「おおもり鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

五十肩について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です!

 

11月も中旬を過ぎ、だいぶ朝晩の気温の冷え込みが激しくなってきましたね。

 
今回は五十肩について3回に分けて説明をさせて頂きます!
第1弾は五十肩についての説明と症状についての説明です。

 
五十肩とは?
50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されている。五十肩には特に誘因が認められないことが多く、ときに軽微な外傷の繰り返しの後に肩の不快感や疼痛で発症する。好発年齢は40~60歳代です。

 

五十肩の症状について
「朝、着替える時に肩が痛くて腕が上がらない」「突然、肩周辺に強い痛みを感じる」などの症状などがあります。
痛みが急性期の場合だと夜中寝ている際に痛みが出たり、安静にしているだけでも痛みが出る場合などが見られます。
またこれらの症状には腱板損傷などと似たような症状になりますので鑑別が必要となってきます。

 

これらの症状でお困りならぜひ一度当院に御相談下さい。
次回は治療についてのご説明をさせて頂きます!

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

コンプレフロス おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いにあるピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!!

 
朝晩がすっかり冷えてきましたね。
明け方足が痙攣したりしていませんか??
それは、血行不良が原因です!!
体からのサインですよ!!
なかなか治らない方は一度ご相談くださいね!

 

さて、今回は施術のご案内です!!
メニュー①
【コンプレフロス】
これはコンプレフロスというゴム状のバンドを使い【fascia】と呼ばれる軟部組織の癒着を剥がし、疼痛の緩和、除去、可動域の改善を図る施術です。
テニス肘、野球肘、オスグッドなどのスポーツ疾患やなどのドケルバン腱鞘炎、バネ指など日常の使いすぎによるものまで多岐に渡ります。

 

 

なかなか治らない方、変化の出ない方などにおススメです。
是非一度、ご相談くださいね。
※お身体の状態によりできない場合もあります。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

クロックスが足に与える影響について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です!

 

今回はサンダルが足に与える影響についてご説明させて頂きます!

 

この夏にサンダルを使用した方は多いのではないでしょうか?
楽に履けてちょっとした外出の際に重宝されるサンダルですが
特に小さなお子さんだと、足に与える影響があるようなんです。

 

まず足のアーチが形成されにくくなり扁平足を促進されるという事が言われています。偏平足だと、足の裏への衝撃をそのまま受けるので足の裏やふくらはぎなどが大変疲れやすく、むくみやすくなります。

そして足裏のアーチバランスが良くないことで骨盤や背骨の歪みが起こりやすくなりバランスを取るために常に筋肉を使うため疲れやすくなります。

 

次にサンダルは踵を固定していないため歩くたびにつま先側に移動して当たってしまい脱げないように足の指をサンダルに固定しなければならず足のアーチと逆向きに反るように自然となってしまい指先で地面を蹴ることが出来無くなってしまいます。

この指先を上手に使えるようにする事が、足のアーチが形成する上で大事なポイントになってくるため、長時間の歩行や普段はく靴はなるべくしっかり足の甲や足首を固定する靴を履くようにしましょう!

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

夏バテを防ぐ生活習慣について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いのピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区) 旗野です。

 

お盆が明けて、月曜日から普段通りのお仕事が始まった方も多いんじゃないしょうか?
少しゆっくりとした毎日から今までの生活の習慣に戻るには少し時間がかかりますけど慌てず体調を整えてくださいね。

 

さて、前回は夏バテの原因のお話でしたが
今回は夏バテを防ぐ生活習慣について説明したいと思います。

 

① こまめに水分を取る!
普段の生活以上に水分が体内から失われていっています。
スポーツドリンクの飲みすぎは糖質が多すぎるのであまりお勧めしませんが
起床時や入浴後、運動後には必ず水分補給を行ってくださいね。

 

② 体の冷やしすぎに注意する
冷たい飲み物の飲みすぎやエアコンの風のあたり過ぎなどに注意しましょう
運動自体は自律神経の調整にとてもいいので、涼しい時間帯などを選んで行ってください。

 

③ 睡眠をしっかりととる。
熱中症対策や疲労回復には睡眠が一番です。ただ、寝苦しいからといってエアコンのつけっぱなしはしないようにしてくださいね。

 

④ 栄養バランスに気を付けましょう
汗でミネラルを失いやすく、暑さで疲れやすい体には、たんぱく質 ビタミンB1
アリシン ビタミンCなどを積極的に取り入れましょう。
キュウリやトマトなどいいですね。

 

いかがですか?最近少し涼しくなってきたとはいえ、まだまだ油断はできません。
ぜひお試しくださいね。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

腱鞘炎について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です!

 

お盆が終わりだいぶ夏の暑さも和らいできましたね。急な気候の変化があるので体調には十分に気をつけてください!

 

さて今回は腱鞘炎についてお知らせします。

 

腱鞘炎とは?
手首から指先にかけて腱と腱鞘という組織が指を曲げ伸ばしした時に腱鞘という筒の中を腱が往復運動しています。その際の繰り返される摩擦で痛みが起こる病気です。

 
(原因)
パソコンでの作業や文字の書きすぎ、手をよく使う仕事の人など「手指をよく使う人」によく起こると言われます。ただ手首や指の使いすぎで起こるのではなく原因とするならば腕の筋肉の硬さが原因となります。
また「更年期以降の女性」「妊娠・出産期の女性」にも多いです。←女性ホルモンの影響が考えられます。

さらに「糖尿病の人」にも起こりやすくなります。←末梢の血液が滞ることや、炎症を起こすと治りにくいことから腱鞘炎を起こしやすくなります。

 

(症状)
腱鞘炎には指に起こる「ばね指」と呼ばれるものと手首の親指側に起こる「ドケルバン病」の2種類に別れます。
「ばね指」の場合
腱鞘が厚くなったり硬くなったりすると、通り道が狭くなって腱の通りが悪くなり、こすれて、腱の一部にも炎症が生じて腫れてしまいます。すると、腫れた腱の部分が腱鞘に引っかかり、指がスムーズに曲げ伸ばしできなくなるのです。さらに、指を動かそうと強い力を加えた時に腱の腫れた部分が”カクン”とはねるような症状があります。

 

「ドケルバン病」の場合
手首の「痛み」や「腫れ」です。特に親指を広げたり、反らしたり、動かしたりすると、強い痛みがでるのが特徴です。

 

(治療)
HMバランス整体で全身のバランスを整える治療をし全身調整で硬くなっている筋肉の緊張を取り除く治療を行っていきます。

少しでも思い当たることがありましたらぜひおおもり鍼灸接骨院までいらしてくださいね。
お待ちしております!

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

夏バテによる症状 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いの
ピンクの看板が目印!おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区) 旗野です!

 

やっぱり心なしか涼しいですよね!
只今の気温31度。
そう思うと40度は怖いですね、、、
患者さんも≪夏バテ≫の症状が出ています。

 

さて、前回は≪夏バテ≫の3つの原因のお話をしました。
① 室内室外の温度差による自律神経の乱れ
② 高温多湿による発汗の異常
③ 熱帯夜による寝不足
ですね。

 

もう少し詳しくいきます。

 

まず

① 室内外の温度差による自律神経の乱れ

身体の体温調節は自律神経の働きにより制御されていますが、外的要因により
暑い、冷たいが急激に繰り返されると、自分自身で体温調節することが難しくなってきます。
それにより胃腸の不調。全身の倦怠感などが発生しやすくなります。

 

② 高温多湿の環境による発汗の異常
高温多湿環境では、体内の水分を正常に保つことが難しくなります。
汗をかくのみならず、目に見えない水分の減少が体に起きているわけです。
いつも以上に体から出ていく水分が多くなる為脱水気味になりやすいんですね。

 

③ 熱帯夜による睡眠不足
熱帯夜とは夕方から翌朝までの最低気温が摂氏25度以上の状態の事を言います。
人によっては≪クーラーが苦手≫などの理由で付けずに寝る方も多いようです。
これは要注意!最近では寝ている間に熱中症にかかる人も増えています。
扇風機の風を壁に当てて室内に空気の循環を起こすなど、少しでも良い環境を作ることが大切です。

 

次回は夏バテを防ぐための生活習慣についてお話していきますね!!

*参照 一般社団法人 日本柔整鍼灸協会

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

夏バテ おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いの
ピンクの看板が目印!おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!

 

お盆が過ぎましたね。
雨も局地的ですが降るようになり少し涼しくなってきたようです。
体感温度も随分違いますから体調には気を付けてくださいね。

 

さて、こういった気温が続いたりお盆でお出かけが続いたりすると
気を付けなければいけないのが、「夏バテ」ですね。
今回は夏バテについて少しお話しします。

 

まず夏バテとは、胃腸の機能低下や脱水傾向などによる
体調の乱れの事を言います。
症状の現れ方も様々ですが、おもに
食欲不振、全身の倦怠感やだるさ、不眠や無気力などがよくあります。
夏バテ対策をしっかりしていきましょう!

 

≪原因≫
主に3つあります。
① 室内室外の温度差による自律神経の乱れ
② 高温多湿による発汗の異常
③ 熱帯夜による寝不足

などです。
次回は具体的に説明していきますね!

*参照 一般社団法人 日本柔整鍼灸協会 発行新聞

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

アイシングの準備 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
大森・金城学院前 瀬戸街道沿いにある
ピンクの看板が目印!!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 

今日は朝から強く雨が降りましたね。
久しぶりの雨でしたが、カラッカラに乾いた土には
焼け石に水でしたね。
それでも少し涼しくなって良かったです。

 

さて、今回はアイシングの準備について
簡単アイスパックの作り方についてお話しします。
用意するものは、ビニール袋(2枚)と氷とお水を少々。

 

まずビニール袋を二重にして、そこに適量の氷を入れます。
ポイントは板状になるように平らに並べることです。

そして、袋の中の空気を吸い取り真空状態にし、
空気が入らないように結び完成となります。

 

なぜ、真空状態にするのか?
それは、アイスパックの中に空気が入っていると
氷層と水層、空気層に分かれてしまいます。

特に空気層の冷却効果は期待できず、
冷却効果を低下させることになるんです。

その為アイスパックは、真空状態に作ることが望ましいです。

 

また、アイスパックを板状の平らに作ることで
患部皮膚表面に密着する為、熱の伝導率も上がります。
つまり、冷却効果を上げる為には
アイスパックを的確に作ることが大切なんですね。

 

次にアイスパックを患部に当てたならば、
患部とその周囲に適度な圧迫が加わるように弾性包帯を巻きましょう。

この際、非伸縮性の包帯やタオルなどを使って患部の圧迫、
アイスパックの固定を行ってもいいですが、
伸縮性のある弾性包帯を用いた方が圧迫の強さを調整しやすく、血行障害や神経障害などの圧迫障害を防ぐことができますよ。

ぜひお試しくださいね。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

アイシング~rice処置~

こんにちは!
守山区大森・金城学園前。瀬戸街道沿いにあるピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!

 

今日も暑いですね!名古屋で40度記録しました(8月3日)

こんな天気の中、頑張って通ってくださる患者さんに感謝です。
院内はしっかり冷やしてありますので、予約時間より少し早めに
お越しいただくことをお勧めいたします。

 

さて、前回のアイシングの続き。
RICE処置についてお話ししますね。

 

rest(安静)ice(冷却)compression(圧迫)elevation(挙上)
それぞれの頭文字を用いた外傷の代表的な応急処置です。

 

restは安静。運動を中止することで全身の血流循環を押さえて患部への血流量を減らすとともに、患部を固定することで損傷部位の動揺を防ぎ局所的な安静を図る為に行います。

 

iceは冷却。患部を冷却することで、炎症によって過剰に高まった局所の熱感を下げます。また冷却によって血管を収縮させることで血流量を減らすとともに低温にすることで細胞の活動が緩やかになる為酸素、栄養素の必要量が低減されます。その結果、2次的低酸素症を抑制することができます。

 

compressionは圧迫。損傷した細胞や毛細血管から細胞液や血液が漏出する現象(内出血)を抑える効果があります。圧迫することによって大量に血液が流れ込むのを防ぐとともに血液が残留するのを防ぐ役割もあります。
しかし、圧迫しすぎると血行障害や神経障害を引き起こすので注意が必要です。

 

elevationは挙上。患部を心臓より高く上げる事で物理的に患部への血流を緩やかにし、患部からの静脈の流れを促進する効果があります。その為患部の内出血が抑えられます。

 

これらの4つの手技を行う事がrice処置ですが、それぞれに一定の効果がある為状況や条件に合わせて行う事が大切です。
自宅や外出時、またお子さんの急なケガなど発生した場合には是非行ってくださいね。
次回は実際の準備についてお話しします。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

アイシングを行う目的 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
大森・金城学院前。瀬戸街道沿いのピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!

 

いやー。暑い日が続いますね。
40度近い日は少なくなりましたが、それでも35度を超える暑さが続いています。
皆さんも十分にお気を付けくださいね。

 

さて、最近、運動中の『捻挫や打撲』で多くの患者さんがいらっしゃいます。
とりあえず冷やしました。という対応が多いですね。
それは素晴らしいのですが、皆さんそもそもアイシングを何のためにやるか
ご存知でしょうか?

 

アイシングは

『冷やすことで一時的に患部とその周囲の細胞の代謝レベルを下げる行為』

の事です。
つまり、痛めた部分だけでなく、その周囲も冷やす目的があるんですね。

 

それはなぜかというと、2次的な外傷性損傷を防ぐためです。
痛めた患部は炎症により細胞の代謝が上がるのですが、
細胞は痛んでいる為、十分な酸素や栄養が行き渡りません。
結果的に低酸素症の状態になり損傷が拡大してしまう恐れがあるんです。

 

そこで、アイシングの登場。

 

冷やすことで一時的に上がった細胞の代謝を押さえます。
すると必要な酸素量が少なくて済むので、最小限の酸素供給で済むわけです。

 

運動中や日常生活で痛めてしまった場合、最小限の損傷程度で済ませる為にも
アイシングをしっかり活用してくださいね。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/