腰の症状、ぎっくり腰・坐骨神経痛でお困りの方へ

急性のぎっくり腰、腰をひねったなどの症状から、慢性的な腰痛、坐骨神経痛など、ハートメディカルグループでは腰の痛みの原因をさぐり、最適な方法で治療をとらせていただきます。
腰の痛みは、少しくらいなら我慢しよう・・・とあきらめてしまう方も多いのですが、痛めて自己流のケアではなかなか改善せず痛みはとれても再発してしまうことが多いです。

ハートメディカルグループでは腰の痛みの原因を探り、急性期の場合はアイシングなど、その後炎症がひいた後に筋肉の整復をしていきます。はり治療も効果が高く、痛みを早くとり自然回復力を促す効果があります。しっかりと国家資格をもった鍼灸師が治療させていただきます。
※鍼治療は実費になります。

腰痛

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など画像診断で痛みを特定できるものもありますが、多くは日常生活や生活習慣にきっかけが潜んでいます。例えば、インナーマッスルの筋力低下、柔軟性の低下、足を組む、猫背といった不良姿勢といったものが原因で、筋肉の異常な緊張やゆがみを作っている可能性があります。当グループは鍼治療やゆがみの矯正などによる痛みに対しての施術から、電気の刺激(EMS)で筋肉を引き締め、再発を予防することまでしっかりサポートします。

ぎっくり腰

腰周囲の筋緊張や関節の動きが悪い状態で、急にひねったり、伸ばしたり、ものを持ち上げたりする動作により激しい痛みが発生します。足首の捻挫や肉離れと同じような状態ですから、まずは楽な姿勢になり冷やすこと(アイシング)をお勧めいたします。当グループでは、炎症症状に対して鍼治療、ハイボルテージ治療を行い痛みのレベルを下げます。それに伴い周囲の筋肉も緊張を起こしていますから、全身調整法や神経筋骨盤矯正により症状を緩和させていきます。

坐骨神経痛

お尻から太もも、ふくらはぎにかけて出現する神経痛症状の事です。原因は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など軟部組織や骨の変形によるもの。もしくは坐骨神経が通っている深層部分の筋肉が過剰に緊張を起こし神経を圧迫させていることが考えられます。当グループでは鍼治療や神経筋矯正で深層部分の筋肉の血流改善をし、緊張を緩和させ症状の軽減を行います。また、腰部周囲の筋力低下も考えられますので、楽トレによる筋力トレーニングもおススメしています。

患者様の声