新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

急性頚椎性背部痛(症例2件) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

【頚椎性背部痛】
頸が原因で背中や肩に痛みがでることを頚椎性背部痛といいます。

【症状】
頸を動かした時に背中から肩にかけて痛みがでます。
よく背中の筋肉の問題や肋骨の問題と間違われますが、背中の治療をしても全く改善しないのが特徴です。

 

【症例1】
朝起きたときから頸を動かすと背中(左)に激痛が走る。

頸部の左側の皮膚に触れると激痛(アロディニア)

 

【治療】
肌に触れられないと治療が勧められないので、アロディニアの改善からはじめました。
HM骨盤神経筋矯正で症状が無い側(右側)の施術をし、構造の不均衡を治すとアロディニアがなくなりました。

 

【症例2】
洗濯中に背中に激痛が走る。
頸を動かすと背中に激痛。特に左回旋、屈曲時痛が強い。

 

【検査】
昔から頸部が悪いということで頚椎構造の異常が多く診られました。
特に悪い部位を特定するため今回はチャレンジという検査法を用いたところ、屈曲時痛は第5頚椎、左回旋は第2頚椎に問題があることがわかりました。

 

【治療】
HM骨盤神経筋矯正で頸部の構造を整えました。
初回で頸が動かせるようになり、4回HM骨盤神経筋矯正をした現在はほとんど症状がなくなりました。

 

【後記】
頚椎性背部痛は急性と慢性があり、特に急性は日常生活に支障を来します。
その上痛みの部位が原因でないため、正しく鑑別診断されてないと治りません。
もし背中に痛みがでたら一度ご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

コラム監修者

急性頚椎性背部痛(症例2件) さくらやま鍼灸接骨院 写真

院長谷脇友隆

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから