heartmedical のすべての投稿

頸部椎間板ヘルニア さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の金子です。

 

今回は頸部椎間板ヘルニアについて述べていきます。
首の骨は7つ頚椎という骨が、積み上がって構成されています。

頚椎とその間には椎間板という軟骨が存在しています。椎間板はクッションの役割を行うため、中に髄核という弾性に富んだゲル状の組織を含んでいます。その髄核が椎間板から飛び出した状態がヘルニアです。頚椎の後ろには神経が走行しているので、飛び出た髄核が神経を圧迫することにより、腕や手のしびれと痛み、力が入りにくいなどの症状が現れます。

 

しばしば誘因なく発症しますが、加齢による椎間板の変性や悪姿勢での仕事により、30歳~50歳に発症しやすいです。また、肩甲骨の内側の痛み、首の筋肉の強いこわばり、腕や手の重だるさ、夜の痛みなどが前兆として現れると考えています。神経は一度障害されると修復が難しいので、早期に受診し治療する必要があります。

 

当院での検査・治療
先ずは、痺れや痛みの感じる部位、力の入り具合を確認します。そうすることで、7つある頚椎の中で、どこが障害されているか確認します。

例えば、最も多いのが上から5つ目と6つ目の間のヘルニアです。この場合は特に親指に強い痛みが現れ、腕を曲げるときに力が入りにくくなります。その後、頭を上から抑えるなどの手段を用いて、椎間板内の圧を高めることにより、症状を再現して診断します。
治療は、主に原因の悪姿勢を改善していきます。バランス整体という技術を用いて姿勢のバランスを整える事によって、日常生活で椎間板にかかる負荷を減らしていきます。そして、首を支持している深層の筋肉の緊張を緩和させることで、症状の改善、軽減をします。症状によっては医師による手術や詳しい検査が必要となるので、その場合には責任をもって医療機関に紹介いたします。お悩みの方はご相談下さいね!

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

こむら返りについて~その2~ ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

前回は「こむら返り」の起こりやすい状態、予防のポイントについて書きました。
今日はその続きを書いていきます。

No 3.「こむら返り」について

・こむら返りになった時の対処法

こむら返りになった時は、突然なってビックリしたり
痛みで焦ってしまいがちですが、

落ち着いて足を伸ばして座り、つま先をゆっくりと自分の体の方に倒すことです。
反動をつけて無理に伸ばしたりすると、筋肉を傷つけてしまいます。

 

痛みがやわらいできたら、マッサージや足首を回したり
 つま先を上・下動かすなどして、血行を良くすることで再発を防ぐことができます。

 

 

・入浴方法について

前回にも書いたようにお風呂に入ることで予防する事ができるのですが
入浴の仕方で体に現れる効果が違ってきます。

 

 副交感神経優位
38〜40°cのお湯にゆっくつかり(20分程度)じんわり汗が出るくらいで入りま す。
そうする事で副交感神経が優位になり手足の血管拡張で血流が良くなります。

こむら返りを予防する時はこの方法で入ります。

 
交感神経優位
42°cのお湯にさっとつかると(5〜10分)
交感神経が優位になり手足の血管収縮で血流は悪くなるが

集中したい時にはこの方法で入るといいです。
こむら返りについてはこれで以上です。
次回は違う内容を書いていきます!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

コーヒーフレッシュの原材料 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

 

皆さんはコーヒーはよく飲まれますか?

 

僕自身コーヒーは毎日飲みますが、コーヒーフレッシュの原材料が何かご存知ですか?

基本的にコーヒーフレッシュの原材料の一部をまとめると以下のようになっています。

 

原材料
●植物油脂(最も多い)
●乳化剤
●pH調整剤

 

そのため注意したいのはミルクではないということです。

乳化剤は油を水に溶けやすくするものです。

コーヒーフレッシュが何か簡単にまとめると

”植物油を水に溶けやすいように調整したもの”です!

 

ただし、それだけでカラダに悪いとは言い切れないのですが

油を減らしたい時なんかは辞めるための良い理由付けになるかもしれませんね!

 

原材料をみると面白い食品が多いのでためにみてみるのがおすすめです!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

肩の痛みの原因 北なごや鍼灸接骨院

こんにちは。

北なごや鍼灸接骨院(北名古屋市熊之庄新宮)の名倉です。

 
最近では肩の痛みで来院される患者さんが増えてきています。

肩の痛みの原因で多いのは、猫背やなで肩などの不良姿勢、運動不足による筋力低下、寒冷刺激による筋肉の緊張などが挙げられます。

 

不良姿勢や寒さからくる筋緊張は筋肉内の血液循環障害につながります。
筋肉の血液循環が悪くなると筋肉の代謝で生まれる乳酸やカリウムなどのいらないものが溜まってしまい、これが筋肉の感覚センサーに触れ刺激となり筋肉のさらなる緊張に繋がってしまいます。

 

特に最近では普段の不良姿勢に加えて、お正月明けの運動不足や強い寒さが原因で症状の悪化が起きている方が多いです。

 

そういった方に鍼治療とHMバランス整体を行いました。
鍼で血液循環を促進させ、根本の原因である不良姿勢をHMバランス整体で矯正しました。

 

最初は肩を上げると90度以上はいかず痛みが出ていましたが、治療後は120度まで痛みなく上げられるようになりました。
日が空いてしまうと症状はやや戻りはありますが、当初の痛み、不快感は大きく改善されました。

肩がこる、痛みが辛いという方は一度ご相談下さい!

 

北なごや鍼灸接骨院

所在地:北名古屋市熊之庄新宮54-1

電話:0568-68-8290

https://kitanagoya-shinkyusekkotsu.com/

グロインペイン症候群 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の金子です。

 
今回はサッカー選手や陸上長距離の選手に見られるグロインペイン症候群について述べていきます。

 

グロインとは脚の付け根を意味し、足の付け根や股関節周囲に痛みの出るケガの総称です。痛みはランニングや起き上がり、キック動作など腹部に力を入れたときに足の付け根やその周辺に生じます。多くの場合は数ヶ月で改善されていきますが、中には半年以上続いてしまうこともあります。特に高いレベルでプレーをしているスポーツ選手は、この痛みがなかなか治りにくいものになる傾向があります。

 

原因
1.臀部の筋肉が固い
2.腰痛がある
3.過剰なトレーニング

 

様々な要因が重なって発症するので、他にも多くの要因があります。複合的な要因が絡み合い発症するグロインペイン症候群だけに、他にも発症する要因は存在するといいます。体幹から股関節周囲の筋肉、関節が硬くなり、上半身と下半身の動きが連動してない状態でプレーを続けると慢性化していきます。

 

予防
1.運動開始前のストレッチを行う
2.足関節など脚のケガをしたら、体のバランスが崩れるので我慢してプレーを継続しない
3.股関節周囲の硬さや、違和感があれば早めに修正する。
4.休み明けは特に発症しやすいので、準備運動を十分に行う。

 

治療法
発症初期の痛みの強い段階では、安静がもっとも重要です。疼痛部位の痛みの出る動作の禁止、アイシング、時に温熱療法が用いられます。
当院ではバランス整体等いう技術を用いて、原因となっている腰部や臀部の筋肉の柔軟性を取り戻させていきます。同時に骨盤矯正と深層筋の調整を行い、全身のバランスを整えていき痛みを緩和、消失させていきます。

 

しかし、痛みが消失したからといって無理な早期復帰は再発を招きます。慢性化してしまうとかなり長期に渡り、スポーツ活動の休止が余儀なくされます。ですので、痛みが落ち着いた段階では股関節の動きの訓練、筋力強化、大腿部のストレッチなどを徐々に取り入れていきます。

 

長期的に見ると運動療法を行いリハビリした方が奏功し快方に向かいます。その後、少しずつ運動量を増やしていきます。なり長期に渡り、スポーツ活動の休止が余儀なくされます。お困りの方は当グループ院にご相談下さい。

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

こむら返りについて ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

今回は前回の掲載した「浮腫み(むくみ)」に関連した
ものについて書いていきます。

No 2.「こむら返り」について

足をつるとは、筋肉収縮のバランスが乱れ、筋肉に痙攣が起こってる状態です。

 

ふくらはぎに起こることが多いため「腓(こむら)=ふくらはぎ
こむら返りとも呼ばれていますが、太もも・足の裏・首などでも起こります。

 

・起こりやすい状態
1.筋肉が疲れている 2.筋力が低下している 3.体が冷えている
4.水分が不足している 5.血行が悪くなっている
・予防ポイント
① 筋肉を休める
筋肉が疲れてるいると、正常な収縮・弛緩ができなくなります。

運動した後、運動習慣のない人でも日常生活の中で疲れがたまると
つりやすくなってしまうので、入浴やストレッチをして

筋肉をゆっくりと休めることです。

 

② 体を冷やさない
体が冷えることによって血行が悪くなるので、
お風呂に入って体の芯から温めことです。

 

③ 水分をとる
足のつりは就寝中に起こりやすいので寝る前に水分補給をすることです。

注意:水分の取り過ぎや冷たい飲み物は体を冷やすので避けましょう。
あと、アルコールやカフェイン類は利尿作用を促すのでこちらも避けましょう。

次回はこむら返りになった時の対処法と入浴方法について書いていきます!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

テニス肘について さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の金子です。

 
今回はテニス肘について述べていきます。

 

肘の外側の筋肉を使い過ぎた結果、肘外側の骨の近くで炎症が起きて痛みが生じます。主に短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん=肘の骨と指の骨をつなぐ筋肉)が原因で発症します。

この筋肉は手首を伸ばす働きがあるので、物をつかんで持ち上げるときや、ドアノブを回す時に肘の外側が痛くなります。

また、テニスラケットを振る際にこの筋肉をよく使い、テニスをされる方に多く見られることからテニス肘と呼ばれています。テニスに限らずゴルフや剣道、スポーツ以外にも事務職でパソコン操作をよくされる方、家事で肘に負担のかかる主婦の方など発症します。

 
上腕骨外側上顆炎の治療法
テニス肘で生じる痛みの原因は短橈側手根伸筋の使い過ぎによる緊張ですが、同時に筋膜の癒着も起きています。癒着が起きると患部の動きが悪くなり、動かした時に痛みが強く出ます。なので、当院ではコンプレフロスという専用のゴムバンドを用いて、筋膜の癒着をはがしていきます。そうする事によって動かしたときの痛みを取り除いていきます。お困りの方は当グループ院にご相談下さい。

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

寝違いについて さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の金子です。

 

今回は寝違いについて述べていきます。

 

寝違いとは、首と肩甲骨の動きが痛みのために制限された状態です。長時間にわたって首が同じ姿勢を取り続けると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉が凝り固まりやすくなります。そのような状態で急に首や頭を動かすと、大きな負荷が加わり寝違えを発症します。

寝違いになったら楽な位置で動かさないことが大切です。首の筋肉が傷んで炎症が起きているので、マッサージしたり温めたりすると悪化します。なので、10分程アイシングして炎症を落ち着かせます。つらい痛みを伴いますが2-5日程で痛みは落ち着いてきます。

寝違いの発症要因は様々なものが挙げられますが、寝返りを打たない、枕の高さ、寒い環境、泥酔状態や過労などがあります。仕事終わりの飲み会から帰宅して、そのまま冷えた居間のソファーで寝てしまい寝違えるケースが多くありますね。

 

治療
当院ではバランス整体という技術を用いて治療していきます。首の筋肉にはマッサージやストレッチとは異なるソフトな力を加えて、炎症が起きて緊張している筋肉を緩めていきます。また、繰り返しの寝違いを起こしている方は、首の骨の歪み(ストレートネック)や骨盤の歪みが見られます。なので、全身の歪みをなくして痛みの根本原因から改善していきます。

 

今年も残りわずかとなり、一年の疲れが溜まってきた頃ですね。忘年会の後はしっかりとスポーツドリンクなどで水分補給すると、ミネラル分の摂取により血流の低下を防ぎ、寝違いの予防になります。良い状態でお正月を迎えられるように、体調を整えていきましょうね!お困りの方はぜひ当院にご相談くださいに!

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

腸脛靭帯炎 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の金子です。

 

今回は腸脛靭帯炎について述べていきます。

 

腸脛靭帯とは、腰の骨の腸骨と膝下にある脛骨の間にある靭帯です。膝の曲げ伸ばしを繰り返し行うことで、摩擦がかかる為に炎症を生じます。長い距離を走る方に多く見られるので、ランナーズニーとも呼ばれています。

痛みは膝の外側部分に現れます。徐々に強くなっていくので、痛みを我慢しながら練習を続けていくと、ついには運動ができないほどの痛みになってしまいます。
炎症が起こる場所は膝の外側です。原因は急な練習量の増加や柔軟性不足、筋肉の緊張、合わないシューズなどです。

 

治療法
一般的な治療法はストレッチをして筋肉の柔軟性を取戻させて、安静にして経過を観察します。なので、治療が終わって走れるようになるまでには長時間要します。
しかし、当院ではそれらの治療に加えて、コンプレフロスという治療を行います。専用のゴムバンドを用いて筋膜の癒着をリリースして、痛みの原因を改善させていくので、早期復帰することができます。

 
腸脛靭帯炎の治療において筋肉の緊張や柔軟性のみに目が行きがちです。しかし、筋緊張、柔軟性の低下の結果、患部の筋膜が癒着して、それらが運動によって引き伸ばされる事で感じる痛みなので、癒着を剥がすことがとても重要です。また、筋膜の癒着が改善すると、患部の循環が良くなるので、溜まった発痛物質も取り除かれて、優れた疼痛緩和効果も発揮します。お困りの方は当院にご相談くださいね!

 
さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

五十肩の治療について おおもり鍼灸接骨院

お願いします。

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です!

 

今回は五十肩の治療についてご説明させていただきます!
五十肩はいろいろと説はありますが、年齢を重ねるごとに、軟部組織である上腕二頭筋、腱板(肩甲下筋、小円筋、棘下筋、棘上筋)の変性、肩峰下包や肩関節の炎症や病変が生じ、関節包が短縮して、肩甲上腕関節に疼痛と運動制限が見られ、機能障害が生じます。

 

そのため治療としてはまずはバランス整体で軟部組織の変性や関節包の短縮を元の良い状態に戻す治療が必要となってきます。

 

生活指導では急性期の強い痛みがある時期には荷物や肩を上げる動作で方の負担をかけないようにし、安静を保つことが重要となってきます。

拘縮期や回復期では痛みの状態を確認しながら関節の拘縮を改善する運動療法を指導して積極的に肩を動かせるようにします。この際に痛みがあまりないようなら患部を温熱療法で温め血流を改善しながら運動療法を行えばさらに良いと思われます。

 

運動療法はコッドマン体操(振り子運動)をオススメします。

コッドマン体操とは?
健側の手を机の上におき、体幹前傾位で(腰をかがめて)患側の手を下に垂らします。
この基本肢位のまま以下の①~③の運動を行います。

 

①体の反動を用い、上肢を上下(肩関節屈曲・伸展運動)方向に振る。
膝の屈伸によって状態を揺らすことによって、(肩関節をリラックスさせた状態のまま)上肢を前後(肩関節屈曲・伸展)に振ることが出来る。

 

②体の反動を用い、左右(肩関節水平内外転運動)方向に振る。

 
③体の反動を用い、手を内外方にゆっくり回旋させる(クルクルと上肢を回す)。
時計及び反時計方向に円を描き、徐々にその円を大きくする。

 

痛みなく、動ける範囲で行ってください。

五十肩でお困りならぜひ一度当院に御相談下さい。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/