく実感して頂けると思います!
効果は様々ありますが、体感していただくのが一番早いと思います!

今回は、初めての方のために、お試し価格をご用意しました!
通常一回3500円を、初回1500円でお試しいただけます!!
愛知県内のハートメディカルグループ各院全てに設置してあるので、お近くの院にお電話ください。詳しいお話や、ご相談、資料もお渡しできますので、お気軽にお越しください!!

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

耳鳴り おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区) 院長の旗野です。

 
先週の雪はすごかったですね!
寒さも5度以下が連日続くそうです。
朝方は路面が凍結してますから、気を付けてお出かけしてくださいね。

 

さて、今回は『耳鳴り』についてお話します。

実際に音が出ていないのに、どこかで音が鳴っているように感じてしまうのが耳鳴りです。外耳から中耳、内耳、聴神経、脳の順番で音の伝わりますが、この経路のどこかで異常が起きていると考えられ、そのほとんどは内耳の蝸牛(かぎゅう)という、空気振動を電気信号に変える器官の異常によって起こると考えられています。耳の疾患の他に、全身的な病気やストレスよるものも原因となっている事が多いようです。

 

こうなってしまう原因は、日常生活でのストレス、大きな音を聞き続ける、薬などの副作用、また、疾病によるものがあります。

 

疾病を伴うものであれば、専門機関に行く事をお勧めしますが、
そういったところで検査をし異常がない場合は、日常生活でのストレスによる
ものが多いのではないでしょうか。

 

そこで、簡単にできる耳鳴り予防ツボ押しをお話しますね。

 

耳鳴りの緩和が期待できるツボには、主に以下のものがあります。

 

聴宮(ちょうきゅう)・耳門(じもん)・聴会(ちょうえ)
耳の穴の前側にある小さなやわらかい突起の少し前で、口を開けたときにくぼ
ができるところを「聴宮」と言います。この聴宮の少し上が「耳門」、少し下が「聴会」です。いずれも、耳鳴りや難聴に効果的とされるツボです。

 

翳風(えいふう)
耳たぶの裏にある大きなくぼみの部分です。耳鳴り、難聴、めまいなどに効果的とされています。

 

風池(ふうち)

耳の後ろにある出っ張った骨と、うなじの中央にあるくぼみのちょうど中間辺りにあります。耳鳴りやめまい、頭痛などに効果的とされています。

 

中渚(ちゅうしょ)

手の甲の薬指と小指の関節の間で、やや手首寄りのくぼみにあります。強く押すと少し痛みます。耳鳴りや喉の炎症に効果的とされています。

 

ツボを押すときのポイント
ツボは、強く押したから効果が上がるわけではありません。ツボを押すときは、指の腹で「気持ちいい」と感じる程度の強さで押しましょう。リラックスしながら行うのがポイントですよ

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

PCOS もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!
もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の、山元です。

 

本日は、女性科疾患のお話をさせて頂きます。

最近、女性の20人に1人はなると言われている疾患があります。
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)というものです。

 

女性の卵巣の中にはたくさんの卵細胞があり、月に一つずつ成熟し、排卵をします。
この卵細胞は、卵胞という袋に包まれていて、少しずつ大きく成長していき、約2cmになると袋が破裂し、成熟した卵細胞のみが排卵していきます。

 

ですが、、、PCO傾向のある場合、
卵胞が、卵巣の中にたくさんでき、完全までに育たず破裂することなく残存してしまいます。
よって、排卵をするのが難しくなってしまうのです。

 

こうやってきくと、怖くなってしまいますよね、、、
ですが、PCOは病気というより、そういうからだの状態になってしまっている病態、という認識のほうが正しいと思います。

 

もちろん、医療的な処置は必要になってきますが、しっかり治療を行っていけば良い卵を排卵させる事は可能です。あまり深刻に捉える必要はありません。

 

では、PCOと診断された場合、日常で出来る事はどんなことでしょうか、、、

 

1 葉酸を摂取する
ほうれん草などに多く含まれる葉酸。
受精卵を受け止める子宮内膜に必要な栄養素となります。
今では、安全に葉酸を摂取できるサプリメントがあります。
必要な葉酸を取り入れようとすると、毎日ほうれん草を4束以上茹でて食べなければいけません。
無理をせず、こういうときはサプリに頼ってもいいと思います。

 

2 血行を促す
身体を温め、血行を促進して各器官の働きを良くし、排出機能を活発にする一方
食事のバランスや睡眠、生活習慣をもう一度見直して改善していく事が大切です。

 

身体を温める食品として、
玄米(雑穀米もOK)
根菜、海藻類、豆類、イモ類、しょうが
大豆食品  があります。
肉や魚の割合は10~13%程度に。

 

排出機能を高めるために、水分を2ℓは毎日摂取することも大事です。

医療治療と共に、日常生活も今一度、見直していきましょう!

 

もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

足根管症候群 つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の寺西です。

 

先日から当院に来院されている患者様のお悩み「足根管症候群」についてお話します。

 

足根管症候群とは
内くるぶしと踵を結ぶ屈筋支帯という帯状の構造物が作るトンネルが足にはあります。
その間を通り抜け足まで向かう神経や血管や腱が絞扼(挟まれ窮屈になる)され足に痛みやシビレが出てしまう状態です。

 

原因
骨折や捻挫などの外傷、むくみ、扁平足、ガングリオンなどの腫瘍が原因として挙がりますが今回、当院に来院された患者様は扁平足が主な原因だと考えられます。
サッカーをされる患者様ですが土踏まずがほとんどなくその上に足に大きな負担をかけてしまっているようです。

 

治療
当院では足にかかる偏った負担を軽減させてやる為にバランスを整えるHMバランス整体、絞扼を緩めてやるためのストレッチや電気治療、土踏まずを高くしてやるための筋力トレーニングやインソール(靴の中敷き)を行っています。

 

サッカーの試合が近いということですので早く痛みが軽減できるよう、精一杯施術をさせていただいています。
再発の防止を含め患者様と一緒に精一杯施術をさせていただきます。

 

気になる症状がある方、身近にみえる方はお近くのハートメディカルグループまでご相談下さい!

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

内反小趾 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

関東などでは、大雪が降っています。昨日は名古屋も降りましたね。寒さ対策をして体調管理をしっかりしていきましょう。

今日は内反小趾についてお伝えします。

皆さん外反母指はよく耳にしますが内反小趾はあまり聞きなれない言葉だと思います。外反母指とは対照的で小趾が内側に曲がる事を内反小趾と言います。

 

(病態)
内反小趾は第5中足骨頭が幅広で、大きいことや湾曲しているなどの場合に、筋力低下、運動不足、加齢、姿勢、狭い靴によって圧迫、摩擦を受ける事で痛みが発生します。

 

(治療)
1.ますば靴を変えてみましょう。
靴は幅の広い靴を履いてください。

 

2.痛いところに柔らかなクッションを貼り付けて靴を履くと衝撃が和らぎます。

 

3.テーピング
などがあります。

おおもり鍼灸接骨院ではハイボルテージ治療がありますので外反、内反などの方は是非ご来院ください。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

腰痛、肩こり:50代女性

こんにちは!つしま中央鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Gさん

【お住まいの地域】 愛西市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰痛、肩こり、姿勢が悪い。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
友人の紹介。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
直後は楽になった。体が軽くなった。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
いろいろ気付いた点を指摘してほしい。自分では気付けないため(姿勢等)。

 


【担当者より】
おっしゃる通り、お身体には日常生活から来る様々な負担から姿勢の歪みや筋肉の緊張などが現れます。私達から見て気付いたことはしっかりとお伝えしていきますね!お仕事の負担も大きい為、しっかり施術をしていきましょう!


つしま中央鍼灸接骨院
所在地:愛知県津島市西柳原町4丁目2−2
電話:0567-69-6481

ぎっくり腰:70代男性

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Aさん

【お住まいの地域】 名古屋市昭和区桜山

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰痛(ぎっくり腰)が始点。」整形でレントゲンを撮り、骨に以上がないのを確認。でも痛みは続く。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
鍼灸を始めて受診しようと決意。ネットで調べ得点の高いかつ近くの当院を選択。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
谷澤先生の的確な治療で短期で痛みが無くなった。完璧な治療でした。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
ありがとうございました。感謝です。

 


【担当者より】
ぎっくり腰になって2週間経っても症状が良くならず来院されました。腰を曲げても反っても痛みが出る状態でした。4回の鍼でほとんど痛みがなくなりました。


さくらやま鍼灸接骨院
所在地:〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区 桜山町五丁目98番5 ふじもビル1F
電話:052-842-0550

飛蚊症 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!

おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 

今年もはや一ヶ月が経過しようとしていますね。
皆さんは今年立てた目標などありますか?
統計では半数近くの方が1月の時点で挫折しているようです。
決めたからには目標に向けて突き進んでいきたいですね。

 

さて今回は、患者さんから『最近虫のようなものがチカチカ気になる』
という相談を受けましたので、それについて少しお話しますね。

おそらくは『飛蚊症』といわれる症状だと考えられます。

 

■飛蚊症とは
視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。目を動かしても、影は同じ方向に移動しかつ細かく揺れるので、その名のとおり目の前を蚊が飛んでいるように感じるんですね。

いつもは気が付かなくても、白い壁を見たときや空を見たときにははっきりと現れることが多いといわれています。ほとんど場合は、加齢などの生理的変化によるものですから、心配いりませんが、たまに網膜剥離など重篤な疾患の前触れであることがあるので注意が必要です。

 

■飛蚊症の原因について
飛蚊症の原因は、特に治療が必要でない「生理的」なものと、治療をしないと視力が傷害されることがある「病的」なものに分けられます。

1)生理的飛蚊症
眼球内には卵の白身に似た透明なゼリー状のものがつまっています。これを硝子体と呼びます。この硝子体は、99%以上が水分で、わずかに線維を含んでいます。若いときには透明で濁りがありませんが、年齢に伴い濁りが出ることがあります。

もう少し詳しくいえば、年齢が進むとともに線維と水分が分離して中に空洞を形成します。それがさらに進行すると眼球の内壁から硝子体が離れて、線維の塊が眼球内をふわふわと浮いた後部硝子体剥離と呼ばれる状態になります。

この線維の塊は、ものを見ている本人には影として認識されますが、これが飛蚊症の本態です。線維の塊はゼリー状硝子体の中を漂うので、影はゆらゆらと揺れます。そのため、それはあたかも蚊が目の前を飛んでいるかのように見えるのです。硝子体剥離自体は病気ではありませんが、網膜裂孔や網膜剥離という病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。飛蚊症自体は完全に消えることはありません。しかし慣れてくると、普段はその存在に気付かなくなります。

 

2)病的飛蚊症
飛蚊症を自覚しても問題のない場合がほとんどですが、なかには次のような重大な目の病気の一症状であることがあります。
(1)網膜裂孔・網膜剥離
網膜に穴が開いてしまったり(網膜裂孔)、網膜が剥がれてしまった状態(網膜剥離)では、しばしば飛蚊症を自覚します。光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)を自覚することがありますが、無症状のこともあります。病状が進んでくると視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状)や視力低下が起きます。網膜には痛覚がないので、痛みはありません。適切な治療を行わないと、失明する危険性が高い病気といえます。

 

(2)硝子体出血
糖尿病や高血圧、外傷などが原因で硝子体の中に出血することがあります。ひどい出血の場合は、目の前に墨が垂れてきたような見え方や、霧がかかったような見え方をしますが、出血が軽度の場合は飛蚊症として自覚されることがあります。最初は軽症であっても、日に日に影が濃くなるようであれば、出血が続いていると考えられます。

 

(3) ぶどう膜炎
一部のぶどう膜炎では硝子体に濁りを生じるため、飛蚊症を引き起こします。ぶどう膜炎の場合は、羞明感(まぶしく感じること)・眼痛・霧視(かすみがかかったように見えること)・充血・視力低下を伴うことが多いです。

 

■おわりに
飛蚊症は、多くの場合は加齢に伴う生理的なものであり、心配する必要はありません。しかし、その一部は治療を必要とする重篤な病気の前触れであることがあります。たとえ重篤な病気だとしても、今は優れた治療法があるので悲観することはありませんが、早めに治療した方が治り方がよいことはいうまでもありません。飛蚊症を自覚したら、一度眼科専門医を受診することをお勧めいたします。

参考文献
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

 

肉離れ ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です。

 

最近朝ランニングやジョギングをしている方を多く見かけます。やはり新しい一年が始まり運動を始めた方が多いと思います。しかし普段運動されてない方がいきなり運動すると怪我をしてしまう可能性があります。
今回はいきなり運動を始めてなりやすい肉離れについてお話しさせていただきます。

 

肉離れはスポーツをしている最中に起こりやすく、筋肉が収縮している(力が入っている)時に強制的に引き延ばされることにより生ずることが多い。大半は下肢に発生し、大腿四頭筋・ハムストリングス・腓腹筋(ふくらはぎ)に多い。代表的なものとしてはサッカーのシュート動作での大腿四頭筋の大腿直筋、短距離走でのハムストリングス、テニスやバドミントンの切り返し動作での腓腹筋の内側頭などが挙げられる。

 

症状は
・運動中、「ブチッ」という音が聞こえて、痛くて動けなくなった。
・突然、痛くなり、腫れてきた。痛みがだんだん強くなってきた。
・歩くと少し痛い。痛みはないが張りを感じる。(軽症)
・強い痛みで歩くのが辛い。内出血がある(中程度の症状)
・歩けないほど激しい痛みがある。押すと痛む。痛む所がへこんでいる(重症)
・ 治ったと思ったら、また、同じところを痛めることを繰り返す。
などが挙げられます。普段、運動をしていない人が急に動いた時も、普段からトレーニングを積んでいる人にも起きます。治っても再発しやすいと言われています。

 

治療は筋組織の微細な断裂は安静とともに軽快し自然治癒する。重症例を除き、手術的治療になることはほとんどない。

急性期にはRICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)を徹底する。回復期(受傷後約48時間経過後)より局所の循環回復や損傷した筋線維などの修復を促すため温熱療法や物理療法をもちいつつ段階的に関節可動域訓練や筋力訓練、各スポーツにあわせたトレーニングへ移行していく。軽症で2-4週、中程度で4-6週が復帰の目安となるが個人差は大きい。中程度以上では歩行が難しく、ギブス・松葉杖を要する場合が多いです。

自覚症状があまりなくても、肉離れが起こっていることもあります。また、痛みがなくなった場合でも再発しやすく、最後まで十分に治療することが大事です。重要なことは、これらは予防できるものであり、筋肉の柔軟性の欠如や筋力のバランス差が大きい選手に好発するので、日ごろよりそれらの解消を心がけることが大切です。

また、スポーツ競技に復帰される方は、ストレッチする時の痛みがとれて、健側と同じ通常のストレッチ感(伸されている感じ)になるまでジャンプやダッシュは避けるべきでしょう。

 

~最後に~
肉離れは筋肉の柔軟性が低下し、筋肉のバランスがとれてない方がなりやすいです。なので普段からお風呂上り、運動する前、した後にストレッチを心掛けて筋肉の柔軟性を上げていきましょう。また運動した後はしっかり休むことも大切です。
今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/