「おおもり鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

腰椎椎間板ヘルニアについて おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です。

 

7月に入り気温が高くなって来ましたね。暑いので皆さんこまめに水分補給をして熱中症には気をつけましょう!

さて今回は、腰椎椎間板ヘルニアについてお伝えします!
腰椎椎間板ヘルニアとは?
背骨の腰部の骨と骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、や足にしびれなどの症状を起こしますものを腰椎椎間板ヘルニアといいます。
(原因)
長時間の車の運転や中腰での作業、重いものを持ったり、猫背の方など、腰に負担のかかりやすい生活を送っている人に発症しやすいと言われています。
(症状)
症状は神経が圧迫されている箇所によって異なります。腰椎は5つあり上から順に第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、第5腰椎と名前がつけられています。
・第1腰椎と第2腰椎間の腰椎椎間板ヘルニア
腰の少し上らへんに痛みや痺れがでてきます。
・第2腰椎と第3腰椎間の腰椎椎間板ヘルニア
鼠径部辺りに痺れがあります。
・第3腰椎と第4腰椎間の腰椎椎間板ヘルニア
太もも前や膝の内側に痛みや痺れがあります。
・第4腰椎と第5腰椎間の腰椎椎間板ヘルニア
すねの外側の痛みや痺れ、足の親指に力が入らなかったり、足首をあげられなくなります。
・第5腰椎と第1仙椎の腰椎椎間板ヘルニア
足の小指に痛みが出たり痺れがでたりします。
その他にも排尿障害があったり、段差につまづきやすくなったりします。
(治療)
治療法としては大きく分けて2つに別れます。手術をして治す手術療法か手術をせずに治す保存療法です。
保存療法の場合
・体幹の筋肉を鍛えること
・電気をあてたりする物理療法
・薬物療法
・牽引治療
・コルセット
・ブロック治療などがあります。

痛みや痺れが強い場合や長く続いている方には手術療法となります。
少しでも思い当たることがありましたらぜひおおもり鍼灸接骨院までいらしてくださいね。
お待ちしております!

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

梨状筋症候群について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは。
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です。

 
サッカーワールドカップが始まり日本が初戦のコロンビア戦に勝利し注目が集まっています!つぎのポーランド戦も勝利できるよう応援していきましょう!

 

さて今回は、梨状筋症候群についてお伝えします。

梨状筋というお尻の深い所にある筋肉で、その下を坐骨神経が通っています。その梨状筋が硬くなってしまったり緊張してしまうことで坐骨神経を圧迫し、お尻から脚にかけて、痺れと痛みを生じる症状を引き起こす病態を、「梨状筋症候群」と呼び、坐骨神経痛を引き起こす原因のひとつとして知られています。

 

(原因)

梨状筋が硬くなる原因は様々で、日常生活やスポーツなどで繰り返し負担が梨状筋にかかっている場合や、股関節の異常による場合など多岐に亘ります。

 

(治療)

・梨状筋のストレッチ
・ブロック注射
・手術療法で梨状筋を切開する方法
・筋弛緩剤や痛み止めなどの薬物療法
・鍼灸療法などが効果的です!

もしこのような症状が思い当たりましたらおおもり鍼灸接骨院に1度相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

肩の痛み:40代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Y・Nさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近かったので。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?

だいぶよくなっている感じです。姿勢の大事さがよくわかりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!

丁寧に説明して下さってありがとうございます。

 


【担当者より】
ありがとうございます。肩の痛みがずいぶん良くなりましたね。毎日卓球を続けているとまた再発する事がありますのでHMバランス整体を行い、今後痛みが出ない身体を作っていきましょう。


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

睡眠障害 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

桜が満開になりましたね^_^
皆さん花見を見に行きましょう。

 

今日は睡眠障害についてお伝えします。

 

健康の為に睡眠は大変重要です。睡眠は心身の疲労回復をもたらすと共に、記憶を定着させる、免疫を強化するといった役割を持っています。

 

皆さんよく耳にする睡眠障害は、何らかの問題がある状態を言います。眠れなくなることはよく見られますが、眠れない事=不眠症ではありません。

 

(原因)
環境
生活習慣
精神面
身体的な病気から来るもの
薬などが挙げられます。

 

更に睡眠障害には、不眠だけでなく昼間眠くて仕方ないと言う状態や睡眠中におきている病的な運動や行動、睡眠リズムが乱れて戻せない状態など、多くの病気が含まれます。

 

(症状)
睡眠障害のサインや症状は大きく分けて不眠、眠気、睡眠中に起こる異常行動、知覚、運動、覚醒リズムの問題にまとめられます。
又、いびきや寝ぼけなど周囲から指摘される症状もあります。

 
(治療)
寝室環境(日当たり、雑音)
睡眠習慣
好品

鍼治療
マッサージなどが挙げられます。

 

少しでも思い当たることがあれば是非おおもり鍼灸接骨院までいらして下さいね。
お待ちしています!

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

膝にたまる水 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

最近は、花粉症が流行っていて体調が崩れやすい時期ですので、体調管理をしっかりしていきましょう。

膝に水が溜まる際の症状、原因、対処法をお伝えします。
膝に水が溜まると聞いたことのある方は多いと思いますが、何故水が溜まるから知っている方は多くないと思いますので、どんな症状、対処法があるかお伝えします。

 

(症状)

大腿骨と脛骨を覆うように関節包という袋状のものがあります。この関節包の中には滑液と呼ばれる液体があるのですが、この滑液の分泌量が増えると膝に水が溜まるという状態になってしまいます。

水が溜まると曲げ伸ばしが出来なくなったり、関節軟骨に支障をきたしたり、炎症を起こし痛みを伴う物もあります。

 

(原因)

加齢によるものや膝を酷使によるもの。膝関節の病気、スポーツ、事故による怪我です。
年齢を重ねるごとに膝の関節部分が劣化してきてしまい、関節軟骨がすり減ってしまう事で炎症が起きやすくなってしまうためです。

 

(対処法)
水を抜く
アイシング
サポーター
マッサージ

手術
ハイボルテージなどがあります。

もしこのような症状があったら是非おおもり鍼灸接骨院まで。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

頚椎椎間板ヘルニア おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

又今週から寒波がやってきますので、外出時には暖かい服装で出てくださいね!

今日は頚椎椎間板ヘルニアについてお伝えします。

頚椎の椎間板の中心にある髄核(ずいかく)というゼリー状の組織が、その周囲にある線維輪(せんいりん)から脊柱管(せきちゅうかん)に部分的または完全に突出し、脊髄、神経根(しんけいこん)という神経を圧迫し、しびれ、痛みなどの症状が起こることをいいます。

 

原因

椎間板は、脊椎に加わる衝撃や体重を緩和するクッションの役割をもっています。この椎間板が変性(年齢を経て組織が変化すること)により、若い人では約9割が水分といわれている髄核の水分量が減少します。髄核の水分量が減少すると、椎間板が持つ本来の弾力性を失い、クッションの役割を果たさなくなります。また、姿勢不良、激しい運動などによる過度の荷重が椎間板にかかると、線維輪に亀裂が生じ、髄核が線維輪を破って飛び出してしまう事があり、この事が頚椎椎間板ヘルニアの主な原因といわれます。

 
症状

主に以下のような症状が現れます。

頚部(首)の痛み
肩こり
背中の痛み
手から腕にかけて走るしびれや痛み
筋力低下
手指の動きのぎこちなさ
歩行障害
排尿障害

 

頸椎後方にある椎間関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、頸の後方部から背中、時には胸の前の方に痛みや凝り、だるさ、違和感等々が生じます。リハビリテーションが治療の中心となってきます。頸椎牽引、マッサージ、温熱療法、電気療法、針治療、ストレッチ体操、筋力アップ、リラクゼーション等々を行いましょう。

おおもり鍼灸接骨院では鍼治療が効果がありますので是非お待ちしています。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

尿失禁について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

一昨日は雪が少し降っていましたね。
まだ寒さから逃げれないです。なので体調管理をしっかりしていきましょう。

 

今日は尿もれ、尿失禁についてお伝えします。

 

人間は物を食べて栄養を吸収し、要らないものを排泄して生きています。毎日何気なくしているオシッコも身体に回っている毒素を腎臓でキャッチして水分と一緒に体外に排泄するという大事な営みです。
けれどなんらかの原因で自分の意思に反して漏れてしまうことがあります。それが尿もれです。

 

(種類)
よく起こるのを絞って紹介します。

⑴腹圧性尿失禁

運動をしたり重たいものを持とうとしてお腹に力を入れた時、又くしゃみや咳をした時にチョロっと漏れる。
女性に多く、尿道を閉める骨盤底筋が弱っているのが原因です。頻度や量が少ない方は、骨盤底筋トレーニングをすると治ることが多くあります。

 

⑵切迫性尿失禁

強い尿意で切迫感による膀胱が過敏になってしまい、尿があまり溜まっていなくても強い尿意を感じるようになる過活動膀胱が原因。

 

⑶心因性尿失禁

会社の面接など、緊張した場面で漏らしてしまう。緊張のために、自律神経が失調し、勝手に膀胱が萎縮するために漏らしてしまいます。若い人に多いです。

それ以外にも機能性尿失禁、溢流性尿失禁、排尿後尿滴下があります。

 

(対策)

運動(骨盤底筋トレーニング)
食事療法
サプリメント
楽トレがあります。

当院では、楽トレという機器でインナーマッスルを鍛えて尿もれ、姿勢、痛みなどを改善します。
是非おおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

眼精疲労 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

最近インフルエンザが流行っていますので手洗いをしっかりしましょう。
今日は眼精疲労についてお伝えします。

皆さん携帯やパソコンなど日常生活で目を使うことが沢山あります。それを毎日繰り返し続けていると段々と目が重たくかすみ目などの影響が出てきます。

 

(原因)

ドライアイや近視、遠視
乱視などの原因で、目のピントがうまくあっていない屈折異常、老眼による調整異常、度数が合わない眼鏡などが原因で起こります。

 

(症状)

疲れ目、ゴロゴロ、かすみ目、目の充血、肩凝り、頭痛など、様々な症状を引き起こします。
(対処法)

瞬きを忘れないように心がける。
パソコンやテレビは、視線より下において画面を見下ろすようにしましょう。

 

(チェックポイント)
ものが霞んで見える
重たい感じがする
目が痒い、痛い
目やに、涙が出る
目が乾いた
ゴロゴロ
目が疲れる
光が眩しい
などの症状があれば眼精疲労かもしれませんので、即効性のある鍼治療や全身調整法で全身の血液の流れ、筋の硬さをほぐして直していきましょう。
是非おおもり鍼灸接骨院まで

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

坐骨神経痛 おおもり鍼灸接骨院

こんにちは🌞
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今週は寒波がやってきますので外出時には気をつけて行動してくださいね!

今日は坐骨神経痛についてお伝えします。

 

坐骨神経とは?
腰椎4.5の神経と仙骨の前面から出て梨状筋と言う筋肉の下を通り、大腿後面中央と下降し、膝裏で2本の神経に分かれ下肢と足裏に走行する人体の中で最も大きな神経です。

 

(症状)

お尻、大腿後面、腿の横、下腿外側や後面、踵、足の甲、指先辺りまで痺れや痛みを来す。

 

(原因)

脊髄や神経根の圧迫によって起こり、多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われていますが原因は様々です。

他には、以下のものが坐骨神経痛を引き起こす原因として挙げられます。
#梨状筋症候群
#脊柱管狭窄症
#分離症、すべり症
#脊椎腫瘍
#骨盤内腫瘍
などです。

 

(治療)

#日常生活指導
#薬物治療
#ホットパックなどの温熱治療
#ブロック注射
#鍼、マッサージが効果が期待できます。

もしこのような症状が思い当たりましたらおおもり鍼灸接骨院まで。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

X脚について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは。
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

今回はx脚についてお話しさせていただきたいと思います。

🖋X脚とは
皆さんO脚というワードは聴き慣れていると思いますがX脚というのはその反対の状態を言います。
ですので、両膝が内側に、彎曲している状態。そして大腿骨の内果部を揃えても、足関節の内果が接しないものを指します。

 

🖋原因は??
原因は主に2つあります。
1つは生理的なものです。
乳幼児の頃は皆、O脚なのですが2〜6歳で一度X脚になります。そして7歳ごろで徐々に外反が減少して正常な角度(外反角4°)になります。
この際に姿勢や骨盤に問題があることによりX脚になるとも言われています。
#この際は痛みや機能障害は伴いません。

 

2つめは病理的なものです。
例えば内側及び外側側副靭帯の緩み、または欠損。
blout病、くる病と言った後天的骨系疾患等があります。
#この場合は片側のみに出現します。

 

🖋予防は?治療法は?
・椅子に深く座るようにする→背筋を伸ばし骨盤の歪みを予防するために行います。

・足の裏を合わせた状態であぐらをかいて脛骨を押しながら伸ばす30秒×3セット
❗️背筋を伸ばした状態で行うこと。

・スクワットをする。この際体重をかける方を意識すること。

・うつ伏せになり膝を90度曲げます。→おへそを少し浮かせるようにお腹に力を入れます。
片側ずつ最初は5秒キープするを3セットできるように。慣れてきたら20秒3セットできるようになるのが望ましいです。
腰痛がある方は無理にやってはいけません‼️

 

気になることがあればぜひ一度おおもり鍼灸接骨院にご相談ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/