「さくらやま鍼灸接骨院」カテゴリーアーカイブ

乳酸はエネルギー源 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

最も勘違いされた乳酸の知識は
「乳酸は疲労物質である」ということです。

乳酸は疲労物質ではありません。

反対に乳酸はエネルギー源として働きます。

確かに強度の高い運動をすると乳酸血中濃度は上がります。
それでも乳酸は疲労物質ではないのは何故か書いていきます。

 

人は主に脂肪と糖をエネルギー源とします。
乳酸は糖にのみ、関係します。
糖と脂肪の違いは

●糖は炭素6個なので小さい。
●脂肪は炭素50個程なので大きい。

●糖は水に溶けやすい。
●脂肪は水に溶けにくい。

つまり糖の方が使われやすいといえます。

しかし糖は水を吸収し過ぎてしまう事(普段はグリコーゲンとして吸収率を抑えている)と血管を損傷させるデメリットから身体に多く貯蔵出来なくなってます。(全身で500g程度)

使いやすいのに貯蔵量は少ないため、糖は普段あまり使わないように制限されています。

昔は糖の代謝時に酸素が枯渇することで乳酸ができるとされていましたが、それは誤りです。
→つまり無酸素運動で乳酸が増えるは誤りです。
→そもそも無酸素運動は存在しません。短距離走も無酸素運動ではなく息を止めているだけ有酸素運動です。

 

正しくは、単に糖の分解量が急に増えすぎると乳酸ができます。(糖の分解過程でアセチルCoAと乳酸になるルートがある)

 

何故こうなるかというと、
エネルギーを必要とした時の糖の分解は過剰に起きるからです。
過剰に分解してしまったものを乳酸として留めています。

まとめると
糖を過剰に分解→使用
の余剰が乳酸になります。

余剰の乳酸は筋肉から飛び出して全身を周り、全身の筋や脳のエネルギー源になります。

乳酸は既に糖が分解されていた状態なので使いやすく、病院の点滴でも乳酸リンゲル液として使われています。

 

ではなぜ、運動強度が高いと乳酸が増えるのかといえば
産生と消費のバランスで、産生が増えるからです。
長距離走など低強度な運動でも乳酸は産生されますが(安静にしていても産生される)、単に産生量が少ないため、血中の乳酸濃度が増えません。

まとめ
●乳酸は疲労物質ではない
→乳酸を排出して疲れを取るは誤り
●乳酸はエネルギー源

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

熱射病で倒れた時の対処法 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は熱射病(深部体温40℃以上)で倒れた時にどうすべきか?です。
救急車を呼ぶことも必要ですが、熱射病で倒れた場合、救急車を待っている余裕はありません。

何故ならば倒れてから“5分以内”に対処し始めなければならないからです。
生存率を上げるには5分以内が重要です。
病院は二の次です。

 

最も効果的な対処法は
冷水浸漬です。
氷水に身体を浸します。

よく熱中症では首、脇の下、鼠径部を冷やすよう言われますが、熱射病レベルでは冷える速度が遅すぎて足りません。

 

冷水浸漬が不可能な場合は可能な限り、冷やすしかないです。
その場にあるものすべてを使って惜しみなく冷やします。

現場に居合わせたら迅速な対応を!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

水分摂取の目安 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

今回は水分摂取の目安です。

 

【体重】
何かをした後、ご飯を食べたり、トイレに行っていないのに体重が1kg減少していれば水分摂取不足です。
特にスポーツを行う方は体重を気にしておく必要があります。

 

【尿の色】
食べ物でも変化してしまいますが、基本的には色が濃いほど水分不足となります。
図の3までは正常です。

 

尿の色は毎日確認できる簡単な方法なので意識しておくといいかもしれません!

 

最近、凍らしたペットボトルがよく売れるそうで、冷凍アクエリアスが出荷停止になりましたね!
冷たい飲み物は熱中症対策によく、常に冷えた状態で飲める(理想は4.5~10℃です)凍らしたペットボトルはかなり有効ですが、
溶けないと飲めない(水分摂取不足)点と、
溶け始めは濃く、最後の方はかなり薄いことに注意しなければなりません。

 

脱水症が引き起こす頭痛やめまいなどの症状は意識しやすいですが、腹痛のように脱水からイメージしにくい症状を出ることがあると覚えておくと、水分摂取不足に気づきやすくなります。

最近では広まりましたが喉が乾いた状態も軽い脱水症状です。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

動くことの重要さ さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は動くことの重要さについてです。

身体に負荷をかけないことを”免荷(Deloading)”といいます。

例えば、体重をかけないことや活動しないことを免荷といいます。

免荷が身体にもたらす代表的な機能異常は筋萎縮です。

通常、筋萎縮は、姿勢筋などの遅筋という種類の筋が優先的に萎縮します。

この遅筋は疲労しにくい特徴を持っています。
反対に速筋というパワーが強く疲れやすい筋は萎縮が遅く、この疲れやすい速筋で体を支えるようになってしまいます。

疲れやすいため、損傷しやすく、体を痛めやすくなります。

身体を強くするためにはまず免荷しない→身体に負荷をかけることが大切です。

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

猫背のメカニズム さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は猫背についてです。
猫背姿勢は背中のストレッチです。

 

ストレッチを長年続けると柔軟性がどんどん向上していくように、猫背姿勢を続けると背中の柔軟性が猫背方向にのみどんどん上がり、体を支える機能が衰えて猫背姿勢になります。

 

本来、人は数時間猫背姿勢を保っただけでは、このようにはなりません。
猫背姿勢を長時間キープすると背中の筋肉や筋膜はどんどん伸びていきます。
これはクリープ現象と呼ばれるもので、猫背をやめれば数十分でもとに戻ります。
(一度しか行わないストレッチの効果が持続しないのはこのためです。)

 

しかし、それが数ヶ月、数年にも及ぶと筋節(サルコメア)と呼ばれる筋原線維の塊が増殖し、どんどん伸びていきます。

 

クリープ現象は組織が伸ばされた状態なのですぐ戻りますが、サルコメアが増えるともとに戻すのに時間がかかるようになります。

 

そのため、長期間の猫背姿勢は避けなければなりません。

さらに、猫背姿勢は多裂筋と呼ばれる、腰の安定性に最も関わる筋の出力を落とします。


この筋の出力が落ちるだけで腰痛のリスクが高まることが分かっています。

猫背姿勢単独では症状を出さないので意識が難しいですが、将来的に体を痛めるリスクがあります。

「座位姿勢はタバコと同じくらい死亡リスクを上昇させる」とも言われます。

 

猫背が気になったら一度ご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

足の捻挫【症例】 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

捻挫直後は「冷やして、固定するしかやることが無い」と思われていることがありますが、実際痛みは施術後に減少します。

先日の症例を書いていきます。

 

【捻挫の症例】
階段から落ちた際に足を捻り、全体重がかかった方の症例です。

来院された時、
足を引きずり、足は殆ど動かせず、内出血し、かなり腫れていました。

 

周りからは骨折だと思われていたくらいの見た目でした。

 

そこで、骨折かどうか検査したところ陰性でした。
(足の骨折の検査”オタワ足関節ルール”は2%骨折を見逃す可能性があるので少しでも骨折を疑うものがないか注意して、施術を進めて行きました。

 

足背部は広範囲に強い痛みを感じるため、当日は患部を特定することもできませんでした。
後日、腫れが引いてから検査したら足背足根中足靭帯損傷とわかりました。

 

局所の損傷でも広範囲に痛みがある場合、脳が過剰に反応しているか、損傷による滲出液の影響のため、患部以外は痛くないということを認識してもらうか、滲出液を排出する必要があります。

 

施術前は少しでも足先を上に上げると痛みが出ていましたが、施術後はなくなりました。
歩行時痛はまだ強く残りました。
初回は包帯で圧迫し、施術を終えました。

3週間の施術で走っても痛くなくなったため、現在はリハビリ(後遺症予防、再発予防)として、足のトレーニングをしてもらっています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

足の捻挫は骨折に注意 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

足を捻挫した時、靭帯を痛めただけかと思ったら骨折していたという事があります。

 

実際捻挫でレントゲンを撮ったときに骨折している割合はおよそ15%です(捻挫の15%が骨折しているという意味ではありません)。

捻挫も骨折も内出血や腫脹を呈すことが多いため、見た目で判断する事は殆どできません。

そのため、捻挫の自己判断は骨折の見逃しに繋がります。

骨折の鑑別は徒手検査が優れているので、判断がつきにくい様でしたら、一度ご相談ください。

また、4歩以上歩けない場合はレントゲンが必要となります。

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

最も簡単に怪我を減らす方法 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回はスポーツにおいて、最も簡単に怪我を減らす方法を書きます。

現在ワールドカップ が盛り上がってますが、
日本はおしくもベスト16でしたね。
そんな中
世界のトップ選手である”メッシ”や”C.ロナウド”もケガ予防のため意識している方法です。

 

睡眠時間と怪我の関係性は
“夜間平均8時間未満で寝るアスリートは、8時間以上眠っていた人よりも負傷リスクが1.7倍高くなります”

つまり、8時間以上寝ることで怪我のリスクが減ります。
さらに9時間寝るとより怪我のリスクが減少します。
6時間睡眠と9時間睡眠では約4倍リスクが変わります。

 

10時間寝るとスポーツパフォーマンスの向上がより大きくなります。

スポーツ選手では、
アメフト
伝説のQB(クォーターバック)トム・ブレイディは
PM9時からAM5:30までの8時間半睡眠。室温設定は20.5度にしています。
今年40歳です。40歳であるにも関わずいまだにプレーは成長していっています。

 

ブレイディは回復力を重視している選手だからこそ、40歳になっても活躍し続けられると思われます。

テニスのフェデラーは10時間程睡眠時間を取ります。

サッカーのメッシやC.ロナウドも10時間睡眠と言われています。

 

今回のことをまとめると
怪我を減らしたければ平均8時間以上寝て、より上手くなりたければ平均10時間以上寝た方が良い

となります。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

軽い捻挫は注意が必要 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

直感に逆らうようですが、足の捻挫は”軽度であるほど再発率が高くなります。

 

にも関わらず軽度な捻挫は受診されにくい現状があります。

 

捻挫癖が強いとどんどん捻挫します。
スポーツ選手に聞いてみると
「毎回練習のたび、捻挫の様になるけど、何回も捻ってたら、捻挫しても痛くなくなった」
という選手も去年2人みました。

この場合大抵足首はゆるゆるになっていて(慢性足関節不安定症)、再発予防が必要です。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

頭痛・めまい【症例】 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は
常に右に頭痛があり、めまいや肩の痛みもある方の症例です。

仕事をやめるか迷うほど強くしつこい頭痛でした。

 

「常に右に頭痛がある」のように毎回同じ側に頭痛がある場合、片頭痛でない可能性が高いため検査していきました。

○flexion rotation test

右側の可動域が低いです。
頭痛側でこの検査が陽性の場合、この検査結果が改善されるかが頭痛が治る指標になるため、改善度の指標としました。

 

○神経過敏性の検査
片頭痛でない場合、関係痛(神経痛など)や関連痛(トリガーポイントなど)の可能性があるため、関連ある神経の触診をしました。
圧迫しても眼神経(三叉神経)に過敏性はないため三叉神経痛由来の可能性は低いです。
アーノルド神経(大後頭神経)の過敏性があるため、大後頭神経痛の可能性があります。

 

治療はHMバランス整体で頸部にかかる負担を減らしていき、全身調整法で神経の絞扼を改善しました。
初回で頭痛がかなり弱くなり、2回目でめまいも落ち着きました。

合計4回のバランス整体で症状が消失し、現在は再発予防で通われています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/