heartmedical のすべての投稿

怪我の応急処置について つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の長谷川です!

 

猛暑も少しづつ落ち着いて、スポーツやアウトドアもしやすい気候に
なってきましたね!
そこで今回は夏に起こりやすい怪我の応急処置について調べましたのでご紹介します。

 

「擦り傷」
まず傷口を清潔な水で洗浄し、砂やゴミなどの異物を取り除きます。
傷口がきれいになったら、救急ばんそうこう等で保護してあげましょう。
ガーゼが直接傷に触れるタイプのものは、傷口に細かい繊維が残ってしまいますので、できれば避けてください。
最近では傷を消毒しない、乾かさないという「湿潤療法」が効果的と言われています。

 

「捻挫・打撲」
安静・冷却・圧迫・挙上の頭文字をとってRICE処置と言われています。

安静:患部を動かさないで安静にして休ませます。
冷却:患部を氷のうやバケツに入れた氷水などで冷やします。

炎症を抑え、痛みを和らげます。

圧迫:内出血や腫れを防ぐため、スポンジや弾力包帯等で患部を圧迫して固定します。

挙上:患部を心臓より高い位置に保つことで、内出血や腫れを防ぎます。

ただし、内出血や腫れがひどい場合には骨折等の可能性もありますので早めに医療機関で受診しましょう!

 

「蜂に刺された場合」
山や川などで蜂に刺されたら、まずはその場を離れましょう。近くに巣がある可能性があります。

充分に離れたら、傷口を強くしぼり、水でしっかり洗います。蜂の毒を搾り出すように洗うと効果的です。蜂の針が残っている場合はそっと抜いて下さい。
なお、傷口を口で吸うのは良くありません。口の中に傷があるとそこから毒が吸収されてしまいます。
そのあと、傷口を水で冷やします。

ただし、発疹、吐き気、呼吸困難などの症状が出た場合は、アナフィラキシーショックと呼ばれ、生死に関わることもあります。
救急車を呼び、直ちに病院で治療を受けてください。

 

他にも熱中症や脳梗塞など夏に増える病気も多いですので体調の変化には気を付けて夏を楽しみましょう!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c

夏バテを防ぐ生活習慣について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いのピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区) 旗野です。

 

お盆が明けて、月曜日から普段通りのお仕事が始まった方も多いんじゃないしょうか?
少しゆっくりとした毎日から今までの生活の習慣に戻るには少し時間がかかりますけど慌てず体調を整えてくださいね。

 

さて、前回は夏バテの原因のお話でしたが
今回は夏バテを防ぐ生活習慣について説明したいと思います。

 

① こまめに水分を取る!
普段の生活以上に水分が体内から失われていっています。
スポーツドリンクの飲みすぎは糖質が多すぎるのであまりお勧めしませんが
起床時や入浴後、運動後には必ず水分補給を行ってくださいね。

 

② 体の冷やしすぎに注意する
冷たい飲み物の飲みすぎやエアコンの風のあたり過ぎなどに注意しましょう
運動自体は自律神経の調整にとてもいいので、涼しい時間帯などを選んで行ってください。

 

③ 睡眠をしっかりととる。
熱中症対策や疲労回復には睡眠が一番です。ただ、寝苦しいからといってエアコンのつけっぱなしはしないようにしてくださいね。

 

④ 栄養バランスに気を付けましょう
汗でミネラルを失いやすく、暑さで疲れやすい体には、たんぱく質 ビタミンB1
アリシン ビタミンCなどを積極的に取り入れましょう。
キュウリやトマトなどいいですね。

 

いかがですか?最近少し涼しくなってきたとはいえ、まだまだ油断はできません。
ぜひお試しくださいね。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

包帯 つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは。
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の寺西です!

 

今回は包帯についてです。

最近はサポーターやテーピングの素材も良くなった事や、生活習慣の変化からケガの種類が変わってきたことであまり見かけなくなりましたね。

一口に包帯と言っても様々な種類があります。
伸び縮みするタイプや三角巾、ギプスなども含まれます。
巻き方やサイズなど使い方も様々です。

 

接骨院では応急手当、患部の保護、圧迫、固定の為に使う事がよくあります。
包帯だからこそのメリット、デメリットがあります。

 

当グループでは、それも理解した上で患者様にとって最適な処置をしてまいります。

その為の練習もしっかり行っています!

急なお怪我にもしっかりと対応しますので、お身体の事でお困りの際はお近くのハートメディカルグループまでご相談ください!

 


つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.c

腱鞘炎について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です!

 

お盆が終わりだいぶ夏の暑さも和らいできましたね。急な気候の変化があるので体調には十分に気をつけてください!

 

さて今回は腱鞘炎についてお知らせします。

 

腱鞘炎とは?
手首から指先にかけて腱と腱鞘という組織が指を曲げ伸ばしした時に腱鞘という筒の中を腱が往復運動しています。その際の繰り返される摩擦で痛みが起こる病気です。

 
(原因)
パソコンでの作業や文字の書きすぎ、手をよく使う仕事の人など「手指をよく使う人」によく起こると言われます。ただ手首や指の使いすぎで起こるのではなく原因とするならば腕の筋肉の硬さが原因となります。
また「更年期以降の女性」「妊娠・出産期の女性」にも多いです。←女性ホルモンの影響が考えられます。

さらに「糖尿病の人」にも起こりやすくなります。←末梢の血液が滞ることや、炎症を起こすと治りにくいことから腱鞘炎を起こしやすくなります。

 

(症状)
腱鞘炎には指に起こる「ばね指」と呼ばれるものと手首の親指側に起こる「ドケルバン病」の2種類に別れます。
「ばね指」の場合
腱鞘が厚くなったり硬くなったりすると、通り道が狭くなって腱の通りが悪くなり、こすれて、腱の一部にも炎症が生じて腫れてしまいます。すると、腫れた腱の部分が腱鞘に引っかかり、指がスムーズに曲げ伸ばしできなくなるのです。さらに、指を動かそうと強い力を加えた時に腱の腫れた部分が”カクン”とはねるような症状があります。

 

「ドケルバン病」の場合
手首の「痛み」や「腫れ」です。特に親指を広げたり、反らしたり、動かしたりすると、強い痛みがでるのが特徴です。

 

(治療)
HMバランス整体で全身のバランスを整える治療をし全身調整で硬くなっている筋肉の緊張を取り除く治療を行っていきます。

少しでも思い当たることがありましたらぜひおおもり鍼灸接骨院までいらしてくださいね。
お待ちしております!

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

夏バテによる症状 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いの
ピンクの看板が目印!おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区) 旗野です!

 

やっぱり心なしか涼しいですよね!
只今の気温31度。
そう思うと40度は怖いですね、、、
患者さんも≪夏バテ≫の症状が出ています。

 

さて、前回は≪夏バテ≫の3つの原因のお話をしました。
① 室内室外の温度差による自律神経の乱れ
② 高温多湿による発汗の異常
③ 熱帯夜による寝不足
ですね。

 

もう少し詳しくいきます。

 

まず

① 室内外の温度差による自律神経の乱れ

身体の体温調節は自律神経の働きにより制御されていますが、外的要因により
暑い、冷たいが急激に繰り返されると、自分自身で体温調節することが難しくなってきます。
それにより胃腸の不調。全身の倦怠感などが発生しやすくなります。

 

② 高温多湿の環境による発汗の異常
高温多湿環境では、体内の水分を正常に保つことが難しくなります。
汗をかくのみならず、目に見えない水分の減少が体に起きているわけです。
いつも以上に体から出ていく水分が多くなる為脱水気味になりやすいんですね。

 

③ 熱帯夜による睡眠不足
熱帯夜とは夕方から翌朝までの最低気温が摂氏25度以上の状態の事を言います。
人によっては≪クーラーが苦手≫などの理由で付けずに寝る方も多いようです。
これは要注意!最近では寝ている間に熱中症にかかる人も増えています。
扇風機の風を壁に当てて室内に空気の循環を起こすなど、少しでも良い環境を作ることが大切です。

 

次回は夏バテを防ぐための生活習慣についてお話していきますね!!

*参照 一般社団法人 日本柔整鍼灸協会

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

夏バテ おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いの
ピンクの看板が目印!おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!

 

お盆が過ぎましたね。
雨も局地的ですが降るようになり少し涼しくなってきたようです。
体感温度も随分違いますから体調には気を付けてくださいね。

 

さて、こういった気温が続いたりお盆でお出かけが続いたりすると
気を付けなければいけないのが、「夏バテ」ですね。
今回は夏バテについて少しお話しします。

 

まず夏バテとは、胃腸の機能低下や脱水傾向などによる
体調の乱れの事を言います。
症状の現れ方も様々ですが、おもに
食欲不振、全身の倦怠感やだるさ、不眠や無気力などがよくあります。
夏バテ対策をしっかりしていきましょう!

 

≪原因≫
主に3つあります。
① 室内室外の温度差による自律神経の乱れ
② 高温多湿による発汗の異常
③ 熱帯夜による寝不足

などです。
次回は具体的に説明していきますね!

*参照 一般社団法人 日本柔整鍼灸協会 発行新聞

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

外反母趾 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!
もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の谷川です。

 
前回、五十肩が大好評でしたので続いて外反母趾について調べました。

外反母趾とは、足の親指の付け根が突出し、小指側に曲がる変形した状態です。

 

足趾の変形は、年齢を積み重ねることにより増加してきてます。
原因としては、遺伝や性別、足趾の長さまたは、靴が原因だといわれています。

その中でも、靴のサイズが合わない為に起きるケースが最も多い原因だといわれています。

 

症状が悪化すると、疼痛により立ち上がりや歩行障害を起き、重症化すると日常生活動作でも困難になり、転倒のリスク増大が拡大します。

 

「症状」

・関節の内側が突出している
・第2指に指が入り込み、アーチが低下して第2・第3指の中足骨基底骨に胼胝を形成する。

※アーチとは何か?
足部には、縦アーチ(内側、外側)、横アーチの3種類あります。この役割が荷重、分散、吸収し、また各方向での推進力を働かせる役目があります。

A:内側縦アーチ B外側縦アーチ
AB間 横アーチ

 

・背側骨間筋に萎縮を起こしやすい。
「その後の影響」

・足の捻じれで0脚になりやすい
・全身へのアライメントの崩れが出る。
・アーチが機能しないため荷重、分散ができない。
・足趾でバランス機能がうまくできなく、各方向への推進力での蹴りだしが出来ない。
・重心移動がうまくできない。

 

変形の分類

軽度・中度・重度

軽度・中度

A健常 9°~15°
B外反母趾16°~20°

※赤矢印 中足骨 点線 拇趾の基底骨

 

重度
HV角

外反母趾 20°以上

 

「治療」
保存的に矯正体操や装具療法を行う。軽度、中度
これ以外になると、変形が進行して重篤化したものは手術となります。中足骨の頚部の骨切りをするMitchell法が行われます。重度
軽度・中度の場合は骨格筋を鍛えることにより、変形と増悪の予防が出来ます。その矯正体操をご紹介します。
1)後脛骨筋エクササイズ

 

股関節はあぐらをかき、足首は伸ばします。足の内側でゴムバンドを引っ張ります。

※内側縦アーチの形成の機能強化を促す。

 

2)腓骨筋腱リリース

 

長・短腓骨筋の走行に沿って圧迫し、足関節の底背屈を行う。

※骨の配列を整えるために長・短腓骨筋の過緊張や柔軟性の低下の改善が必要となる。

 

3)横アーチに対するエクササイズ

 

弾力性のあるボールを把持し、つかむ動作を繰り返す。各10回行う。
※内在筋を鍛えることで横アーチを形成を促進する

 

4)スクワッティング

A立位

 

 

B中腰姿勢


タオルを巻いたものを足裏の中央部に挿入し、スクワットを繰り返す。

※立ち上がり動作における下肢機能向上を図る。

※何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

パーキンソン病と腰痛 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回はパーキンソン病と腰痛です。

日本におけるパーキンソン病による腰痛の割合は65%と言われています。
パーキンソン病発症の前に凡そ50%で腰痛が発現することもあり、腰痛はパーキンソン病の前駆症状とも考えられています。

 

パーキンソン病の腰痛の原因は大きく5つに分けられますがその内41%を占める骨格筋由来の疼痛が最も多いです。

 

その理由としてあげられるのが、姿勢変化です。
パーキンソン病で姿勢変化が起きることで、重心がズレ、支えるための筋が過剰に働き疼痛を発生させます。

この場合早期介入による運動療法が推奨されます。

 

ただし、運動療法は個々にあったエクササイズが必要で、検査をした後、エクササイズを決定する必要があります。

 

パーキンソン病の腰痛がある方は是非一度いらして下さい!

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

背中の柔軟性のセルフチェック さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は肩の柔軟性のセルフチェックを書いていきます!
肩の柔軟性のセルフ検査の一つに「アッパーエクストレミティ」があります。
誰もが一度はやったことがあるのではないでしょうか?

 

これは何を見ているかというと、
① 肩関節の柔軟性
② 肩甲骨の柔軟性
③ 背骨(胸椎)の柔軟性
をみています。

両手の指先が触れられなければ機能障害の可能性があります。

 

③ で背中の柔軟性をみていますが
これは猫背姿勢の人はうまく「アッパーエクストレミティ」ができないことを意味します。

 

そこで、
もう一つ検査を加えてみて、より正確に背骨の機能障害(猫背)があるか見ていきます。

立った姿勢で首を反ってみて下さい!

 

これは「サービカルエクステンション」という検査になります。

これで顔と天井が平行にならなければ、
① 首の柔軟性
② 背骨(胸椎)の柔軟性
のどちらかを疑うことが出来ます。
最初に行った「アッパーエクストレミティ」とこの「サービカルエクステンション」どちらもできない場合は、2つの検査の共通項である
「背骨(胸椎)の柔軟性」に問題がある可能性があります。

 

反対に「アッパーエクストレミティ」とこの「サービカルエクステンション」どちらかだけできないとなると背骨以外の要素に問題があることがわかります。

もしできなければ、一度お気軽にご相談ください!

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

アイシングの準備 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
大森・金城学院前 瀬戸街道沿いにある
ピンクの看板が目印!!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 

今日は朝から強く雨が降りましたね。
久しぶりの雨でしたが、カラッカラに乾いた土には
焼け石に水でしたね。
それでも少し涼しくなって良かったです。

 

さて、今回はアイシングの準備について
簡単アイスパックの作り方についてお話しします。
用意するものは、ビニール袋(2枚)と氷とお水を少々。

 

まずビニール袋を二重にして、そこに適量の氷を入れます。
ポイントは板状になるように平らに並べることです。

そして、袋の中の空気を吸い取り真空状態にし、
空気が入らないように結び完成となります。

 

なぜ、真空状態にするのか?
それは、アイスパックの中に空気が入っていると
氷層と水層、空気層に分かれてしまいます。

特に空気層の冷却効果は期待できず、
冷却効果を低下させることになるんです。

その為アイスパックは、真空状態に作ることが望ましいです。

 

また、アイスパックを板状の平らに作ることで
患部皮膚表面に密着する為、熱の伝導率も上がります。
つまり、冷却効果を上げる為には
アイスパックを的確に作ることが大切なんですね。

 

次にアイスパックを患部に当てたならば、
患部とその周囲に適度な圧迫が加わるように弾性包帯を巻きましょう。

この際、非伸縮性の包帯やタオルなどを使って患部の圧迫、
アイスパックの固定を行ってもいいですが、
伸縮性のある弾性包帯を用いた方が圧迫の強さを調整しやすく、血行障害や神経障害などの圧迫障害を防ぐことができますよ。

ぜひお試しくださいね。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/