急性腰痛について つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の立松です。

 

季節の変わり目で、朝晩、冷える日が、多くなってきましたね。
体調を崩されている方もいるかと思います。

今回は、季節の変わり目に多い、急性腰痛(ぎっくり腰)について紹介させていただきます。

 

ある時、日常生活の何気ない、着替え動作や掃除をしていた時、また重たいものを持った時など過度の負荷が加わった時に突然激痛が腰に走る「ぎっくり腰」。
凝り固まった腰の筋肉や軟部組織に更に負荷が加わり引き起こされるものですね。
イメージとしては、寒い時に起こりがちのように感じますが、この「ぎっくり腰」と季節や気温などとかなり密接に関係していますので解説していきます。

 

一般的には、「血行不良」になりやすいのはやはり冬と考えられているため、「ぎっくり腰」になりやすいのは、冬と思われがちなようです。
しかし実は「ぎっくり腰」を発症した人の多くは「季節の変わり目」の頃に集中しているとのこと。
では、何故、寒い冬より季節の変わり目に多いのでしょうか??

 

寒暖差があると体がその変化により、対応しにくくなります。
真冬の時期にはいつも寒いですから、しっかりとそれに対応した衣服を着る、暖房を入れるなどによってあまり体に負荷がかからないものですが、寒暖差があるときには突然気温が上下することで血流が急激に変化したり、筋肉が凝り固まってしまいます。

その状態に「突然負荷がかかる」ことで「ぎっくり腰」になってしまうのです。
真冬や真夏のように温度が一定の時には、血流も比較的それに対応している事で、あまり「ぎっくり腰」には、ならないという事ですね。

 

一番発症が多いのは「秋口の季節の変わり目」
寒い時期からだんだん暖かくなる時期より実は今の時期「秋口」のころなんだそうです。意外に感じるかもしれませんが、だんだん寒くなり気温が低くなる頃に、寒暖差で血流不安定になる事で腰の筋肉や軟部組織が凝り固まりやすいようです。「ぎっくり腰」は寒い時期になるもの、と思われがちですが、こういった季節の変わり目を意識しておくことも、「ぎっくり腰」にならない為の予防になるかもしれません。

 

今の時期、腰の痛みをはじめ様々な症状で悩まれている方がみえます。
当院ではバランス整体、鍼治療なども行い、痛みをとらせていただいています。また、再発予防までもしっかりサポートさせて頂きますのでお困りのことがあれば、何でも相談してください。

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/