スキルはあって当たり前、
大切なのは患者さんからの「信頼」

タケダの調剤薬局は現在2店舗。これから徐々に展開していく部門です。薬剤師の仕事は、知識・スキルがあって当たり前、大事なのは、“患者さんといかに信頼関係を築けるか”です。最近は、インターネットなどで簡単に情報が取り出せるようになり、患者さん自身が自らの疾患や治療内容に関して、また、その治療に使用される薬剤の情報までを知ることができるようになりました。しかし、その一方で情報だけが先走りし、治療や健康づくり、薬に関する誤解が多く生じているのも事実です。私たちは、薬局に来られた患者さんに処方箋を調剤するだけでなく、患者さん一人ひとりとしっかりとコミュニケーションをとり、それぞれのライフスタイルまで理解した上での服薬指導・健康相談を目指しています。

患者さんの声にとことん耳を傾ける

患者さんとコミュニケーションをとり、しっかりとした信頼関係を築くために、話が一方通行にならないよう、こちらからの説明だけでなく、できる限り患者さんの言葉をきちんと聞き取るようにしています。服薬に際して患者さんが不安に思っていること、疑問に思っていることがあれば、どんな小さなことでも一つひとつ親身になってお答えし、安心していただけるように努めたい。医師が書いた処方箋を正確に処方することはもちろん、食品やサプリメントなどとの飲み合わせも考えて、しっかりお薬の効果が出るようにアドバイスします。その結果として、病気が治って元気になられ、「ありがとう」という言葉を患者さんからいただける瞬間が、やはり薬剤師の醍醐味ですね。

調剤だけでなく、いろんな角度から
患者さんをサポートしたい

患者さんの中には、他の調剤薬局で処方してもらった薬を持参して、ご質問・ご相談される方もいらっしゃいます。そんな時は、信頼していただいていることを嬉しく思うのと同時に、もっともっと患者さんのお役に立てるよう多角的な知識を深めたい、と気が引き締まります。患者さんからの問いかけにアドバイスできる幅が増えれば増えるほど、薬剤師は患者さんから認められるようになり、より信頼を高めていくことができます。「処方箋はハートメディカルにお願いしたい」「ここの薬剤師さんに相談したい」と思っていただける“かかりつけ薬剤師”を目指して。ただ調剤するだけでなく、そんな患者さんとの触れ合いを大切に考えられる仲間と一緒に、タケダの調剤部門を成長させていきたいと思っています。

この仕事の募集要項を見る >

薬局受付パートの業務は、カウンターでの受付・電話対応・書類整理・PC入力・在庫管理など、接客や事務を担います。専門分野は薬剤師が行いますが、患者様に薬を正確にお渡しして安全に使っていただくためのサポートをする大切な仕事です。特別な資格は必要ありませんが、笑顔の接客やコミュニケーションで、患者様の安心感をつくっていきましょう。調剤薬局が、ただ薬を受け取るだけの場所ではなく、健康づくりにおいて頼れる身近な存在となるよう一緒に頑張りませんか。

この仕事の募集要項を見る >