「かちがわ鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

冷えや肩こりについて かちがわ鍼灸接骨院

こんにちは!!

かちがわ鍼灸接骨院(春日井市小野町)の清水です!!

 
最近いきなり気温が下がり寒い日が続いています。
寒い日は体調を崩しやすいので十分に気を付けてくださいね。

 

本日は冷えについて詳しく書いていきます。
冬場はもちろん、「夏なのに体が冷える」「肩が凝り固まっている」「足のむくみが取れない」・・・など、なんとなく気になる体の不調ってありますよね?
そんな不調の鍵を握っているのが“自律神経”なんです。

自律神経は、血行や代謝、体温調節など体のさまざまな働きをコントロールしています。

それが乱れてしまうと、血行が悪くなり、冷えや肩こり、むくみなど、体のあちこちに不調が出てきてしまいます。
快適で健康的な毎日を送るためには、自律神経のしくみを知った上で、
乱れてしまった自律神経を整えるセルフケアが大切です。
自律神経を整えて、血行を改善し、“不調”か“快調”にシフトチェンジしましょう。

 

 

自律神経ってなに?

自律神経は、脳の視床下部から全身に行き渡っている末梢神経のひとつで、血行や消化吸収、体温調節などを24時間休むことなくコントロールしています。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられます。交感神経は、心拍数をあげたり血管を収縮させたりするなど体をアクティブにする働きを持ち、副交感神経は、心拍数を下げ血管を拡張させるなど体をリラックスさせる働きを司っています。

車にたとえると交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキのようなもの。それが交互に強く働いて、体をコントロールしているのです。

 

交感神経と副交感神経は片方が活発なときは、もう片方の働きが抑えられるというバランスで働いています。そして昼間は交感神経が活発で、夜は副交感神経が活発という1日のリズムを持っているのです。

 

交感神経が活発になりはじめる朝にきちんと起きて行動を始める。反対に副交感神経が活発になりはじめる夕方からはゆっくりと心身を落ち着け、その働きがピークに達する時間はしっかりと眠る。そんな自律神経のリズムに合わせて生活することが健康につながります。

 

 

自律神経が乱れると冷えや肩こりに
冷えやむくみ、肩こりなどの症状の多くは、血行の悪さが原因です。
自律神経は、血管の周りに巻き付いており、ストレスなどで交感神経が働きすぎると、血管が収縮し、血行が悪くなります。反対にリラックスして副交感神経が活発になると、血管が拡張して血行が良くなるのです。

血行を良くするためには、血行と密接に関係している自律神経を整えることを考えましょう。自律神経を整えるのには落ち着いたしっかりとした呼吸が大事になります。

まずはゆっくりと鼻から吸い、口から長めに吐きます。
細かいところやわからないところは当グループ院の施術者に聞きましょう。
当グループ院では、冷えなどでひどい肩こりなど、その他のさまざまな症状に対する
治療をご用意しております。患者様にぴったりの施術をさせていただきます。
お身体の不調やお悩みはお近くの当グループ院へご相談ください。

 


かちがわ鍼灸接骨院

所在地:春日井市小野町2丁目1-1

電話:0568-27-8870

https://www.heart-medical.co.jp/shop/kachigawa.html

呼吸が身体に及ぼす影響 かちがわ鍼灸接骨院

こんにちは!

かちがわ鍼灸接骨院(春日井市小野町)の清水です!

 

10月の半ばにはいってきて急激に気温が変化して寒いな、
と感じることも多くなってきました。
急激な気温の変化は体調を崩しやすいので
十分に気を付けてくださいね。

 

本日は呼吸が身体に及ぼす影響について書いていきます。
呼吸というのはなにをするにも大事なことです。
普段の日常生活の中で、呼吸を意識することはあまりないかと思いますが
呼吸によって体内に十分な酸素を取り込むことは、健康を維持するにあたって
大きな役割を担っています。

 

なぜかというと、酸素というものは、脳や心臓など、体内の重要な
臓器が正常に働くために必須だからです。
そのほかにもたとえばトレーニングやエクササイズが
近年どんどん周知されてきています。

 

「筋肉を鍛えたい!」「痩せたい!」などを考えて
ジムなどに行く方も増えてきています。

 

しかし
どのようなトレーニング、エクササイズをたくさん行おうと
適切な呼吸が行えていないと無意味なものになってしまいます。

 

よく腹式呼吸といわれますが、お腹だけ膨らませているものは
最高の腹式呼吸とはいえません。

 

最高の腹式呼吸は、鼻から吸って口から吐いて、吸気時にお腹だけを膨らませるのではなく
お腹と胸郭を同時に膨らませるのが理想的です。

 

夜寝る前などに胸とお腹に手を当てて、胸と腹の両方が動いているか?
さらには同時に動いているか?
自分の呼吸で試してみてください。
できていなければ、手を当てたまま同時に動くように練習してみてください。
それだけでもお身体にいい変化が見られます。

 

理想的な呼吸ができるようになると、体幹も安定して腰痛だったりの
予防にも繋がっていきますので、呼吸を意識してみましょう。

 

かちがわ鍼灸接骨院では10月15日(月)から
パーソナルトレーニングEiMがスタートします。

 

しっかりと呼吸からお身体の評価を行って、皆様の要望
お身体に合わせた完全オーダーメイドのトレーニング、エクササイズをプログラムし、長年の痛みから抜け出したい。お身体の動きを軽くしたいなど
お身体の機能改善、痛みの予防、ダイエット、筋力トレーニングなど
皆様の夢を叶えます。

 


かちがわ鍼灸接骨院

所在地:春日井市小野町2丁目1-1

電話:0568-27-8870

https://www.heart-medical.co.jp/shop/kachigawa.html

ウォーキングについて かちがわ鍼灸接骨院

こんにちは!
かちがわ鍼灸接骨院(春日井市小野町)の平田です。

 

9月も、もう終わろうとしていますね。
朝晩と涼しい気候で過ごしやすくなってきましたね。
ウォーキングなど運動を始めようと思われる方も多くいらっしゃるのではないですか?
ウォーキングはランニングなどと比べると体にかかる負担が少ないので、老若男女問わず実践できる運動法ですよね。

 

ウォーキングを行うことで、
① 体質改善② 心肺機能の向上③ 集中力・記憶力の向上④ 脂肪燃焼⑤ ストレス解消
などの効果を得ることが期待できます。

 

ただ効果を出すには正しい姿勢・フォームで行う必要があります。
足の運び方はかかとから着地し、つま先で後方にけりだすようにして歩きます。

この時ひざはなるべく伸ばした状態にします。「かかと→足の外側→小指の付け根→親指の付け根→親指」かかとから親指まで体重移動させずに小指から踏み出してしまうと足に負担がかかりやすくケガに繋がるので気を付けましょう。

 

ウォーキングは有酸素運動にあたり、全身に酸素を送り込む心肺機能を高める効果があります。そこで大事になるのが「呼吸」です。「吸うより吐くほうを長く」を意識しましょう。つまり吸う割合が1であれば吐く割合を2にする。具体的には息を吸いながら2歩、息を吐きながら4歩と意識してみましょう。

 

まず歩かれる前に正しい姿勢かどうか確認しましょう。
正しい姿勢を確認するには壁に頭、背中、お尻、ふくらはぎをぴったりとつけましょう。この時に壁と腰の隙間がこぶし1個ほどあいている方は腰が後ろに曲がりすぎた反り腰の可能性があります。理想としては、手のひらが入るくらいの隙間がいいでしょう。またお尻の筋肉を引き締めること、おなかを引っ込めることも意識します。顔は顎を引いた状態で視線をまっすぐ意識するとよいでしょう。

 

この方法だと横から見た時に、耳、肩、膝、くるぶしが一直線に伸びたきれいな姿勢になります。ちなみにこの正しい姿勢を維持するには腹筋や背筋、体幹のインナーマッスルを必要とするため、これらの筋肉を普段使われない方はフォームが乱れ、思うような結果が得られなかったり、身体を痛めてしまうと思います。

 

10月始めてみようと思われている方、まずは当院で姿勢を整え、インナーマッスルを使えるようにして、万全の状態で運動を始めませんか?
ケガをされてやめられてしまった方も、今出ている痛みをとって、今度は痛みの出にくい身体を手に入れて、また運動をはじめませんか?

 

当院では国家資格を有している施術者が、しっかりと診させてもらいますのでご安心してご来院ください。
わたしたち治療・予防のスペシャリストになんでもご相談ください!!

 


かちがわ鍼灸接骨院

所在地:春日井市小野町2丁目1-1

電話:0568-27-8870

https://www.heart-medical.co.jp/shop/kachigawa.html

肘内障について かちがわ鍼灸接骨院

こんにちは!かちがわ鍼灸接骨院(春日井市小野町)の清水です!

 
当院はライフガーデン勝川というショッピングモールに入っているのですが、
本日はショッピングモールだからこそ起こりやすい肘内障について書いていきます。

 

まず肘内障というものは子供によくあるケガの一つになります。

 

子どもというのは、道端でごねて動かなくなったり、思いがけず突然動いたりと、大人の思い通りにならないことがたくさんあります。
わがままを言って泣き叫び、床に寝ころんだ子どもを起き上がらせようと手を引いたら、急に腕を痛がり始めた。こんなふうに言って接骨院に駆け込んでこられる親御さんを時折見かけます。

 

そのほかにも、友達に引っ張られたり、遊んでいて転び、不自然に手をついたら突然腕が動かせなくなってしまった、ということもあります。

 

これは「肘内障(ちゅうないしょう)」といって、俗に「腕が抜けた」という状態になっているのです。

ひじの骨のいちばん上の骨頭部というところが、ひじの輪状靱帯(りんじょうじんたい)という靱帯(じんたい)から外側へ手の方にずれることで起きる「亜脱臼(あだっきゅう)」です。

 

肘内障は、2~6歳の子どもに多いのですが、そのなかでも、若干「なりやすい子」というのはいます。けれども、どの子どもも骨格が発達するにつれ、起きなくなっていきます。
深刻なケガではありませんが、傷みが激しいため、子どもは腕を上げようとすると泣き叫ぶのです。
自分の子が泣き叫び親御さんは焦ってしまうかもしれないですが、
しっかりと落ち着いて対応することが大事になります。

 

当グループ院は国家資格の有してる施術者がしっかりと診させてもらいますので
ご安心してください!
ケガやお身体の痛みがある方は是非一度ご相談ください!

 


かちがわ鍼灸接骨院

所在地:春日井市小野町2丁目1-1

電話:0568-27-8870

https://www.heart-medical.co.jp/shop/kachigawa.html