「肩の症状」カテゴリーアーカイブ

腕が上がらない!これは四十肩・五十肩!?

 

皆さんの周りで、「腕が上がらない…」「肩が痛くて仕方ない…」と悩んでいる方はいませんか?

肩が痛くて腕が上がらない状態なら、もしかしたら、それは四十肩や五十肩かもしれません。
もし、四十肩・五十肩になってしまったらどう対処すれば良いのか、今回はそんな四十肩・五十肩の症状や対処法などについてお話しします。

 

腕が上がらないのは四十肩・五十肩?

肩が痛くて腕が上がらない場合、まず疑うべきは四十肩や五十肩です。

世間では四十肩や五十肩というと、その名前から中年以降になってしまうものだと思われている方も多いですが、実は若い人でも四十肩・五十肩になってしまうこともあるんです。

四十肩や五十肩は、一般的に男性より女性の方が多く、好発年齢が40代~50代の方が多いため、俗称として四十肩・五十肩と呼ばれているだけで、正式には肩関節周囲炎やフローズンショルダーなど、症状によって様々な名称があります。

また腕が上がらない場合、四十肩・五十肩以外でも疑うべき症状もあります。

例えば、腱板の老化によって肩の腱板筋群という部分の筋が切れてしまう「腱板損傷」や「腱板断裂」、また肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって炎症が起こる「石灰沈着性腱板炎」など、四十肩や五十肩に似ている症状もあるため、注意が必要です。

 

四十肩・五十肩の種類

【肩関節周囲炎】
一般的に四十肩・五十肩の多くが肩関節周囲炎を指します。

肩関節周囲に初期は違和感を覚え、鈍痛から激しい疼痛に変化するのが特徴です。また動作時痛だけでなく、炎症の具合などによっては夜間時痛などがあります。

 

【フローズンショルダー(凍結肩)】
四十肩・五十肩の中でも急性期を終えた状態をフローズンショルダー(凍結肩)と言います。

痛みはほとんど軽減している状態ですが、肩の関節可動域が著しく低下している状態を指します。

 

【上腕二頭筋長頭腱炎】
上腕二頭筋長頭腱炎は四十肩・五十肩と混同されやすい症状です。

肘を曲げる時に使用する筋肉が収縮する際に、腕の骨と擦れる事で炎症が起こり、肩関節前面に痛みが発生します。

 

【石灰沈着性腱板炎】
石灰沈着性腱板炎も四十肩・五十肩と混同されやすい症状の一つです。

40~50歳代の女性に多くみられ、肩関節を支える筋肉および腱の部分(腱板)にリン酸カルシウム結晶が沈着する事で起こります。

石灰がたまって患部で膨らんでくると痛みが増すため、痛みの性質としては激痛であることが多い炎症です。

 

【肩腱板損傷・肩腱板断裂】
肩腱板損傷や肩腱板断裂も四十肩・五十肩と混同されやすい症状の一つです。

肩関節の奥にある筋肉、肩甲下筋腱、棘上筋腱、棘下筋腱、小円筋腱が老化によって変性、断裂し、痛みに繋がります。

 

四十肩・五十肩の原因

腕が上がらなくてつらい四十肩・五十肩ですが、その原因は肩周辺の筋肉や靭帯などに起こる炎症です。

肩関節は、腕の骨、肩甲骨、鎖骨から構成されています。
それら骨を繋いで支えるために、筋肉や腱、靭帯、滑液包というものが存在するのですが、四十肩・五十肩は加齢に伴い、骨を支える部分の柔軟性が低下、変性を起こし炎症が発生したり、関節を包む袋である関節包の癒着などが起きたりする事で発症するとされています。

 

腕が上がらなくてつらい…四十肩・五十肩の症状とは?

四十肩・五十肩は、症状が出始めたばかりの急性期では、肩関節に強い炎症が起こっている事があり、肩を動かしたり、腕を上げようとしたりすると強い痛みを感じるため、肩関節の可動域が制限されてしまうのが特徴です。

また四十肩・五十肩には、就寝時や夜中に痛みが強くなる夜間痛といった症状もあります

症状の時期によって炎症期、拘縮期、回復期と、それぞれ症状に違いはありますが、炎症がひどい場合には、痛みで眠れない、寝返りをしただけでも痛みで目が覚める、腕を動かさなくても肩の関節が傷むなどの症状を訴える方もいます。

さらにある程度炎症がおさまった拘縮期でも、肩の可動域が制限される事が多くあります。

 

腕が上がらない場合のセルフチェック

四十肩・五十肩を予防するためには、日頃からの運動に加え、肩の関節を大きく動かす事がポイントです。
ストレッチや体操を行う事で、関節の可動域を広げ、血流が促進され、四十肩・五十肩の予防に繋がります。

しかし、もしそれでも腕が上がらない・肩が痛むなどの症状で、「四十肩・五十肩かも…」と疑った場合、以下のセルフチェックを参考にしてみてください。

  • 着衣動作、エプロンや髪を結ぶ動作で痛みを感じる
  • 高い所の物を取ろうとした際に痛みを感じる
  • 洗濯物を干す動作で痛みを感じる
  • 買い物袋や鞄を持ち上げた際の動作時痛
  • 肩の痛みが取れず徐々に痛みが強くなっていく

上記のような動作で肩関節が痛む場合は、四十肩や五十肩の疑いがあります。
関節の痛みを放置しすぎると、関節が硬くなってしまい、余計に腕を上げづらくなってしまうため、できるだけ早く痛みを抑えるためにも、早めに整形外科や接骨院などに相談することをおすすめします。

 

四十肩・五十肩の対処法

もし四十肩・五十肩を発症してしまった場合の対処法は、以下の通りです。

急性期 【症状が出始めたばかりの時期】
無理に動かさず、楽な姿勢を維持する
炎症期 【炎症で痛みがある時期】
患部へアイシングを行う
拘縮期 【痛みが緩和されてきた時期】
温めて血流を促進させる

もし痛みが気になる場合、日常生活では三角巾などで肩にかかる負担を軽減させるのも良いでしょう。

また、病院で処方された痛み止め薬や、ステロイド注射などでも一時的に痛みを抑えることができるため、痛みがひどい場合は整形外科等での相談をおすすめします。

 

ハートメディカルグループの四十肩・五十肩 施術メニュー

ハートメディカルグループでは、腕が上がらない・肩が痛いなどの四十肩・五十肩の症状を改善するために、鍼治療・ハイボルテージ治療をご用意しています。

ハイボルテージ療法

ハイボルテージ療法とは、最大150V の電圧をかけて通電することで、深い部分の筋肉(深層筋)までしっかり届き、筋肉の緊張を緩和してくれる治療法です。

電気治療特有のピリピリ感も少ないので、電気治療が苦手な方でも安心です。

「ハイボルテージ療法」についてはこちらから

 

鍼治療

鍼治療は、患部に対して体内から刺激することで、大きな効果を発揮する治療です。

特にHM鍼灸法は症状に応じて、経穴や神経、筋肉に通電刺激することで症状の早期改善をはかるため、表面からでは手が届かない深い部分にも、鍼刺激でアプローチすることが可能な治療方法です。

「HM鍼灸法」についてはこちらから

 


また、患部以外の残存機能へのアプローチや、炎症が収まってきた時期(拘縮期)に起こる可動域制限を改善させるバランス整体を行う事で、肩関節の機能回復をさせる事もできるため、ぜひお近くのハートメディカルグループ鍼灸接骨院へお気軽にご相談ください。

 

心と身体、両方に効く医療を提供する
ハートメディカルグループ

ハートメディカルグループは、毎月延べ25,000人もの方が来院される名古屋No.1の鍼灸接骨院グループです。

国家資格を有する治療家が、専門的な見地から症状を正確に見立てた上で、確かな技術をもって施術を行います。お身体のお悩み解決、各種保険診療のほか、交通事故治療・むちうち治療にも対応しています。


お近くの接骨院を探す

ご予約は各院までお気軽にお電話ください。

あなたの肩こりはストレスからきている?症状だけでなく原因から解消を

 

肩こりというとパソコン作業などのデスクワークが原因と思われている人も多いかもしれません。
しかし実は、ストレスが原因という場合も多くあります。

肩こりを解消しようと、ストレッチや姿勢を意識して生活を送っている人もいらっしゃると思いますが、なかなか改善しないという人は、肉体的な問題ではなく、精神的な問題が原因という可能性も考えられます。

今回は、ストレスが原因の肩こりについて説明させていただきます。

 

肩こりになるストレスの原因を知る

まず、ストレスの原因にもいろいろなものがあると思います。

  • 仕事
  • 家族
  • 対人関係
  • お金のこと

人によって違いはありますが、このストレスによって肩こりになる人もいます。
肩こりがひどくて定期的に接骨院などに通って施術を受けているけど、なかなか改善されないという人は、ストレスが原因の可能性も考えられます。

仕事などで多くのストレスを感じていると肩こりになりやすい傾向にあり、ストレスが加われば加わる分だけ肩こり発症のリスクは高まると言われているので注意が必要です。

ストレスから肩こりになっている人は、マッサージや施術を受けるだけでは解消しないこともありますので、まずは自分が感じているストレスの原因を理解することが大切です。
ストレスの原因を理解し、解消することで、肩こりの改善にもつながります。

なお、9時間以上のデスクワークを毎日のように行っていると、肉体的にも肩こりになりやすくなっている可能性があります。
このような場合は、長時間同じ姿勢にならないように気を付けたり、残業時間を極力減らすなど、肉体的な負担の軽減を考えていくことをおすすめします。

 

原因のストレスが解消すれば肩こりも解消しやすくなる

肩こりに限らず、ストレスを抱えた状態は心身ともに良い状態とは言えません。
そのため、毎日の生活の中でストレスを感じていることがあれば解消していくことが大切です。

ストレスの原因が何か把握して、解消するための方法を考えてみましょう。
根本的な解決が必要なものもあるかもしれませんが、溜まっているストレスを発散することで解消されることもあると思います。

 

なぜ、ストレスの解消が肩こりの改善にも大切かと言いますと、「肩こりに無力感を感じていると悪化する」と言われているためです。

「心身一如」(しんしんいちにょ) という言葉がある通り、ストレスなどを抱えているような精神状態が肩こりに影響することがよくあります。
つまり肩こりに対して、なかなか解消できないものという認識を持つと、肩こりが悪化してしまうのです。

そのため、接骨院に通ったり、マッサージを行ったりしているにも関わらず、肩こりが改善しないことを気にすればするほど、肩こりが悪化していくという悪循環に陥る可能性もありますので注意が必要です。

逆に言うと、肩こりは患部の損傷がみられないことが多い症状です。
ストレスを減らすという精神的に良い体験を得られることで、肩こりが慢性化しないということにつながります。

ストレスを解消することが、肩こり改善の重要なファクターとなりますので、ストレスを溜めない生活を心がけていきましょう。

 

肩こり改善のためのストレス解消方法

ストレスを解消する方法はいろいろあり、人によってやり方も違うと思います。
その中でストレス解消方法を1つ挙げるとしたら、趣味を持つことです。

趣味を持っている人と持ってない人では、趣味持っている人の方が肩こりになりにくい傾向があります。
これは、趣味を行うことでストレスが溜まりにくくなり、ストレスが原因の肩こりになりにくくなるためと考えられます。

また、スポーツなどの趣味を持っている人は、デスクワークなど身体的なものが原因の肩こりも体を動かすことで解消されているなどもあるかもしれません。

例えば以下のような自分自身にあった趣味を見つけて、ストレスを溜めない生活環境を整えてみませんか?

  • スポーツ
  • 読書
  • グルメ
  • 旅行
  • ゲーム

ストレスによる肩こりは、ストレスの原因が人によって違うというだけで、肩こりそのものの症状にさほど違いがありません。
また、同じストレスが原因であっても、肩こりの症状が違うこともよくあります。

大切なのは、自分自身がストレス(心因性)でも肩こりになることを知り、どのような症状が出ているかを感じることです。

いろいろ試してもなかなか肩こりが治らないと悩まれている人は、ストレスが原因かもしれません。
接骨院などに相談して、まずは自分自身の状態を知るところから始めていきましょう。

 

心と身体、両方に効く医療を提供する
ハートメディカルグループ

ハートメディカルグループは、毎月延べ25,000人もの方が来院される名古屋No.1の鍼灸接骨院グループです。

国家資格を有する治療家が、専門的な見地から症状を正確に見立てた上で、確かな技術をもって施術を行います。お身体のお悩み解決、各種保険診療のほか、交通事故治療・むちうち治療にも対応しています。


お近くの接骨院を探す

ご予約は各院までお気軽にお電話ください。

肩こりを治したい!おすすめの解消法は正しい姿勢を保つこと

肩こりを持っている人は多いと思います。
重度の肩こりで悩んでいる人だけでなく、日常化していてあまり気にしていない人、自覚していないけど肩こりになっている人なども含めると非常に多いのではないでしょうか。

肩こりを治すには、正しい姿勢も重要な対策の1つです。
そこで今回は、肩こりを解消し、肩こりになりにくくするための正しい姿勢について説明させていただきます。

肩こりを治すために毎日の生活でできる3つの対策

 

肩こりに悩んでいる人が多い理由として、原因の多さが考えられます。

  • 立っているときや座っているときの姿勢
  • ストレス
  • 運動不足
  • 自律神経失調

肩こりによって、肩や首、背中の痛みだけでなく、頭痛や吐き気、目眩、目の疲れ、不眠などを引き起こすこともあり、症状は多岐にわたり、症状の重さも人によって差があります。
症状が軽い人の中には肩こりが当たり前になっている人もいるかもしれませんが、実は日常生活の中でできる対策もあります。

肩こりを治すために毎日の生活の中でできる対策は大きく、以下の3つです。

  • 1時間に1回程度のストレッチ
  • 定期的な有酸素運動や筋トレ
  • 仕事の環境を変える

ストレッチや定期的な運動は何となくイメージできるかと思います。
では、仕事の環境を変えるとはどういうことでしょうか。

これは、仕事をしているときの姿勢を変えてみるということです。
長時間の同じ姿勢や作業などでの繰り返し動作、座っているときなどの姿勢の不良などが原因になっている人もいらっしゃると思います。
日常生活を送る中で肩こりにつながっているものもあると考えられるため、定期的に姿勢を意識して変えてみることも大切です。

特に、デスクワークの人などは、椅子に座ったまま動きが少ない状態で作業をしていたりすることも多いことで肩こりになっている可能性があります。
意識して作業をする場所を変えたり、座っている椅子や机の高さを変えたりするだけでも、姿勢が大きく変わり、肩こりの解消のきっかけになります。

 

肩こり改善のポイントは「骨盤」と「肩甲骨」を意識した正しい姿勢

 

肩こりを治すための正しい姿勢とはどんなことを意識すれば良いのでしょうか?

意識するポイントは「骨盤」と「肩甲骨」です。
正しい姿勢といっても、座っているときと立っているときで意識するポイントが変わります。

 

座るときの正しい姿勢

座っているときに一番意識すると良いのは「骨盤」です。
ヘソの下に力を入れて骨盤を立てるように座ることで、自然ときれいな姿勢になります。

正しい姿勢を保つために、背筋を伸ばしたり、胸を張ったりしたことがある人もいるかもしれませんが、これはあまりおすすめしません。
変なところに力が入る場合もあり、結果的に肩以外の部分に負担がかかる可能性があるためです。

 

立っているときの正しい姿勢

立っているときに意識するポイントは「骨盤」と「肩甲骨」です。
まず、骨盤は座っているときと同じように、ヘソの下に力を入れて骨盤を立てます。
さらに、肩甲骨を内側に寄せるようにして、顎を引くことで正しい姿勢になります。

このように、肩こり解消するためには、立っているときも座っているときも姿勢が大事です。
骨盤や肩甲骨を意識して、正しい姿勢を保つことで、体全体の緊張がほぐれていきます。

 

肩こりを治したくてもやってはいけないNG行為

 

肩こりをすぐに治したいからといって、肩を揉んだり、ストレッチなどで凝っていると感じる部分を直接伸ばしたりしたことがある人は多いのではないでしょうか。

実はこの肩もみやセルフでのストレッチはNG行為である場合が多いので注意が必要です。

肩こりを感じる部分を直接マッサージすると、一時的に凝りがほぐれて肩こりが治ったように感じることはあります。しかし、マッサージした筋肉が肩こりの原因でない筋肉だった場合、時間が経つと固くなっていき、マッサージする前よりも凝りを感じて、さらに痛みが増したように感じることがあります。
これが揉み返しです。

肩こりを解消する方法の1つとして、1時間に1回程度のストレッチがいいということを前述しましたが、マッサージと同様に、肩こりを感じる部分への直接的なストレッチも揉み返しのような状態になったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。
一時的には肩が軽くなったと感じても、時間が経つと元に戻ったり、さらに肩こりが悪化したように感じることがあります。

肩こりで悩んでいる人の中で、そのような揉み返しを経験されたことがある人もいらっしゃると思います。
揉み返しの原因は、凝っていない部分へのマッサージやストレッチですので、自分で肩を揉んだり、ストレッチするときは気をつけましょう。

 

接骨院でできる肩こりの治療法

 

揉み返しには注意が必要ですが、マッサージやストレッチ自体は肩こりに効果があります。

接骨院などでは、肩こりの原因となりやすい姿勢改善や筋緊張をとる施術を行っています。
正しいマッサージやストレッチを受けることで、肩こりの改善につなげていくことができます。

ハートメディカルグループでは、以下のような施術やトレーニングを行っています。

  • 姿勢や重心バランスを整えて、肩こりになりにくい身体を作る「バランス整体」や「楽トレ
  • 筋緊張や疼痛、不定愁訴を解消するために「鍼治療」や「ハイボルテージ
  • 筋力低下や運動不足を解消するための「MCC」(マルチカフトレーニング)

なお、肩こりは慢性症状と呼ばれ、接骨院では健康保険適応外です。
自費治療となりますので、ご注意ください。

 

心と身体、両方に効く医療を提供する
ハートメディカルグループ

ハートメディカルグループは、毎月延べ25,000人もの方が来院される名古屋No.1の鍼灸接骨院グループです。

国家資格を有する治療家が、専門的な見地から症状を正確に見立てた上で、確かな技術をもって施術を行います。お身体のお悩み解決、各種保険診療のほか、交通事故治療・むちうち治療にも対応しています。


お近くの接骨院を探す

ご予約は各院までお気軽にお電話ください。

腰・下肢の症状:80代女性

こんにちは!ほんごう鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Yさん

【お住まいの地域】 名古屋市名東区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
痛みの為。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近いので便利。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
良好。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
安心して治療が受けられ助かって居ります。

 


【担当者より】
アンケートのご記入ありがとうございました。腰や下肢の痛みがひどい状態でしたが
最近は本当に良くなりましたね!私どももうれしく思っています。
まだ時々、症状が強くなる時がありますので頑張って治療をしていきましょう!

 

 


ほんごう鍼灸接骨院
所在地:〒465-0024 愛知県名古屋市名東区本郷2丁目115
電話:052-760-6611

腰痛・肩痛:50代女性

こんにちは!つしま中央鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 S・Yさん

【お住まいの地域】 津島市

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
腰痛、右肩・左肩の五十肩

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
父の紹介

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
いつもリラックスして治療してもらっています。少しずつ治ってきて嬉しいです。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
皆さんが元気よく挨拶してくれるので、こちらも元気をもらっているようです。毎週土曜日に治療してもらっているのですが、土曜日が楽しみになっています。

 


【担当者より】
五十肩について繰り返しの治療で徐々に良くなってきていますね。バランス整体の治療で全体的な負担も減らせていければ今よりもっと楽に動けるようになると思いますので頑張りましょう!また笑顔でお待ちしております!

 


つしま中央鍼灸接骨院
所在地:愛知県津島市西柳原町4丁目2−2
電話:0567-69-648

肩の痛み:40代女性

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Y・Nさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近かったので。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?

だいぶよくなっている感じです。姿勢の大事さがよくわかりました。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!

丁寧に説明して下さってありがとうございます。

 


【担当者より】
ありがとうございます。肩の痛みがずいぶん良くなりましたね。毎日卓球を続けているとまた再発する事がありますのでHMバランス整体を行い、今後痛みが出ない身体を作っていきましょう。


おおもり鍼灸接骨院
所在地:〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森3丁目1815
電話:052-726-3214

肩の痛み:60代女性

こんにちは!ひょうたん山鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 I・Jさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩の痛みで、頭痛にも悩んでいました。

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
友人に勧めてもらい来院しました。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
1ヶ月半位にありますがとても良くなり、嬉しいです。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
皆様とても親切で優しい言葉で接してくれ安心して来られます。

 


【担当者より】
肩回りの筋緊張が強く頭痛がある状態で来院されました。骨盤のゆがみがあり、そこから肩の痛みにつながっていたので骨盤矯正とバランス整体を行いました。今は症状が軽減して頭痛薬を飲まなくても大丈夫なくらいになりました。

 


ひょうたん山鍼灸接骨院
所在地:〒463-0056 愛知県名古屋市守山区 新城10-5
電話:052-739-6544

肩・腰痛・足のしびれ:60代女性

こんにちは!ひょうたん山鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 Mさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩・腰痛・足のしびれ

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
家から近い(以前通っていたところが遠い)

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
足のしびれが出なくなった

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
大変気に入っている

 


【担当者より】
血流が悪いと痺れも感じやすくなり、痛みも強くなります。筋緊張をとって日々の身体のケアを心掛けていきましょう。

 


ひょうたん山鍼灸接骨院
所在地:〒463-0056 愛知県名古屋市守山区 新城10-5
電話:052-739-6544

肩・腰の痛み:70代男性

こんにちは!ひょうたん山鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 M・Tさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩・腰の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
肩・腰が痛かったから。

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
楽になりました

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
足も上げてほしい

 


【担当者より】
肩を動かしていないと余計肩回りが堅くなり痛みが強くなります。筋緊張を和らげて血流改善をして痛みをとっていきましょう。

 


ひょうたん山鍼灸接骨院
所在地:〒463-0056 愛知県名古屋市守山区 新城10-5
電話:052-739-6544

肩・腰の痛み:60代女性

こんにちは!ひょうたん山鍼灸接骨院です。
アンケートにご協力いただきました、患者様の声をご紹介します。

 


【お名前】 I・Mさん

【お住まいの地域】 名古屋市守山区

 


【Q1】 どんな症状でお悩みでしたか?
肩・腰の痛み

 

【Q2】 来院の決め手は何でしたか?
近いから

 

【Q3】 治療を受けられていかがでしたか?
気持ちが良い。スッキリした。

 

【Q4】 施術者へのメッセージなど、ご意見・感想をお聞かせください!
とても参考になりました。

 


【担当者より】
バランス整体を行う事で、歪みが整い、インナーマッスルが使いやすくなります。この調子で痛みの出にくい身体をつくっていきましょう。

 

 


ひょうたん山鍼灸接骨院
所在地:〒463-0056 愛知県名古屋市守山区 新城10-5
電話:052-739-6544