「もりやま鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

筋膜について もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の谷川です。

 
最近では、筋肉や筋膜が多く出版されています。その中でも筋膜をリリースという話題が沸騰しています。今回は筋膜についてお話をさせていただきます。

 

まず、筋膜とは何か?

筋膜は筋肉を覆っている膜で、体中にウェットスーツみたいに張り巡らされています。 表層から深層まで立体的に包み込み、組織を支える第二の骨格としての役割があります。

筋膜の構造

筋外膜・・・筋肉の全体を覆っている最外層のもの

筋周膜・・・いくつかの筋線維を束ねって覆っているもの

筋内膜・・・筋線維一本一本を包み込んでいるもの

 

筋膜が果たす4つの役割

・身体を支える
・老廃物の排出
・痛みのセンサー
・スムーズな運動の連携

 

①体を支える
筋膜は、筋肉以外にも骨や内臓についており、形状が崩れないように支持しています。また、弾力の性質あるので、力の伝達に活用されています。

 

②老廃物の排出
筋膜の線維と線維の間に基質が存在しています。その中は血管やリンパが通過しています。筋肉に溜まった老廃物はうまく筋膜を介し、血管やリンパに流れ排出されます。

 

③痛みのセンサー
人体の中で感覚神経の受容器は筋膜に多く存在しています。
筋膜の受容器が反応するときはどういう場合か?

1 痛み
2 圧力
3 振動
などに感知し、信号を脳に送ってくれます。

 

④スムーズな運動の連携

筋膜は全体の筋肉を覆い、つながっています。そのため伸び、縮みを行って力の運動効率をあげることに役立っています。

筋肉が収縮すると筋膜の層同士が滑走しあっています。しかし、筋膜が癒着などを起こすとなめらかな滑走ができず運動器に障害が出ます。

 

1次障害(損傷した後、起こす障害)としては、
・創傷治癒の遅延
・発痛物質、疲労物質の蓄積による痛み
・神経伝達速度を低下
・血液の循環不良

 

2次的障害(原因から全体に広がる障害)に続くと、
・姿勢不良
・代償動作
・運動効率の低下
治療

 

筋膜リリース

筋肉にある痛みもしくは癒着しているところにアプローチを加えていきます。
引きはがしたり、引き離して行うことで正常な正しい状態戻してあげる方法があります。

例は、 ストレッチポールを使い、転がすことで癒着したところ剥がす為の道具です。
他には、手技療法もあげられます。

 

コンプレフロス
特殊な天然ゴム線維で末梢から中枢にかけてバンドを巻き、一気に開放を行うことにより血液の循環を促進させます。また、バンドで摩擦力を利用して皮下と筋膜の癒着をはがすます。

などがあげられます。

今、当院ではコンプレフロスを使い、筋膜に対して治療を行っています。患者さんの中に腕の痛み、腰の痛みなどに治療を行っております。もし、痛みに対してお困りがありましたら当院にお越しください。
お待ちしております。

 

もりやま鍼灸接骨院エキテンHP
http://www.ekiten.jp/shop_6060239/review/


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

足のトラブル もりやま鍼灸接骨院

こんにちは

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の矢澤です!

 
最近は空前のマラソンブームです。健康増進から競技レベルまで様々な方が、よく走るようになりました。そんな中で必ずランナーが遭遇するのが、『足のトラブル』です。股関節、膝、足関節等に痛みを抱える方は少なくありません。今回は『外くるぶしの外側が痛い』と訴えられていた患者さんが、一回の治療で著効した症例を簡単に紹介します。

 

60代の女性の方で、毎日7キロ強走ることを日課にしています。
10日前より右外くるぶしの外側が痛くなり、今では歩行荷重時でも激痛が走ります。病院で診てもらったが全然よくならないと来院されました。

 

よく走ること、痛みの部位から、『腓骨筋腱炎』であると判断しました。右足のアライメントも右側のみ外反気味です。

 

大事なのはなぜ炎症が起きてしまったか?です。
走る動作は腰の回旋→股関節の屈曲→膝の屈曲→足関節の伸展→
と下肢の一連の動作が行われているので、どこか一つが崩れているだけで、雪崩式のように連鎖していきます。話を伺うと、左の臀部に違和感を持っていることがわかりました。そこで骨盤に注目すると、左右で非対称でした。
ですから、右くるぶしの痛みを除去しても、左臀部の違和感が残る限り、再発する可能性があります。

 

治療としては
① 腓骨筋に対する鍼治療
② 骨盤に対するバランス整体
を行いました。
術後から痛みの軽減がみられ、次回来院時は痛みの度合いが半分になっていました。
これからは痛みの出ない体づくりを目指して継続されています。

 

結果には原因があります。痛みにも原因があります。
根本原因はどこかを探し、適切な処置をすることが、今後長く競技を続けていくコツになると思います。

 

もりやま鍼灸接骨院エキテンHP
http://www.ekiten.jp/shop_6060239/review/

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

外反母趾 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!
もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の谷川です。

 
前回、五十肩が大好評でしたので続いて外反母趾について調べました。

外反母趾とは、足の親指の付け根が突出し、小指側に曲がる変形した状態です。

 

足趾の変形は、年齢を積み重ねることにより増加してきてます。
原因としては、遺伝や性別、足趾の長さまたは、靴が原因だといわれています。

その中でも、靴のサイズが合わない為に起きるケースが最も多い原因だといわれています。

 

症状が悪化すると、疼痛により立ち上がりや歩行障害を起き、重症化すると日常生活動作でも困難になり、転倒のリスク増大が拡大します。

 

「症状」

・関節の内側が突出している
・第2指に指が入り込み、アーチが低下して第2・第3指の中足骨基底骨に胼胝を形成する。

※アーチとは何か?
足部には、縦アーチ(内側、外側)、横アーチの3種類あります。この役割が荷重、分散、吸収し、また各方向での推進力を働かせる役目があります。

A:内側縦アーチ B外側縦アーチ
AB間 横アーチ

 

・背側骨間筋に萎縮を起こしやすい。
「その後の影響」

・足の捻じれで0脚になりやすい
・全身へのアライメントの崩れが出る。
・アーチが機能しないため荷重、分散ができない。
・足趾でバランス機能がうまくできなく、各方向への推進力での蹴りだしが出来ない。
・重心移動がうまくできない。

 

変形の分類

軽度・中度・重度

軽度・中度

A健常 9°~15°
B外反母趾16°~20°

※赤矢印 中足骨 点線 拇趾の基底骨

 

重度
HV角

外反母趾 20°以上

 

「治療」
保存的に矯正体操や装具療法を行う。軽度、中度
これ以外になると、変形が進行して重篤化したものは手術となります。中足骨の頚部の骨切りをするMitchell法が行われます。重度
軽度・中度の場合は骨格筋を鍛えることにより、変形と増悪の予防が出来ます。その矯正体操をご紹介します。
1)後脛骨筋エクササイズ

 

股関節はあぐらをかき、足首は伸ばします。足の内側でゴムバンドを引っ張ります。

※内側縦アーチの形成の機能強化を促す。

 

2)腓骨筋腱リリース

 

長・短腓骨筋の走行に沿って圧迫し、足関節の底背屈を行う。

※骨の配列を整えるために長・短腓骨筋の過緊張や柔軟性の低下の改善が必要となる。

 

3)横アーチに対するエクササイズ

 

弾力性のあるボールを把持し、つかむ動作を繰り返す。各10回行う。
※内在筋を鍛えることで横アーチを形成を促進する

 

4)スクワッティング

A立位

 

 

B中腰姿勢


タオルを巻いたものを足裏の中央部に挿入し、スクワットを繰り返す。

※立ち上がり動作における下肢機能向上を図る。

※何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

脱水症 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!!

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の粟屋です。

 

真夏日になり、脱水症になる方がどんどん増えてきていますね。

今回はそんな「脱水症」についてお伝えしていきたいと思います。

 

なぜ脱水症が起こるのか、脱水症とは
「何らかの原因で体液が失われた状態」を脱水症といいます。
その主な原因としては食欲低下や水分摂取の不足の他に、下痢や嘔吐、発熱、発汗などによる体液の喪失が挙げられます。

 

水と塩分で作られている人の体液。体液は体温調節を行ったり、体に必要な栄養素、酸素を運んだり、さらに老廃物を排出する役割があります。

 

成人の場合、体液は体全体の60%ほどを占めています。しかし、気温の上昇や激しい運動で汗をかいたり、下痢や嘔吐で体液を排出したり、体から水と塩分が失われた結果として脱水症を招くのです。

 

脱水症は単なる水分不足ではなく、脳や消化器系、筋肉にまで異変が出てしまう実は危険な症状です。
脱水症の度合いは、体液が失われることによる体重減少の割合で以下のような三段階に分けることができます。

①軽度  体液が3~5%(50㎏の人で1,5~2,5㎏)減少
症状:めまい、立ちくらみ、口の渇き

 

②中等度 体液が6~9%(50㎏の人で3~4,5㎏)減少
症状:頭痛、悪心、嘔吐

 

③重度  体液が10%以上(50㎏の人で5㎏以上)減少
症状:意識障害、けいれん

 

他にも「原因不明の発熱」や「急激な体重の減少」が脱水のサインだったりすることもあります。
見逃さないように、自分の体の異変には耳を傾けるように心がけましょう。

 

脱水症は起こる前の予防がとても大切になります。
最後に今すぐ実践できる予防策を3つご紹介します。

 

1.規則正しい食生活
一日に必要な水分の4割は食事から補給しているため様々な色の食材が並ぶようバランス良く頂きましょう。

夏場は、水分が多く含まれる野菜や果物などが脱水対策に適しています。
特に夏野菜のキュウリやトマトは水分が90%以上のため、おススメです。

 

2.暑熱環境を避ける
日陰のない夏の街中では、日射以外にビルの壁面や路面からも熱を多く受けてしまいます。
皮膚に日が当たると体温が上昇するため、外出時は肌の露出に十分に注意してください。
特に太い血管がある首はその影響を受けやすいので冷たいものを首元に当てるなどの対策をしておくことがおススメです。

 

3.こまめな水分補給
まず、毎日の体に入ってくる水分と体から出ていく水分のバランスを崩さないことが大切です。
夏場は2時間おきを目安に水分補給することを心がけましょう。
飲み物はアルコール以外の物。給水性の高い経口補水液が最もおススメです。
喉が渇く=体に水分が不足している状態です。
体調管理も仕事の内です。こまめな水分補給と涼しい場所で適度に休んで体調を整えましょう。

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

経絡とファシア もりやま鍼灸接骨院

こんにちは

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の矢澤です。

 

いま鍼灸業界がすごく盛り上がっています。
それは一冊の本によるものです。

 

『閃く経絡』

 

東洋医学でいう経絡を医学の言葉を使い、医学的に説明しています。
これまで、経絡を科学的に説明しようとした論文は沢山ありました。
良導絡、ボンハン学説。しかし、どれも医学的につつかれると、少し口がもごもごしそうな根拠にすぎませんでした。
そのキーワードが『ファシア』です
ファシアとは日本語では訳せませんが、内容で説明すると、「すべての神経、筋、血管、臓器、骨、腱を覆い、つなげ、包む線維性結合組織」のことです。

 

人体には微量な電気が体を流れており、これは人体の形成再生にとても重要なものです。その電気が流れている部分がファシアになります。そのファシア内でも特に電気伝導性に優れているのが経絡だということ。

 

経絡がファシアであれば、この電気をうまく誘導させてあげればよい。
足に浅い鍼をして腰が治る。ということも説明できます。

 

本書では経穴についても発生学の観点から説明をしています。
これも興味深いです。

私の頭ではここまでしか説明できませんので、またの機会とします。

 

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

五十肩について もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!
もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の谷川です。

 

最近の来院患者さんで、肩の痛みを訴える人が増えています。特に理由はありませんが、接骨院あるあるです。特に四十肩、五十肩が多いので、今回、「五十肩」について調べてみました。

 

まず、五十肩とは、50歳代を中心にした中高年者に多い肩関節の炎症です。明らかな外傷もなく生じ、疼痛と関節拘縮を主徴候とする病態をいいます。

 

肩関節には、関節窩に対して骨頭は大きいので、不安定な状態です。それを補う為に軟部組織(筋肉、関節包、靭帯)で補強しています。不安定な分、他の関節より可動域が広い点が挙げられます。

 

いろいろと説はありますが、年齢を重ねるごとに、軟部組織である上腕二頭筋、腱板(肩甲下筋、小円筋、棘下筋、棘上筋)の変性、肩峰下包や肩関節の炎症や病変が生じ、関節包が短縮して、肩甲上腕関節に疼痛と運動制限が見られ、機能障害が生じます。

 

「症状」
・肩関節でのあらゆる方向に対して運動制限みられます。可動域で制限されやすいのが、特に外旋動作です。よって結髪動作ができにくい。
・寒冷時、夜間に強い。
・上腕や肘にかけて放散痛を伴うことがある
・腱板(肩甲下筋、小円筋、棘上筋、棘下筋)に拘縮を起こしやすいです。

 

「所見」
痙縮期⇒拘縮期⇒回復期に分けられます。

痙縮期とは、痛みの為に肩の動きが制限されている時期
拘縮期とは、肩関節を構成している軟部組織に拘縮が起きている時期
回復期とは、疼痛の軽減と可動域が改善する時期

 

「治療」
生活指導、温熱療法、運動療法の3つが主体となります。

生活指導では、三角筋のコリ感や筋の癒着をほぐすために、全体を揉みほぐすように伝え、可動域の向上を目指します。

温熱療法は、基本は患部を温め、血流を改善し、柔軟性の向上を目指します。

運動療法は、
・ストレッチ
・筋力強化
・体操                        
の三つが重要になります
今回は自宅でもできる体操を紹介します。

 
Aゴットマン体操
前かがみの姿勢となり(立位でも可)、患部に1キロほどの重りをもって大きく肩を動かす。
内回し⇔外回し 前⇔後 をそれぞれ行う。 各10回

 

 

B 屈曲運動
① 健側の手で患側の手首を持つ
② 患側の腕を天井に伸ばす。その際に健側で抵抗を加える。

 

C 内旋運動
健側の手で患側の手首を持ち、背骨に沿って引き上げる。

 

痛みなく、動ける範囲で行ってください。
お悩みの方はお近くのスタッフに相談してください

 

もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

 

鵞足滑液包炎 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区))の広瀬です。

 

サッカーワールドカップが始まって、日本代表選手達の活躍に注目が集まっていますね。
勝ち進んでいく姿を見せてもらい、日本を元気にしてもらいたいです。

 

この話題にちなんで、今回はスポーツ疾患のひとつである鵞足滑液包炎(がそくかつえきほうえん)についてお話していきます。

 

鵞足滑液包炎とは?
膝関節の内側に付く縫工筋、薄筋、半腱様筋という筋肉があります。これらの筋肉から伸びる筋腱を合わせて鵞足と言います。鵞足とは、ガチョウという鳥の足に似ているためこの呼び方になったと言われます。その下にクッションの役割を担う滑液包がありますが、腱や骨との摩擦で炎症になり痛みが出てきます。

 
症状は?
・長時間のランニングを行っている際、膝が痛みだす
・夜間に突然、膝が痛み出し眠りを妨げられる
・椅子から立ち上がることや階段の昇り降りをすると膝の内側が痛い
などがあります。

 

治療法・予防法は?
座った状態から両方の足裏を合わせて両膝を床に向けて力をゆっくり入れていきストレッチします。これにより太ももの内側の筋肉を伸ばすことができます。

また、運動時間を短くして休憩を摂ることや、運動後のアイシングを行ってケガを防ぎましょう。
当院では、圧痛が出る場所にハリ治療や膝関節にコンプレフロスを巻いて膝を曲げ伸ばしさせて筋肉を鍛え、症状を緩和していき治していきます。

 

 

~おわりに~
スポーツをすることは身体に対してメリットは大きくあります。しかし、力量に合わない練習を行うと、ケガをしてしまいかえって状態が悪くなることがあります。身体と相談しながら少しずつハードルを上げていきましょう。また、中高年の方でも膝の変形に伴い、膝の内側に痛みが出ることがあります。気になるようでしたら、我々にご相談ください。
他にも身体にお悩みがありましたら、お近くのハートメディカルグループへご相談ください。

 

もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

足の痛み:50代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 T.Nさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
足の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
家の近所

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
足の痛みもなくなりましたし体の疲れもとれました

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
ありがとうございました

 


【担当者より】
ありがとうございます。まず足の痛みで来院され、歩行時に下腿後面周囲に疼痛が出現しました。日常生活で歩いたり階段を上ったりする動作で痛みがあり、週に2回のペースでHMバランス整体とハイボルテージ治療を行いました。途中経過では3回時点で歩行時の疼痛レベルが大幅減少しました

 


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

隈(クマ)について もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!!

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の山元です。

 

本日は、目の下にできる隈(クマ)について、ご紹介します。

隈ができると、顔の印象が暗くなり、

なんだか体調が悪そうな、眠たそうな印象をもたれてしまいます。

 

 

そもそも何が原因で隈ができるのでしょうか?

有名な話ですが、隈には大きく分けて三種類あるといわれています。

それぞれの種類別に、原因をお話します。

 

◆色素沈着による、茶クマ

目の周りの皮膚を刺激しすぎて傷つけてしまい、

皮膚のターンオーバーが追いつかなくて、古い角質がはがれずに蓄積する事により、メラニン色素が溜まっていき、沈着して茶色っぽく見えます。

 

・見分け方

目の下の皮膚を軽く引っぱっても、皮膚の色が茶色のまま、変わらない。

 

・茶クマの改善方法

大切なのは、目の周りをこすったり、強くマッサージをしたりしないこと。

皮膚のターンオーバーを促すために、

紫外線ケア、水分・脂分・坑酸化食品を摂取する、

ピーリングを行う肌の代謝を高めるビタミンC誘導体を含む化粧水や乳液を使う、

血行を促す事が改善につながります。

 

 

◆血行不良による、青クマ

睡眠不足、眼精疲労、ドライアイ、低体温、などによる

血行不良から血管を通っている血液の色が悪くなり、

皮膚の薄い目の下の血管の色が青く見えてしまうのが、青クマの正体です。

 

・見分け方

目の下の皮膚を軽く引っぱると、皮膚の色が青から肌色になる。

 

・青クマの改善方法

身体を冷やさない生活習慣を取り入れる。(適度な運動、冷たい食べ物を避ける、お風呂にゆっくり浸かる。)

軽く(気持ちいいなと思うくらいの強さ)顔全体のマッサージをする

→やりすぎると、茶クマの原因になります。

タンパク質、ミネラル、ビタミンを摂取する。

保湿をする。

蒸しタオルをあてる。

などが改善へと繋がります。

 

 

◆目の下のたるみによってできる、黒クマ

加齢になると、どうしても目の周りが窪できてしまい、

目の下に影が出来て、クマのように見えてしまいます。

この場合の一番の原因は、顔の筋肉(表情筋)の低下です。

 

・見分け方

顔を上に向けると、クマがみえなくなる

 

・黒クマの改善方法

表情筋を鍛える。

コラーゲンの摂取。

リンパの通りを良くして、顔のむくみを取る。

→むくみがあると、皮膚が下垂してしまいます。

 

 

以上が、簡単なクマの種類別の原因と、改善方法になります。

全体を通していえるのは、血行不良になるとクマは悪化します。

特に寒い季節は身体全体の血液循環が悪くなってしまいます。

なので、顔だけ循環を良くするのではなく、全身の血行を良くする必要があります。

当院では、負傷部位だけでなく、全身の血行促進を行っています。

お体のことでお悩みの方は是非、当院までお越しください!!

 

もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

PCOS もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!
もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の、山元です。

 

本日は、女性科疾患のお話をさせて頂きます。

最近、女性の20人に1人はなると言われている疾患があります。
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)というものです。

 

女性の卵巣の中にはたくさんの卵細胞があり、月に一つずつ成熟し、排卵をします。
この卵細胞は、卵胞という袋に包まれていて、少しずつ大きく成長していき、約2cmになると袋が破裂し、成熟した卵細胞のみが排卵していきます。

 

ですが、、、PCO傾向のある場合、
卵胞が、卵巣の中にたくさんでき、完全までに育たず破裂することなく残存してしまいます。
よって、排卵をするのが難しくなってしまうのです。

 

こうやってきくと、怖くなってしまいますよね、、、
ですが、PCOは病気というより、そういうからだの状態になってしまっている病態、という認識のほうが正しいと思います。

 

もちろん、医療的な処置は必要になってきますが、しっかり治療を行っていけば良い卵を排卵させる事は可能です。あまり深刻に捉える必要はありません。

 

では、PCOと診断された場合、日常で出来る事はどんなことでしょうか、、、

 

1 葉酸を摂取する
ほうれん草などに多く含まれる葉酸。
受精卵を受け止める子宮内膜に必要な栄養素となります。
今では、安全に葉酸を摂取できるサプリメントがあります。
必要な葉酸を取り入れようとすると、毎日ほうれん草を4束以上茹でて食べなければいけません。
無理をせず、こういうときはサプリに頼ってもいいと思います。

 

2 血行を促す
身体を温め、血行を促進して各器官の働きを良くし、排出機能を活発にする一方
食事のバランスや睡眠、生活習慣をもう一度見直して改善していく事が大切です。

 

身体を温める食品として、
玄米(雑穀米もOK)
根菜、海藻類、豆類、イモ類、しょうが
大豆食品  があります。
肉や魚の割合は10~13%程度に。

 

排出機能を高めるために、水分を2ℓは毎日摂取することも大事です。

医療治療と共に、日常生活も今一度、見直していきましょう!

 

もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/