機能トレーニング(1) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は「機能トレーニング」についてです。

【機能トレーニングの五大原則】
▶・重力の利用
・分離と協調
・運動連鎖
・3面運動
・力の吸収と発揮

 

今回は特に「重力の利用」について書いていきます。

【重力の利用】
重力制御ができていないと体の機能に障害が生まれます。

「前屈」を例にして重力の利用をみていきます。

 

前屈は太もも裏の筋肉(ハム)が突っ張るためこの筋が問題視されがちですが、機能トレーニングで有名なグレイクック氏によればこのハムが問題になることは少ないそうです。
では何が問題か?
その答えの一つが「重力の利用」です。

 

重力の利用を用いて前屈がどれだけ改善するかみてみましょう!

①まず、何も意識せず前屈してみます。この時ハムにつっぱり感を感じます。
②次いで、重力利用の機能トレーニングをします。(10秒程度)
③再度前屈します。

これだけ変化しました。
つまり「重力の利用」でハムのつっぱり感を減少させ、前屈機能が向上します。
また重力の利用を止めた前屈に戻すと前屈が再度元の状態に戻ります。

体のことで疑問がありましたらお気軽にご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550