新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

症状別治療法

膝の症状と治療法

膝の症状でお困りの方へ

変形性膝関節症で足の痛みがある方、O脚、X脚、成長期のお子様の足の痛み(オスグット)、シンスプリントなど、膝に関する治療をおこないます。

膝の痛みは、膝の治療だけでなく下半身~全身のバランスを整えていかなくてはいけません。
なるべく膝に負担がかからにように太ももの筋力を整える、骨盤を調整するという治療が大切です。
また、膝に水が溜まりやすい方、整形外科に度々ブロック注射にいっている方などは鍼治療をオススメします。
膝の痛みをほうっておくと、歩くのが困難となり、運動不足にもなります。
しっかり早く改善して元気に歩ける体づくりをしていきましょう。

膝痛

スポーツによる靭帯や半月板損傷、成長期のオスグッド、加齢や筋力低下に伴う変形性膝関節症など年代や性別、シチュエーションにより症状は様々です。局所的な施術で十分な場合もありますが、長年膝を痛めている人は、かばって生活を繰り返している為全体の歪みが起きています。そういったことが回復を遅らせたり、さらに症状を進行させているんですね。局所の痛みの軽減はもとより、歪みを整え筋力を強化することがとても大切です。

歩行時痛

膝関節の変形やそれに伴う各関節の可動制限、筋力低下、動作時の痛みなどが歩行を困難にさせます。さらにそういった状態が続くと、バランス感覚も悪くなり転倒しやすくなります。こうなった場合は膝の関節だけではなく、各関節の可動範囲を広げる事、筋力強化、歩行トレーニングが総合的に必要になってきます。当グループの全身調整法は各関節周囲の筋緊張を和らげ、可動範囲を広げる事も目的としておりますし、楽トレにて筋力UPをすることができますので、気になる方は早めにご相談ください。

成長痛

膝や肘、腰など特にスポーツを行っている小学生から中学生ぐらいの子に多く見られます。これは体が急激に成長する際に伴う痛みなのですが、なかにはそういった時期に、運動のし過ぎ、間違った体の使い方、ケア不足、柔軟性がないことなどで痛みが強く出てしまう子がいます。体が大きく成長する時期ですから、適切な施術、ケアを行う事が大切です。ぜひ一度ご相談くださいね。

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから