体幹とは(18) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

立っている時の椎間板にかかるストレスを100とすると座っている時で、140となります。
つまり立っている時より座っている方が腰に負担がかかります。
さらにそこから前かがみになると負荷が195まで膨れ上がりおもりを持つと275となります。

 

体幹とは(17)では捻った状態で椎間板は構造上弱くなると説明しましたが、捻らなくてもこれだけの負荷がかかります。

さらに捻った状態を想像するとかなりの負荷が椎間板にかかることになります。

次回はその負荷を減らす荷重伝達について書いていきます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

体幹とは(17) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

椎間板ヘルニアは体幹の安定性が落ちることでなることがあるとされます。
椎間板視点でみると体幹の安定性の低下は椎間板が自由に動きすぎてしまう状態となります。

 

その結果椎間板があるべきところから飛び出てしまいます。
これを椎間板ヘルニアといいます。

 

椎間板は玉ねぎのような構造をしています。(オニオンバルブ)
この玉ねぎの皮1枚1枚で守っている動きが異なります。
前屈を止める皮があったり、右に捻るのを止める皮があったりと様々です。
その中で、もっともこの玉ねぎの皮が働かなくなる姿勢が体を左右に捻った状態で前かがみになる姿勢です。
この状態で重いものを持ったら腰部の椎間板ヘルニアになる可能性が高いです。

体を捻って重いものを持つ時は気をつけましょう!

次回は姿勢の違いによる腰への負荷を見ていきます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

肘内障 おいせ鍼灸接骨院

こんにちは。おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤三丁目)の杉浦です。

 

今回は、肘内障についてお話させて頂きます。

肘内障とは、2歳~5歳の幼児期に多く発生する肘関節を
亜脱臼した状態を指します。

解剖学的には橈骨頭は輪状靭帯によって尺骨の橈骨切痕に固定され、
上橈尺関節を形成しています。
幼児期では、この橈骨頭の成長が未熟ため容易に輪状靱帯から逸脱
し肘内障を発症します。

 

(発生機序)

手を強く引っ張られるとともに前腕が回内すると、橈骨頭が輪状靭帯から抜けて亜脱臼あるいは完全脱臼します。また、腕を体の下にして転がり(寝返り)発生するケースもあります。

 

(症状)

手を痛がり、だらんと下げたまま動かさないのが特徴で
肘関節周囲に腫脹はなく、レントゲン画像でも異常は見られません。

 

(治療)

徒手整復にて治療することがほとんどです。
整復操作は簡単で、肘関節を回外しながら屈曲させていくと、クリック(カクンなどの音)を伴って整復され、その瞬間から手を自由に動かせるようになります。
但し、上腕骨顆上骨折を発症している恐れもあるので、
年齢、発症機序などの問診、肘関節の発赤・腫脹などから骨折の除外
診断を正しく行う必要があります。
安易に肘内障と判断して整復せず医療機関を受診しましょう。

 

(予後)

同じ様な原因で発生を繰り返すこともありますが正しく整復すれば
予後は良好です。
また、橈骨頭の成長が進む学童期(小学校入学後)頃にはほとんど
発症しなくなります。(まれに発症します)
肘内障かも?と思ったら、おいせ鍼灸接骨院にお気軽にご相談下さい。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

https://oise-shinkyusekkotsu.com/

インナーマッスルについて おおもり鍼灸接骨院

こんにちは😃
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

最近はインフルエンザが流行っているので手洗いうがいを意識するようにしましょう!

今日はインナーマッスルについてお伝えします!

 

もしかして、あなたの痛みの原因はインナーマッスルでは?

人間の筋肉は体の中心に近い部分・骨に近い部分から、何層にも重なって体を覆っています。

この中で、比較的深い部分にある筋肉がインナーマッスルと呼ばれているわけです。
だから文献によっては、インナーマッスルを「深層筋」と呼んでいることもあります。

従って、インナーマッスルというのは、どこか一つの筋肉を指している言葉ではありません。
簡単にいうと体の奥のほうにある筋肉の総称だと思ってください。

そしてこのインナーマッスル達は、主に姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保ったりするという働きをしています。

 

(インナーマッスルを鍛えるメリット)

姿勢が良くなる
尿漏れ、頻尿予防
肩、腰、膝の痛み予防
つまずき、転倒予防
ダイエット
など沢山メリットがあります。

 

普段日常生活では鍛えることができないのがインナーマッスルなのでおおもり鍼灸接骨院では楽トレと言う機械を使ってインナーマッスルを鍛えて今後痛みが出ない身体作りをしていきましょう。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

食中毒 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!

ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です!

 

年も越し新しい一年が始まりました。しかしまだ気温が低く寒い日が続き温かい食べ物が美味しい時期です。今回は私もつい最近なった貝や魚などを食べて起きる食中毒についてお話しさせていただきます。

 

食中毒は色々な種類があり、細菌性食中毒、ウイルス性食中毒、化学性食中毒、寄生虫食中毒などがあります。
魚や貝だと多いのがノロウイルスアニサキスという寄生虫が原因でおこる食中毒が多いです。
ノロウイルスは秋から冬にかけて多く発生します。カキやシジミなどの魚介類が汚染され、それを食べることで中毒症状を引き起こします。さらに自分では食べていなくても、ノロウイルスに汚染された食品を食べた人の嘔吐物や便を介して感染することもあります。
症状は10時間ほどの潜伏期間を経て、下痢や嘔吐、吐き気、発熱の症状があらわれます。熱は高くても38℃台で、それ以上になることはほとんどありません。多くの場合、症状は1日程度で治まります。子どもの場合は嘔吐、成人の場合は下痢を引き起こすことが多いのが特徴です。

 

予防は、ノロウイルスは85℃以上の熱で1分以上加熱すると死滅します。60℃程度の熱では、30分加熱しても生き残るので、食品の中心部までしっかり火を通すように注意しましょう。また感染者の嘔吐物や糞便を介しての感染も少なくありません。嘔吐物などを処理するときには、使い捨てのマスクや手袋を使いましょう。
アニサキスは寄生虫(線虫)の一種です。
アニサキスは、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。

 

アニサキス幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生します。魚介類の内臓に寄生しているアニサキス幼虫は鮮度が落ちると、内臓から筋肉に移動することが知られています。

アニサキス幼虫が寄生している生鮮魚介類を生(不十分な冷凍又は加熱のものを含みます)で食べることで、 アニサキス幼虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。

 

症状は場所によって変わります。
・ 急性胃アニサキス症
食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生じます。

・ 急性腸アニサキス症
食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部痛、腹膜炎症状を生じます。
 ※多くが急性胃アニサキス症です。
 ※激しい腹痛があり、アニサキスによる食中毒が疑われる際は速やかに医療機関を受診してください。

 

予防は魚を購入する際は、新鮮な魚を選びましょう。また、丸ごと1匹で購入した際は、速やかに内臓を取り除いて、内臓を生で食べないでください。また、目視で確認して、アニサキス幼虫を除去してください

 

~最後に~
食中毒は基本夏のイメージがあると思いますが冬場でもなる事があります。私も冬場に食中毒になり、予想以上の腹痛、吐き気の症状が出ました。本当に夜も眠れないくらい痛いです!!
冬場だから大丈夫という考えはやめて、新鮮な物を選んだり、きちんと焼いたりし予防していきましょう。

 

今後も皆様の様々な身体の悩みを解決します!
お近くのハートメディカルグループにご相談ください。

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060

https://fujigaoka-shinkyusekkotsu.com/

O脚 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

O脚とは、直立して、両足・内くるぶしをくっつけても、膝や股関節の間が開いてしまう状態の事です。女性の約80%が該当していると言われるほどに、O脚に悩む人は急増しています。そのほとんどの方に骨盤の歪みがあります。骨盤が歪んでしまうと左右の股関節がずれて大腿骨も外側にねじれてしまいます。そうすると膝や足首も一緒にねじれてO脚になっていきます。

 

 

 

O脚だと…
1、 太りやすくなる O脚は骨盤が開いているため、そのスペースに内臓が下がってきてしまいます。内臓が元々あった場所には脂肪が付き、さらに骨盤内に下がってきたことにより内臓機能は低下します。そうするとエネルギーの消費量が減るので、太りやすい体質になってしまいます。

2、 関節痛 O脚になると足首や膝関節、股関節にかかる負荷が大きくなるので関節痛が出るようになります。現時点で痛みが無い場合でも、将来的に関節痛になる可能性が高いです。

before           after

 

当院での施術
HMバランス整体で骨盤の歪みを矯正し、O脚用のバンドを用いた手技でO脚を治していきます!!

 

私自身のO脚を実際に矯正してみました。写真から分かるように、両膝の間隔が小さくなり、O脚がかなり改善されています。また骨盤も正しい位置にあるので、胸を張った正しい姿勢になりました。一度の矯正でこれだけの変化が見られるので、継続して頂ければかなりの効果が期待できます。

是非、当グループ院にご相談ください。
お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/

インフルエンザ つしま中央鍼灸接骨院

こんにちは!
つしま中央鍼灸接骨院(津島市西柳原町)の寺西です。

 

2018年がスタートしてもう2週間が経ちました。
正月休みからお身体は仕事モードに切り替わりましたか?

 

これからの時期に気をつけたいのがインフルエンザですね!
当院の患者様でもご本人やご家族がインフルエンザになってしまったという方が数名みえました。

 

厚生労働省のHPによると
インフルエンザは38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴で、併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られるとあります。
また、お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあるそうです。

 

感染力が強いためご家族にセンター試験を控えた受験生のみえる方は特に注意したいですね。

 

厚生労働省のHPから予防策をいくつか載せておきます。
皆さんもインフルエンザ対策、できることからはじめましょう!

 

・飛沫感染対策としての咳エチケット
(1) 普段から皆が咳エチケットを心がけ、咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと
(2) 咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること。とっさの咳やくしゃみの際にマスクがない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けないこと
(3) 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと

 

・外出後の手洗い等
流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。

 

・適度な湿度の保持
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

 

・十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

 

・人混みや繁華街への外出を控える
インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、ある程度、飛沫感染等を防ぐことができる不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することは一つの防御策と考えられます。

 

つしま中央鍼灸接骨院

所在地:津島市西柳原町4丁目2-2

電話:0567-69-6481

https://tsushimachuou-shinkyusekkotsu.com/

体幹とは(16) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

イチロー選手の行っている神経系のトレーニングを初動負荷理論といいます。
これは脳をほとんど使わないかなり原始的な理論です。
体幹にも同じシステムがあります。
例えば
体を捻った時にそれを阻止するように自動的に筋が働かなければ捻りすぎて痛めます。
そのためひねった時にはひねり過ぎを阻止するため、自動的に制御されます。
これは反射トレーニングで強化できます。

反対にいうと、日ごろ体幹を捻ることがすくないとその機能は落ちていきます。
常にいろいろな動きをしてみるということが簡単なことながら重要となります。

次回はこの捻る動作について書いていきます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

体幹とは(15) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

体幹とは(2)で後部靭帯系理論について紹介しました。
そこでは腹横筋が働くと後部靭帯系にテンションがかかると説明しましたが、その後部靭帯系の具体例がこの筋膜で、胸腰筋膜といいます。
これらの靭帯系は200Kgの伸長ストレスに耐えることができます。

このように体幹は
筋により安定化させられ(能動的安定化)
筋膜や靭帯により安定化させられ(受動的安定化)ています。

 

もっと細かくみると神経制御によっても安定化させられています。(反射理論)
このあたりの理論は1906年ごろから提唱させられている、古典的な安定化メカニズムです。

 

次回はこの神経制御について書いていきます。
野球のイチロー選手は主に負荷の高いバーベルを使うような筋力トレーニングではなく、この神経系のトレーニングを行っているため、ケガをほとんどしないといわれています。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

体幹とは(14) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

筋膜と聞くと筋の膜という印象を受けるかもしれませんが、それは違います。
特にここで挙げる筋膜は筋と付着しない皮下筋膜について書いていきます。

 

皮下筋膜は皮下組織の別称です。
皮下組織を難しくいうと皮下筋膜です。

皮膚の下、真皮の下にあり、筋よりも表層にあるものの総称です。

 

皮下脂肪を想像してみると分かりやすいかもしれません。
皮下筋膜はコラーゲンが主にできていますが、中に皮下脂肪を貯蔵しています。
そのため臀部の筋膜は数cmの厚みを持っています。

 

お腹の皮下脂肪が増えるとどうなるでしょうか?
お腹の皮下筋膜が伸ばされ脂肪を支えられなくなり、重心が前にいくことで腰が反っていきます。
そして圧迫ストレスにより腰痛になります。

これが筋膜障害による体幹の安定性の崩壊の一例です。

他の筋膜による体幹安定化を次回みていきます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/