新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

施術案内

MCC

MCCとはMulti Cuff Care(マルチカフケア)の略称で、①RIC (Regional & Remote Ischemic conditioning)腕や脚の血流を一時的に止めることで、その後の血行を改善させることができ、痛みや痺れの改善が期待できます。②MCT(Multi cuff tranning)専用ベルトを脚や腕につけ、加圧した状態でスクワット等の軽度の運動を行うことにより、1~2分で 効果的に筋肉に負荷をかけることができ短時間(2~3分)で 筋肉を限界まで追い込むことが可能です。また代謝アップでダイエット効果も期待され、また他のリハビリにも効果を高めます。

安全安心を守る3つのポイント

1
痛みやシビレの改善が期待できます

MCCでは腕や脚に専用バンドを巻きつけ加圧する事で一時的に血流を止め、その後加圧したバンドを解放することにより全身の血流が良くなり、痛みやシビレ、その他冷え性やむくみの改善が期待できます。

2
短時間低負荷でも高地トレーニング並みの効果が得られる

MCCでは複数のバンドを筋肉に巻き付け加圧し、あえて筋肉内を無酸素状態にします。その状態で低負荷のスクワットやダンベルを用いた運動を行うことで、通常の運動以上の高強度の運動効果を短時間に得ることが可能になります。筋力の無い女性や年配の方でも行うことが可能です。

3
速筋を鍛えることでロコモ予防に

近年、ロコモ予防が重要と言われるようになってきました。ロコモとはロコモティブシンドロームの略で筋肉、関節など運動器の衰えが原因で立つ、歩くといった動く機能が低下した状態を指します。MCCは歩行速度の向上や転倒防止など年齢を重ねれば重ねるほど必要となってくる体を動かすのに必要な速筋を鍛える事が出来ます。またMCCを使ったトレーニングを行うと脳内より成長ホルモンの産生なども起き、まさにロコモ予防、アンチエイジングには持ってこいの機器です。またアスリートのパフォーマンスアップにも効果を発揮します。

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから