「ほんごう鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

手足の冷えについて ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院の北川です。
今回「手足の冷え」について書いいきます。
No 5.「手足の冷え」について
人間の身体は、恒温動物と呼ばれ血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすること
で、気温や水温など周囲の温度に左右されることなく、自らの体温を一定に保つよう調節
されています。
爬虫類、魚類、昆虫などは外部の温度により体温が変化する変温動物と呼ばれています。

・体温調節
皮膚から「寒さ」を感じるとその情報が脳の自律神経の中枢「視床下部」に
伝えられ、ここから体温を一定に保つよう指令が出されます。
すると血管を縮めて血液をあまり流さないようにすることで、皮膚表面の温度を
低く保ち、体内の熱を外に逃がしにくくします。
また、寒いと自然にからだがふるえるが、これは筋肉をふるわせて体温を上げようと
する反応でふるえ産熱と言います。
逆に、暑くて体温が上がりそうなときには血管を広げてたくさんの血液を流し、皮膚の
表面温度を上げて熱を出したり、汗をかいて熱を逃がしたりして調整されています。

・冷えの原因
1:自律神経の乱れ
ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経が
うまく機能しなくなります。
今の時期温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れより冷えを感じます。
2:皮膚感覚の乱れ
きつい下着や靴などでからだを締めつけたりすると血行が悪くなり、
「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあります。
そのため体温調節の指令が伝わりにくく冷えてきます。
3:筋肉の量が少ない
女性は男性に比べて筋肉が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことも、
女性に冷え症が多い原因の一つと考えられています。
また、女性だけではなく、運動不足の人も総じて筋肉量が少ないため、
冷えやすくなります。

・手足に特に冷えを感じる理由
人間の身体は、重要な臓器が集まる体の中心部を一定の温度(通常は37度前後)に保と
うとします。 特に寒いときは、からだの中心部に血液を集めて、体温を維持しようとし
ます。そのため末端である手先や足先には血液が行き渡りにくくなり、温度が下がりや
すくなって、冷えを強く感じるようになるのです。
冷えについてはこれで以上です。

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

「血圧」について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは

ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

今回は血圧について書いていきます。血圧とは、血管内の圧力です。 血圧は心臓が収縮して血液を押し出す時に高くなり(心拍出量)拡張して血液の流れが緩やかな時は低くなります。(末梢血管抵抗

 

血液を押し出す時の最も高い血圧が 収縮期血圧(上)

拡張して血液の流れが緩やかな時の最も低いのが 拡張期血圧(下)

 

・血圧の基準

血圧には、正常値や高血圧の基準の目安となる数値があり、日本高血圧学会により高血圧の目安が発表されています。

 

血圧は常に変化し、変動は精神 身体活動によるところが大きく朝の目覚めと共に上昇し、日中は比較的に高く 夜になると下がり、睡眠中が最も低くなります。

季節によっても変動しやすく冬は高く、夏は低くなります。

一般的に年齢とともに高くなり収縮期血圧(上)は上昇を続け拡張期血圧(下)は下がっていきます。

 

・冬に血圧が上がる理由

前回お伝いしたように冬になると血圧が上がりやすくなります。

理由は寒いために体の熱が外部へ逃げるのを阻止しようとして、血管が収縮して 細くなります。

すると血管の断面積が小さくなり、血液を送るために大きな力(血圧)が必要となり 末梢血管の抵抗となり血圧が上がります。

 

・自宅でやる事!

自分の血圧がどんな状態なのかしっかりと理解する事が大事です。 そのためには毎日同じ時間 同じ身体の場所で血圧を測ります。

調子が悪い時にだけ測っても、調子が悪くて血圧が高くなっているのか もともと血圧が高かったのか判断がしにくいので毎日測る事が大切です。

あとは食事で減塩を心がけウォーキングなどの有酸素運動をして 高血圧にならないようにしましょう! 血圧についてはこれで以上です。 次回は違う内容を書いていきます!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

こむら返りについて~その2~ ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

前回は「こむら返り」の起こりやすい状態、予防のポイントについて書きました。
今日はその続きを書いていきます。

No 3.「こむら返り」について

・こむら返りになった時の対処法

こむら返りになった時は、突然なってビックリしたり
痛みで焦ってしまいがちですが、

落ち着いて足を伸ばして座り、つま先をゆっくりと自分の体の方に倒すことです。
反動をつけて無理に伸ばしたりすると、筋肉を傷つけてしまいます。

 

痛みがやわらいできたら、マッサージや足首を回したり
 つま先を上・下動かすなどして、血行を良くすることで再発を防ぐことができます。

 

 

・入浴方法について

前回にも書いたようにお風呂に入ることで予防する事ができるのですが
入浴の仕方で体に現れる効果が違ってきます。

 

 副交感神経優位
38〜40°cのお湯にゆっくつかり(20分程度)じんわり汗が出るくらいで入りま す。
そうする事で副交感神経が優位になり手足の血管拡張で血流が良くなります。

こむら返りを予防する時はこの方法で入ります。

 
交感神経優位
42°cのお湯にさっとつかると(5〜10分)
交感神経が優位になり手足の血管収縮で血流は悪くなるが

集中したい時にはこの方法で入るといいです。
こむら返りについてはこれで以上です。
次回は違う内容を書いていきます!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

こむら返りについて ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

今回は前回の掲載した「浮腫み(むくみ)」に関連した
ものについて書いていきます。

No 2.「こむら返り」について

足をつるとは、筋肉収縮のバランスが乱れ、筋肉に痙攣が起こってる状態です。

 

ふくらはぎに起こることが多いため「腓(こむら)=ふくらはぎ
こむら返りとも呼ばれていますが、太もも・足の裏・首などでも起こります。

 

・起こりやすい状態
1.筋肉が疲れている 2.筋力が低下している 3.体が冷えている
4.水分が不足している 5.血行が悪くなっている
・予防ポイント
① 筋肉を休める
筋肉が疲れてるいると、正常な収縮・弛緩ができなくなります。

運動した後、運動習慣のない人でも日常生活の中で疲れがたまると
つりやすくなってしまうので、入浴やストレッチをして

筋肉をゆっくりと休めることです。

 

② 体を冷やさない
体が冷えることによって血行が悪くなるので、
お風呂に入って体の芯から温めことです。

 

③ 水分をとる
足のつりは就寝中に起こりやすいので寝る前に水分補給をすることです。

注意:水分の取り過ぎや冷たい飲み物は体を冷やすので避けましょう。
あと、アルコールやカフェイン類は利尿作用を促すのでこちらも避けましょう。

次回はこむら返りになった時の対処法と入浴方法について書いていきます!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

浮腫(むくみ)について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

私は今までに勉強してきた様々なことをまとめています。
それを皆さんをシェアしていきたいと思います。

 

それでは毎週一つづつアップしていくのでお楽しみに!!(*^^)v
No 1.「浮腫(むくみ)」について

浮腫(むくみ)とは、血液中の水分が必要以上に血管の外にしみ出し
皮膚と皮下組織内に溜まった状態です。

 

・むくみの原因
同一姿勢によるもの
立ちっぱなし、座りっぱなしの長時間の同じ姿勢でいると
心臓から遠い位置にある足は重力の影響をうけて

 

血管から血液中の水分が滲みやすく
血管内にもどりにくいのでむくみやすいです。

 

冷えによるもの
冷えると、筋肉が硬くなり筋ポンプが働きにくくなり
スムーズに心臓へ戻らず
血液が足からあまり動かずにむくみます。

 

特に女性の方は、筋肉量が男性と比べると少ないので
血行不良となり浮腫(むくみ)やすいです。

 

・注意が必要なむくみ
片足だけのむくみは下肢静脈溜、動脈硬化、血栓などの
病気の可能性があるので病院に受診をすすめます。
もし足の甲まで浮腫してしまうほどひどい時は必ずドクターの診断が必要です。

 

・予防法
ストレッチ、マッサージ、お風呂に入るなどありますが、
ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を動かすことが大事です。
なので歩くことをオススメします。

しかしデスクワークで歩くことができない人は、足首を回したり
 つま先を上・下動かすだけでもいいです。

皆さんも是非予防法など使ってみてください!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

浮腫(むくみ)について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

私は今までに勉強してきた様々なことをまとめています。
それを皆さんをシェアしていきたいと思います。

それでは毎週一つづつアップしていくのでお楽しみに!!(*^^)v

 
No 1.「浮腫(むくみ)」について

浮腫(むくみ)とは、血液中の水分が必要以上に血管の外にしみ出し
皮膚と皮下組織内に溜まった状態です。

 

・むくみの原因
同一姿勢によるもの
立ちっぱなし、座りっぱなしの長時間の同じ姿勢でいると
心臓から遠い位置にある足は重力の影響をうけて

血管から血液中の水分が滲みやすく
血管内にもどりにくいのでむくみやすいです。

 

冷えによるもの
冷えると、筋肉が硬くなり筋ポンプが働きにくくなり
スムーズに心臓へ戻らず
血液が足からあまり動かずにむくみます。

 

特に女性の方は、筋肉量が男性と比べると少ないので
血行不良となり浮腫(むくみ)やすいです。

 

・注意が必要なむくみ
片足だけのむくみは下肢静脈溜、動脈硬化、血栓などの
病気の可能性があるので病院に受診をすすめます。
もし足の甲まで浮腫してしまうほどひどい時は必ずドクターの診断が必要です。

 

・予防法
ストレッチ、マッサージ、お風呂に入るなどありますが、
ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を動かすことが大事です。
なので歩くことをオススメします。

しかしデスクワークで歩くことができない人は、足首を回したり
 つま先を上・下動かすだけでもいいです。

皆さんも是非予防法など使ってみてください!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

膝・腰の症状:80代女性

こんにちは!ほんごう鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 古田さん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
夜中に転び股関節の付け根と恥骨を折り、入院していて膝が曲がらなくなり、
何とか杖をついてトイレは行けるようになり退院しました。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
二回転び左足の膝にヒビが入り当接骨院のお世話になるようになりました
腰も痛く接骨院さんには本当にお世話になりました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
今では杖もなく歩ける様になりましたが、座れなく日常生活がとても不自由です。
以前より大変良くなり感謝しております。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
日常に為になる事をお聞きしてうれしく思っています。

 


【担当者より】
アンケートのご記入ありがとうございます!以前に比べるとお膝がよく曲がるようになりましたが、まだ正座が難しい状態なので日常生活がもっと楽になるようがんばりましょう!

 


ほんごう鍼灸接骨院
所在地:〒465-0024 愛知県名古屋市名東区本郷2丁目115
電話:052-760-6611

腰・下肢の症状:80代女性

こんにちは!ほんごう鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Yさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
痛みの為。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近いので便利。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
良好。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
安心して治療が受けられ助かって居ります。

 


【担当者より】
アンケートのご記入ありがとうございました。腰や下肢の痛みがひどい状態でしたが
最近は本当に良くなりましたね!私どももうれしく思っています。
まだ時々、症状が強くなる時がありますので頑張って治療をしていきましょう!

 

 


ほんごう鍼灸接骨院
所在地:〒465-0024 愛知県名古屋市名東区本郷2丁目115
電話:052-760-6611

足のむくみ:80代男性

こんにちは!ほんごう鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 横橋さん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
左右の踝の付近から指にかけてむくみが発生。
(むくみは指で押さえると凹みができる状態)

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
一般的な内科の病院に行き投薬を受けましたが成果なく当院へ。
住所が近くでたまたま目についたので飛び込みで。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
昨年治療効果があり、今回も引き続きお願いしています。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
特にありませんが、日常の生活での注意事項とか、心構えを教えて頂けると有難いです。

 


【担当者より】
アンケートのご記入ありがとうございます。治療を重ねるたびに症状はどんどん改善していきましたね。これからは気温も低くなり血行不良が起きやすくなりますので、積極的に暖めていきましょう!

 


ほんごう鍼灸接骨院
所在地:〒465-0024 愛知県名古屋市名東区本郷2丁目115
電話:052-760-6611

腰痛:60代女性

こんにちは!ほんごう鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 小島さん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰痛

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
以前、猪高車庫近くのハートさんで、お世話になっていました。
本郷駅すぐという利便性もあり、同じ系列の貴院に決めました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
4回施術を受けましたが、痛みはほとんどなくなりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
先生から、解り易く、説明後、丁寧な施術をして頂き、感謝です!
先生はじめ、スタッフの方も明るく親切で、院内も清潔。

 


【担当者より】
アンケートのご記入ありがとうございます。腰の痛みだけでなく、足のシビレもあり大変でしたね。今後は正しいお身体の使い方を習得して頂き、痛みの出にくい身体作りを目指しましょう!。

 


ほんごう鍼灸接骨院
所在地:〒465-0024 愛知県名古屋市名東区本郷2丁目115
電話:052-760-6611